アルフィー

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
アルフィー おすすめDVD アルフィー おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)
 コメディチックに描くプレイボーイライフ。「クローサー」や「ホリデイ」のジュード・ロウもよかったが、この映画はジュード・ロウを見るためだけにあるような作品だと思う。特にスーツの着こなしや笑顔の作り方は、男性に鏡の前で練習してほしいと思う。

 ちなみにシエナ・ミラーとジュード・ロウはプライベートで結婚し離婚している。


アルフィー プレミアムBOX 2006 Alfie フォトダイアリー付 (初回限定生産)

(購入者の評価)
perhaps, all men including me dream about spending time with beautiful women like alfie's life.
some of the best life look incredible posh and cool from the outside.
but, you know, you'll find the tiny clacks soon.
life is only what you feel and you've made ever. remenber this.

so, this movie? its kinda fantastic. try this.
ta for reading.


THE ALFEE 30th anniversary Count Down 2005 TIME AND TIDE

(購入者の評価)
桜井さんが病み上がりっだったせいかいつもより声に元気がなく動きも少なかった印象があります。
フラレボでは珍しく歌詞を間違える場面も…。
その分高見沢さんと坂崎さんが元気いっぱいに動き回り桜井さんのフォローをさりげなくしていたあたりアルフィーの結束力を感じます。


SUNSET SUNRISE 1987 AUG.8-9

(購入者の評価)
当時中学生だった私はライブに行けなかったので、代わりに『オールナイトニッポン』の中継特番を聴きながら夜明かしした特別なイベントです。出てすぐビデオも購入しましたが、13,000円はしたかと思います。時代は下ってDVDになりましたが、安くなりましたね。
ラジオの実況は朝の5時で確か終わってしまいましたが、この内容は夜明けの部分にかなりシフトした構成となっていて、続きが見られた満足感があります。感動のラスト『SUNSET-SUNRISE KISS』で涙した後、ステージを駆け抜けるメンバー、そして語り草となった有名な高見沢さんの転倒(笑)、、、まさに永久保存版のライブだったと思います。


Count Down 2001 HELLO GOOD-BYE

(購入者の評価)
アルフィー唯一のカウントダウンライヴのビデオ。
今まで年越しライヴは必要ないというスタンスだったらしいが、やはり世紀と世紀の区切りは特別なようで、2000年(20世紀)から2001年(21世紀)の区切りの夜、初めてカウントダウンライヴを行った。
何でも、もう二度と年越しライヴをする予定は無いという。
そういう意味では、非常に貴重な1作だ。

曲目は、現在アルフィーを好きな人でも、また、以前少しだけ好きだった人でも知っているナンバーがずらり。
最近のアルフィーを知らない人なら「懐かしい!」と声を上げる曲もあると思う。

彼らと一緒に20世紀を駆け抜け、21世紀も一緒に走り続けるのなら、是非見て欲しい1作だ。

ちなみにこの日のライヴのチケットは、抽選販売で、生で見たくても見れなかった人が多数いる。
激戦を勝ち抜いた人だけが体験したライヴということになる。
演奏する側は勿論そうだが、参加した側も、自分達が貴重な体験をしているのだという実感を持って、その場にいる。
こういう緊張感は、夏のイベントのビデオでは味わえないと私は思う。

AUBE 2006 ONE Live at BUDOKAN Dec.24

ザ・ベストテン&「ある日ィ突然」complete edition 2000

(購入者の評価)
当時の歌番組のセットは凝ってましたねぇ。これでもか、これでもかっていうぐらい仕掛けを工夫していて。セットを作る側の勢いを感じましたねぇ。生放送ですから、一生懸命さが伝わってくるんです。ハプニング集も面白いですよ! 何しろ生放送なんだからどうしようもない(笑)。THE ALFEEさんは真剣なんだから笑っちゃいけないと思いつつも笑っちゃう。当時、外からの中継も多かったですよね。そんな中でのハプニング。ご覧になると分かりますが、吠える犬に「シーッ」って言ってる高見沢さんが、失礼ながら、おちゃめでかわいかったです。あはっ(笑)。

