安藤政信

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
安藤政信 おすすめDVD 安藤政信 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ストロベリーショートケイクス

(購入者の評価)
中越典子の顔射シーンが話題になっていたので見ました。でも、あの程度じゃ、ガッカリ。いささか期待外れです。ザーメンが目に飛ぶ設定はいいんですが、その前に男の一物をしゃぶっているシーンがないと。後ろ向きに撮っても見えません。

その反面、中村優子のセックスシーンは圧巻で時間たっぷり。見ごたえがありました。


さくらん 特別版

(購入者の評価)
アートとしてはかなり高評価になりますが映画としてはなんじゃこりゃです。
原作は知りませんが、なが?いストーリーの原作を監督未経験の方がたかだか2時間にうまくまとめるのは無理があったと思います。
美術は最高ですよ。
冒頭のシーンのいくつかはSAYURIと被る感じがしました、芸者の世界ではよくあることだったとはいえもうちょっとオリジナリティある演出にしたほうがよかったと思います。
そのせいか夏木マリさんが悪いわけではないのですが桃井かおりさんをどうしても思い出してしまうような共通点を感じました。

土屋アンナさんは下妻物語のときはハマリ役でしたがこの映画では不協和音を感じました。
挑発的な表情は上手。もともとの顔のつくりのせいだと思います。
反してうれしそうな笑顔をしたときはその表情が子供っぽ過ぎて安っぽい仕上がりへの進行を手伝った感があります。
でも演技がこんなに下手だとは知りませんでした。
勢いで演じているように受け取れました。

最終的には、「夏休みスペシャル2時間ドラマ」といった感じ。
宣伝が素晴らしく、林檎ファンだったこともあって楽しみにしていたのですが期待はずれ。


バトル・ロワイアル

(購入者の評価)
星の数見ても賛否両論だな?wまずこれをおすすめするならグロいのが大丈夫あるいは好きな人!あと若い子向け!あと映画に関していえば素人好みの作品かな!批判的に星1つとか星が少ない人は大体は命の尊さや殺すって事にすごく嫌悪感を感じる人が多いのかな!それと玄人さんからしたら否定されてもおかしくないだろな?wまあでも素人目線の俺からしたらほんとにいい映画だったな?!アクションあったしwまあちょい殺しの場面で目を覆いたくなるようなとこもたくさんあったけどね^^;とにか?く!!刺激的な映画を求めてる人は絶対見るべ?し!おすすめでっす!最後に一言!続編は見るな?!!!!!!!絶対損するよんw

バトル・ロワイアル 特別篇

(購入者の評価)
死を雑に扱ってる。中学生に殺し合いをさせてなんになる?など、この映画から多種多様な人間が受け取ったすべての事柄は紛れもない事実であり、賛否両論あって当たり前であるのです。しかし、それらを理由に、この映画が駄作だと決めつけるのは安易すぎるかなと思ったです。それは私がおもしろくないから駄作だと言っているようなモノです。映画を批判するのに映画のテーマを否定するのは、ある意味で思想の自由を侵す事になりかねないです。そのテーマを理解した上で批判をすべきであるのです。 本編に入るが、この状況下を肯定する事は一切ないが、現実に起こり得た場合を想定したならば…と、考えるに、やはり興味そそられるのです。 私的にはもっと笑いの部分があってよかったなと思ったです。恋愛にエロがあるように、緊迫感に笑いは絶対にあります。 もう少しだけ笑いに着眼点をおいて欲しかったです。 しかしながら、1985世代の私から観てセンセーション溢れる作品で、ただただ圧倒されていたのも事実です。



スペーストラベラーズ

(購入者の評価)
ありきたりな銀行強盗モノだが当初の予定とは程遠く全くグダグダな展開に。オタ色も強く、ちょっとヤリ放題し過ぎなノリなので好みは分かれると思う。

あー、こいつらおバカなことやってんなあ、って感じで見るのが良いです。

すみれさん前や舞台女優の現在も好きだけれど、この時期(ショート)の深津絵里は最強。 おそらく金城くんが主演なんだろうけどおいしいところどりで人一倍の演技力で頑張る深津ちゃんの主演といって良し。

