愛川欽也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 
愛川欽也 おすすめDVD 愛川欽也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
二百三高地

(購入者の評価)
児玉源太郎役の丹波哲郎の演技がめっちゃ上手です『陛下のせきしをこんにちまで無駄に殺してきたのは誰じゃっ!!貴様たちじゃないんかっ!いくさは気合いじゃぞっ!しりごみする前に実行せい!』 ロシアの侵略に立ち向かった明治の日本人をリアルに再現した名作だと思います

マッハGOGOGO DVD-BOX

(購入者の評価)
映画スピード・レーサーの公開に合わせて、原作アニメ「マッハGOGOGO」のDVDが再発売です!!
これまで単品、前巻・後巻ボックスでのリリースのみでしたので、
今回は全話収録のワンボックスでリイシューされました。
しかも格安です!!
これは買わずにおれんでしょう。
マッハGOGOGOのカッコよさには、幼い頃TVで見て、はまりましたね?。
特に毎回のオープニング、主題歌は一緒に口ずさんでいました。
かっぜも?、ふっるえる、ヘヤピンカ・ア・ブ?!!
マッハ号の秘密道具で象を飛び越えて、振り返り微笑む主人公がとにかくカッコよかったもんです。
悪役に追われて、恐竜の化石を壊しながら逃げるシーンが特に心に残っていますよ。
また、紙にマッハ号を書いてよく遊んだもんです。
ボンネット下から出てくるノコギリカッターをよく書き加えていましたね。
いやぁ懐かし?!!
今回このDVDボックスで、更に、幼いボクの記憶を再生したいと思います。
映画スピード・レーサーもぜひ見に行きたいですね!!


トラック野郎 天下御免

(購入者の評価)
今回は何と桃次郎とジョナサンがマドンナ由美かおるに
同時に恋をしてしまったところから物語ははじまる
もちろんお約束のライバル「愛のコリーダ号」(杉浦直樹)との
デッドヒートも...


トラック野郎 御意見無用

(購入者の評価)
恋あり喧嘩ありカーチェイスあり下ネタあり、あらゆる娯楽が詰まった鈴木則文監督と菅原文太の爆走デコトラ伝説はここから始まった。基本フォーマットが、シリーズ1作目の本作で出来上がっている点には驚嘆する。

ちなみに今回のマドンナは中島ゆたか。日本的娯楽映画の真髄はここにあります。

トラック野郎 度胸一番星

(購入者の評価)
アイドル的な可愛らしさ全開で、水着姿もサービスする片平なぎさが素晴らしい。
ストーリー的には、小学生レベルのシモネタが炸裂する猥雑なコメディだが、今日改めて見返すと、長距離運転・過積載・過重労働など、トラック輸送が長年抱えている問題点も押さえた内容になっている。
そういう意味では、「面白うてやがて哀しき」風情すら漂う傑作。
過酷な労働という現実があるからこそ、主人公の無謀な爆走(本当なら確実に免許取消)が、カタルシスにつながるのだ。


トラック野郎 爆走一番星

(購入者の評価)
 第二作目だけあって一作目と比べて、ストーリー・内容から細かな部分までかなりスケールアップしています。ということは、もちろんトラック野郎シリーズには欠かせないシモネタも前作と比べて(…というよりはシリーズ作品中、1,2位を争う位)かなりハードになっていますよ!旦那!
 マドンナ(扮:あべ静江)の存在感が薄れる位、ハードなシモネタが前半に集中!…いや、シモネタで笑わせるために前半部分があるといっても過言ではないでしょう。冒頭からナオコ先生(扮:研ナオコ)に「処女じゃありませんね」で始まり、続いてスマタ三四郎こと山城新伍がトラックを運転しながらダッチワイフを抱えて登場。マドンナに気に入られるため文学青年になろうとして太宰文学を買いにきた桃さんに、『女子大生のオナ○ー』なる本を売りつけようとする男(扮:笑福亭鶴光)…などなど見所満載ですが、やはり前半のピークはおそらくこの部分→ラビット関根(現・関根勤)が運転するバキュームカーが大爆発!黄金水が桃さんの頭上に…。前作は家族団欒やカップルでの鑑賞はなんとか可能でしたが、本作はおそらく危険水域…。まさしく、男の世界=トラック野郎。
 と、前半は物凄いですが後半になると、180度うってかわってホロッと泣かせるいい人情話になります。今回はマドンナではなく子供を残して出稼ぎにきた男を乗せて、桃さんが男の帰りを待つ子供のいる長崎まで、桃さんが一番星号で東京―山陽道―長崎―天草を大爆走します!
 泣きあり笑いありの映画とはまさにこの映画のことじゃないでしょうか。桃さん、いつも元気をくれてありがとう!


