青島幸男

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 
青島幸男 おすすめDVD 青島幸男 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
虫プロ・アニメラマDVD 千夜一夜物語/クレオパトラ/哀しみのベラドンナ

TV's HIGH

(購入者の評価)
くだらねぇ笑いが詰まっている。15分の短い話の連続なので一気に見ても最後まで飽きない。こんな豪華なメンバーでこんなくだらないことができるのは深夜ならでは。自分のなかで木村拓哉のイメージがかなり変わった、かなり好きになった。他の出演者もイチイチおもしろい。イチイチ自分のツボにはまってくれる。
個人的には音声が届かない(というていの)回が大好き。生瀬さんの散歩に誘われた犬は何度見ても笑える。またやってくれないかなぁ。無理だろうなぁ。この番組が出来ただけで奇跡のようなもんだし。きっと一生見続けると思う。


死に花

(購入者の評価)
20年ほど前にK・ダグラス&B・ランカスターの「タフガイ」という大傑作があった。老いた元闇社会のふたりが、大列車強盗をやってのけるこの作品には心底パワーを感じたものだが、「死に花」を観て思ったのが、まずこの「タフガイ」であった。リタイヤした人たちは、静かに余生を送ってください、ってヒトの人生を社会が決めるんじゃねえ!という怒りと、本当の人生の愉しさを本作の名優たちは見事に具現化して魅せた。山崎勉、宇津井健のふたりはほぼ初共演!なのだというが、すごく芝居も合っていたし、また青島幸男、谷啓、藤岡琢也、長門勇、松原智恵子、加藤治子らの演技も素晴らしい。あの名優たちが、大脱走さながらの穴を掘りながら銀行の金庫を狙うなんて、もう面白すぎる。掘るのが早すぎとかいくつかのツッコミはあるが、そんなことはもうどうでもよいではないか(笑)!とにかくみんなカッコいいのである。こんなオトナになりたいよなあ、とつくづく思う自分であった。メイキングで山崎努が「すべての原点は好奇心」と言っていたが、まさにその通りだと思う。人生好奇心が途切れなければ愉しく生きていけるのだ。それにしてもこれだけのサムライを料理した犬童監督の手腕にも大拍手である。いつもの演出で通用するのは星野真理くらいで、みな人生の先生ばかり。後期なんとかとか高齢者問題がクロースアップされるが、そんな関連で本作を観ると泡食うはずだ。シニアのカッコよさに「惚れる」こと請け合いの名作である。

告訴せず

???食堂を経営している愚直な婿養子・木谷省吾(青島幸男)は、政治家である妻の兄(渡辺文雄)が衆議院選挙のために用意した裏資金3000万円の運搬を頼まれるが、魔がさしてその金を横領して逃亡。名前も変えて温泉街に隠れるが、まもなく盗難事件が起きたことから発見されてしまう。しかしその金が裏金で、しかも義兄は既に当選していることから、彼を告訴することができず…。
???元東京都都知事でもある人気コメディアン青島幸男を主演に、金権選挙を皮肉のユーモアで包み込みながら人間のどす黒い欲を描いた堀川利通監督の社会派意欲作。ブラック・コメディと呼ぶには重すぎる内容ではあるが、青島の個性で救われている部分も多いのも確か。また彼の愛人に扮する江波杏子が儲け役の好演である。(増當竜也)


スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ

(購入者の評価)
私たちはその後の社会や歴史の趨勢だけでなく、登場人物のその後の変転や興隆そして死去まで含めて知っています。そのような恵まれた立場で高みにたってあたかもすべてを見通したかのようなレヴューを書くことにどれだけ意味があるのでしょうか?だけどもレヴューは2007年の影を引きずってしまうのは不可避の現象です。そのような拘束の中でこの作品を見た場合、決して笑うことができなかったというのが正直な感想です。英語の勉強と米国企業へのトラヴァーユに示されるように、若者自体もそんなに変わっていないのかもしれません。そして女性の本質も。もっとも水上生活者や地方からの上京が現実感を持たないのは冷酷な現実です。中心となる7人の新入社員のうち、一人は結核で脱落、そして3人はもう一年目で会社での将来を見切り去ります。そして残った人物も現在では、もはや会社にはおれない68歳です。さていったい正しい人生とはどれだったのでしょう?この問い自体が、直接的にこの作品の中で提示されています。この構図の中で、植木等の役割は最初と最後を締めくくる端役以上(タモリの世にも不思議な物語を想像してください)のものではありません。私たちは、川崎敬三と川口浩のその後を知った上で、この作品にunfairとも言うべき思い入れを入れて、この作品をscrutiniseするわけです。そして残るのは永遠の真理ともいうべき表題です。そう核抑止ですらこれで説明できてしまうわけですから。