ただ、投げっぱなしなままのネタや踊るシリーズでも賛否な泣かせますよ的なラストは正直いただけませんが。


SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スペシャル・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)

■個人的にコレクターズエディションを買いなポイント

 ・全編絵コンテ本
 ・プロによる各キャラクター所有ガン解説
 ・オープンセット解説
 ・箱カッコイイ
 ・DVDケースカッコイイ

 なにより絵コンテが最高!
 メイキングは、役者ファンより現場好きな人のほうが楽しめるかも。山口祥行さんのアツいナレーションがまた暑苦しくてたまらない!北村道子さんによる衣装解説が無かったのが寂しいけど、そのへんは書籍を見ればいいので・・・と思えどやっぱり残念。個人的な残念だけど。何より絵コンテが最高なので、作品が好きな人はあと数千円出してこっちを買って損は無し。得もしないかもしれないけど。でも、個人的な印象だと、メイキングもコメンタリも何となく薄味。それは多分、濃い味を期待しすぎてたから(笑)
 本編はもちろん面白い。本人による日本語吹き替えは、あれこの人いつもこんな芝居だったっけ?とニヤニヤします。
 個人的にはビル横山さんの銃解説が胸を熱くしました。マニアならば是非。


鉄道員(ぽっぽや)

(購入者の評価)
何度見ても泣けてしまう。
不器用な昭和の男といえばもう、健さんしかいない。

何にも前情報もなくこの作品を見た。
広末涼子演じる娘が幽霊なのか、健さんの幻想だったのかは分からないが、
とにかくビックリした。
なんだか「シックスセンス」的なやられかたをしてしまった。
で、嗚呼、日本人がシックスセンス的なものを撮るとこうなるんだなと、
一人得心した次第です。

仕事のために家族を犠牲にしてしまう、不器用な昭和の日本の男が描かれています。
今や個人主義や利己主義は欧米だけのものではなく、この日本にも着実に浸透しています。
仕事とは何でしょう?
「おとさん」にとって仕事とは、列車を滞りなく走らせ、駅を守ることでした。
列車に乗る人達の為の大切な仕事だったのです。
「おとさん」にとって仕事とは、自分だけのためのものではなかった。
列車を使う人達のためでもあった。

どんなことがあっても家族を犠牲にしちゃあいけない。
しかし図らずも、人のために自分達が犠牲になってしまうことも厭わない、
そんな人がいたっていい。
国を守るために戦地に赴く兵士達も、こうではないだろうか。

平成生まれの人達には理解し得ないかもしれない、昭和の不器用な男のファンタジーです。


69 sixty nine

(購入者の評価)
とにかく、「今」を楽しまなければ、何を楽しむのか?っという主人公の男子高校生。ちょっと大げさに見えてしまう場面もそこがこの作品の見所だといえるのではないでしょうか。「バリ封」の場面は絶対に見逃せない!!本当に1969年を青春した世代の人たちだけでなく、私たち世代でも大いに楽しめます。そして、ところどころ笑ってしまう場面もあるけれど見終わった後は、とても元気になれる、気分が良い感じになれたと感じました。

キッズ・リターン

(購入者の評価)
すでにレビューで様々評価されているので、一つ気付いた点を伝えておきたいと思います。予告をみると、ラストシーンのシンジのあの有名な一言、終わっちまったのかなぁ…の後、いろいろな栄光、そして挫折や苦悩のシーンを流した後、マサルの馬鹿やろう、のシーンにつながる。
マサルの最後の一言は、はかなく絶望的なほどむなしいのだが、妙な力強さを感じるんだよなぁ…


SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
少しふざけすぎちゃったと思う。
デスペラードぐらいの感じだったら、最後にカタルシスを感じたと思う。
木村佳乃が大嫌いなので、その分星1つ減らしました。


青の時代 DVD-BOX

(購入者の評価)
当時見たのは高校生だった頃で、もう一度見てみたら結構良かったです!!最初はリュウ・トシ・マサシととんでもない不良でしたが、最初の場面でどんどん変わっていきます!!最初はトシも横柄な態度でリュウと衝突してましたが、リュウに影響され、どんどん変わっていきます!!

