秋野太作

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 
秋野太作 おすすめDVD 秋野太作 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
俺たちの旅 VOL.6

俺たちの旅 VOL.2

俺たちの旅 VOL.8

俺たちの旅 VOL.1

(購入者の評価)
これはいうまでもなく青春ドラマのオールタイムベストでしょう。甘く苦くやるせなくやさしくのどの奥がすっぱくなるような感覚。歌も素晴らしく泣けます。10年後の再会に続くその後の展開はやる必要がなかったと思います。

気まぐれ本格派 BOX1

(購入者の評価)
70年代に一世を風靡したユニオン映画の石立鉄男シリーズの最後の作品となる「気まぐれ本格派」であるが、残念ながらその他の作品に比べて見劣りがする。映像や編集も丁寧で、ホームドラマとしては決してレベルの低いものではないが、石立鉄男のキャラクターが一人歩きし、空回りしている感がぬぐえない。いつもながらのテンションの高いパフォーマンスであるが、それを受ける脇役陣が弱く、魅力がない。不必要な登場人物が多く、フォーカスが定まらないのも問題だろう。それまでほとんどの作品で監督を務めていた千野皓司氏が抜けたのも大きな要素かもしれない。それまでの作品があまりにも優れていたために相対的という意味で星三つとしたが、それはあくまで石立作品の中でという意味で、普通のホームドラマとして見れば、十分楽しめる作品だろう。

俺たちの旅 十年目の再会

(購入者の評価)
俺たちの旅最終回から10年。
このスペシャル版は三人がその後の人生をどう生きているのかと云う説明から始まる。
グズ六は社長に、カースケは変わらず自由を楽しむ自由人、オメダは苦悩の末失踪と三者三様の人生だ。
10年前、南米に旅立ったヨーコはしがない学者の妻となって不幸な境遇となっている。彼女の薄幸なる人生はこの10年目より書かれて行くのだ。今回の特筆すべき点はカースケが最初で最後のヨーコに始めてと言ってよい告白的なセリフを言う場面だ。
しかしヨーコは同情と受け取ってしまう。カースケを愛しつづけた彼女の歳月は 余りにも長い歳月でありすぎたのか?
その後ヨーコの早すぎる死によって二人の旅路は永遠に交わる事無く終わる。
後の20年目で 今生の別れを遂げる二人の悲しい結末の序章がここにあるのだ。


俺たちの旅 VOL.5

俺たちの旅 VOL.4

俺たちの旅 三十年目の運命

(購入者の評価)
俺たちの旅はTVドラマ全盛期に作られた中でも最高傑作のひとつです。中古DVDの高騰(再販してほしい)がそれを物語っています。続いて作られた10年目、20年目も
まじめに作られた秀作です。しかしこの30年目は何ですか?この作品は私の郷里 徳島でとられましたが、クランクアップから放送まで一ヶ月もなかった。やっつけ仕事で作られたことは明らかです。この30年目は俺たちのたびに汚点をつけました。監督をはじめスタッフの人には猛反をしてほしいと思います。


熱中時代(教師編Part.2)DVD-BOX II

(購入者の評価)
やはりパート1を見た後に見ると少し物足りない印象です。こうやればうけるというパターンが出来てしまっているのかもしれません。出演者もパート1のほうが豪華だった気がしますし、作品としてのエネルギーが落ちている気もします。ただそれでもこの作品自体の完成度の高さは変わりません。特に最終回の別れのシーンは感動ものです。パート1を意識せず見てほしいですね。

熱中時代(教師編Part.2)DVD-BOX I

(購入者の評価)
パート2はどうも記憶に無いと思ったらなるほどね。
コミカルな部分だけ残している感じ。起こる問題も何か取ってつけた様な。
パート1のキャストが一体感があるっていうのが無いなあ。
皆名優ばかりだったけど。
まとめて2つ買うんじゃなかった。中古でよかったな。


