哀川翔

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
哀川翔 おすすめDVD 哀川翔 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
映画 クロサギ 「毎度あり」エディション (オリジナルチョークバック付き)

(購入者の評価)
黒崎がIT社長になって英語を話すところがかっこよく、また見たかったので、購入を決めました。桂木が、シェークスピアのセリフを喋るところは間延びして、いらない、ドラマ最終回のほうが、はらはらドキドキした。御木本を追い詰めていないのは、続きを作るなら、ゼヒ氷柱とキスを。


映画 クロサギ (スタンダード・エディション)

(購入者の評価)
詐欺師が詐欺師を騙すという知的トリックは相変わらず面白かったですが、映画版はTVに比べて主人公の周辺の人間関係や過去のエピソードのフォローなど色々なことを盛り込みすぎて消化不良気味で個々には面白いところはあっても全体としては焦点が絞りきれず、迫力に欠けていると思ったのが正直な感想。詐欺師が詐欺師を騙すという部分にもっと焦点を当てきった方がすっきりとはしました。

映画 クロサギ「毎度あり」エディション

2006年にテレビの連ドラとしてオンエアされ、平均15.7%の高視聴率を記録した人気作品の映画化だ。詐欺にあって一家心中で家族を失った黒崎(山下智久)が、復讐のために詐欺師(シロサギ)を騙すクロサギとなり、次々とシロサギたちを喰い尽くしていくというのがテレビシリーズの内容で、今回もその基本は踏まえた上での作り。ただ今回はなかなか騙されないシロサギの物語となっており、映画らしくスケールも大きい。
加えてその黒崎と対決するシロサギに扮したのが竹中直人。これまでもテレビシリーズでは、シロサギたちのフィクサーであり、黒崎の仇でもありながら黒崎に情報を振る桂木役で山崎努が出ていたし、毎回黒崎が倒すシロサギには大物スターが扮してきた。今回は竹中直人が渋い演技で悪役を演じ、さらにそこに大地真央や笑福亭鶴瓶など個性的な役者たちを取り揃え、ドラマのレギュラーなどを加えることで映画全体を盛り立てていく。 惜しいのは画の構図などがテレビ的な雰囲気になっていること。あえて映画になったからといって雰囲気は変えない作戦だったのだろうが、もっとそこで華々しさを出しても良かったのではないか。堂々とした山下智久の演技は素晴らしかったし、せっかくシェイクスピア劇の『ジュリアス・シーザー』を物語に絡めたりと脚本も凝ったことをしているのだから。(横森文)


クロサギ DVD-BOX

(購入者の評価)
とても面白い!
山下智久カッコイイ!
堀北真希カワイイ!


木更津キャッツアイ 日本シリーズ

(購入者の評価)
ドラマを観てはまったのが高じ映画も観てDVDも買ってしまいました。
おまけ的な映像を観るだけでもファンなら満足なはずです


Life天国で君に逢えたら スタンダード・エディション

(購入者の評価)
とある用件で、この作品を偶然見る機会があったので、
通常ならあまり見ないジャンルの作品でしたが、
思わぬ掘り出し物もあるかもしれないと思い鑑賞しました。
(使い古されたテーマであるなら、それ故に普遍性があるのかもとか・・・)

まず、伊東美咲は女優やめたほうがいいと思います。
TV女優程度ならコメディ路線(etc電車男)なんかもありでしょうけど、
スクリーンで、あの演技とかありえないです。
もし、あれを狙ってやってるなら、監督は廃業してください。

モデルになったというサーファーの方のことは良く知りませんが、
主人公(?)も何が言いたいのか、やりたいのかよくわからないいまま
単なるわがままと自分勝手な生き方をまるでそれが
「これが、最後まで夢を貫く生き方なんだ!」みたいに
自己満しているところに、私はまったく共感も理解も出来ませんでした。

○○さんなんて、登場事態も唐突でしたが、
何の脈絡も伏線も無く死んでしまったのには、驚くというよりあきれてしまいました。
大人の事情等で大幅なカットでもされていたんでしょうか?
誰にでも起こりうる「死」というテーマを扱うには、あまりにもお粗末な作りでした。
テーマ自体がもっと違うところにあったのでしょうか・・・?