二重人格の要素・守るべき人・茜とリュウの図書館の出会い・朱里とリュウのシーン・後にリュウと茜を助太刀するトシ&マサシ等、結構良く出来てる作品だと思います。「若葉のころ」より面白かったです!!特に堂本剛・奥菜恵・小橋賢児は「若葉のころ」では共演しておりましたので、当時、ドラマの開始前は、期待しておりました。評価は文句なしの5!!
同じ脚本になりますが、「to heart?恋して死にたい?」もお勧め!!


サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS

(購入者の評価)
確かに薄っぺらい感じは否めない。でも
このぐらいでちょうどいいんじゃないかと。
さすがに誰も不幸にならないハッピーエンド中の
ハッピーエンドにはビックリしたけど。
原作と設定を考えるとどうしてももっと生々しい展開にならざるを得なくて、
あえてこういう着地点にしたんだと思う。
それでよかったと思うし。
心のセリフの入れ方、入れ加減も難しかっただろうし。
あのまま最後のオペが成功してたらゼロ点の映画だった。

そこそこのリアリティーと
伝えたい事がはっきりしているっていう意味では
それなりによく出来ていると思う。



悪夢探偵 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
少し目をつぶってしまうようなグロい場面があるので苦手な人は苦手かも。
それにしてもhitomiの演技がいただけない……
真剣に物語に入り込んで見ていてもhitomiが出てくるとその演技でガクッとしてしまうシーンが。
他は文句なしでいいんだけどなぁ。


46億年の恋 豪華版

(購入者の評価)
割と好きなのでシビアに星四ツで。 第一印象は映像よりもまず音を感じました。 難解というよりは不明瞭。正直それが不快にも感じられる。けれども世界観の表現に必要なのだと捉えるのであればまったく逆転して、くせになる。 何か重要なメッセージ性があって、それを考えるような作品ではないことは確かです。 粗削りと言ってしまえば、全体がそうな感じはしますが、惜しく思うのは香月の過去の部分です。わざとらしくても良いから、もっと泥臭くして貰いたかった!な、、、背景の町並みがちょっと平和な感じ。香月というキャラクターがこの作品で官能を表すのに重要なのだろうと思ったので…。 80分ちょいで仕上げるなら丁寧に画きすぎると失敗しかねないので、ある意味とても良い仕上がり。なのでしょうが、3時間になっても良いからもう少し慎重に作り上げてほしかったかも。もっとコアでディープな感じに。なんせこういう世界(作品)は到底嫌いとは言えないので。 雰囲気ですが、舞踏の匂いがします。 金森穣の踊りが素晴らしかったです…。

昭和歌謡大全集

(購入者の評価)
性格が屈折していて、そして社会から逸脱してしまった人物が、
寂しさを紛らわすために集まり、そしてカラオケをしたりしていて、
その内の一人がその寂しさを紛らわす方法に、
偶発的にも殺人という方法を選択してしまうという異常さ

そして、その一つの事件から発展する互いの復讐の中で、
生きることの意味というか、生きる活力を見出していく皮肉

感情さえ麻痺してしまうほどの日常で忘れ去られた、
【怒り】という感情を自然と湧き出る涙とともに最後の最後で知る主人公

原作でグッときたこの部分が全く表現されていない時点でがっかり
それはイシハラらにシンパシーを感じた人にしかわからないのだろう―。

人を殺す事に意味なんてないはずはないのだということ。
本当に3度くらい読んだ僕は、本を間違えたのでしょうか―?


