赤井英和

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 
赤井英和 おすすめDVD 赤井英和 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
クライマーズ・ハイ

(購入者の評価)
7月に映画版を観てから原作を読み、ネットでの評価でこのドラマのDVDを
購入して鑑賞しました。
以下率直な比較となります。

1.ストーリー TV版が原作に近く丁寧。映画版は複線が中途半端で省略し
         た方が分かり易かった。

2.緊迫度   墜落事故の第一報を流す共同配信の場面や現場雑感のくだり
         は映画版が勝ってます。TV版は良くも悪くもNHKっぽく割と
         淡々としている感がある。

3.キャスト  どちらも甲乙つけ難い。私的にはハイエナのような佐山記者
         を演じた映画版堺雅人の凄みに軍配を上げたいですが。

4.演出    緊迫感では映画版ですが、TV版は構成がしっかりしており
         、流れるような演出です。極力無駄を省いて原作のエッセン
         スを巧みに伝えています。また、登山の場面はかなり本格的
         でTVドラマの域を超えた意気込みを感じます。

以上総合的にはTV版を評価したいと思いますが、本作特有の”緊迫感”をより
感じたければ、映画版は期待を裏切る事はありません。
どちらも2時間半の時間を全く苦痛に感じさせないテンポの良さと迫力があります。




to Heart ~恋して死にたい~ DVD-BOX

(購入者の評価)
待望のDVD化と言うことで即購入しました。とにかく剛君も深キョンも若い!特に剛君は少年って感じで可愛かった。でも本当にあれだけ一途に人を好きになれたら幸せだろうなって素直に思えました。「愛はパワーだよ」って透子の言葉が聞いて思わず微笑んでしまいます。エンディングのプールに飛び込む深キョンのフォームがとっても本格的で美しいのもビックリ。若い2人のラブシーンも何だかぎこちなくてとっても初々しいです。とにかく恋っていいな?って素直に思える作品です。

高校教師 DVD BOX

(購入者の評価)
いわずと知れた不滅の傑作ドラマ。第1話で赴任先の女教師から「やっぱり若い子のほうが?」との問いに「普通かなあ・・」答える羽村は「平凡」こそが理想という新任教師。そんな羽村を第3話で二宮耕介は「普通とは何だ!」と激怒する。だが、耕介が電話のモジュラーケーブルを引き抜けば、終盤では羽村もケーブルを抜く。 ”平凡”を好んだ羽村と”普通”を忌み嫌う耕介が結局は同じ位置に立つ人間であるという事実を生々しく描いていく。”モラル”や”普通”を出発点としてそれらとは正反対ともいうべき、教師と生徒の関係や近親相姦はもちろんのこと、不倫や同性愛、教育実習生が教師に恋をするシナリオも加わり、これら禁断的要素が巧みに絡み合いながら、その中で次第に浮き彫りになっていく「本当の自分」。回を重ねるごとに段階的に増強していく緊迫感と切なさは特筆すべき素晴らしさである。細かい部分まで実に丁寧に作り込まれており、あちこちに配置されたちょっとした台詞の中に謎を少しずつ明らかにする手法をごく自然な流れの中で確立できている点は驚嘆に値する。例えば「お父さんも死んじゃった」→「あのヒトには会って欲しくないの」→「お父さんじゃなくなった」などの綿密に計算された台詞の変化などがそれ。映像表現の巧みさも素晴らしく、特にメラメラと燃える「炎」を人間の感情や心の中(時には屈折した心の闇)の表現手段として扱っており、弁当の中身を捨てた焼却炉の炎、写真を燃やす炎、ろうそくの炎、二宮親子の別れの炎、新庄親子の再会のときの炎は印象的に提示されている。また、随所に登場する繭をモデルにした絵が映し出されるタイミングの秀逸さ、撮影したテープの存在で脅されて呆然となった相沢の顔のバックにザーっと何も映っていないテレビの画面を重ねるシーンも抜群。主要人物の俳優たちには台詞を最小限にとどめ、続きを表情やしぐさのみで補うという正統的な演じ方の指導が徹底されているようだが、各自がそれを完璧にこなしており、それぞれが役柄にハマっていて見事な仕上がり。特に第9話の追試が終わってから例の事を釈明する桜井幸子の演技はスバ抜けていて恐ろしいほどの説得力を持つ。 ただ、こんな稀に見る傑作にも小さいことだが残念な点が二つある。一つは第2話の繭がタバコを吸う場面で、周囲の人のけげんそうな反応は演出的にはわざとらしく大げさ過ぎる。それから第10話のBGM。別に中村あゆみに恨みはないが、やはりカラオケで歌った曲がそのままBGMに発展するのは安直。 最終話の「仰げば尊し」以外は全編を森田童子で貫いて欲しかった。この二点は個人的な意見であり、一般的な本編の価値を少しも損なうものではない。あくまで”欲を言えば”の話である。