U.S.CAMP DRAKE ASC THE ALFEE 1989.8.13 SUN

(購入者の評価)
89年、埼玉県朝霞市に[U.S.CAMP DRAKE ASC]が存在した。当時すでに国に返還され今は住宅街などになり面影は何もないと聞いた。米軍基地は無くなったが自衛隊基地は今も存在している。地元民しか知らないようなこの街で確かにTHE ALFEEは戦争とは何か、平和とは何かを集まった50400人とフェンス超しに観ていた朝霞市民達に問い掛けていた。(夏だ!祭りだ!アルフィーだ!)というキャッチコピーを全面から打ち砕いたこのコンサートはメッセージ性が非常に強かったがたまにはこんなコンサートも今の時代には必要なんじゃないかと思う。RESISTANCE TOURでは[壁の向こうのFREEDOM]が初めて歌われた。是非夏の暑い日にこのライブDVDを観てほしい。

アルフィー(1966)

THE ALFEE HISTORYI~III DVD-BOX SPECIAL EDITION

(購入者の評価)
良い本は後から読み返しても良いものだ。 数年後にそれを繰り返して読むたびに、また違う感動を受ける。 このDVDもそうである。 思春期に感動した曲、ライブでノリノリの曲、10年前に助かられた歌詞、そして今。。。と言う風にALFEEと自分の生きた時代を振り返る事ができるDVD。  

3人のエネルギーがいい。あの頃、みんな頑張ってたな?って。 それぞれの時代によって変わる衣装にもノスタルジックを感じる。 ファンのかん高い声援にもいい。 

今回、取り下ろしされたインタビューは泣ける。 (特に1980年ごろ?のファンなら) 
当時の3人が感じたプレッシャー、ブレイク直後の感情を察する事ができ、現在、大人になっってしまった自分が、当時20代後半?30代だった彼らの視点でこれらの年月を思い返す事ができる。 

また、Crewの皆様がお若いのにも思わず微笑んでしまいます。 

近年ファンになった方にもALFEEの歴史を知るには最適ではないでしょうか?  

おすすめします。


アルフィー (1966)

(購入者の評価)
まさに60年代を代表する映画です。
当時、スウィンギングロンドンという文化がイギリスにはありました。
この文化の下で、ビートルズもローリングストーンズも生まれたようなものです。
そのスウィンギングロンドンを世にはじめて発信したのがこの映画でああり、
マイケルケインでした。
彼自身が一つの時代、一つの文化を体現したのです。稀有な役者でしょう。
レンタルビデオにもないこの作品が、やっと見られるなんて!
嬉しくてたまりません。


Kingdom Chapter I:Grateful Birth

(購入者の評価)
8月にさいたまスーパーアリーナで行われた
THE ALFEE恒例の夏のイベントの一日目を収録。

この日は、THE ALFEEの27回目の誕生日。まさに、Grateful Birth。伝説のデビュー曲「夏しぐれ」も入っています。THE ALFEE27回目の記念すべき誕生日の模様をあなたもごらんください。

Kingdom Chapter II:Never Ending Dream

(購入者の評価)
埼玉アリーナで行われた20回目の夏のイベントの2日目。

オープニングにコンサートでは馴染みの薄い「孤独の美学」が収録されているのには驚きました。少しロック色を強くしたライブバージョンですがとてもグッドだと思います。全体の収録曲も「Musician」「ロンリーガールを抱きしめて」などの懐かしい曲から「D.D.D!」「Juliet」など最近の曲がバランス良く入っていて、2時間があっという間に過ぎてしまいます。
これを観ればファンの人はライブに行きたくなること間違いなし!!
興味のなかった人も、彼らが何故30年近くも浮き沈みの激しい音楽業界で突っ走ってこれたのかが、少しでも理解出来ると思いますよ!!