正直、完全に時間の無駄でした。

真矢みきさんは、本当に声の良く通る凛とした演技をなさる方ですが、
もう少し出る作品を選ぶべきでしょう。


SS -エスエス- プレミアム・エディション

(購入者の評価)
前半はまるで滅びゆく恐竜を見ているようで救いがなさすぎる。車が見たくて見てるのに「暗いよ!」と嫌な思いに。

B級臭しかしない作品でしたが内容はとてもよく面白かった作品でした。こんなにドラマパートが作りこめたのもメインキャストのオヤジ達が本当に味のある役者さん達だったからでしょう。特筆すべきはエノケン。こんなに表情が豊かな役どころも珍しいんじゃなかと思います。「ポルシェやるよ!」の時の清々しさは最高でした。

クワマンはやっぱりクワマンでしたが(笑)


Life天国で君に逢えたら メモリアル・エディション(2枚組)

(購入者の評価)
何一つ感情移入できませんでした。
何か浅いのです。
前に飯島夏樹さんのドキュメンタリーやエッセイを見ていたからかもしれません。
その時に感じた自分のことよりも残される家族に対する深い愛情や父親、夫としての責任を感じ、最後まで将来を見ている姿に感動しました。
映画では、父親、夫としての部分がすごく薄くて、自分のことだけを考えている人に見えてしまいました。人間のもっと深いところを表現することのできる役者さんをそろえてほしかったです。残念です。


デコトラの鷲 其の五 火の国熊

黄泉がえり スタンダード・エディション

(購入者の評価)
私は原作を読んで映画を観ることはありません。
映画は映画で評価します。この作品は良いです。
流れが自然で、超常現象がテーマでありながら、
暖かいものを感じます。ただ、最後の柴咲コウの歌はいらない。


クリアネス

容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
やっぱり、室井がこんなに苦しんでいるときに、青島が出てこないのに無理を感じます。セリフは出てきますが。やっぱり織田さんと柳葉さん、仲悪いのねぇ?って現実に戻ってしまう。。。交渉人?やテレビドラマの方は青島出演なしで無理のない脚本だっただけに、踊るシリーズ一番の不作だと思います。でも八嶋さんなど、脇のキャストは最高!

容疑者 室井慎次

(購入者の評価)
本作は「踊る大捜査線」の延長線上にあることは間違いがない。しかし「交渉人」のような親作品への高い依頼度やTV感がなく、これ単独で観ても十分面白い佳作となっている。本作を映画たらしめているのは、柳葉敏郎と田中麗奈の演技力が大きい。脇の筧利夫や哀川翔も含めて、舞台や映画に軸足を置いている役者たちはやはり一味も二味も違う。「静」の柳葉、「動」の田中の芝居は映画に真実味を持たせた。田中麗奈はそのイメージは崩さないままで、様々な役柄が板につくようになった。これからも楽しみな女優である。そんな中、木内晶子はいろいろな意味でミスキャストだった。ここが締まればもっと良くなっていたのに、と思う。セリフでしか感情表現ができない俳優は、あのキーとなる役にはつらいだろう。木内も雰囲気は悪くないが、もう少し進化しないとホラー映画専門になってしまう。本作は警察対警視の局面が核となるが、実はデジタル対アナログっぽい感じが観客をそそるのだと思う。映画俳優はどこかアナログっぽい。対してTVを軸に出演している俳優たちはデジタルっぽいのだ。君塚監督もこのあたりを意識してのキャスティングだったのだろう。何となく本欄の評価が低めだが、エンターテインメントとしては一級である。

龍が如く 劇場版 通常版

(購入者の評価)
真島さんは激似
それ以外はほぼノーコメント
桐生はもっとゴツいとは思いましたが…
伊達さんは不満でした
サンドイッチマンの富澤のほうが似てます
がゲームではそれほどでもなかった真島さんがいい味だしてまして
真島さんが好きになりました
評価3は全部真島票です


東京ゾンビ

(購入者の評価)
ゾンビが出てきてオオゴトなのにさ、全編的にノンキなんだ。ノンキな空気が溢れているんだ。好き。
特にオチ最高。
ああ、そういうオチ、ああいうフリだったのね!と大笑いしました。
みっちゃん、すきだ。


英二

(購入者の評価)
とんぼのDVD発売を強く望みます。やっぱり英二は最高だ。昭和を感じる事の出来る男だ。あんな気持ちを忘れてはいけないと再確認した。

オルゴール

(購入者の評価)
この映画は昔から好きなんですよね。

なんといっても勇次役の長渕剛の脇を固める役者の配列が見事。

妹役の仙道敦子と弟分の哀川翔の結婚前のギクシャクぶりも微笑ましいし、金目当てで勇次にまとわり付く中村嘉津雄の悪人刑事ぶりとは裏腹にいざという時はしっかりしてるイヤラしいところや、勇次の元妻の永島暎子の子供はほったらかしで酒と男に溺れるダメ女ぶりも絶妙だ。