トラック野郎 突撃一番星

(購入者の評価)
「文太&キンキン」のゴールデンコンビに、「せんだみつお」が加わったシリーズ第7弾。笑いと涙の珍道中。今回も『喧嘩・人情・女』の3本立てで絶好調の一番星。
それにしても桃さんの厚い人情には、毎回泣かされっぱなしです。
昭和の匂いがぷんぷんする、男のロマンを存分に味わって下さい!


トラック野郎 望郷一番星

(購入者の評価)
御馴染み文太、キンキンの贈る痛快絵巻!
ギンギラに飾ったトラックは桃さんの心の故郷。
日本全土を駆け巡り、今度の舞台は北海道!
ライバルカムチャッカ丸との勝負の行方は?
一番星こと我等が桃次郎の心意義を是非ともご堪能下さい。


この胸いっぱいの愛を -未来からの“黄泉がえり”-

(購入者の評価)
「黄泉がえり」の塩田明彦監督が、同じく梶尾真治原作の「クロノス・ジョウンターの伝説」の中の「鈴谷樹里の軌跡」をもとに長編映画にしたもの。

「黄泉がえり」はけっこう面白く観たのだけど、本作は、お涙頂戴のファンタジードラマとして二番煎じだし、タイトルも中身も甘いね。前半はテンポも悪くなく、ミステリーとしても期待させたのだけどガッカリ。タイムスリップして過去の出来事をいじれば、タイムパラドックスが生じるという定番のテーマは、捻り方次第で意外性も生まれるものだけど、本作は最後まで緩く、オチも想定範囲内。
ドラマとしても、チンピラのエピソードなんて、いくらでドラマチックにできると思うのだけど、彼の母親が自分を産む決意をした事情を、チンピラへ園長がベラベラ秘密を喋るというイージーな展開にした時点でガッカリ。終盤の見せ場であるコンサートシーンも、説得力がない。ラスト、エピローグ的なファンタジーシーンに至っては、白けたというより何でも有り映画なのかと、自分を納得させた。

以上、非常に辛口になってしまいましたが、劇場ではすすり泣く声もずいぶん聞かれましたから、素直な気持ちで観れば感動できるのだと思います。


トラック野郎 一番星北へ帰る

(購入者の評価)
前に一番星北へ帰るをレンタルしました、他も素晴らしいです。

笑いあり下ネタありで涙もあり人情深いトラック野郎シリーズでも自分はこれが特に好きなんです。

桃さんは男としての優しさや温かさや寂しさを持ってると思います。

昭和はこの作品で今も生きてます、そして桃さんは帰る故郷が無いですが一番星が桃さんの故郷だと自分は思います。

ホント泣けますし、買って良かったです♪


トラック野郎 熱風5000キロ

(購入者の評価)
シリーズ第9作目。信州・木曽路を舞台に一番星がまたまた大暴れ。
喧嘩っぱやいが情にもろい桃さんが、今回もいい味を存分に出しています。
10作品とも大好きですが、信州人の私には特に心に残る名作品です。


トラック野郎 故郷特急便

(購入者の評価)
シリーズで一番好きな作品です。龍馬號、めちゃかっこいいです。話の展開も大好きで旅にでたくなりますね。森下愛子さんがまた愛くるしくていい(めざましテレビの皆藤愛子さんにかなりにてますよね)それに石川さゆりさんは、ほんっとーに歌唱力抜群だと感じました。映画公開数年後、香川県の国道11号線で龍馬號(仕事中?)を見てかなり興奮したりで、ずっと心に残ってる映画です、大人になって深夜番組で(思い出を爆破するやつだったと思う)龍馬號を爆破するやつ見て泣きました。あの番組覚えてる方いたら番組名おしえてください。

