新井浩文

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
新井浩文 おすすめDVD 新井浩文 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
クライマーズ・ハイ

(購入者の評価)
7月に映画版を観てから原作を読み、ネットでの評価でこのドラマのDVDを
購入して鑑賞しました。
以下率直な比較となります。

1.ストーリー TV版が原作に近く丁寧。映画版は複線が中途半端で省略し
         た方が分かり易かった。

2.緊迫度   墜落事故の第一報を流す共同配信の場面や現場雑感のくだり
         は映画版が勝ってます。TV版は良くも悪くもNHKっぽく割と
         淡々としている感がある。

3.キャスト  どちらも甲乙つけ難い。私的にはハイエナのような佐山記者
         を演じた映画版堺雅人の凄みに軍配を上げたいですが。

4.演出    緊迫感では映画版ですが、TV版は構成がしっかりしており
         、流れるような演出です。極力無駄を省いて原作のエッセン
         スを巧みに伝えています。また、登山の場面はかなり本格的
         でTVドラマの域を超えた意気込みを感じます。

以上総合的にはTV版を評価したいと思いますが、本作特有の”緊迫感”をより
感じたければ、映画版は期待を裏切る事はありません。
どちらも2時間半の時間を全く苦痛に感じさせないテンポの良さと迫力があります。




ジョゼと虎と魚たち(通常版)

(購入者の評価)
出てくる登場人物の背景が、たとえば「ジョゼ」の近所の子供たちに到るまで、それぞれが抱えている痛みを伴なう形で丁寧に描き込まれていて、いちいち切なかったです。「ジョゼ」の祖母の必要以上のリアルさの、部屋のなかの乱雑な佇まいや、周囲に対する卑屈さ、「ジョゼ」の存在をあくまで隠蔽しようとする姿勢など、自分が幼いころ近所で実際に見た光景を思い出させられました。また、尊大に聞こえるかもしれませんが、主演の妻夫木聡には、かつての自分が有していて今は失ってしまった(それは、誤解を恐れずに言えば「弱さ」、もしかしたら逆に「強さ」かもしれませんが)、またついに持ち得なかった何物かを見せつけられているようで、随所で知らず画面から目を離していることがありました。ひとつの作品としていろんな意味で完成されており、貶めるつもりは微塵もありませんが、田辺聖子の原作からは完全に独立しているように思います。


ゆれる

(購入者の評価)
東京という都会で成功した弟に嫉妬し、女にもてない自分に自己嫌悪している兄。対照的な兄弟が織りなすサスペンス。

兄を演じる香川照之さんの演技がとてもよかったです。弟に対する劣等感や自信欠如、地方で暮らす単調な毎日への不満などからだで表現していました。一方オダギリジョーはどうなんだろう。CMとかでも見るけどセリフ棒読みな感じで今回は成功した自信家を演じているけど彼にはこんなのしかできないような感じを受ける。結局興行収入を上げるには一番人気のある俳優を主演に置くって事ですかね。誰か別の人に演じてほしかった。映画の中で重要な役どころ。一番心が『ゆれる』のはオダギリジョー演じる弟なのだから。

カンヌ映画祭で正式出品されて日本の映画賞を数々受賞しているにも関わらずカンヌ映画祭での賞は何一つ受賞していない。これはやはり日本の映画のレベルの低さを表しているのではないだろうか。テーマはいいけど緊張感のない裁判シーンに意味のないベッドシーン。作りこみ方がいまいちな印象を受けます。


天国の本屋 ~恋火

(購入者の評価)
特典ディスクに関するレビューがないようなので。

特典には、丁寧に装丁された文庫サイズの本が封入されいます。
薄いのですが、背表紙もあり紐の栞も付いているほどしっかりしています。

これには、原作者が書き下ろしたの「蛍」という小説、映画場面の写真(カラー)、俳優や監督のコメント、原作者による「映画『天国の本屋?恋火』の観方」、ロケ地ガイドなどが収録されています。