そして敵役の寺田農の情けないボスぶりは勇次のアウトローなヒーローぶりをより助長する。

勇次の子供とのシーンにはアルバム「昭和」の挿入歌「シェリー」が使われてる。この曲がまた泣かせるし、勇次の父親としての優しいまなざしがせつない。

この映画の後半は大体の人が観ているうちに想像がつくほど一筋縄にはいかない。

何度観ても静かな感動を覚える映画です。


ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~ ボーナスセット

(購入者の評価)
青山知可子嬢の濡れ場を堪能できる作品として考えれば5つ星。
拳銃を撃つと、男性の発射を受け止めるまでアソコの疼きが
おさまらないという不思議な少女を演じています。

DVD化により、レンタル店の擦り切れた古いビデオでは、
判然としなかった部分がくりかえしくっきりと堪能できるように
なったことは嬉しい限り。

現在容易に入手可能な作品としては、露出面において最良の作品
だと思われます。

またボーナスセットにより、露出的には期待できない内容であったものの、
演技系80年代アイドル「佐倉しおり」の動く姿が観られるのは、
当時を知る者にはサプライズな特典かもしれません...

DEAD OR ALIVE デッド オア アライブ 犯罪者

(購入者の評価)
1999年Vシネマの革命作
哀川翔と竹内力初共演にして日本映画史の金字塔。
 新宿歌舞伎町の暑い夏の夜一つの抗争事件が勃発、龍一(竹内力)率いるギャング団が、桜井組の構成員と香港マフィア達をつぎづきと惨殺
現場に到着した野良犬刑事、城島(哀川翔)は殺人現場にあったラーメンの匂いを嗅ぎ「スチールーラーメン、ヤン・ファンケンに間違いない」と言い放った。オープニングから異常なテンションの高さでこの作品が今まで観た事がない映画であると認識させらえた。
内容
 新宿を舞台に利権を争う、桜井組と新興中国大陸系ギャング集団の抗争に、娘の手術費2000万円を都合しなければいけない刑事城島が漁夫の利を狙いにいくとい展開でノンスットップで加速していく。
見所
 灰汁の強い個性派俳優陣に洒落のあるセリフ、やべきょうすけ演じる
カンフーマスター、ヒトシに「ぼくドラエモン」と言わせた後にすぐに警備員を凹にし、銀行強盗させたり、タレコミ屋兼エロ雑誌屋(ダンカン)が重要な役割を演じ、桜井組若頭の変態浣腸マニアの青木(石橋蓮司)がとても言えないセリフを言わせたり、どうしても本当の中国人にしかみえない陳を鶴見辰吾が怪演し、城島の部下井上を寺島進が演じているんですよ、三池組最高のキャスティングじゃないですか。
蛇足
 後に、三池崇本人が「明るくて楽しいヤクザ映画です、たっぷり楽しんで下さい」と言わしめた程の自信作。
今年の公開作の『クローズzero』と同じく「香港映画を凌駕したな」と私は確信しました。


福沢諭吉

>> つづきをみる

ACTORS STYLE Autumn 2005 (2005) (Bamboo Mook)

眼鏡Begin Vol.2 (別冊ビギン)

俺、不良品。 (竹書房文庫)

(購入者の評価)
いまや「Vシネマの帝王」と呼ばれる哀川翔さんが、生まれてから役者となるまでの波乱万丈の人生を綴ったもの。話は幼い日の父親の事故死から始まるが、語り口に陰惨さがない。故郷の鹿児島から単身東京に脱出、雑誌のライター業を経て、一世風靡セピアとしてデビュー。その解散後、役者となり、そして結婚。どんなときにも筋をまっすぐ通す哀川さんの生き方は、読む者をして反省を促されることが多い。爽快な余韻の残る自叙伝だ。

翔、曰く―EXCITING

哀川翔 2009年カレンダー

使われる極意―哀川職業安定所 すべては、呼ばれるために

(購入者の評価)
私は自由自営業なのですが素晴らしい内容でした。やはりすべては呼ばれる為ですね。生き残りの極意の伝授ありがとうございました。

俺、不良品。

(購入者の評価)
『俺、不良品。』は『木更津キャッツアイ』ファンからするとバイブルのような1冊。読み始めてみると最初の一章から凄まじい人生のスタート。こんな人生を歩んできた人だからこそ今『兄貴キャラ』として君臨していられるんです!!読みきったらきっと翔さんのこともっともっと「兄貴ついていきますっ!!」って言いたくなりますよ

