阿部サダヲ

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
阿部サダヲ おすすめDVD 阿部サダヲ おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ザ・クイズショウ DVD-BOX

週刊真木よう子〔DVD-BOX 初回限定生産版〕

(購入者の評価)
他の方の言う通り値段が少し高めですがf^_^;
深夜放送の為見過ごした回が多いので買いですね。
ストーリー自体は?で終わる内容もありますが、主演.真木よう子の芝居変化が面白いと思います。
脚本.監督.共演者も素晴らしい方が多い(特に三木聡監督の話は良かった)。

1つ言わせて頂くと、TV放送を見た事ない方はよく検討された方が良いと思われます。


舞妓Haaaan!!!

(購入者の評価)
『クワイエットルームへようこそ』でも感じたことだが、人気作家クドカンの脚本は完成度の高さにおいて、素人ブログが元ネタのなんちゃってコメディとは一味違う。ハイテンションギャグの連発は、まるでお笑い番組を見ているような気になるものの、時折ホロっとさせられるシーンの混ぜ加減も絶妙で、映画としての体裁をきちんと保っているところはさすがだ。

「よう、75キロ」なーんてわりと陰湿な役柄が多かったアベサダが、今までのイメージをかなぐり捨てて、(多少無理しているような気がしないでもない)はっちゃけた超ハイテンション・リーマン鬼塚公彦を演じている。その鬼塚がライバル視するナイキこと内藤貴一郎(堤真一)のお下劣なブッ壊れっぷりがまたいいのだ。この堤真一という人、2枚目の氷キャラを演じることもあれば、こんな下ネタキャラを演じることもあるギャップの大きさが魅力である。

ギャグよし、テンポよし、ホロリ度よし、役者よし。さて肝心の舞妓haaaan陣営はどうだったのだろう。目鼻立ちがはっきりしている柴咲コウはどんなメイクをしても彼女だとわかったが、全編を通じて厚塗りの先輩舞妓・駒子が誰なのかはじめはわからなかった。ヒロスエかと思ったら小出なにがしという全く聞きなれない名前。こんなにも舞妓メイクが似合わない人も珍しく、柴咲の対向を張るには顔的にも実力的にもハッキリいって役不足であった感は否めない。(京都出身ということでまたまた余計な力が働いたのかもしれない)

いろいろな意味でプロとアマの力量の差をはっきりと認識させられる1本だ。


あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった-カウラ捕虜収容所からの大脱走- ノーカット完全版

(購入者の評価)
先日、日本テレビ開局55周年記念で放送されたときには、仕事でTVを見ることができず、DVDの予約を受け付けていることを知って早速購入しました。
私自身このカウラの地で、現在も行われている慰霊祭や桜祭りに携わったこともあり、その時には理解し得なかったカウラの捕虜収容所での出来事をドラマを通じて20年ぶりに目の当たりにしました。

ドラマとしても、大変すばらしいものに仕上がっています。大泉さん、いい味出してますよね...。


MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人

(購入者の評価)
映画『パコと魔法の絵本』を検索していたら、このDVDが出てきました。面白かったです。映画も観にいこっと。

メイキング オブ 「パコと魔法の絵本」と「いつもワガママガマ王子」

(購入者の評価)
「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」と次々にユニークで斬新な傑作を連打した中島哲也がまたしてもやってくれました!
本編映画は、その極彩色で人工的な空間の中で展開する奇々怪々な人物たちが繰り広げる可笑しさと優しさが波状攻撃のように襲ってくるグロテスクでピュアなファンタジーで、舞台劇の如き美術、衣装、メイクアップに併せ、アニメーション、CG、超ド級なセットと、極めて映画的な手法が融合した今まで観た事がない日本映画。実写とアニメをシンクロさせたものとしても、例えに出すのは悪いが、今年公開された某ディズニー映画よりもずっと魅力的で作家性が強い。目をみはらされ、笑わされ、しかも、しっかり感動させられてしまうから凄いのだ。
今DVDは、メイキングにテレビ東京で放映されたスピンオフ企画のアニメ「わがままガマ王子」が付いたもの。正直メイキングは番宣とおぼしき僅か20分程度のものだが、それでも本編が出来るまでの気の遠くなるような労力が窺い知れ、演劇的な要素にこだわりながらも、その中でどこまで映画的なものを創作出来るかに挑戦したとの中島の思いが聞ける。原作者の後藤ひろひとのインタビューが意外と聞き応えありなのが演劇ファンには嬉しい。
これから映画を観る人よりも、映画を観てその作品世界に心惹かれた人に、DVDでの再会までの繋ぎとしてお薦め。



