阿部寛

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
阿部寛 おすすめDVD 阿部寛 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
チーム・バチスタの栄光

(購入者の評価)
小説を読んでから観ましたが、エンターテイメントとしては概ね良くできていると思います。
「探偵ガリレオ」の映像化に際して「草薙」を女性にしたのと同様、本作でも「田口」を女性にしていますが、この当りの手法は集客という点からも許容できる範囲だと思います。

竹内さん、阿部さんはじめ俳優さんは、皆さん安心して観ていられます。特に、阿部さん演じる「白鳥」は、原作ではキャラの個性が強すぎて好みが分かれるところかと思いますが、映画では無難なところに落ち着いているかと思います。

原作の小説を読まずに、先入観なく本作を観れば、エンターテイメントとしては合格ではないでしょうか?
ただ、本作の本当のテーマは、医療現場において解剖がそれほどなされているわけではない。
そして、解剖ができないために本当の死因が解明できない場合も多々ある。そこで、オートプシー・イメージングという技術を取り入れることを一つの方法として提示しているところにあります。

この当りのテーマが、映画では若干弱くなっていたように思います。


陰日向に咲く 通常版

(購入者の評価)
気分が晴れやかになる作品でした。 キャスティングもマッチしてましたし、要所/\で見えたユーモアも心地好く、話の連鎖もほぼ見事でした。 二つ残念なのは、平山あやと塚本高史の話が他の話と連結しきれてないのと、ジュピター宅の家賃徴集に来た人に岡田がものすごくキレてましたが…アレは違和感感じました。あの金は岡田がジュピター息子と偽って自分の借金返すために集めさせた金ですから、その罪悪感からくる怒りは自分に来なきゃいけない…その自分への怒りの矛先を家賃徴集者にぶつけて悪者にしたてあげてます。そして、自分はジュピターをかばった善人と言う立ち位置になっている。あそこが嫌ですねぇ


魍魎の匣 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
原作が大好き、実写版前作でいろいろがっかりさせられたので今回は「映画は映画」と割り切って見ました。
が、しかし。
関口巽役は永瀬正敏さんがよかったです。ぴったりだと思っていたので。残念です。


夜がまた来る ニューマスター・デラックス版

(購入者の評価)
夏川結衣さんイチオシ。
監督によるとわざと彼女を追い詰めるようにして撮っていったらしいので、どういう気持ちや考えでこの映画の撮影に臨み、演じていったかが知りたかった。
そういう意味では彼女のインタビューがないというのは画竜点睛を欠くというべきか。


魍魎の匣の箱(初回限定生産)

(購入者の評価)
本作品に関しては前作とはガラッっと変わった分、楽しめました(と云うしかないのですが)。
皆さん各々が描いている京極作品像とは全てにおいて違っていると思います。そういう意味でがっかりする面もあるでしょう(当方もしかり)。
大御所が鳴物入りで手がけ、新進気鋭の監督が斬新映像化し、無名逸材が低予算でガンバッて撮り、私達はこれから様々な京極映像を観せられる事でしょう。しかし「それでも京極映画化を観続けていきたい」との想いは皆さん共通かと思います。
京極作品は沢山あります。何より「映画化されなくなる」のが一番ツライです。
そしていつか「横溝金田一と市川崑作品」の様な出会いを期待しながら観続けていこうと思います。
京極さんも「ほおー」、「マジ?」、「それはないだろー」と1作1作を楽しんでる事と思います。


花とアリス 特別版

(購入者の評価)
中学生の時、同じ視点から観たこの映画。
今社会人になってからはまた違った視点から観れるようになりました。

岩井俊二さん&篠田昇さんがつくり出すこの映画の、映像、音楽、台詞、役者…全て素晴らしいです*°

一緒にサウンドトラックも買ってしまったくらい、この映画を愛してます。

花とアリス、ウヲアイニ♪笑


結婚できない男 DVD-BOX

(購入者の評価)
ドラマで声を出して笑うのはひさびさでした、いろいろな展開をとても楽しんで毎週楽しみに欠かさず見てました

トリック 2 超完全版

(購入者の評価)
謎解きとコメディとシリアスの配合が
シリーズ中、最もバランスが良いと思います。
特筆すべきはエンディングでの
上田に対する山田の思いの描き方。
月並みなの恋愛モノより
よっぽど洒落てました。


アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 DVD-BOX

(購入者の評価)
本放送を見逃した割に、その後クリスマスシーズンに合わせて再放送されるのを毎年見ていました。原作ものの強みで、本編では細部まで行き渡った作りとなっており、画面で見せる力のある作品だと思います。売れっ子俳優陣を配したには止まらないキャスティングの妙で、椎名桔平さんは2枚目半のオーナー役が嵌り役。
再放送を毎回録画するのも大変なのでついに購入に至りました。最近は”アンティーク”の気になる間取りや小物類をチェックするために何度も一時停止をしていますが、DVDならではの美しい静止画像で、確認作業も楽楽です。
音楽がMr.Childrenだけなのは、曲とシーンの意味合いをくみ取れるてファンにとっては堪らない仕掛けではないでしょうか。


自虐の詩 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
 見るのが怖かったけど、とうとう見ちゃった。やけに評判がいいから、見てみようかと思って。でも、・・・中谷美紀さんは素晴らしい。彼女なら幸江さんが演じられる。これを見て、はっきりとそう思いました。けれども、他は全く駄目。
 そりゃね、もともとは四コママンガですよ。でも、そこには真実があった。業田良家は、真実を描いていた。だから、この漫画は、不滅の名作なのだ。なのに、この映画は、全てを戯画化してしまった。そのために舞台まで大阪に移してしまった。でも、これは東京でなくちゃ駄目なんだ。悲しい人たちの思いのくすぶる東京でなきゃ駄目なんだ。何でも笑い飛ばしてしまう大阪では駄目なんだ。そして、こんなに全てのエピソードを、ありえない冗談めいた演出で描いて、阿部寛はあんな、まさにマトリックスみたいな風貌で、無茶苦茶だ。どうしようもない人たちの悲しみと滑稽さ、その底の寂しさは、ちゃんとしたリアリティの中で描かなきゃ駄目なんだ。
 再会する熊本さんも、レゲエの格好してちゃ駄目なんだ。何の見栄えもしない平凡過ぎるくらいに平凡な旦那さんと、でも、ちゃんとそれなりの安定を得て豊かに暮らせている、そうでなくちゃいけないんだ。
 この物語は、茶化しちゃいけないんだ。
「幸も不幸ももういい。人生には意味がある。」その言葉が届く、まっすぐな映画作りをして欲しかった。味付けなんか要らない。原作の持つ力を、そのまま映像に移し替えたいという熱が必要なんだ。黒沢だって、その熱意で山本周五郎の作品を描き続け、原作に負けず劣らぬ傑作を生みだしたんじゃないか。
 この監督、本当に原作を、映画を愛しているだろうか。逃げずに正面から、映像化して欲しかった。見て、悲しくなった。この不朽の名作を、汚された気持ちになった。でも、繰り返すが、中谷さんは、幸江さんだった。ちゃんと、幸江さんだった。そう感じた。彼女で、もう一度、ちゃんとこの作品を映画化してくれる人がいないだろうかと、そう感じた。


トリック(4)

(購入者の評価)
山田奈緒子と上田次郎。態度はでかいが胸は小さい、体と体の一部はでかいが
気は小さい。つまり人は「人」は背中合わせに寄り添っているという話なのではないかと考察するのだが・・。ふたりで一人前のふたり。恋と認めたくない
意地で「ターコ」と悪態をつく奈緒子がかわいい。

 トリックは推理ドラマですが番組の80%はコメディです。その残り20%が今回の黒門島編です。相変わらずでかいの小さいのといってますが、卑怯な上田に毎度呆れ顔の奈緒子も、とうとう自分の生い立ちの謎に直面します。

 瀬田の運命はいかに!わんわん泣き出す奈緒子も何ですが、なだめる上田も
アレです。さぁ、あなたは4巻で購入を止めますか?右端の購入スイッチを押して見ましょう。種も仕掛けもありません。何日かするとこの4巻がのしをつけて送られてきます。「あなた、注文する勇気ある?」


真救世主伝説 北斗の拳 トキ伝 通常版

(購入者の評価)
原作を無視すれば楽しめます。

このシリーズはサイドストーリーではなく、
オリジナル破壊ストーリーとしか思えない。


トリック(1)

(購入者の評価)
つい最近、視聴しました。これDVDBOXがないのですね。
って言うかですね。映画やSPも含めた1式のトリロジーを格安で
出すべきじゃないのですかね。?
商売する気がないのか以前に高いお金を出して買った人に配慮しているのか
知りませんがもうちょっと北米のDVDを見習うべきでしょう。
あちらはすぐに格安のBOXで出すしシリーズとなればすぐにハーフのBOXに
したりしますし