SHOW LONELY RIVER

(購入者の評価)
兄貴の事が知りたいあなたは必見!!この本はいままでの兄貴の作品の集大成と言っても過言ではないような内容です!「翔、曰く」での名言から
「俺、不良品」ばりの語りなど、有名人とのツーショットトークも満載の
一冊。翔さんファンは持ってて当たり前!いまから翔さんにのめり込もうと
いう方にも必ず買って欲しい一冊です!!


CM NOW (シーエム・ナウ) 2006年 03月号

哀川翔―鉄砲弾伝説 (谷岡雅樹のナイフの横顔)

(購入者の評価)
ドキュメンタリー番組を見ているような哀川翔密着レポートです。ライターの目から見た翔さんの魅力が伝わってきます。

ぼくが地球を救う―TBSドラマ完全ノベライズ

(購入者の評価)
TBSドラマ「ぼくが地球を救う」のノベライズ作品。
原作を見ていなかった人だと少し分かりずらいかな?と感じられるところもありますが、読み終わるとウッチャン演じるアダッチや、ナナカンメンバーの暖かさがしみてきますよ・・・。


翔、曰く

(購入者の評価)
「仕事は来た順。だってそれが誠意でしょ」とか、「自分を信頼した者がそこにいるとしたら、不幸にさせたくないよね」とか、そんなことをサラリと言ってのける哀川翔は、今さらながらかっこいい。

この本に出ている語録を読んでいる限り、哀川翔のかっこよさは、依存症的なものに逃げ込まない心の強さにあると思う。だから多分、哀川翔はセックスとか暴力とか薬とか酒とかについて、それを何かの言い訳に使ったり、そこに必要以上に聖性を認めて崇め奉ったりすることはないと推察する。

パジャマプレスの投書どんぶり

(購入者の評価)
今や伝説の番組になった、FMナイトストリート・パジャマプレス。兵庫県の我が家では、FM香川から1時台の放送しか聞けませんでしたので、水曜日、赤坂泰彦の「こんなやついない」は聞けませんでした。

変わりにこの本で笑いをあらたに楽しみました。

このFMナイトストリートのおかげで、暗い高校生活が「ネクラな」高校生活になりました。

百本締め

(購入者の評価)
私は哀川翔さんのファンなので、翔さんのファンとして素直に購入しました。

筋の通った生き方と言いますか ポリシーを持った人生の歩き方って言うものに率直に惹かれ、吸い込まれるように読めた本です。と言うより この本は哀川翔と言う俳優が13年をかけて突っ走って来た真実をそのまま、翔さんの言葉で語っていると言う翔さんのメッセージです。たぶん100本目を一つの節目として 翔さんはまた101本目ではなく、1本目として新しい映画作りをスタートされるんだろうな!と楽しみになりました。ずっと宝物にして持っています。

哀川翔 2004年度カレンダー

(購入者の評価)
翔さんのカレンダーは、また格別かっこいいんですよ!他のカレンダーよりいい渋さが出てます。買ってみれば分かります。きっと翔さんのカレンダーが一番ですよ。

白黒つけるぜ!―SHOW AIKAWA“ZEBRAMAN”photo & message book

CL126 哀川翔カレンダ- 09

ON―哀川翔写真集

(購入者の評価)
哀川翔の撮影に挑む男の姿や撮影スタッフの真剣さなどが
とても伝わってきました。普段の子供さんとのふれあいなんかも見られ
2倍おいしいなと思いました。今の翔さんの姿が見られファンにとっては
たまらない1冊です。


哀川翔 2008年カレンダー

哀川翔カレンダー 2003

(購入者の評価)
ベンツから乗り出してる翔さん、拳銃をぶっぱなしてる翔さん‥♪ 様々な翔さんにカレンダーとして1年間、部屋で出会えるなんて最高に満足なカレンダーです♪特に私は7・8月の翔さんのお顔がシブくて好きなページです★ページを切ってしまうのがもったいないのでまだ表紙のままですが、いずれは切り離してポスターとして部屋に飾ります♪スヌーピーのTシャツもなぜか似合ってしまうなんて‥。もう1つ買っておきたいくらいです★

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4