青木崇高

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 
青木崇高 おすすめDVD 青木崇高 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ちりとてちん 総集編 BOX

(購入者の評価)
とても有難いDVD総集編です。
皆さんが仰るように、確かに総集編では細かく張り巡らされた「台詞まわし」や「妄想?シーン」などはカットされたと思うのですが、完全版にとても手が出ない私にとっては、今度放送されるスピンオフの「まいご三兄弟」も付けてくださってるし、かなりサービス満点の総集編だと思います。発売されたら昨日購入した「ちりとてちん・メモリアルブック」を併せ読みながら、じっくり映像を楽しみたい、そんな風に思っております。蛇足ですが、この総集編のジャケットの紅花色、私にはとても趣きがあって完全版の赤色より気に入っております。視聴者の要望と選択にきちんと応えてくれた事は有難い事です。完全版とは割り切って楽しみたいと思います。


ちりとてちん 完全版 DVD-BOX III 落語の魂 百まで

(購入者の評価)
まずは少し辛めにコメント。

草若師匠が無くなったあと、木曽山が初高座にデビューするまでの間が、
若干間が抜けてて、ネガティブな雰囲気が漂うので、
そこら辺は「底抜けにスッキリ」とはいきませんでしたが・・・

その後は、「底抜けに快調」そのものです(^^)v。

まさか最後らへんまで「正太郎じいちゃんのテープ」が
重要なキーポイントになってくるとは思いませんでしたなぁ。

佐藤めぐみさんの「ブラックA子」や社長就任後の演技、
「草若を襲名したい」という本心がありながら、
それを隠して草々に襲名を勧める草原兄さん、
あれほど嫌ってた「肉じゃが女」を襲名してしまう奈津子さん(笑)、
秀臣さんの「若狭塗り箸」に対する熱い思い、
その全てが「いいんです!」(^^)v。

*この川平さんのおなじみのフレーズが
出てこなかったのは、個人的に残念でしたが(^^;)。



本放送時には「ちりとて」を観ておらず、
今回は3巻とも購入したので、正直、ふところは痛かったですが、
一言では言い表せない「満足感」と「幸福感」で満たされております。


悲しい人、むなしさを感じる人、嬉しい人、
いろんな人のココロを満たしてくれるのが「ちりとて」やと思います。

喜代美はじめ、いろんな登場人物に励まされた気がします(^^)。


ちりとてちん 完全版 DVD-BOX II 割れ鍋にドジ蓋

(購入者の評価)
最近のNHK連続テレビ小説にはほとほと失望していた。
しかしこの「ちりとてちん」は違った。
私自身関西人ということもあるかもしれないが、
NHK大阪制作だけに随所にニンマリしてしまうネタが仕込んであったり、
役者もよく物語になじんでおり違和感なく楽しめた。
特に渡瀬がやはり図抜けてうまいと思った。
佐藤は将来的には、貫地谷より成功する役者だと思った。
全体を通して異様に気に入った朝ドラでした。
ただし落語シーンに関しては吉弥さん以外は皆さん聞くに堪えませんでした。


ただ、君を愛してる プレミアム・エディション

(購入者の評価)
ストーリーは 「?」と思ったけど、全体的にすごく綺麗にまとまってるのに感動です!

宮崎あおいさんの透明感が全開!不思議キャラと、ご本人も言ってた衣装がかわいい!!

玉木さんも、宮崎さんも個人的にカメラはやっていて、カメラ歴は実は宮崎さんのほうが長いとか。さすが、写真を撮るところは決まってますね。

欲をいえば、DVDの特典は手紙ではなくて、あの写真が良かったな。


ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)

(購入者の評価)
最近のNHK連続テレビ小説にはほとほと失望していた。
しかしこの「ちりとてちん」は違った。
私自身関西人ということもあるかもしれないが、
NHK大阪制作だけに随所にニンマリしてしまうネタが仕込んであったり、
役者もよく物語になじんでおり違和感なく楽しめた。
特に渡瀬がやはり図抜けてうまいと思った。
佐藤は将来的には、貫地谷より成功する役者だと思った。
全体を通して異様に気に入った朝ドラでした。
ただし落語シーンに関しては吉弥さん以外は皆さん聞くに堪えませんでした。


銀色のシーズン スタンダード・エディション

(購入者の評価)
美しい雪山(カナダ&八方尾根)を滑り降りる名スキーヤー達の勇壮なシーンと躍動的な音楽に始めからわくわくしたが、この映画は現実性に乏しい普通のエンターテイメント映画ではなかった。