ありがとう

(購入者の評価)
 万田邦敏監督作品。
 1995年1月に発生した、阪神淡路大震災。その震災に遭い、ボランティア活動をしながら震災から立ち直って、プロゴルファーになった人の話……。
 なんか、描き切れていない、って感じがする。前半の震災部分は、悲しい場面も多く、場内でも何人かのすすり泣く声が聞こえたが、悲惨な事実をただ悲惨に再現しているだけのような。いや、まあ、これは仕方ないのか。
 しかし後半、プロゴルファーを目指す部分は、何か取って付けた感じ。焼け残ったゴルフバッグを見て、主人公の赤井英和が『奇跡や』と叫ぶけど、観ているこっちは全然“奇跡”に感じなかったし。
 プロになるために特訓する場面も、プロテスト本番の場面も、のんびりと平坦な感じなのに、省略されている……。薬師丸ひろ子だって、セリフが少な過ぎる。
 スーちゃん(田中好子)のキャラも、いまいちよくわからなかったなあ……。
 災害に遭いながらも、夢を追いかけ、実現する、前向きで、勇気付けられる映画でした。が、メリハリがなく、平坦だった。なんだか盛り上がりのない映画だった。


人間・失格-たとえばぼくが死んだら- DVD-BOX

(購入者の評価)
泣けるわ、このドラマはさ。特に第5話の誠が家出して、親父と母親の墓の前で抱き合う
シーンは涙ちょちょ切れになるよ、ほんと。

野島伸司作品らしいセンセーショナルな内容で放送当時は、もの凄い反響があったが
今みかえしてみても衝撃は全然色褪せないね。とにかく登場人物の多種さに驚く訳だが
これも現代社会の抱える闇をあわらしてるだけであって、みんな仮面をかぶって、どう
にか生きてるわけだということがよくわかる。そしてほんの些細な弱みで何かが狂っていく・・・。
最後まで救われないかな、と思わせといての最終回がまた泣けるよ、うん。


憑神

(購入者の評価)
やっと観ましたが、あれだけ公開時には評判が良かった内容がこれですか。
ますます評論家やら、映画紹介の番組が信じられなくなる。
みんな本当にラストまで観たのか。

一応時代劇で、妻夫木聡、佐藤隆太ら、話題の若手が出演、
テンポが速く、コメディものなので、若い人向きで軽くは楽しめます。
ストーリーも憑神らをめぐる騒動だけではなく、
幕末の動乱における主人公の武士としての心意気が描かれているのはいいのですが。
他にも最近活躍中の、佐々木蔵之介、鈴木砂羽、香川照之、江口洋介、
脇を夏木マリ、西田敏行、赤井英和が固めていて俳優陣もみどころですが…。

軽すぎて早すぎる展開は、上っ面だけで非常に物足りない。
それでも終盤前まではそれなりに楽しめたが、
極めつけは、あのラスト。
すべてぶち壊し。
降旗康男監督って、これですか。

中村橋之助主演、脚本・演出:G2の舞台版を観ましたが、
本格時代劇で、興奮できて、大笑いして、涙して非常に面白かった。
こっちのほうが、きっと本来の原作の味なのだと思った。
同じ題材でも、こうも変わるものか。


子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション

幻の光

(購入者の評価)
アップの少ない画面。画面のトーンも暗く、テレビモニター画面だと、さらに表情もよくは伺うことができない。
しかし、それがマイナスかと言うと、意外にそんなこともないのだ。
抽象的なドラマの雰囲気がより抽象的になって、妙に心に残ろうとでもするかの画面だ。

