天本英世

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
天本英世 おすすめDVD 天本英世 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃

(購入者の評価)
個人的にはゴジラは白目じゃなかった方がよかったかな・・とか。
設定的にモスラは無理があったんじゃなかったかな・・とか。
実際は違う怪獣の組み合わせプランもあったらしいんだけど、
それによれば、モスラ→バランだったら・・・湖という設定も納得がいくし
あと、キングギドラでなくてアンギラスだったという話も・・・。
日本を守る護国三聖獣、バラゴン・バラン・アンギラス、これも悪くない。
でも、ギドラ=千年竜王ってのもかっこいいですよ。
いずれにしても金子監督!よくやってくれました。
ゴジラが日本を襲う理由ってのがすごいし、実際ゴジラ怖いです。
怪獣が怪獣たらんと、たとえ日本を守る守護獣だったとしても
大義の前には人間のいくらかなんぞは簡単に死に至らしめてしまうし
けっこう残酷なんです。でも、やっぱ怪獣は怖くなくちゃあいけない。
オチとしてもなかなかってな出来映えだし、これはもうある意味
怪獣映画の金字塔。重たいテーマだけどエンターティメントとしても
よく出来てるし、日本って国を考えるうえでもよい映画です。お薦め!




キングコングの逆襲

(購入者の評価)
キングコングファンなら避けては通れない作品です。東映が海外放映のために製作したアニメのムードもあり当時のキングコング観に満ち溢れた作品です。公開当時幼稚園児だった私はキングコングがひたすらエレメントエックスを掘る場面で眠たくなってしまいその記憶は今も同場面になると眠くなってしまいます。もしかして映画のキングコング同様催眠効果があるのでしょうか?下らん話はともかく怪獣映画全盛期の最高の1本です。(併映されたウルトラマン怪獣殿下はつらかったです。)

F(エフ)

(購入者の評価)
この映画大好きで大好きでたまりません。
こんなマイナーな作品だけど通り過ぎず出会うことができて
ほんと良かった…って感謝したくなるくらい好きです。
数え切れない程観たけど全然飽きない。
でもやっぱマイナーでほとんどの人に知られてないのが悔しい…
キャストも素晴らしいし音楽も素晴らしい。

職場や友人など平凡なOL・ひかるの描き方もすごく共感できます。
夏の終りに特に観たくなる映画です。

殺人狂時代

(購入者の評価)
 某wikiでカルト映画として存在を知り、好奇心本位で試聴。
 あまりの面白さにびっくり。
 殺し屋の設定とか今ちまたで氾濫している暴力漫画にもまったく、その造形において引けをとっていない。
 隠れた名作に出会えたことに感動する一方で、こんな面白い映画をお蔵にする当時の日本映画界とは一体……、っと複雑な気分でした。


舌 デッドリーサイレンス/マレヒト

勝手にしやがれ!! 黄金計画

(購入者の評価)
黒沢清監督作品の中では、一番普通だ。と言っても方々に遊びがちりばめられている。謎の5000万円を追って繰り広げる、変なドラマ。諏訪太朗と三上剛史のコンビが変で笑えた。

エコエコアザラクII Birth of the Wizard

(購入者の評価)
詳しい評価は他の人が書いてますんで 略。

一言:途中で眠ってしまいます。

どーしても最後までみれません。通しでは。

決して悪い作品ではないのだけど
中ダレ ラストまで行くパワーがない。

星雲仮面マシンマン VOL.2

星雲仮面マシンマン VOL.1

(購入者の評価)
さすが石ノ森氏というしかない。
マシンに乗ってるからマシンマンって命名。
塚田きよみ扮する役の女の子がそう言って
命名しちゃうあたりは、ロボット8ちゃんや
バッテンロボ丸の流れっぽい。
こういったコミカルさがのちの不思議少女
系に受け継がれてく訳でしょう。
(宇宙刑事シリーズはそのままメタルヒーロー系
 になっていったように)


妖怪天国

(購入者の評価)
伊武雅刀、天本英世の怪演はいうまでもないですが、お父さん(手塚治虫)の人脈を駆使して手塚治虫自身や楳図かずお・水木しげる・馬場のぼるといった錚々たる漫画家を俳優として引っ張り出していることがこの作品の特徴です。オムニバス形式なのでいろいろ楽しめる、そういった意味で「百物語」なわけです。

これも『ゴーストヒーロー』も心霊シーンが映り込んでいると、当時かなり評判になりました。DVDでは映像特典で特集してくれていますので、確かめてみたい人は是非DVDを見てください!!

星雲仮面マシンマン VOL.3

仮面ライダー THE MOVIE VOL.1

三毛猫ホームズの黄昏ホテル デラックス版

(購入者の評価)
 大林監督独特の演出と赤川次郎の作品だと言うことで、大体のコンセプトは(観る前から)判ってしまっていますが、
まさにその通りの展開で全くつまらない作品です。
 
 ユーモアと本格的な謎解きは両立できると思っていますが、どうも演出が幼稚で大人の鑑賞には堪えられませんねえ。
 そこが、大林ワールドかも・・・。

 一応の俳優陣を揃えているのに残念です。”星二つ”が適当でしょう。



セブンズ フェイス

ムーンスパイラル【字幕版】

暴れ豪右衛門

ムーンスパイラル

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃

(購入者の評価)
この映画はファンタジーです。こどもとミニラが互いに成長していくドラマです。そういう意味ではこどもに見せたい映画です。主人公の父親がすてきです。特撮映画にはかかせない佐原健二が主人公の父親として出てきます。彼は機関車の運転士として出てきますが、これがなかなかはまり役です。

闇金の帝王 銀と金2

(購入者の評価)
福本伸行の傑作漫画のうちの一つ,銀と金を実写化した
シリーズのパート2。

この漫画の中では地味な部類に入る話なので,
ドラマにするのは難しいと思われたが,意外にも
良くできている。嬉しい誤算である。

ドラマに出てくる売れない画家は原作では男だったが,
これを女性に変更することで,キャラに深みを出すことに
成功している。(原作ではかなり不要なキャラだったので)

しかし短髪の豊原功補・・・なぜか面白い。


>> つづきをみる

日本人への遺書(メメント)

(購入者の評価)
「明日も生きてるかなんてわからない。確かなのは今日だけだ」。
最高にカッコイイ永遠のジジイ、天本英世氏が綴る哲学・人生・ロマン…。
仮面ライダーの「死神博士」としてしか氏を知らない方は、この本で彼の「日本人」への激しくも愛情ある「決別宣言」と、スペインの歴史や文化に対する深い造詣にまず驚かされるだろう。

本の前半は「私は非国民でけっこう」「乞食になるつもりで俳優になった」など、一見過激だが人間への愛に満ちた言葉と共に綴られる人生記。
後半はスペイン市民戦争やロルカの詩、フラメンコなど、「熱くて濃い」スペインの歴史や文化・旅と出会いを通して語られる人生論/日本人論。

行間からあふれ出る氏の熱い想いに感動し、生き方について考えさせられる。

残念ながら氏は3月23日(2003年)に亡くなられたが、その灰の一部は生前の希望通りアンダルシアの川に流されるという。
(蛇足:イラクでの戦争に反対するどころか、あっさりと支持を表明してしまう日本の政治家に、天本氏の強烈なメッセージを届けたかった)

スペイン巡礼―スペイン全土を廻る (1980年)

スペイン回想―『スペイン巡礼』を補遺する (1982年)

天本君、吠える!―元気と勇気が湧いてくる本 (ワニの本)

スペイン巡礼

スペイン回想―スペイン巡礼を補遺する

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4