木更津キャッツアイ 5巻BOX

(購入者の評価)
木更津という地方都市を全国区にのし上げた功労により、「第893回ベスト狸オブザイヤーン」に輝く快作。一見スポ魂もの、実はヤクザ映画、ちょっとピンク映画、さらに音楽映画、かなり青春映画のテイストも織り交ぜたエンターテイメント。それが・・「木更津キャッツアイ」。 ちがう?そうだよなぁ。気楽にご覧下さい。あなたのハート、いただきます。近日参上。木更津キャッツアイ。にゃー。"

医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX

(購入者の評価)
こんな医者いないよなーと思いながらも見てしまうんですよね、このドラマ。
泣かされる場面も多々あり。。。
うまいところで「続く」になってしまうことも多い。。。 まぁドラマだからそうなんでしょうが。

話も面白いし、キャストもいいですね。
今回は新たなメンバーが気になりました。高橋一生さんと大塚寧々さん。そして前回に引き続き阿部サダヲさんや佐々木蔵之介さんもいい。
登場人物に愛着がわいてしまう作りなので、また続編が見たくなっちゃうんですよね?。
ということで、また続編見たいです。私だけ?


監査法人 DVD-BOX

(購入者の評価)
一話終わるごとに、「じゃあ、どうすればよかったのか?」という問いが頭をもたげた。監査法人は番人であるべきだと思ったし、『我々は救済に来たのではありません。審査しに来たのです。』というセリフも正しいと思った。しかし、ひとつの企業の倒産がもたらす混乱と負の連鎖、これも解る…。企業の癒着と談合と罠…。真っすぐな性格の主役(塚本さん)の好演、仲間からボロクソに言われながらやがて…の勝村さんの熱演、橋爪さんや竜さんなど『権力の顔』を演じるに相応しい俳優さんも見所のひとつ。
「ハゲタカ」の成功を受けて「もっと専門的に踏み込んだドラマも受け入れられる」という制作サイドの自信と意気込みを感じたドラマだった。


人間風車 2000年版

(購入者の評価)
観て良かったと思える作品。
斉藤由貴さんが、舞台であんなに上手いとは知りませんでした。演技がとても自然でしたね。
生瀬さん、阿部サダヲさんは、さすが!!という感じ。

子役を大人(しかもかなりの年齢)が演じていたけど、意外と違和感なく見ることが出来ました。
(といっても、本物の子役じゃ出来ない役ですね^v^)

後藤ひろひと作、G2演出の作品をもっと観たい!と言う気になりました。


人間風車 2000年版

(購入者の評価)
観て良かったと思える作品。
斉藤由貴さんが、舞台であんなに上手いとは知りませんでした。演技がとても自然でしたね。
生瀬さん、阿部サダヲさんは、さすが!!という感じ。

子役を大人(しかもかなりの年齢)が演じていたけど、意外と違和感なく見ることが出来ました。
(といっても、本物の子役じゃ出来ない役ですね^v^)

後藤ひろひと作、G2演出の作品をもっと観たい!と言う気になりました。


クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)

(購入者の評価)
流石は"比類なき鬼才"松尾ムービー。
表現豊かでとんとん拍子に進む会話のやりとりは一癖も二癖もあります。
奇想天外でいてぶっとんでいる…そんな感覚に一々愕いたり突っ込むのはタブーとしましょう。(それだけ突っ込み処満載な訳ですが…)

最後に…鑑賞後の個人的な見解を場違いで申し訳ないけど1つだけ。
この作品を"邦画コメディ"として取扱っていた地元のレンタルショップよ… 「残念」


タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」

(購入者の評価)
最初に2時間のパイロット版があって、そのまま本編にながれ込むパターンはアメリカのTVシリーズの踏襲だろう。宮藤官九郎の脚本はいつもながらの上手さであり、これを古典落語に絡ませるとは!本当にびっくりである。リメイクしようにもハリウッドじゃできないネタだしね。勢いという点では右に出る作品はないが、時代性に捉われない作り方も大きなポイントだと思う。また主演の二人がカッコ良すぎである。カッコいいのにヌケているのはクドカン流だが、いつもにも増してテンションとセリフの落差が大きく、笑わせてくれる。蒼井優はほとんど出番らしい出番がないが、この後のシリーズのための顔見せなのだろう。インタビューで「ドラマは好きでなかったが、本作に出て映画本編と同等のパワーを感じてびっくりした」という意味のことを言っていた。TVドラマは当たり外れが大きいが、本作は傑作の1本といえよう。