Kaleidoscope~天使の狂宴~

(購入者の評価)
ひと夏を嵐のように駆け抜けた、狂宴天使達の熱狂ライブが納められたDVD。
蜃気楼のように儚くも熱い夏がこの1枚に余す所無く納められている。

多才で個性的なゲストミュージシャンに囲まれた高見沢王子の最高の夏のライブが見応えタップリ2時間24分、ギュッと詰まってます!
特にアンコールのエンジェルギターが4人並ぶシーンは圧倒と言う他言葉が見つからない!
交代でギターソロを回すKaleidoscope(Raply)は4人それぞれの個性が出ていて本当に面白い!

本家ALFEEよりもギターで手を抜ける分?(笑)、身振りが多くてお茶目な王子は当然の事、
素顔の参謀(ギター超上手い)、客を煽りまくるKOJI(カッコイイ)、野獣系ギタリストAnchang(ワイルド)、それぞれがしっかり映像に納められていて大満足!
各バンドのファンも買って損は無いと思います☆

王子と王子を敬愛する天使達、そのステージの上の出演者の楽しさや熱気がバシバシ伝わってくる最高のライブDVDです!


Victory Stadium SILVER NIGHT & GOLD NIGHT 1993 12th,Summer August 21&22

(購入者の評価)
93年のイベントは85年の横浜スタジアム3DAYS以来8年ぶりの球場でのコンサート[Victory Stadium]。(SILVER NIGHT Special)と(GOLD NIGHT Special)と名付けられた。2日間で(Vibtory)以外は全て違う曲を演奏。ここにTHE ALFEEの結成20年という貫禄を感じる。このイベントの前年は米軍基地でのイベントが反核団体から抗議を受けて会場変更を余儀なくされたという事があった(開催日が長崎に原爆が落とされた日と重なった)。その影響があったかどうかは分からないがいくつか候補地があったにも関わらずどこも許可が降りなかったのである。イベントを開催する為6月1日までに会場を決めないといけないらしいが期日が過ぎても会場が決まらない。諦めかけていた時、手さしのべてくれたのが千葉マリンスタジアムだった。昔から不運なバンドTHE ALFEEがこの20年を自ら祝う2DAYSは観る価値あり。

ALFEE 3DAYS 1985.8.27/28/29 YOKOHAMA STADIUM

(購入者の評価)
85年8月27?29日に横浜スタジアムで行われたコンサート。日本で初めて行われた球場3日連続コンサートがDVDで復活。制作費3億円のステージはパルテノン神殿。前年は骨組みだけのピラミッドだったのを比べればこのコンサートに賭ける意気込みが見える。前年のコンサート終了後すぐに球場の事務所へ赴き3日間使用許可を取ったというから驚きである。3日目のアコースティックだけでファンを迎えるというのは83年の大阪城野外音楽堂以来2回目の演出。途中でステージが可動するという演出も披露。詳しくは[GATE OF HEAVEN]の前半をチェック。ステージが出来上がる様子を早送り映像で収録しているのも面白い。ちなみにこの作品以外での未収録曲等は[HISTORY 1]でも観る事ができる。

BRIDGE ACROSS THE FUTURE

(購入者の評価)
みなとみらい臨港パーク開園記念で開催されたこのコンサートは、ベイブリッジをみんなで観ようという事で開催された9回目の夏のイベント。その為にセットもバックステージから橋が見えるようにしたセッティング。ところが前日からの台風の影響でベイブリッジが全く見えない!という自然のアクシデント発生。前日もステージの一部を解体し、当日に組み直しを余儀なくされた。その為リハーサルができずメンバーはぶっつけ本番で挑んだ。初めてビデオスタッフに外人のエンジニアを使った事によりドキュメント形式のVTRとなる。ライブビデオ初の2時間越えの内容は必ず納得できるはず。当時まだ発売前の(ARCADIA)のナンバーも収録。ちなみにこの日の高見沢の衣裳は開演前から肩パットが外れ、応急処置をしたがやっぱりコンサートが始まってすぐに外れてしまい、終始不機嫌だったと後に本人が告白。