黄金バット

(購入者の評価)
黄金バットが映画化されたのは本作が初めてではない。これより前に美空ひばり出演の「摩天楼の怪人」版が初映画化である。
しかし「摩天楼?」版の黄金バットは骸骨ではないデザインだったようだ。言ってみれば、黄金バットに名を借りた全く別物の作品と言ってよい。その意味から本作は本格的な骸骨・黄金バットの初映画化作品だ。
さてその中身だが現代的感覚から見ると、内容は稚拙で特撮も陳腐にしか映らない。黄金バットの造形もカッコいいなんて言えたものじゃない。
だがスーパーマンより古い歴史を持つ、日本が世界に誇りうる超人ヒーローの初映画化は、それだけで意味がある。


映画「死に花」それぞれの「生き様」

(購入者の評価)
 昔はやり手の銀行マンだったり、映画プロデューサーだったりしたじっちゃま達、今は優雅に高級老人ホームで過ごしている。ところが仲間内の一人がぽっくり逝ってしまい、改めて「生」の勢いを考え直し、その仲間の残した地下図面をもとに「銀行強盗やろうぜっ」という計画になるわけですね。

 まだボケるまでにはいたっていない頭を駆使し、ついでによれよれになりかけている身体もコキ使って策を練り、穴を掘るじっちゃま達には拍手、それ以外にもバイアグラ使って必死に励もうとする山崎努、鼻の下伸ばして介護のお姉さんに抱きつく青島幸男(選挙なんかでないでこーゆーことやってる方がよっぽど「らしい」のに)、文庫本を離さず、昔のライバルを未だに恨む宇津井健、三途の川を渡り損ない、ひたすらボケ役に徹する谷啓などには思わず笑ってしまう。もう皆さん個性豊かなじっちゃまで、若いモンはたじろいでしまいますわ。

 ストーリーとしても最後の最後で強盗の目的が単なる「銭」だけではなかったという大転換があり、「老い」からはどうしても逃れられないことを各人がやっぱり改めて強く認識させられるなど、サビの効いた筋立てになっていたと思います。

 それにしてもやっぱりじっちゃま達、役柄としてではなく役者としてもダテに年はとってないなあとつくづく考えさせられました。特にせりふの間合いの取り方がもう上手いのなんのって!せりふの長さは比較的短いものが多くて、状況や感情の説明というよりも、合の手に近い、無意味なせりふが多いのね。それなのにううん、画面から目が離せない。

見て損はないですよ。

千夜一夜物語

サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ

(購入者の評価)
この2本目で大映でのクレージーシリーズは終了するわけですが、はたしてこれはクレージーのシリーズと述べていいのでしょうか?まず、主人公はクレージーでも植木等でもないのです。第二作の主人公はあくまでも川崎敬三です。そしてそれは将来の彼を決定付けたイメージのままです。また、前作よりはもう少し論理的な関連性を与えられていますが、クレージーは物語の発端と最後にプロットの落ちとして関わってくるだけです。次に気がつくのは、このシリーズを覆う、決してコメディとはいえない基調です。それは見落としてしまいがちですが、いくつかのもう忘れられたキーワードが象徴しています。このキーワードは、中卒の見習社員や小使い、ペンフレンドという言葉が示しています。最後に結末は、タイトルの逆説さを示す形となっている点です。そしてこの逆説にもかかわらずこのタイトルに一片の真実を見出さざるを得ない当時の悲しさはハナ肇の結語によってシニカルに描かれています。結果として大映でのシリーズはこの2作で終わってしまいますが、おそらくこの戦前の影に起因する時代とのずれがもたらす不思議な違和感がその理由だったのかもしれません。そしてこの影をすっぱり取り去ったトーンが基調となるためには、植木等を前面に出した形が必要だったのでしょう。


虫プロ・アニメラマ DVD-BOX (千夜一夜物語 / クレオパトラ / 哀しみのベラドンナ)

(購入者の評価)
もっと評価されて良い虫プロの傑作群である。
世界の実験アニメなど芸術性の高い作品を好む方には特にオススメ。
アニメーションの限界と一般公開という商業性とを追求するという
殆ど不可能に近いことに臨んだ虫プロの挑戦に拍手。
デザインと物語でしか勝負しない退屈な昨今の日本アニメとは
はっきりと一線を画するアニメーションへの誠実な情熱が漲っている。
実験アニメなど
アニメーションの可能性に真っ向から追求した意志を見るたびに
アニメーション作家としての手塚治虫の
天才以上のハングリー精神に頭が下がる。
LDに入っていたものと同じ、各作品全編に入るスタッフ座談会は貴重。
日本のアニメはこんなに頑張っていたのだ。