人は誰しも失敗や挫折や不幸を経験して、それをきっかけに自分の弱さと向き合うことになる。立ち直るには愛や信頼や優しさ、そして時間を必要とするが、周囲(親達)は彼らの弱さを受け入れようとしない。理解しようとも、されようともしなくなり、若者はついに孤独になる…

この映画の主人公達はしていることは突拍子もないはた迷惑なことばかりだが、現実にどこにでもいる普通のさまよえる若者達だ。


挫折感から抜け出せない(祐次のような)人は、時として逃避的な日々を送るようになるだろう。
目的が見つけられない(次郎のような)人は、時としてがむしゃらに手近な達成感を求めるようになるだろう。
失敗によって傷ついた(銀のような)人は、時として平然と生きている大人を憎むようになるだろう。
愛を失ってしまった(七海のような)人は、時として心を病んで、異常な行動をとるようになるだろう。


もし自分にそんな経験があればしめたものだ。
   …あるところから突然、主人公達の語られていない言葉や人生が見えてくる。この映画は実は愛と優しさだけで出来ている映画だと思う。そこに気付けば、あとはジェットコースターのようにこの映画が面白くなってくるだろう。


何度でもまた見たくなる映画だ。


   …1回目だけではその醍醐味が味わえないので ≪要注意!≫  






銀色のシーズン プレミアム・エディション

(購入者の評価)
この映画は瑛太と田中麗奈が出てるから観ました。

上記二人のファンですが、きちんと映画を楽しもうと思って観てました。

が、見終わった後、あまりの内容の無さに呆然としました。
まず七海のフィアンセはどこへ…?ツッコミ所が満載だし、ストーリーがあっさりと進みすぎて笑えます。街の人たちの態度も不自然。最後のモーグルのシーンも「これで終わり?」的な展開。
結局あのあと二人はどうなったのかも分からないし…

さすがはフジテレビ、内容のない映画を作らせたら日本一ですね

瑛太と田中麗奈が出てなかったら絶対観ないような(観る価値のないような)映画です


ただ、君を愛してる 天国の森の恋物語

(購入者の評価)
最近よく邦画をみるんですが、以前は自分のなかで、邦画はつまらないという先入観があったのでレンタル屋にいっても素通りすることが常でした。
ところが、オダギリジョーの「ゆれる」を見終わって鳥肌がたち、邦画もいいものはいいんだと最近気づかされました。邦画をよく見るようになったのはそれからというものなんですが、何気なく手に取ったこの作品は中々のものでした。
玉木宏も宮崎あおいも、あまり見せたことのない演技で好演し、見ている僕は約二時間この映画に惹きつけられていました。とてもやさしくて、本当に見てよかったと思える作品です。この監督や玉木宏や宮崎あおいのでているほかの作品も見てみたいと思えました。
皆さんもぜひ一度見てみてください。ただの邦画ではありませんよ。


ただ、君を愛してる スタンダード・エディション

(購入者の評価)
この映画は、私にとって本当に大切なものになりました。 ここまで感情移入できた映画は初めてです!映画が、終わった後には切なさ、悔しさが残りました。しかし、それと一緒に温かい気持ちにもさせてくれました。本当にこの映画は、純愛映画の大傑作だと思います。
みなさん!!この映画を見ないと、大損ですよ!超おススメ映画です!


初恋 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
淡い恋愛映画かと思いきや・・・なんか騙された感があるな^^;てか完全に玄人作品!!これを読んでるあなたw25歳以上ですか?25歳以下ですか?
25歳以下ならやめときなさいwてか三億円事件を知ってる方は見てよいかな!
しらない世代は見ないほうがいいかもw完全な俺の偏見ですけどねw
最後に一言!!俺は三億円事件は知らない世代です!てか見ながら何回居眠りしたことかw