医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

(購入者の評価)
寡黙で孤高の医者を演じた坂口憲二は、はまり役だったと思う。
手術のシーンも迫力があり圧倒された。久々に感動したドラマだった。
9話10話最終回と難関手術まで、どう持っていくかの過程には驚いたが、このドラマなら納得できる。
劇中で流れる音楽もそのシーンを盛り上がらせる効果を持ち、また一段と感動する。
恋愛要素がほとんどなく、医療に的を絞ったところが、とても良かったのではないかと思う。


GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!!

(購入者の評価)
クドカンの作品が好きなら、きっと楽しめると思う!最初から最後まで笑わせてもらいました。素っ頓狂な展開が最後まで続きますが、違和感なく見れちゃうのは、さすが?!阿部サダヲさんの演技は本当うまい?。
柴崎コウさんは、さすが美人なだけあって、舞妓さん姿も美しいです。


木更津キャッツアイ 日本シリーズ

(購入者の評価)
ドラマを観てはまったのが高じ映画も観てDVDも買ってしまいました。
おまけ的な映像を観るだけでもファンなら満足なはずです


下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉

(購入者の評価)
のっけからのめくるめく展開は虜になる危険性大。
裏腹にある深田恭子の淡々とした様とも絶妙にシンクロしている。
土屋アンナ扮するヤンキー娘もこれまたしっくり。
このちぐはぐな2人が織成す絶妙なハーモニーは、"ハイパー青春コメディ"たる所以だなと納得です。
そして何より忘れてはならないのが、サブカルチャー・ローカルカラーへの皮肉っぷり… 凄まじくお見事。
但し、一作品という観点から見ると、前半から飛ばしていただけに後半の失速感は否めません。
ですが滑稽なのは事実。極度のパワーを体感すればええやん!


下妻物語 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
テンポが良く、笑えて時には切なく最後まで飽きさせない。
観終えたあとは、爽快感と満足感で一杯でした。
深キョンのシーンごとに変わるロリータファッション。
どれも似合っていて、すごく可愛いのでそれだけでも楽しめる。
「唾吐いたぁ また唾吐いたぁ」「殺さないの?」
深キョンの台詞一言一言がとても可愛い。
私の地元、兵庫の尼崎が出てきたのは驚き。
もっと早めに観ればよかったと後悔。DVDが欲しい。


ぼくの魔法使い DVD-BOX

(購入者の評価)
DVD-BOX買って正解でした。面白過ぎだー!
出てくるキャラ一人ひとりがいちいち個性的で飽きません。
古田さんがされてる井川さん役るみたん役は100%笑えます。
またこんな面白いドラマが始まればいいなぁ


CATMAN

>> つづきをみる

パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)

(購入者の評価)
テレビで映画の宣伝を見て読みました。
よかったです。
自信がなかったり、淋しかったり、色んなことに後悔して大人になったてしまった人が、素直になれなくて、そんな大人たちにパコという記憶力が今日しかない少女とであうことで、何が出来るか?を見つめていくお話。
みんな幸せな気持ちでいつもいたいものです。


蜷川妄想劇場 ~mika's daydreaming theater~

(購入者の評価)
出ているタレントさんたちが、
みんなすごく色っぽくて素敵です!

今まであまり興味がなかった小栗旬さんのかっこよさ、
そして色気に、天性のモテ男を感じました。
松田龍平さんは、ため息が出るほど妖しげだし、
成宮君は・・・・水と薔薇が似合いすぎて、ちょっとやばいくらい。

コンパクトでお安いけれど、とても満足できました。

それにしても、このころの松山ケンイチは幼いですね?!
一番変化した人ではないでしょうか。



hon-nin vol.07

(購入者の評価)
完全に「真木よう子」だけに標的を絞って購入!