30th anniversary 2004 Travelin’ band Live at BUDOKAN Dec.24

(購入者の評価)
曲目は:1.The Ages 2.High-Heel Resistance 3.真夜中を突っ走れ! 4.Stand Up,Baby-愛こそすべて- 5.Candle Light 6.戦場のギタリスト 7.Never Fade 8.Every Woman 9.恋人達のぺイヴメント 10.シュプレヒコールに耳を塞いで 11.幻夜祭 12.至上の愛 13.孤独の影 14.Nouvelle Vague 15.Liberty Bell 16.明日の鐘 17.Jingle Bells 18.Happy X'mas (War Is Over) 19.Heatbreak Lonely Rain 20.Yellow Sunshine 21.星空のディスタンス 22.聖夜-二人のSilent Night- 23.君に逢ったのはいつだろう 24.Saved By The Love Song 25.終わりなきメッセージ

デビュー30周年の武道館ライヴ。アコースティック・コーナー(8.?10.)、ゲスト(?)にロックン・ロール・3タ 兄弟(17.18.)、15年振り復活(?)BEAT BOYS(19.20.)。アコギ2本の9.やBEAT BOYSのコーナーと聴きどころ、観どころ満載。


HISTORY IV

(購入者の評価)
収録曲はほとんど1フレーズだけだし、ツギハギのように1シーンを数秒見せて次から次へとめまぐるしくかわるだけで、結局何してたんだろうっていう感じですよね。ファンをDEEPに満足させたければ、毎年夏イベの写真集のような、イベントやツアーでのエピソードや本人の思い出などを3人やクルーのインタビューでをたくさん盛り込んだり、ライブのSEやセットのつくりをナレーションつきでドキュメンタリーにしてみればいいし、それにツアーでのメッセージやメインテーマを掘り下げてみたり、新曲やアルバムの曲の聴き所を高見沢さんにレクチャーしてもらったりするといいし、逆にDVDで新しいファンを獲得したいというのであれば、ALFEEの名曲やイベントでの一番の名シーンのいくつかをそのとき歌った曲をフルコーラスにして映し出せばいいし、なにより、常に1つ1つのライブを全力をかけて歌い続ける彼らの”魂の5年間”の軌跡をたったの120分で凝縮させるという土台に無理があるでしょう。どうしても淡白な内容になるか、旨みをほとんどそぎ落とした骨と皮だけのものになるかしかないでしょう。おそらく1年間を120分にしてもまだ密度が濃すぎると思いますよ。またはDVD4枚セットくらいにして8時間くらいのものにするなどしないと、結局、中途半端で消化不良にしかならないですね。非常に不満がのこるし、DEEPなアルフィーファンとしてはただ坂崎、桜井、高見沢さんたちが映像として出ていればいい程度の内容には憤りすら覚えます。今後ALFEE HISTORYでこのてのもの(5年分の内容で120分の程度の内容でやたら収録曲が多いもの)であるなら多分買わないと思います。内容も想像がつくので8000円だして買う気はしません。

ALL OVER JAPAN 4ACCESS AREA 1988

(購入者の評価)
全国4地区で行われた初のイベント。今まで行けなかった地域の人へのコンセプトで一気に夢をかなえてくれたイベントでした。しかし何分4夜分を90分に収めなければならなかった作業にスタッフの苦労もにじみますが、でも横浜の最後の曲「あなたがそばにいれば」夜空に映えるバラードで良かったのに未収録・・・。参加したイベントだけにこれは実に残念です。聴きたかった!!

>> つづきをみる

Guitar songbook THE ALFEE THE BEST COLLECTION (GUITAR SONG BOOK)

Go!Go!GUITAR’07年11月号増刊 THE ALFEE 坂崎幸之助が弾いて教える!アコースティックギター教室 レッスンCDつき

やさしく弾ける アルフィー ピアノソロアルバム (やさしく弾けるピアノ・ソロ・アルバム)

ギター弾き語り アルフィーSongbook (ギター弾き語り)

SUMMER EVENT 25th ANNIVERSARY THE ALFEE―25th Summer 2006 YOKOHAMA STAR‐SHIP:8.12 sat. Only One Night 8.13 sun Next One Night YOKOHAMA RED BRICK PARK