夏目雅子の「虹子の冒険」 DVD BOX

(購入者の評価)
夏目雅子さんが見たくて購入しました。夏目雅子さんの美しさが存分に引き出されていて、溜息がでます。内容も、今見ても楽しめる内容で、あまり古さを感じさせません。
何回も繰り返し見てしまっています。


TV’s HIGH Vol.2

(購入者の評価)
貧乏そうなアパートの一室で繰り広げられる、
「個人放送局」でのみみっちいドタバタ劇。出演陣はいずれも
ギャラの高そうな人たち(いや、当時は安かった、って人も
いるけど)ばかりだ。何と言ったらいいのか。
いかにも深夜枠、というか、ちまちましている、というか、
良く言うと「実験的」で、
悪く言うと「身内だけでウケてればオッケー」。
個人的には楽しめた。いや、木村拓哉が、ではなくて、
他の出演陣が。特にYOUが。


TV’s HIGH Vol.1

(購入者の評価)
TVで見たときにハマってしまったのでビデオを買っちゃいました。
木村拓哉と生瀬勝久・YOUとのからみがイイ!
最終回の宇多田ヒカルも良かった〜
☆4つなのは番組放送時と少し中身が変ってたのと予告編が入っていなかったから…それが残念!


釣りバカ日誌12-史上最大の有給休暇-

(購入者の評価)
まいどおなじみ 浜ちゃん スーさんがくりひろげる釣りのお話。今回は気が合う人?のお葬式のため2週間も勝手に休んだ浜ちゃん。釣りも0楽しんでいたことが会社にばれて大変さーどうなる・ついにくびか? はなしはビデオを見よう。

釣りバカ日誌12-史上最大の有給休暇-

(購入者の評価)
 早期退職して故郷の山口で釣り三昧の青島幸男さんをうらやましがる西田敏行さんと三国連太郎さん。設定はいいと思うのだけれど、青島さんの悠々自適の楽しみぶりが十分に伝わらないまま闘病生活に入ってしまったため、全体的に悲壮感が漂う釣りバカ日誌になってしまった。

 釣りバカ日誌で人の死や葬式を扱うなら、できるだけ暗い雰囲気にならないように、最初から工夫が必要だろう。フグ毒に冒される三国連太郎さんの「あわわ……」的な演技は見事なのだが、一歩間違えれば死に至る毒なだけになかなか笑えない。

 吉岡秀隆さん演じる医師と青島さんの姪を演じる宮沢りえさんが恋に落ちる経緯なども、ハマちゃんとスーさんの絡みとは関わりがなく、まるで本編と番外編をごった煮にしたような違和感、観終わった後に寂寥感を残した。

釣りバカ日誌12-史上最大の有給休暇-

(購入者の評価)
劇場で見れませんでしたので、今回VHSで見ました。配役がトテモよく、皆さん個性的で最高ですね。宮沢りえ嬢も流石でありんす。飽きませんよ、釣りバカシリーズは。

>> つづきをみる

23分間の奇跡 (集英社文庫)

(購入者の評価)
軍国主義で凝り固まった右派思想を
左派思想に洗脳する・・・・・・
そういうお話でしょうかね・・・・
子供の頃はこの話、いい話・・・
として捉えていたけど、
今読むとなんだか・・・・怖い。

戦争する国になるのも嫌だけど
かといってリベラルへ国が傾倒
してくのはもっと気味悪いように
感じる昨今です。
共産党の新規入党者が今年1万人を
超えて蟹工船がヒットしてるらしい
じゃないですか・・・・

ちゃぶ台をひっくり返すような
クーデターはこの閉塞感を打破
するには必要かと思うけど、

矛盾とタブーを一掃して
誰にでも機会均等にスタート
ラインを引きなおすことはして
ほしいけど・・・・
平等にしばられる社会はつまらないし
ぼくのすきな自由ではないな。




にわとりのジョナサン (ケイブンシャ文庫)

人間万事塞翁が丙午 (1981年)

人間万事塞翁が丙午 (新潮文庫)

(購入者の評価)
作者自身は放送作家として、作詞家として、喜劇俳優として、政治家として、あまりにも有名でありながら、小説家としては知名度は低い。いわんやこの直木賞受賞作をや。