ま、それはともかくとして、非常に面白い作品でした。
若い女性の手品師が探偵役ってのは素晴らしいアイデアですね。
本編の事件の謎の繋ぎとして手品が出てくるので飽きることがありませんし
見ているこちらは、最後に種明かしをしてくれるものですから
なんとしてもそれまでに種を解こうと必死になってみてしまいます。

さらに秀逸なのが何度みても面白いのですよね。
小説や漫画じゃこの面白さを表現するのは無理でしょうね。
ですのでやっぱりDVDが欲しくなる。

んで冒頭の嘆きになるわけです。

仲間由紀恵と言う女優さんを初めて見ましたが
私はハリウッドの映画しか興味がない方なので日本の女優さんなんて
まったく興味ありませんけど
彼女は、日本の女優さんとちょっと違う感じですね。
貧乳で性格の暗い女性を楽しそうに演じているので見ているこちらも
楽しくなって画面に映っているだけで微笑んでしまう。そんな女優さん
ですね。シャーリーズセロンやレニー・ゼルウィガーとか
体を張った大役もこなせる根性のある女優さんになれるんじゃ
ないでしょうか?期待してます。


トリック トロワジェムパルティー DVD-BOX

(購入者の評価)
奈緒子『夜明けのスキャット?』上田『それは由美かおる!』奈緒子『あ?足に保険を掛けた・・』上田『それは朱里栄子!貴様!、真面目に人の話を聞く気が有るのか!?』『みかり様の生まれ変わりではないのか・・・』奈緒子『あ?石田(ひかり)ね』上田『聞けよ!!』

上のやり取り(奈緒子の悪ふざけ)が好きで何度も見てしまいました。この後も『スキャット(正解はスリット)』と繰り返し言い続け、最後には上田から『・・・もう止めにしないか?』と呆れられます。重ねる笑い、俳優に関連するキーワード(具が大きい、アーサーの炒め物など)堤幸彦さんは笑いの事を随分と勉強されているのだなと感じました。

芝川玄奘の回の『私は死を選ぶ筈などない』→『アゲイン!』→『DO your best!!』の流れは好きで非常に笑えました。奈緒子が金券に釣られて上田を見捨てる所(後に上田が気付く)も笑えます。

矢部のヅラいじりも健在で、闇十郎の回の奈緒子を捜索する際のやり取りや、最終回で奈緒子にヅラを取られた際の見苦しい言い訳(超能力で頭皮を剥がされたと言い訳している)は見所です。

全体的に見て笑える要素が多く、残酷な殺害シーンも少ないのでコメディとしてはこのシリーズが一番好きです。レンタルで6回くらい借りた後でDVD?BOXを購入してしまいました。



トリック(3)

(購入者の評価)
本シリーズ三作目のエピソードになる本作では、都会の一室で物語が展開されることから、どちらかといえば異色作といった感じがします。また、ここでの展開を純粋な推理ドラマとして考えると、かなり無理ある設定や、掟破り的なトリックも使われているため、お世辞にも褒められたものではないのですが、ここでの良いところは、やはり、このドラマの真髄とも言える、山田と上田の軽妙な会話がはずんでいること、そしてゲストの佐伯日菜子さんが熱演していることでしょう。特に佐伯さんの素顔とも言える、吸い込まれそうな瞳は、失礼ながら演技じゃなくても本当にコワイです。こうしたキャラが災いしてか、あの「エコエコ・アザラク」以外に彼女が‘本領’を発揮した作品がほとんどないのが惜しいくらいです。

また、このDVDでは特に本編以外での楽しみも大きいのですが、やはり何と言っても良いのが、本編では少ししか写っていない、「哲!この部屋」のフルバージョン!それもこの‘番組’は10分以上もあって、しかもぴったりの‘ゲスト’が来ていて、実在の番組のとおりに進行していくなんて、その徹底したこだわりぶりには感心してしまいました。

なお、上田のマンションには、彼(阿部寛)のモデル時代の写真やポスターが並んでいたりするのですが、この頃の阿部さんを唯一見られるのが、映画「はいからさんが通る」なので、機会があれば一度観られてはいかがでしょうか。


トリック(5)

(購入者の評価)
 すでにパート2を意識していたのか、謎解き・奈緒子の正体・
父の死の真相すべて中途半端。ムリヤリ終息させた感じがする。
「霊能力者は実在するのか」という最大の謎も持ち越し。
ただしギャグは今回も面白い!
カツラネタ・巨根ネタ・習字ネタ、どれも楽しめました(^^)


トリック(2)

(購入者の評価)
仲間由紀恵と阿部寛の出世作、
「TRICK(トリック)」ファーストシーズン2枚目です。

第4話、第5話の「ミラクル三井編」収録。

二人が初々しかった前エピソードから、
だんだんとやりとりがかみ合ってくるさまを
見るのは快感ですよ!