多くが遠目のシルエットで静かに語られるスタイル。
それがこの映画では印象的に網膜に残るようだ。
それは登場人物の心の中がそのまま風景になったような画面ということだ。
言葉による説明もほとんどされないので、彼らの行動の動機も想像力を要求する。
しかし、想像すること、じつはそれを空しく思う。
そんな心の情景を嫌と言うほど知っている人、馴染んでしまっている人にとっては、ということかもしれないが。
説明できない人の心の軌跡を描いていると思えば、ラストに近い主人公の言葉にされた「長い間の問い」も、もしかしたら必要なかったかもしれない。


酒井家のしあわせ

(購入者の評価)
この作品は互いを相手を傷つけまいとして嘘をついたり、それをわかって敢えてあとを追わない男と女のはざ間に置かれたひとりの少年の物語だ(サンダンス・NHK国際映像作家賞2005日本部門を受賞し、映画化された作品)。
物語の設定で、病気を隠すために父親がゲイであり、そのために家を出て行くという設定に無理があるという観方もあるが、あくまで大人の男と女の互いを思いやる心を表現する極端な方法であって、それは日常のどのような嘘でも良い。そして、そんな大人の行動をまだ理解できない少年の心情をしっかり描いているところがこの作品の魅力だ。
また、酒井家の状態を金魚鉢で表しているところはさすが。父親が家を出るときに落ちてこわれそうになる金魚鉢を母親が止めるところは物語の全容をここに全て凝縮させている。ただ、主人公の次雄(森田直幸)の思春期の掘り下げ方が少しもの足りなかったような気がする。

俳優としては友近が光る。関西のおばさんの雰囲気を醸し出しながらも、女としての相手を密かに想う心を十分に表せていると思う。そして、主人公の次雄役の森田直幸は相変わらず安定して良い演技をしている。この二人と新鋭監督呉美保の腕前が作り上げた作品といえるだろう。





十五才 学校IV

(購入者の評価)
15才―は、学校シリーズの中で一番好きです。 第4作目が1作目より優れているーなどと言う事は普通ありえないのですが、これは山田洋次監督の“学校”という一連のシリーズからスピンオフとして独立した作品と言ってよいでしょう。    主人公の少年が行く先々で出会う出来事―みんな味があってそれぞれいいんですが、なんといっても宮崎で出会った引きこもりの少年が彼に送った“浪人の詩”(思わずもらい泣きしてしまいます)と、屋久島の丹波さんがいい味出していますね。  丹波哲郎は基本的には熱い演技が似合う人なのですが、80年代以降、軽いノリが喜ばれるようになった日本の芸能界においては、なんだかお茶の間の笑い者になってしまった感があり、本人もそれに居直っていたふしがありますが、そういったイメージ自体をもひっくるめて、この役で最後の花を咲かせてくれました。“バイカルのテツ”は寅さんや清兵衛や御前様を初めとする数々の山田キャラクター達とともに、永遠に記憶されるべきちょっとおバカな名キャラだと思います。

また、これは松竹大船撮影所で撮られた最後の映画としても記憶されるべき作品です。 この作品によってこの伝統ある撮影所は充分に憂愁の美を飾ることが出来たと私は思います。 日本映画が長年大事にしてきた淡い、でもなぜか心に染み入る独特の薄味―(なぜか欧米人にはうけませんが、事これに関しては、私は彼らの感覚の鈍感さをあざ笑いたくなるのです)その系列の映画がこれで終わって欲しくはないのですが。 それはさておき、まだ見ていない方必見です。 すがすがしい涙を流しましょう。


私を抱いてそしてキスして

???OLの圭子(南野陽子)は、突如自分がエイズに感染していることを知らされた。それはかつての恋人から移されたものだったが、動揺と絶望、そして社会の偏見に恐怖する中、彼女は高野(赤井秀和)という証券マンと出会い……。
???家田荘子のベストセラー・ノンフィクションを原作に、オリジナルストーリーを構築して描いた作品。『未完の対局』『敦煌』など国際的大作を連打していた佐藤純弥監督にとっては久々の小品だが、エイズに関するデータを徹底的に分析しつつも、それらをさりげなく劇中に盛り込み、その上で単なる難病映画でもキワモノ的興味でもない、ヒロインの真実の愛の軌跡をつづるラブストーリーとして見事に昇華させた佳作に仕上げている。ジャーナリスト(南果歩)の偽善もさりげなく突くなど、社会派としての奥も実は深い。南野陽子は極度の減量をして役に臨んでいるが、いわゆる熱演型の鬱陶しさとは一線を画したものになっているのも、彼女の長所をたくみに救いとった佐藤演出のたまものだろう。(的田也寸志)