俺たちの旅 VOL.9

(購入者の評価)
俺たち・・・おっさんにも、光り輝いていた時代があった。

井の頭公園。吉祥寺。たちばな荘、ではなく・・・富士荘。吉祥寺本町。

『ただ、おまえがいい・・・。』
『また逢う約束などすることもなく、「それじゃ〜またな」と別れる時のおまえがいい。』

井の頭公園近くの吉祥寺に住んでいた。
『神田川』近くの寮から、『吉祥寺』に移り住んだ。

『俺たち』もどうでもいいことに熱をあげ、
なんでもないことに打ち込み、
結論のない議論を繰り返し、
現実離れした夢を見、
意味のない事にエネルギーを費やしていた。

今思えば短い間だったが、随分いろんな『旅』をした。
毎日が新しい旅の連続だった。
番組は週一だったけど、『俺たちの旅』は毎日作られていた。

俺たちの『カースケ』がおり、俺たちの『オメダ』がいた。
俺たちだけの『グズロク』もいた。
俺たちの『金沢碧』がいたし、俺たちの『森川正太』がいた。
俺たちのアパートがあり、俺たちの定食屋があった。
俺たちの銭湯があり、俺たちのコインランドリーがあった。
俺たちの坂を上り、俺たちの路地を入り、俺たちのベンチに座り、
俺たちの愛と、俺たちの夢を語った。

あれから・・・30年。

『俺たちの旅』。

あのころ、俺たちおっさんも、光り輝いていた。

エンディングのロールにこんな詩があった。
修学院大学?卒業の回だったか・・・。

『やっと卒業しました

   たとえ
   道はちがっていても
   オレはお前を見守っている
   それだけは
   忘れないでほしい     』

俺たちの『俺たちの旅』も、まだ終わらない・・・。

俺たちの旅 VOL.10

俺たちの旅 VOL.7

俺たちの旅 VOL.11

俺たちの旅 VOL.3

(購入者の評価)
ほんとうにこの30年目の運命はひどい。私の郷里の徳島でロケをしたのですが、クランクアップしてから放送まで一月無かったと思います。
いいたくはないがやっつけ仕事で編集したか、監督に才能がないのだとおもいます。
なんで金沢碧が唐突に死んでしまって一回も登場しないのでしょう。なんで白い水着でいきなり泳ぎ出すのでしょう。(徳島とはいえ冬の海で泳ぐのは自殺行為、シュールとしかいえない)なんか??????????? の連続です。わたしは40年目に期待します。それまでみんな(私も含めて)生きていますように。


俺たちの旅 VOL.12

俺たちの朝 DVD-BOX II

俺たちの旅 二十年目の選択

(購入者の評価)
「1日1日を精一杯生きる」就職せずに、今でいうフリーターだったカースケに憧れて人生を踏み外しました。植木等がゲスト出演した回の姿がカースケの理想の将来だ。40代50代でも日雇い労働で精一杯生きるカースケが見たかった。それが社長って!ずるいよカースケ。あんたに影響を受けた俺は社会の底辺で這いつくばってるよ。

俺たちの朝 DVD-BOX I

(購入者の評価)
「俺達の朝」は私が高校生の頃、千葉テレビで再放送されていて、当時ビデオ録画したのですが、不覚にもそのビデオテープをなくしてしまいました。その後一切、テレビで再放送されることは一切なく、悔やんでいました。その後、時代が過ぎ、セルビデオ、レーザーディスクでも「俺達の朝」は商品化されることはなく、どうしてこの不朽の名作が、商品化されないのか不思議に思っていました。しかし遅ればせながら、やっとDVDで発売されて、天にも昇る気持ちです。私は、今まで見た数あるテレビドラマの中で「俺達の朝」が最高でした。鎌倉という抜群のロケーションとオッス、カーコ、チューの名演技に拍手を送ります。自分が生きている内に、この映像、トランザムの癒される魅惑の演奏に再び触れることができることになり、思わず鳥肌が立ちました。最後にこの商品を発売してくれた関係者の皆様に深く感謝いたします。ありがとう。ありがとう。

>> つづきをみる

私、瞑想者です

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4