「TRICK(トリック)」DVDの代名詞にもなっている
「やむ落ち(やむなく落としたシーン)」を見ると、
堤幸彦監督の演出の妙が判って大変オモシロイです。

堤監督は多めにフィルムを回しておく。
テンポ良くするため、プロットを判りやすくするため、
つまり作品を面白くするために、
容赦なくバシバシ切ってしまうのです。

たとえそれが単体として十二分に面白いシーンでも、
全体の面白さを優先して切ってしまう潔さ!!
実はこれ、「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督の
編集の仕方と全く同じです。

テンポのいい魅力的な作品を作り出すのは、
同じような手法になるのですね、面白いです。


トリック -劇場版- 超完全版

(購入者の評価)
 この劇場版で初めてTRICKを見た人は、かなりおもしろいと思ったみたいですが、テレビシリーズの方がおもしろかった。

 劇場版なので、さすがに配役に山下真司、竹中直人に伊武雅武とおごったけれど、ロケや舞台装置はTVの時とさしてかわらない。最後の山火事のシーンがまあ、お金がかかってそうといえばそうだけれど、これを劇場で高いお金を払ってみた人はちょっと不満が残ったかもしれない。

 監督が堤 幸彦なので、コミカルな会話はお得意なのだけれど、シリーズ特有の、ちょっとキモい雰囲気が出し切れていなかったと思う。


姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
個人的に映画『魍魎の匣』が気に入ったので、前作も見てみたいと思い、レンタルで見ました。
原作も読んでいますが、皆さんが言うほどそこまで悪くはないような…
確かに大げさな演出(雷やスポットライト)はちょっと残念な気もしましたが。
でも、長い原作をすっきりとまとめていると思いますよ。
怪しげな雰囲気は原作に忠実だったかと。
個人的にはキャストも好きですが…


真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章 コレクターズ・エディション 通常版

(購入者の評価)
北斗ファンならかつて誰もが心躍らせた熱き男の戦いを、TV版より格段に美しい画で再作した点にのみ価値がある作品。前作「殉愛の章」では引き絵が雑なシーンもあったが、今作ではそれも改善されている。
ただし、全体のストーリーの流れや各キャラクターのバックボーンについては相変わらず説明不足で、「鬼の」フドウが今に至った経緯は省略されているし、主役であるはずのラオウの心理描写も説得力のある形で新規に描き加えられたとは言い難い。
更に言えば、人気キャラであったジュウザは未登場、ヒューイの死はスルーされ、シュレンは原作の壮絶な憤死から、あっけない爆死に変更。
前作で無理やり登場させた感のある新キャラ、レイナの結末もすっきりしない。修羅の国へ帰ってどうするんだ?原作における「修羅の国」編とどうやって辻褄を合わせるんだ?

とまあ、不満ばかり言いましたが、それでも、海王堂のフィギュアに今でも心躍らせてしまう私は、流麗な絵で描かれるラオウVSフドウ、ラオウVSケンシロウを観たくてついレンタルで借りてきてしまうわけでした^^;
原作読了者で、北斗南斗の漢たちの生きざま死にざまが堪らなく好き!という人なら、一度見てみるくらいの価値はあると思います。


>> つづきをみる

研究室ですぐに役だつ電子回路―“少ない予算で手づくり”回路!実験装置のヒント集

(購入者の評価)
研究室で必須の基本測定器の調達、フリーの設計ソフトの紹介、低コストなスペアナの製作など日本の中だけではなかなか知りえない情報を有益に紹介してくれています。必要な部分の理論は丁寧に書かれており、とてもよいタイプの構成だと思います。おすすめです。

大帝の剣 1 (BEAM COMIX)

(購入者の評価)
絵の巧さはさすがで、一枚絵として見るなら高レベルではある。
が、絵に躍動感が無い上、コマとコマの流れも悪く、
マンガとしての巧みさは感じられない。文化としての未熟さが理由か。
マンファがパっとしない理由が端的に示された一作。


日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象

(購入者の評価)
この本はまずトリックファンの人以外買わない方がイイです。本の内容がドラマの話を上田が語っているだけですから。でもファンなら買ったほうがいいです!!なんせあの上田が語っているんですからおもしろくない訳はない。自分は夜中笑いながら読んでました。ファンなら買って損はなし!!ファンじゃない人は買うのは控えたほうがいい。以上です!!!


