明石家さんま

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 
明石家さんま おすすめDVD 明石家さんま おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
男女7人夏物語 DVD-BOX

(購入者の評価)
このドラマは懐かしい。さんま、しのぶのコンビで最高にいい味出してます。下町が舞台にたっているのですが、古さを感じさせません。やはり大竹しのぶさんの演技が一番光る感じがしました。この時代はいい時代だったのだなとつくづく感じさせられました。

さとうきび畑の唄 完全版

(購入者の評価)
自分の命がいつ奪われるかわからない。
そんな状況の中で、さんまさんが演じたお父さんのように笑顔を振りまき、冗談を飛ばし、周りの人々を笑わせることができる人がどれだけいたことでしょう。
お父さんは、当たり前のことを強く信じていたのです。
「戦争で殺し合いをするのはおかしい。幸せにみんなが笑っているほうがいい」と。
でもこんな当たり前のことを、忘れてしまった人が大勢いたのかもしれません。

今の平和な日本では、幸せを願い、笑うことの大切さを知っている人は大勢います。
戦争や殺し合いで何かを解決しようとすることが愚かだということも、誰もが理解しているでしょう。
だけどこの時代は、そう信じ行動することが許されなかったのです。
自分や大切な人の命を守ることが許されず、「お国のために」敵兵に突っ込んで行けと教えられました。
相手が銃を持っていて、近づいたら撃たれるのに、無謀だと知りながら向かっていかなければなりませんでした。
そして多くの人がそうしたのです。
もし自分がそんな場所にいたら・・・と考えると恐ろしくなります。
私には絶対できない。怖い。
でも、それってすごく自然な感情じゃないでしょうか?

戦争は、人々に命の尊ささえ忘れさせる、恐ろしいものです。
戦争のない今の日本に生まれた私は、命の危険がほとんどない生活を送っています。
このドラマを見て、そんな当たり前のことが本当に幸せだと感じました。
殺し合いが当たり前になる、そんな戦争は二度と起こしてはいけないと再確認させられました。


男女7人秋物語 DVD-BOX

(購入者の評価)
しばらく見てないけど必ず見たくなって、ずーっと前のビデオを引っ張り出して見てました。DVDになったの知らなかった(^^;)必ず見たくなるドラマ。やっぱり特別だと思います。リアルタイムで見てたとはいえ、年を重ねてみるとやっぱり今のドラマにはない深い気持ちとか感じます。さんまさんとしのぶさんはやっぱり最高の相手です。個人的には「秋」ですっごくいいオトコになったさだちゃん。男の友情を感じます。一枝さんと美樹さんのラストも最高!愛だけじゃなくて友情もいいんだな?。

オレたちひょうきん族 THE DVD (1983-1984)

(購入者の評価)
放送されていたときと同じような構成になっているので
構成云々については別に必要ないと思う。
この番組を知っている人たちにとっては、おもちゃ箱の
ようなもの。
知らない世代にはがらくたと映るかもしれない。
ただ、あの「たけし」が、あの「さんま」が当時は
体当たりで演技してたということ。
今更ながら、改めて脱帽。

そして、芝居している当人同士も笑いをかみ殺して
演技しているというところが面白い。
アドリブも多いし。
今のお笑い系のように、他人にやらせて、それを周りで
見ていて一つの番組にしてしまうものとは明らかに違う。
私にとっては、貴重なおもちゃ箱、出たものはすべて
購入予定です。

オレたちひょうきん族 THE DVD 1985

(購入者の評価)
『ひょうきん族』を見るのは、約19年ぶりでしょうか。番組放送当時、私は幼稚園でした。それでも、毎週土曜日は『ひょうきん族』を見て大笑いしていた記憶があります。でも、思い切って買って良かったです!一緒に見ていた父や母も大笑いしていました。見て損はないですよ!お勧めです!

オレたちひょうきん族 THE DVD 1985~1989 FINAL

(購入者の評価)
この手の番組の宿命というべきか、番組内のオイシイ部分しかDVDで収録できないため、当時の面白さが半減されてしまっているのが残念・・・。

しかし懺悔室だけはいつ見ても面白い。日枝会長が出ていたのは私も驚きでした(笑)