銀色のシーズン ブルーレイディスク

(購入者の評価)
羽住英一郎監督のスキー場を舞台にした映画。
映像は中々綺麗です。
フィルムグレインは細かい粒子感が残っておりいい感じ。
比較的さっぱりとした箇所が多いですが、フィルムらしさの残った質感です。
シャープさはややぼやっとした箇所が多い。
これは映像ソース自体がそうなのでしょう。
邦画らしい全体的にぼやけた映像。
良くも悪くも邦画のテイストが鮮明に映し出されています。
暗いシーンや動きのあるシーンは綺麗に再現できています。
他のBD作品と比べるとそこそこ綺麗な部類に入ると思います。
再現性はおそらく満点に近い出来ですが、ソース自体が邦画らしいぼやけた映像です。
邦画テイストが好きなら高評価かもしれません。
音も中々。
重低音はよく出ているのですが、響きが小さい。
芯にくる音になっていないので、音全体が軽く感じます。
高音はよく伸びていていい感じ。
サラウンド感もスキーのシーンなどでは十分感じる事ができる。
セリフ部分は一部聞き取りにくい箇所がありますが、これは役者のせいかと思います。
全体的には比較的クリアで問題はありません。
音質の再現性も十分いいのではないでしょうか。
内容はスキー場を舞台にした青春映画。
スキーのシーンなどはとても迫力があり見ていて爽快です。
スピード感、躍動感に溢れています。
ただ、雪のCGや作り物などがチープでそれと分かってしまいゲンナリ。
ストーリーは平凡です。
とにかくテンポが悪く間延びしてしまいました。
最後まで見るのが厳しかった。
尺がそこまで長くない映画なのですが、終わるまで非常に長く感じてしまいました。
設定的にも急展開や、あまりのリアリティのなさに首を傾げる箇所が多く入り込めませんでした。
ラスト前の盛り上がり結構よかったですが、自分には退屈な作品でした。
スキーシーンの迫力とスピード感だけが救いです。
特典はHD画質で特報、TVCMのみと寂しいか。
画質/音質の再現性はよいと思いますので、作品や役者が好きなら。


初恋 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
キャストは若手で今っぽい感じやけど、映像とストーリーは
昭和そのもの。雰囲気がよく出ていた。

それにしても小嶺麗子のヌードにはビックリした!

ストーリーの面白さはともかく、やっぱり宮崎あおいは
演技が上手いね!感心するわ.。


初恋

(購入者の評価)
邦画は珍しいので買ってみたが暗い場面が多く、
Blu-rayの画質を持ってしても非常に見づらい。
物語も確かに起伏無く、勝手に進んでいく感じ。
小嶺麗奈のヌードを1080Pで見られたが、
やはり暗い画面で何とも言えない・・・・。


初恋~三億円事件の犯人は女子高生だった~

(購入者の評価)
いや?買ってよかった。映画「初恋」を作る過程や,60年代の流れや映像,出演者のインタビューなど,「このたっぷり充実な内容で,この値段でい,いいんか…?!」と心配になる程にしみじみ買ってよかったなと思う大満足な一枚。
普通なら,1,2回見れば飽きるところですが,不思議と何度も何度も見たくなり,やっぱりおもしろい…。
映画もよかったけど,こちらも見ればなお一層楽しめます!
それにしても元ちとせさんの曲がいいとこで流れてくるわ,宮崎あおいちゃんはかわいいわ,個人的には,岸役の小出恵介くんの声がたまらなくいいわで。小出くんが計画を淡々と話すシ?ンが多いのですが,あの声だからぐっとシリアスで切なくて,映画の魅力も増したように思います。あおいちゃんの兄の将さんもかなりいい味出してます。


初恋(スマイルBEST)

(購入者の評価)
携帯小説とみまごう内容を、映画にしたもの。
私は俳優の喋りが聞こえずストーリーは三分の一ほど不明。
主役女子高校生が自ら犯行を行う訳ではなく、なんとなく説得されてやる。
最終段階でとにかく、えっそれで今更泣けとか言われても?そういえばそんな題名だったっけ?となった。
犯人はヤスではないけれど、最後に列挙されるキャラクターの区別すらついていなかった。
すれた大人には陳腐な内容だが、おひょいさんと、宮崎あおいファンにはお勧め。


>> つづきをみる

ちりとてちんメモリアルブック 2008年 8/25号 [雑誌]

(購入者の評価)
たぶん、最初から熱心にドラマを追いステラは欠かさず購読して暗記するほどに読み込み、公式HPはもちろんブックマークして箸から箸まで(本当にこう変換されたので置いておきます/笑)…もとい、端から端まで舐めるように見尽くした方には不要なんじゃないでしょうか。
小草々入門くらい(遅)から見始めた、遅れてきたファンには本当にありがたい1冊。K友さん、おつかれさまです!

読者プレゼント、「希望の商品の番号を」ってその番号がないんだけどどうすれば…(苦笑)
(商品名をしっかり書けばいいそうです)


ちりとてちん―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)

(購入者の評価)
既に放映は終了したのに、ドラマガイドとしては異例の重刷だとか。

人物紹介やロケ日記など、見どころ読みどころ満載です。第8週(喜代美が弟子入りを許される)までのダイジェストストーリーつき。
永久保存版です。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4