十五才 学校IV

(購入者の評価)
山田洋二というと日本映画の名匠であり、
名作シリーズは日本国民のこころの映画
として文部省までも推奨していて彼のつく
った映画は常に名作であり世間では彼が監督
とあらば全部が傑作であり、感動的
ともてはやされているせいか私のなかで最近
では評価が低かった。
十五才の不登校児が一人で旅にでて旅先で出会った
さまざまな人の温かみにふれてかわっていくという
現代ならではのいかにものテーマだったが本編を見て
もう一回巻き戻して見たくなった。
これを見てすべての大人は不登校は深刻でないと笑い飛ばし、若者はこれを観ていい自分になりましょう!


人間・失格〜たとえばぼくが死んだら〜[1

(購入者の評価)
人間の恐ろしさを垣間見る作品です。名門私立中に編入してきた誠はいじめに遭っていた生徒を助け、自分がいじめに遭うことになるのです。恐ろしいことにいじめに遭っていた生徒は標的が変わると率先していじめに加わるようになるのです。これにはさすがに背筋が凍りつくようでした。人は自分が優位に立ちたがる醜い生き物なのだと感じました。
また、さまざまな歪んだ愛が交錯しており、これは「高校教師」でも描かれていたテーマにつながるものだと思います。


人間・失格〜たとえばぼくが死んだら〜[3

十五才 学校4

(購入者の評価)
山田洋二というと日本映画の名匠であり、
名作シリーズは日本国民のこころの映画
として文部省までも推奨していて彼のつく
った映画は常に名作であり世間では彼が監督
とあらば全部が傑作であり、感動的
ともてはやされているせいか私のなかで最近
では評価が低かった。
十五才の不登校児が一人で旅にでて旅先で出会った
さまざまな人の温かみにふれてかわっていくという
現代ならではのいかにものテーマだったが本編を見て
もう一回巻き戻して見たくなった。
これを見てすべての大人は不登校は深刻でないと笑い飛ばし、若者はこれを観ていい自分になりましょう!


十五才 学校IV

どついたるねん

どついたるねん デラックス版

(購入者の評価)
12試合連続ノックアウト勝ちという快挙を成し遂げた我等が「浪速のロッキー」は、
実はこの映画のために、わざと大和田正春にあのような負け方をしたのか。
ああそうかあれは大いなる伏線だったのかと、納得したくなるような奇跡の映画である。

亀田三兄弟が浪速のボクサーというなら、それはCGで創られた映画と同列であり、
この映画には、CG以前のようなパワーが漲っている。赤井英和はこうやって試合前に
減量していたというように、指を喉奥に突込み実際に食べた物を吐いてみせる。

かつてシルベスタ・スタローンの「ロッキー」を映画館で見たとき、客席のあちこちから
拍手と歓声があがり、こんな映画があるのかと感動した。

しかし、「どついたるねん」を原宿セントラルアパート裏の仮設テントで見たとき、
私ははるかにリアリティのある赤井秀和と大和武士の「拳闘」を目の当たりにし、
心の中で、「ものごっつエエやんけ!」と思いっきり河内弁で快哉を叫んでいた。



to Heart〜恋して死にたい〜(5)

to Heart〜恋して死にたい〜(3)

>> つづきをみる

さくらこ ももこ―わが逝きし子らよ (小学館文庫)

(購入者の評価)
 この本の著者は、俳優として知られているが、2人の子供を生後1年以内足らずで失った体験はあまり知られていない。しかし、この本で見て解るのは、信じられない新生児医療の過信があったことだ。著者は、せっかく4番目、5番目の子供を同時に授かったのに、2人とも新生児医療の過信のせいで1年以内に両方とも亡くしたのだ。そんな大きな悲しみはどんなものだろうか?
 恐らく、俳優がここまで辛い体験を語ったことは極めて稀だろう。著者は現在、俳優として活躍を続けているが、このような悲劇があったことを忘れてはならないはずだと思う。


浪速のロッキーのどついたるねん―挫折した男の復活宣言

英和辞典 (文春文庫)

赤井英和のごんたくれ―疾風怒涛の青春記

赤井英和のごんたくれ―疾風怒涛の青春記 (青春文庫)

赤井英和のなにがなんでもごんたくれ―獅子奮迅の挑戦記

英和辞典

人生さだかやない

赤井英和セーターズ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4