NHK連続テレビ小説 澪つくし 完全版 DVD-BOXI

(購入者の評価)
 高校生の頃に見ていた、大好きな作品です。ビデオ版の総集編はもっていたのですが、どうしても全話を見たくて、DVDも購入しました。総集編は、主人公のかをると惣吉の運命の恋を中心にまとめてありました。(まるで、今人気の韓国純愛物語の世界)しかし全話を見直すと、昭和初期の世相を反映したプロレタリア運動や思想を織り込みながら、醤油醸造や漁師たちの生活感をも描ききった興味深い物語になっている点が秀逸です。また、食品添加物の問題や、商売屋としての「いいもの」を作りだすこだわりもドラマに盛り込んでいて、「食問題」に混乱している現代に一石を投じています。
 でも、この作品の一番の魅力は主人公を演じきった、俳優さんたちの熱演でしょう。沢口靖子は、デビュー作ということもあり演技の硬さは否めませんが、回を追うごとに美しさに輝きが加わって本当に可愛いくて、健気で可憐な「かをる」役にぴったりです。更に運命の人「惣吉」役の川野太郎の凛々しい演技!にうっとりすること間違いなしです。父親役の津川雅彦をはしめとして、加賀まりこ、草笛光子、桜田淳子と脇役の配役もぴったり!脚本のジェームス三木のお気に入りの女優、根岸季衣も女中役で好演しています。梅木役の柴田恭兵は、珍しく寡黙な役で、こちらも見どころの一つでしょう。そうそう、狂言回し的な役回りで明石さんまも出演しています。ただの「純愛物」ではない、今見ても色あせることない名作だと思います。


オレたちひょうきん族 THE DVD 1983~1984(II)

(購入者の評価)
俺たちひょうきん族は俺の青春そのもの。

心はロンリー気持ちは「…」XI

(購入者の評価)
「心ロン」はさんちゃんのライフワークでもあり、俺のライフワークでもある。

空から降る一億の星 第1巻

(購入者の評価)
キムタク×深津×北川という視聴率狙いガチガチのフジ月9らしいキャスティング。

他のキャストもなかなかいいのだが井川は正直邪魔でした。

皆さんもおっしゃっていますがサスペンスとしての練りこみが甘過ぎですね。何度も見たくなるほどの魅力はないです。

ただ深津ちゃんはいつも通りに頑張っていますし、他作品にみられない一面もありますので、ファンにはこれはこれでありだと思います。TVドラマではコメディメイン(存分に力を発揮してるからですが)で意外とサスペンスとかは少ないですしね。舞台なら逆に多いんですけど。



オレたちひょうきん族 THE DVD (1981-1982)

(購入者の評価)
俺たちひょうきん族は俺の青春そのもの。

いこか・もどろか

(購入者の評価)
主人公二人の掛け合いがとても面白く、楽しめた作品。
当時も今も、こんなにベストフィットマッチングしたコンビはいない!


空から降る一億の星 第2巻

空から降る一億の星 第4巻

空から降る一億の星 第1巻

(購入者の評価)
ラブストーリーの神様・北川さんの初のサスペンスです。先の見えない展開にどきどきします。すべての人がどこかでつながっていて、回を追うごとにパズルのピースがつながっていきます。

空から降る一億の星 第3巻

空から降る一億の星 第4巻

(購入者の評価)
もちろん、
お芝居・人物設定・脚本などツッコミたくなる点は多くありますが、
2日間で11話を一気に見てしまうほどエンターテイメント作品として楽しめました。

セル商品として注意点は、本編のみ収録で特典映像が全くないこと。
発売が2002年とは言え 予告編すらないのは残念なところ。
商品価格を考えればレンタルで充分かと思う。


空から降る一億の星 第3巻

(購入者の評価)
もちろん、
お芝居・人物設定・脚本などツッコミたくなる点は多くありますが、
2日間で11話を一気に見てしまうほどエンターテイメント作品として楽しめました。

セル商品として注意点は、本編のみ収録ということ。
発売が2002年とは言え 予告編すらないのは残念なところ。


空から降る一億の星 第2巻

(購入者の評価)
もちろん、
お芝居・人物設定・脚本などツッコミたくなる点は多くありますが、
2日間で11話を一気に見てしまうほどエンターテイメント作品として楽しめました。

セル商品として注意点は、本編のみ収録で特典映像が全くないこと。
発売が2002年とは言え 予告編すらないのは残念なところ。
商品価格を考えればレンタルで充分かと思う。


さとうきび畑の唄 完全版

(購入者の評価)
この話は戦争の話なんですけど、戦争について考えさせられます。
ほんとに泣けます!人が死んでいくところはつらいのですが、それによってどんなに戦争がひどいものか、大切な人がそばにいることがとても幸せだと感じました。戦争は絶対してはいけないと改めて思わせてくれます。涙があふれてとまりませんでした。

このドラマのテーマの森山良子sの「さとうきび畑」という曲もとてもいい曲です。
絶対おすすめです!!!