いっつもクールなよう子嬢も良いですが、この誌上ではキュートではにかんだよう子嬢もたっぷり拝めます。

是非ファンなら観ておいた方が・・・。


医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX

(購入者の評価)
こんな医者いないよなーと思いながらも見てしまうんですよね、このドラマ。
泣かされる場面も多々あり。。。
うまいところで「続く」になってしまうことも多い。。。 まぁドラマだからそうなんでしょうが。

話も面白いし、キャストもいいですね。
今回は新たなメンバーが気になりました。高橋一生さんと大塚寧々さん。そして前回に引き続き阿部サダヲさんや佐々木蔵之介さんもいい。
登場人物に愛着がわいてしまう作りなので、また続編が見たくなっちゃうんですよね?。
ということで、また続編見たいです。私だけ?


パコと魔法の絵本 PHOTO STORY BOOK (ぴあMOOK)

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)

(購入者の評価)
流石は"比類なき鬼才"松尾ムービー。
表現豊かでとんとん拍子に進む会話のやりとりは一癖も二癖もあります。
奇想天外でいてぶっとんでいる…そんな感覚に一々愕いたり突っ込むのはタブーとしましょう。(それだけ突っ込み処満載な訳ですが…)

最後に…鑑賞後の個人的な見解を場違いで申し訳ないけど1つだけ。
この作品を"邦画コメディ"として取扱っていた地元のレンタルショップよ… 「残念」


オフィシャル・スコア・ブック 椎名林檎/私と放電 デビュー10周年記念スコア (オフィシャル・スコア・ブック)

しゃべりたおし!!!どす。 舞妓Haaaan!!! オフィシャル裏本 (ぴあMOOK)

大人計画全集

(購入者の評価)
大人計画に最近興味を持った人、ずっと好きな人、ちょっと気になる人、
誰が買っても当たりだと思います。
大人計画の今までの全公演(部分公演やライブも含む)の写真(白黒ですが)
そしてその時の演出や脚本者、つまり松尾スズキさんや宮藤官九郎さんのコメントを見ることが出来ます。
また、同期の役者同士の座談会もあり、入団オーディションでの裏話や入団後のエピソードなども楽しめました!
私的には、松尾スズキさんや宮藤官九郎さんのやりたいこと、やってきたこと、
各役者に抱く思いみたいなことが見てとれて、すごく面白かったですよ。
ちょっと値段はしますが、そのぶんかなりの厚さと濃厚な内容にきっと満足します。
大人計画にもっと興味を持つでしょう。
私も見たい作品が増えました!!


誰よりもママを愛す DVD-BOX

(購入者の評価)
 主夫という現代風のエッセンスを用いているが、内容は家族が起こす様々な事件を乗り越え、家族の絆を確かめ合ったり、今までに気づかなかったことに気づき成長するという、昔ながらのホームコメディです。でも、ワンパターンで片づけないで欲しいものがあります。
 最近奇をてっらった設定や、破天荒な主人公のドラマが好まれる傾向にあります。しかし、そうしたものは飽きられるのが早いし、結末が分かれば繰り替えしみようという気にはなれないものがほとんど。
 このドラマはそうしたことはなく繰り返し家族で見たくなる良作です。嘉門家は女性が強く、男性陣は優しいのが今の世を表しているみたいです。その男の子たちが、最後は自分の気持ちに素直に生きようとする姿は、現実なかなか出来ないようで、ちょっとの勇気さえあれば本当はそんなに難しくないのかもと思わされ感動しました。
 田村、阿部、小林聡美をはじめ芸達者な出演人に、子役の子も頑張っていて、回を増すごとに物語に入っていき、感情移入できました。多くの方たちに見てもらいたい、お勧めのドラマですよ。


グループ魂 はいどおもこんばんわぁ!!

(購入者の評価)
メンバー一人一人にインタビューを行っており、その人となりを垣間見ることが出来ます。また、グループ魂の結成からコレまで(出版時まで)の活動なども分かり、新しいファンは必見かと思います。

ピクトアップ 2007年 06月号 [雑誌]

(購入者の評価)
映画「舞妓Haaaan!」のプロモをかねた巻頭インタビューは阿部サダヲのファンにとってたまらない!
公園でのポートは、とても37歳の大人には見えない少年のようなかわいらしさ。水色のセーターに全く無理矢理感がない。これこそ、阿部サダヲの真骨頂!
映画の撮影で植木等さんとお話して感激した、というくだりはとても興味深かった。(植木さんにとって、この映画は遺作になった)
大人計画のメンバーのインタビューもあり、クドカンのインタビューもあり…と本当に読み応え十分、おなかいっぱいです!


演劇ぶっく 2007年 10月号 [雑誌]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4