荒井注

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
荒井注 おすすめDVD 荒井注 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
天使と悪魔の美女 江戸川乱歩の「白昼夢」

(購入者の評価)
小学生の頃、鍵っ子だった私は学校から帰ると、毎日テレビ朝日の2時間ドラマの再放送を観ていた。
中でも江戸川乱歩シリーズは小学生には強烈な印象を残してくれた。
人間である限り誰もが持つコンプレッス、変身願望、残虐さ、エロス、性癖。あの時代、あのキャストだったからこそ成り得たあの映像。
もし今、再映像化されることがあったとしても私は何も期待しない。
明智小五郎は天知茂でしか成り立たない。
あの映像、あの音楽でしか乱歩シリーズは成り立たない。
天知茂が亡くなって20年。もし今生きていたなら、江戸川乱歩シリーズはまだまだ映像化されていたのだろうか。

ドラマの中の衣装、女優のメイクも新鮮に映る。
昭和のサスペンスを堪能したい方にはお勧めの一本。

江戸川乱歩「悪魔の紋章」より 死刑台の美女

???1978年4月、テレビ朝日系で放映された土曜ワイド劇場・江戸川乱歩の美女シリーズから、傑作と名高い“死刑台の美女”(原作『悪魔の紋章』)をDVD化。主演は、端正な顔立ちの名優・天知茂。彼の扮する名探偵・明智小五郎が、犯人の仕掛けたトリックをズバリと暴く本作は、物語を彩る美女の官能的な演技と相まって当時大人気を博した。作品全体を漂う、昭和ならではのけぶるような空気感、役者たちのレトロなセリフまわしも、今観ると非常に新鮮である。特に、明智が犯人を追いつめるシーンは見もの。松原智恵子演じる美女の、上品でいて悩ましい所作もそそる。
???――大富豪の屋敷に舞い込んだ殺人予告状。明智は、陰謀うずまく事件に挑むが……。(みきーる)


赤いさそりの美女 江戸川乱歩の「妖虫」

江戸川乱歩「黒蜥蜴」より 悪魔のような美女

(購入者の評価)
このシリーズ..70年代後半のミステリサスペンスファンにとても贅沢な時代。テレ朝通常時間帯の放映。なんと猟奇!なんと残酷(スプラッタでなく)!なんと耽美!そして荒井注、天知茂、他のとってもよいマンネリ系のユーモアシーンが織り交ぜてあって、それも楽しみ、ストーリー展開も楽しみ、初期・中期はほぼ退屈するなどの二文字はないほどに最高の作品。ああもっとみたかった!!"

妖しい傷あとの美女 江戸川乱歩の「陰獣」

天使と悪魔の美女~江戸川乱歩の「白昼夢」~

(購入者の評価)
高田美和さんは若いときに一度 ヌードになっており、二度目がこの作品あたりからだったと思います。
成熟したおとなの色気を感じるおっぱいです。
しかし、当時から比べますと、日本人女性全体の体躯もよくなり、きれいなおっぱいを雑誌、テレビ、DVDなどで日常的にみられるようになったいま、美和さんのおっぱいは 徐々に風化していってると言わざるを得ません。


極道の姐 玲子

炎の中の美女 江戸川乱歩の「三角館の恐怖」

大時計の美女 江戸川乱歩の「幽霊塔」

ウッチャンナンチャンのコンビニエンス物語(2) 望郷編

白い素肌の美女 江戸川乱歩の「盲獣」

禁断の実の美女 江戸川乱歩の「人間椅子」

禁断の実の美女~江戸川乱歩の「人間椅子」~

(購入者の評価)
「地獄の道化師」と並ぶ大傑作です。
このシリーズは、エンタメ的要素が強いもの(犯人が途中で分かってしまうがアクションや奇抜なセットなどで楽しませる)と、本格的な推理の要素が強いものとにわかれますが、この作品は、間違いなく本格的な推理ものに属する傑作です。
犯人が誰なのか、なかなか分かりません。こいつが怪しいのでは、と思われる人が次々に死んでいきます。
犯行の動機については、このシリーズにありがちなパターンですが、そこはまあ許すしかないでしょう。犯人がこのような犯行に及んだ理由について、動機の面からも一応きちんと説明がなされている点を評価したいと思います。
もちろん、このシリーズならではのエンタメ的要素もぎっしりです。相変わらず明智さんモテまくっています。
「地獄の道化師」と並ぶ傑作として、自信を持って推薦します。