トラック野郎 男一匹桃次郎

(購入者の評価)
雄大な阿蘇、桜島と九州を横断する一番星☆星桃次郎。今回のマドンナは故夏目雅子 キンキンとのコンビもばっちりです。

バンパイヤン・キッズ 1

本当にあった怖い話 Vol.I

新・愛の嵐 DVD-BOX 第3部 戦後編

(購入者の評価)
ストーリーは本当に素晴らしく毎回ドキドキせずにはいられませんでした。そして迎えた最終回。どうなるの〜?とワクワクしつつ見て気づけば事態は最悪の局面に。しかもそのまま終わってしまうラストには「へ?」としか言えない・・。なんとも後味最悪の結末。見終わった後これほど納得のいかない作品は無いと思いました。今までの出来が最高だったために、とにかく残念。くさすぎる作品に終わったて感じ。でも主題歌がとにかく本当に美しくこの曲ほどドラマにマッチした曲ないかも。あと、曲と共に映る画像の意味は最終回見ればよく分かります。・・にしてもツクヅクひかるはどうでもいいけど、猛は哀れな男だったなあ・・、とちと可哀想になりました。彼は日下部家とひかるのためだけに生きてあの結末。まあ彼としては最高の最後だったのかもしんないけど・・。幸せになって欲しかっただけにあまりにひどすぎるラストには嫌気が差しました。あと配役は猛の幼少期はぴったし合ってたけど成長するにつれなんか違うでしょ・・と言いたくなりました。まあストーリーが泣けるので許しますが・・。個人的にひかるの気持ちより猛の気持ちの方がよく分かりました。

なるほど!ザ・ワールド~世界のおもしろレポート集~

(購入者の評価)
自分が小中学校のころ、見ていた番組なので当時を懐かしみながらDVDで見ている。考えてみれば、この手の番組はまさにこれを皮切りに他局でも続々とオンエアされていったことを思うと、本当に画期的だなと思う。ただ、15年間にもわたる放送で映像も膨大な数だろうと思うので、今後、第二弾、第三弾とアナウンサーだけでなく他のレポーターのレポートも見たいと思う。

新・愛の嵐 DVD-BOX 第3部 戦中編

(購入者の評価)
この戦中編は、三枝家が次々に困難に陥り当主が破滅するまでを収録している。観者は、これまでの家中での事件が平穏な日々であったことを懐かしむとともに最大の敵手たる大河原への怒りが極限にまで高められるのを目の当たりにするのである。あの太平洋戦争で生き残った強靭な猛による復讐は、戦後編を待つとしても、それは本編での感情の高揚―怒り!―によってこそ引き立つのであり、それゆえ本編は欠かすことの出来ない前哨劇なのである。それら脚本や舞台設定は、申し分ない。極端な筋や単純な台詞すらこのようなドラマでは物語へ観者を引き込ませる。しかしヒカルを藤谷美紀に配役したのには納得いきかねる人は多いのではないか。要潤はよい。しかしたまにヒカルが婆に見えてしまうという困難を解消するために人事を再考するべきであったと思われる。

ハクション大魔王 セレクション2

トラック野郎 爆走一番星

>> つづきをみる

なるほど!ザ・日本人 (1984年)

目標をたてていま挑戦のとき

家づくり七軒とことん奮戦記

(購入者の評価)
家づくりが道楽っていう感じが全面に漂う本ですね。といっても豪邸とか数奇屋といった家を建てる普請道楽ではありませんでした。自分たちが暮らすための身の丈の住まいを次々に建てては移り住むという感じです。
本の前半は1軒目の家からの遍歴が簡単な間取りと共に書かれています。本の真ん中あたりからは、著者のこだわりなどが大半になります。特にこだわっているのは防犯ですね、著者の愛川さんが泥棒に入られたので特にこだわってます。最後の方はほとんど住宅論ですね。こうしたらいいとか・・・半分は自慢が入っています。


ゴルフが上手(うま)くならない理由(わけ)

キンキン恵比寿の「強運あげます」

愛川欽也の究極のラーメン大研究

黄昏れて初恋

愛川欽也のEAT9(イート・ナイン)―健康・食ing(ショッキング)・美容

泳ぎたくない川

(購入者の評価)
 
 テレビ、ドラマ等で人なつっこく、暖かい人柄がにじみ出る愛川欽也さんの自叙伝。
自叙伝というと、何かしら自慢めいたものを連想して、それだけで読む気もうせるものですが、同書は大きく違いました。

「そもそも、同氏からにじみ出るなんともいえぬ人柄は、どこからくるのだろう。」という疑問と関心からこの本を手に取りました。

まさしく激動の昭和の時代を、時代に飲み込まれながらも夢を追う同氏。それを取り巻く母、友人、そして女性。
生活力あふれる情景に、自分もその世界に引き込まれ、時には涙も出ました。

普段、このジャンルの本は読まないのですが、今回は読んで本当によかったと思います。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4