伝染歌 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
こんなつまらない映画は滅多にありません。
セリフがほとんど聞きとれなく、ボリュームを普段の3倍くらいに上げたり
何度もリピートしないと聞きとれない。
おまけにストーリは理解しずらいし、アイドル?のような女子高生が無駄に多くて、
どうでもよいくだらない会話が延々と続き、見るに耐えない映画でした。
ホラーが見たい人は全く怖くないのでお奨めできません。
延々と無駄に長くとても疲れました。


結婚できない男

(購入者の評価)
ドラマの後半から嵌ってしまい、DVDも買って全編見直したい気持ちで思い余って、“12月の発売を待つ間、この本で「復習」していよう、信介目線で描かれているようだから、新鮮な発見もありそう‥!”と思って買ったのですが、私はダメでした‥。
最大の理由は、ノベライズした方の「信介」観と、ドラマで俳優さんが演じた信介を見ていた私の「信介」観が違う、というか、結んでいる人物像にズレを感じたから、です‥。(ですからあくまでも個人的主観なので、星は3つとしました。)
実際内容的にも、ドラマとは異なる部分もあるのですが、それは、色々な制約もあったかと思うので、許容範囲だと思います。ただ上に書いた理由で、どうしても私には違和感が残りました。
あまり前向きなコメントでなく、気が引けるのですが、これから読もうか‥と思っている人に、また読んだ後、同じような違和感を感じている人に、1つの意見として参考になれば、と思って投稿させていただきました。


acteur(アクチュール) No.6 (2007 MAY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

キネマ旬報 2008年 7/1号 [雑誌]

日本映画navi 2007秋 (扶桑社ムック) (扶桑社ムック)

乳がん患者ケアガイド―乳がんの最新情報がよくわかる! (Nursing Mook (38))

acteur(アクチュール) No.3 (2006 NOVEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

アベちゃんの悲劇

(購入者の評価)
阿部ちゃんのファンしかなかなか手に取らないかとは
おもいますが、どうしてなかなか。
幼少時代から小学校時代にかけてなどは実に面白い!
さらにバイトの話、ねえちゃんの話など、
普通にエッセイとしての完成度はなかなかのもの。
一度お読みくだされ


自虐の詩-映画ノベライズ (竹書房文庫 DR 203)

Mathematicaでみる数理物理入門〈2〉

アベちゃんの喜劇 (集英社be文庫)

(購入者の評価)
私はこの本をだいぶ前駅の近くの本屋さんで買いました。 ドラマや舞台、映画で幅広い役を演じている人気俳優阿部寛さん。でも今の人気俳優阿部寛があるのは「メンズノンノ」モデルの頃人気モデル
だったがそれ故にルックス、スタイルだけの二枚目モデルというイメージがあり役者になってもモデルのイメージが付きまとっていて中々殻を破けずにいた。スキャンダルがあり芸能界を干され苦悩した日々もあった。やがて舞台「熱海殺人事件?モンテカルロイリュージョン?」と運命的な出逢いを果たす。そして彼の役者人生を変える代表作と出会う事となる。ところで私が興味を示したエピソードは
高校時代の阿部さんに片想いしていた「アキナ」の話や子供の頃運動神経が良く「オリンピック選手」
を夢見ていた話です。この本の続編も出来れば出して欲しいです。


物理工学系のシミュレーション入門―MATLAB、PDEase活用の実際

Mathematicaでみる数理物理入門〈1〉

キネマ旬報 2007年 5/1号 [雑誌]

(購入者の評価)
阿部寛特集非常に良いです。最近「大帝の剣」や「アジアンタムブルー」、「トリック」などの映画や「ドラゴン桜」、「結婚できない男」などのいろんなドラマで俳優としての個性を出している
阿部寛。 彼自身の役者としての5年後、10年後がどういう個性を持った役者になるのだろうと思うと楽しみです。これからの日本映画界を背負って立つ俳優さんの一人であることは間違いないのですから。これからも映画を中心にいろんな作品での活躍を祈っています。


阿部寛セーターベスト10(テン)

(購入者の評価)
阿部寛が若い。写真集として一見の価値あり。



キネマ旬報 2008年 2/1号 [雑誌]

『鴎外全集』の誕生 ― 森潤三郎あて与謝野寛書簡群の研究

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4