>> つづきをみる

クイック・ジャパン(Vol.63)

(購入者の評価)
 ダウンタウンの幼なじみにして、今いちばん忙しい放送作家である高須氏が、ウッチャンを「平成のコント王」と評している新鮮な驚き。
高須氏はダウンタウンのブレーンであるから、「ダウンタウンが最高」という意識があるものと思っていたが、予想に反して、ウンナン、そして内村光良のことを、ある面ではダウンタウン以上に高く評価し、また信頼していたのだ。

 ウンナンが出演し、高須氏が構成を手がけた「夢で逢えたら」や「気分は上々」の裏話、ダウンタウンとの比較などから高須氏が迫るのは、ウッチャンの「コントへの情熱と愛」。
 ウッチャンが、普段あまり語ることのないお笑いへの思いを、長年の付き合いである高須氏に、重すぎず、クサすぎず、いいあんばいで語っている。

 「ピ?ナッツ」で念願の映画監督デビューを果たしたウッチャンに対して、映画の出演者たちや従兄弟の放送作家・内村宏幸氏(通称あんちゃん)から寄せられているメッセージは、彼らのウッチャンへの愛情が強く現れていて、とても暖かい。逆にそれだけ愛されるウッチャンの人間性の深さも感じることができ、ファンには嬉しいところだ。

 他に、明石家さんま、松本仁志、笑福亭鶴瓶らが、ラジオへの思いを語るインタビューは、お笑い好きやラジオ好きには読み逃せないところ。

 とにかく、お笑いが好き、ウッチャンが好き、「ピーナッツ」が気になる、という人は、買っておいて損はない。


私一人

(購入者の評価)
大竹しのぶさんは私と同じ、夫を亡くすという経験をしている。
自叙伝だというので興味を持って読んだ。

さんまとの野田さんとのことも書いてあった。
本人の口から語られると離婚や離別の理由もよく分かる。

演劇のこと、恋愛と結婚のこと、生い立ちのこと、家族のこと、旅行のことなど、一つのテーマを追いかける本としては、話が多岐に渡りすぎている感もあった。それから大竹しのぶさんという人はどことなく掴みどころがない人だと思っていたが、このエッセーを読んでもまだ大竹さんという人を理解できない感じ。良い母なのか悪い母なのか、悪女なのか天使なのか、性格が悪い人なのかいい人なのか…本当に益々わからない。

ただ一つわかったのは、おそらくこの人は、とてつもなくこの仕事が好きなのだろう。
それから、死別した夫とは特別なものがあって、なかなかそこを超える相手って現れないんだろうなってことも。


この人に会うと元気になれる! (集英社be文庫)

(購入者の評価)
ゲストに加えて大竹しのぶさんの写真が載っています。対談相手皆さんリラックスし本音トークで簡単に読めました。

ありがとう THANK YOU

こんな男でよかったら

(購入者の評価)
やっぱさんまは天才なんだと実感しました。人を笑わす星の下に生まれ、かつその才能に奢ることのない真面目さを持っているから、今のあの人があるんですね(実際近くに居たら、うるさいだけかも知れませんが)。才能・お気楽・傲慢・謙虚さの絶妙なブレンド。う〜ん、ブルマン。この本では彼の若き日々の思い出,ラジオDJ番組の紙上再現等、約20年前までの彼の軌跡を辿ることができます。帯の写真、彼って好青年じゃないすか!爽やか〜。古本屋で入手したんですが、みっけ物でした。

続・さんまのまんま

さんまのまんま〈スペシャル 4〉

(購入者の評価)
テレビで見ていても面白いですが、この本だと何話も収録されていて最初から最後まで笑えました。

さんまのまんま (続々)

明石家さんま殺人事件

リリが見たやさしい虹

ビッグな気分―いくつもの夜を超えて (1980年)

甘い生活 VOL.1

(購入者の評価)
当時さんまが流行らしていた「ダメダメ」をこのドラマでは連発。

高島礼子という奥さんがいるのに、愛人が千秋か??と、どうもそのあたりの日テレのキャスティングには頷けないものがあるが、今後続く愛人の復讐という役所で千秋になったのだろう。

個人的にはホンジャマカの恵がいい味を出していて、とてもよかった。あとは内田有紀がすごく健康的で、演技も安心して見ていられる。ただ、全体的にどたばたしすぎて、落ち着かないドラマだった。

だが、夫を見限る妻の心理状態はとてもリアルに描かれているので、伝わってくるものがある。


さんまのまんま (〔正〕)

私のさんま―サラダ倶楽部作品

スターのお部屋拝見

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4