RED SHADOW 赤影

(購入者の評価)
何気無く通りかかった映画館で前彼が「観たい!」って言ったのがコレ。
あんまり気乗りしなかったんですけど、ま・・いっかと思って。

邦画にしては、ギャグ・アクションが有って、私的には「面白かった」ですよ。
ただ飛鳥が死んじゃうのが早くないかなぁとも・・・・


DVDも早くに買って観てます。
堪能して欲しいですね・・邦画も。


ドライブ デラックス版 初回限定パッケージ

(購入者の評価)
従来のサブ作品にみられたブラックユーモアが悪ノリな方向にいっちゃって少し残念です。特にラストのあたり。まぁでも、らしさはあったしキャストはサブ作品お馴染みのメンバーなのは良かったです。
パッケージやテロップかでは柴咲コウは一応、準主演みたいな感じになってますけどほとんど出てませんよ正直。柴咲コウ目当ての人は充分注意です。


46億年の恋

(購入者の評価)
とても静謐で美しい映画だった。男同士の異色ラブストーリーと銘打ってはいるが直接的なラブシーンはなく、抑えに抑えた表現が不思議と官能的だったりする。主演二人の美しさと存在感と演技は出色。凶暴だが脆さも持つ青年・香月役の安藤政信は意外なハマり役で、松田龍平演ずる有吉がつい目で追ってしまう気持がよくわかる。特に寝ている時うなされていた(?)シーンなんかの色気はヤバイ。松田龍平も「御法度」から何倍も進化していてとらえどころのない妖しい美少年役を好演。作り笑顔が哀しくも不気味な石橋凌とドラマのイメージとは一味違う自堕落な感じの窪塚俊介も印象的。女性の扱いに不満はあるけれど、男だけの空間でしかこの濃密な恋愛は成立しえないのでそれは仕方ないか。観た後私は頭の芯が毒されたかのようにボーッとなった。お腹いっぱいで当分は見返さないだろう。

さくらん ~花魁音楽画巻~

さくらん

>> つづきをみる

蜷川妄想劇場 ~mika's daydreaming theater~

(購入者の評価)
出ているタレントさんたちが、
みんなすごく色っぽくて素敵です!

今まであまり興味がなかった小栗旬さんのかっこよさ、
そして色気に、天性のモテ男を感じました。
松田龍平さんは、ため息が出るほど妖しげだし、
成宮君は・・・・水と薔薇が似合いすぎて、ちょっとやばいくらい。

コンパクトでお安いけれど、とても満足できました。

それにしても、このころの松山ケンイチは幼いですね?!
一番変化した人ではないでしょうか。



acteur(アクチュール) No.2 (2006 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.1 (2006 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

KEN&ADAMA -69 sixty nine- 妻夫木聡×安藤政信

(購入者の評価)
安藤政信君が好きで購入しました。映画のアダマもなかなかイケてたと思います。夏の白い制服が似合い過ぎですっ、色っぽい!
世界観も上手く収まって、映画とはまた違った一面、という内容です。映画を見た人も、持ってて損はない一冊。
ただ、69の映画に添った写真がすべてではない、というのが少し残念です。今まで他に映画写真集を買ったことがないので、写真集というのはこんなものかも知れません。ですがまあ、どの写真も二人が素敵に撮れてるので良しとしておきましょう。


安藤政信「BR→RS」

(購入者の評価)
安藤くんがめっちゃかっこよかったぁ♪♪カッコいい安藤くんがい〜っぱい
あってもう、大満足です☆★この写真集を見ればみんな安藤くんのFANに
なっちゃいますよ!!


+act. 1 (2004 Summer)―visual movie magazine (1) (ワニムックシリーズ 69)

男優倶楽部Vol.16 (キネ旬ムック)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4