戦前から戦後にかけて、下町の人々の生き様を描く小説。主人公のハナは作者の母親がモデルである。

まずなんといっても注目すべきはその文体。講談、あるいは落語のような、テンポのよい語調で軽やかに物語はすすんでいく。
戦時中を描くのであるから、もちろん明るい話ではすまない。東京の街は焼け野原になるし、戦争で散る命もある。しかし、何があってもあまりしんみりしない、笑いで悲しみを中和してやろうと試みるような、そんな下町人情を浮かび上がらせるのに、この軽やかな文体はまさにピッタリである。

このあたり、作者にとっては計算どおりなのだろう。青島幸男といえばテレビ世代の申し子として数多くの仕事をこなし、お茶の間の人気者の地位を不動とした男である。エンターテイメントとはどういうものか、人を楽しませるためにはどのような手が考えられるか、髄まで知り尽くした人間なのだ。
もともと彼は文学青年であったという(作中でも、作者本人がモデルと思われる次男坊の幸二について「本にばかりかじりつくようになった」との描写がある)。たとえ売り物にする小説を書いたのは初めてといえど、文学青年としての経歴と、それ以降の職業遍歴とで、十二分にノウハウは身につけているのだ。

この作品には、軽く書いていながら浮ついていない安心感がある。それは彼が充分に下地をつくっていて、それを土台にこの物語を組み上げているからだ。他の誰も真似のできない深い経験がそれを可能にしたのである。

そして、内容は彼がどうしても書きたいと思っていた、両親はじめ彼の少年時代の周囲の人々についてのものだ。日本の娯楽の歴史にその名を燦然と輝かす稀代のエンターテイナーが、その思いの丈をこめて書き上げた小説が、面白くないわけがない。


一時期電子書籍以外の媒体では入手しづらくなっていた本書だが、現在はまた再版されている。この機会、逃せば次はいつになることか。読むなら今のうち。


わかっちゃいるけど…―シャボン玉の頃 (文春文庫)

変節の人―かつての同志が告発する青島幸男の正体

(購入者の評価)
青島幸男の革新自由連合からの身勝手な分裂を契機に袂を分ったかつての同誌矢崎泰久が描く「暴露本」。矢崎の怒りにはもっともなところも多々あるが、「坊主憎けりゃ袈裟まで…」という感じで、読んでいてウンザリする。
タレント議員は青島以前にもいたけれども、革新自由連合そして第二院クラブは、70年代後半の革新勢力の退潮期に、議会での「穴」をタレント達の知名度で埋めるという形で登場してきた。そして、何の意義を果たすこともなく衰退し、今や、タレント議員をもっとも擁するのは自由民主党になってしまった。現在の日本のようにタレントあるいは「タレント的」議員が大量に進出している国は、欧米と比べると珍しい。それは、社会的な勢力=運動と議会との関係が希薄になり、ポピュラーな世論にのみ議会が依拠しているという状況を表わしているともいえる。そうした議会の「形骸化」の動きは、保守勢力よりも革新勢力に方に早く現われていたと言うことを、この革新自由連合の経験は示している。そうした形骸化の趨勢に根本から抗わなかったという点において、青島も矢崎も同罪ではなかっただろうか。そうした深刻な自己総括無き暴露本。


これで日本も安心だ―哀れな中年から幸せな若者へのメッセージ (ゴマブックス 178)

青島の意地悪議員日記 (新潮文庫)

青島の意地悪国会報告 (新潮文庫)

極楽トンボ (文春文庫 (405‐1))

ドーンと都政じわじわ革命

蒼天に翔る (新潮文庫)

青島幸男とたった七人の挑戦

わかっちゃいるけど…―シャボン玉の頃

(購入者の評価)
歴史に残る名番組「シャボン玉ホリデー」の知られざる内幕を、黄金時代の仕掛人青島幸男が縦横に語りつくした本。青島の自伝的青春小説「蒼天に翔る」の読者にとっては既出のエピソードが多いが、それでもたいへん面白い。当時この番組に出てきた数々のギャグがふんだんに読めるのも有難い。が、ギャグの面白さは活字で表現しにくい「間」や雰囲気に依存する部分が大きいので、理想を言えば当時の映像(わずかながら現存しており、1986年の日テレの特番「シャボン玉ホリデー」で放映された)とセットで楽しめればなぁ…と、これは無いものねだりである。

国会を話そうか (ケイブンシャ文庫)

繁盛にほんばし弁菊

ぴいひゃらどんどん

青島幸男との契約―われわれには青島を支援する義務がある

青島幸男の紋切り型辞典 (NESCO BOOKS)

オレが都知事だぁ~!―青島幸男にみる男の成功の研究

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4