(購入者の評価)
毎年のように恒例行事になった「夏イベ」
そしてイベントブック・・・
勿論、期待を裏切らないショットの数々。
しかし・・・中央数ページに亘るコメント、
当日を思い浮かべるに充分なショットに重ねられた多くの想い。
ファン自身が初心に返り、そしてまた彼らも初心に返る。
あの日、あの時、あの場所・・・
あらためてALFEEに出会った事、同じ時代に産まれた事に感謝した一冊です。


THE ALFEE SUMMER EVENTS1982‐1991―永遠の夏

夢さがし―アルフィー・高見沢俊彦物語

やさしく弾ける アコギで歌おう THE ALFEE/ベスト曲集 [色付きコード譜] 弾き語りに最適な見やすいスコアで収録

THE ALFEE 20th Summer 2001 Kingdom

(購入者の評価)
アルフィーはデビュー27周年を、2001年8月25日に向かえた。
このドキュメント本で取り上げられている2日間のうちの1日だ。
この本は、今までの19回のイベントの歴史と、今回の20回目のイベントの写真とレポート、メンバー個々へのインタビュー。リハーサル風景もある。

特に写真は、当日のライヴの躍動感を思い出す物ばかり。やはりアルフィーはライヴだと実感させられる。
このイベントに参加した人は、あの日の感動を思い出せるし、今回参加できなかった人は、ライヴバンド・アルフィーの擬似ライヴを体験して欲しい。

普通なら★★★★★にしたいところだが、残念なところがただ一つあるので★を一つ減らした。

25日のライヴでは、開演前にモニターで、その日誕生日を迎える「THE ALFEE」にバースディソングを唄おうという呼びかけが映されたのだが、この件について、事実と違う表記があった。
折角の本だから作成側にはきちんと作って欲しいという気持ちから★を一つマイナス。
ただ、その点を除いてはとても良い本だと思っている。

もうひとつのALFEE STORY (ソニー・マガジンズ文庫)

(購入者の評価)
スタッフ・・・一言で片づいてしまう人たちにスポットをあてられたことでアルフィーの奥深さを知り、より彼らのことが好きになりました。
「夢」と一言で言ってしまえる言葉の為に、様々な人がいろんな気持ちを抱いていることを知りました。


THE ALFEE LOVE & PEACE 「アルフィー ラブ&ピース」

(購入者の評価)
LOVE「愛こそすべて」
THE ALFEE LOVE & PEACE 「アルフィー ラブ&ピース」
心の癒しにおすすめ


オーバー・ドライブ―やりたい放題やってしまえ!!そんなすべての人々へ贈る

優駿の門 黒い弾丸アルフィー (チャンピオンコミックスエクストラ)

(購入者の評価)
漫画を読んで初めて泣いた作品がこれです。

この本は、やまさき拓味先生の代表作品「優駿の門」に登場する悲劇の名馬・アルフィーの生涯を本編から集めて作られたものです。

やまさき先生の素晴らしい馬の描写や、人間一人一人の考えが伝わってきて、クライマックスは涙なしでは読めません。

これは、優駿の門を全巻集めている方には必要ない本かもしれません。
ですが、アルフィー好きの方には買って損のない本であると思います。

TOKYO BAY‐STATION―アルフィー写真集

(購入者の評価)
ALFEEファンなら絶対購入!!
悲しい時やイライラしている時・嬉しい時・いつでもALFEEを感じていたい。そんな時にアルフィー写真集


THE ALFEE BOOK―LONG WAY TO FREEDOM〈Vol.3〉

THE ALFEE BOOK―LONG WAY TO FREEDOM〈Vol.4〉

アルフィー写真集 AROUND(アラウンド)

アルフィーとフェリーボート (1971年) (オックスフォードえほんシリーズ〈13〉―チャールズ・キーピング作品集)

やさしく弾ける アルフィー ピアノソロアルバム (Piano solo)

アルフィー

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4