黒真珠の美女 江戸川乱歩の「心理試験」

(購入者の評価)
初期の作品と比べると、犯人の怨念とか残虐性、ヌードシーンは抑制され、ヒロインの知的な美しさが強調されているように思います。岡江久美子美しいです。知的なヒロインという点では、この作品がNo1でしょう。
ライナーノートにも書いてあったけれど、明智がヒロインを抱きかかえて去っていくラストシーンは天知茂が放送日の1週間前に亡くなっていることもあって印象的です。
長塚京三が被害者の1人と関係を持つ画商役で出演しています。当時は今ほどメジャーではなかったのでしょうが、小悪党を好演しています。今活躍している俳優のブレイクする前の姿を見られるのもこのシリーズの楽しみの一つです。


江戸川乱歩の黄金仮面II 桜の国の美女

江戸川乱歩「暗黒星」より 黒水仙の美女

赤いさそりの美女〜江戸川乱歩の「妖虫」

(購入者の評価)
感情の起伏で浮かび上がる頬のさそりのしみ。受け入れがたい運命でありながらも、人を愛することはできるはず。
さそりの呪いの災いか?猟奇的連続殺人はその現場に230円の硬貨とさそり形の血痕を残す。明智に勝るとも劣らない変装術を持つ犯人を敵にまわし、真犯人にたどり着く明智だが、運命に左右された真犯人の最後は悲しく哀れである。さて、主演女優の宇都宮雅代は知らなかったし、最近もドラマ出演しているの分からないが、本作では綺麗で好演しています。


妖しい傷あとの美女~江戸川乱歩の「陰獣」~

(購入者の評価)
 乱歩戦前の最高傑作「陰獣」の映像化です。ある程度忠実に原作を再現しながら、雑誌の連載小説と実際の殺人事件が同時進行するという斬新なアイデアなども見られ、独自の世界を形作っています。また、エロティシズムが強調されていて、いわゆるSMの要素を取り入れて、妖しい雰囲気のある作品です。琵琶(ではないかと思いますが、よく分かりません)の音色を使った劇中音声も効果的。

 ヒロインは佳那晃子です。少し若すぎな感じもありますが、前半は薄桃色の着物と淡いピンクの口紅などで装い、殺人鬼の影におびえる人妻の、心労でやつれた表情をうまく出しています。後半は、なかなか情熱的な演技を見せていて、天知茂の演じる明智小五楼郎と口づけを交わした、ただ一人の女性となりました。この天知茂は、相変わらず、お手本にしたくなるようなエンディぶり。また、謎の小説家を演じる中尾彬が強烈な個性を放っていて、特にクライマックスでの演技は迫力十分。それから親王塚貴子の妖艶な魅力や、荒井注、吉久美子、小野田真之の軽妙なやり取りも印象的です。
 初期の型のワープロや携帯電話なども登場していて、この時代(1985年3月放送)の雰囲気を懐かしみながら見るのも楽しいと思います

江戸川乱歩「暗黒星」より 黒水仙の美女

(購入者の評価)
見ごたえのある作品であり、結末がなんとも悲しい。光のあたらない暗黒星は
憎悪と怨念で妖しく光りだす。美しい人の悲しい過去と今。この暗黒星に最後の光を与え、消滅させた明智の名推理が冴える。江波杏子の好演が光る作品。


江戸川乱歩「悪魔の紋章」より 死刑台の美女

(購入者の評価)
水戸黄門もとすけさんの伊吹吾郎主軸。死刑学?を専門にした博士でかたてまに犯罪捜査もやるらしい役どころ。演技はなんか素人っぽいのがまた魅力。"美女シリーズで個人的最優秀作品。おおまじめで古臭い演技、テンポすばやい(つまり超頻繁殺人)耽美的な展開、現代TV界ではありえない巡回ストリップ劇場での家族皆殺し。もうこれが筆舌つくせぬあほらしさ(失礼)いや面白さ。""

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4