この中の「ほたる」という小説には、ヤマキや天国はでてこないのですが、この映画で重要な役割を果たす瀧本の、恋火を作るきっかけはこれかと思わせる幼少時代の小さなエピソードです。わずか12ページと短いのですが、読み終えて暖かい気持ちになれました。特典ディスクにも、竹内結子によるこの小説の朗読が入っています。

「天国の本屋」ファンであれば、こちらの特製版を持っていても損はないと思いました。

特典ディスクには、
・メイキング
・香里奈のナレーションによる撮影現場の裏側
・主演2名のピアノレッスン
・大倉孝二の撮影によるオフショット
・ビデオクリップ イメージ「永遠」
・竹内結子の朗読による上記書き下ろし小説「蛍」(映像は原作者のイラスト)
・完成舞台挨拶
が入っています。全部で126分。


ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)

(購入者の評価)
ツンデレという言葉が誕生した今、
ジョゼを関西弁ツンデレっ娘と呼ばずして何と呼べるだろう?

一番印象に残っているのは、祖母を亡くして一人で家に篭るジョゼが、
帰ろうとした恒夫に放つ次の一言である。

「『帰れ』って言って、本当に帰るような奴は、帰れ!」

直訳すると、「空気読め!」くらいになってしまう陳腐な内容の言葉だが、
それだけシンプルに彼女の気持ちを表している良い言葉だと思う。
女性という性の魅力は、こういうところに凝縮されているのだ。

そしてこのあとに待っている、
「頼むから、一緒に居(お)って…。」
という強烈な「デレ」に、
我々は悶絶するしかない。


そういえばこの映画、
「池脇千鶴が脱ぐ」ことで当時は話題になっていた気もするが、
思い返すと彼女が脱ぐ必要は全くなかったかと思われる。


松ヶ根乱射事件

(購入者の評価)
おもろかったですよ。
作品はだらだらとして、出てくる登場人物達も好きにはなれない(笑)
映画的な魅せ方などなくて、日常の延長線上を描いている感じ。
何の魅力もない日常を淡々と生き、少しでも違った物事が起きればそれに
一喜一憂し、すぐに興味が無くなる人々。
90年代の出来事らしいですが、今となんら変わってませんね。
映画を見てスカッとしたり、感動したりしたい人には薦めれない作品です。
でもこのダークな、「人間」を描いた作品を気に入りました。
山下監督の作品は今回が初見ですが、この作品をきっかけにどんどん
見てみたいと思います。


ゲルマニウムの夜 デラックス版

(購入者の評価)
キリスト教という制度の欺瞞を暴き、挑発するような前半はとても引き締まっていた。
だが、後半になるとひたすら露悪的でグロテスクな描写に終始する。
ブラックコメディの様にも見えたが、それは監督の狙いなのだろうか?
それが狙いなら、その意図は成功しているのだが・・・。
このテーマを扱うならもっと多様なアプローチの仕方を考えて欲しかった。
そうすればもっとキリスト教の深淵に迫れたのではないだろうか。
少し惜しい気がする。


隣人13号

(購入者の評価)
原作を読んでいないが………怖い。
描写の残酷性による怖さではなく、ためらいが消失した一線を越えた人間の怖さが、実にうまく描写されている。
この作品で、中村さんの俳優としての魅力に改めて魅せられた。

「した側」と「された側」の、時間の流れの根本的な違いも描きながら、それぞれの「闇」も描かれているこの作品。
心辺りのある人にとって、水面に一石を投じるのでは??
もっとも、した側の人間がこの作品を観て、自分のした事を振り返るかどうかは別になってしまうかもしれない。

それが一番の「闇」だろうか………





隣人13号 SANTASTIC ! BOX

(購入者の評価)
この映画を見てすごくいじめられている人の気持ちがどんなに苦しいのかがわかりました。この映画でなにか大切なものをもらいました。少しグロテスクでしたが現実らしく監督はすごいとおもいました。この映画でいじめがなくなるといいとおもいます。

赤目四十八瀧心中未遂 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
男にとっては行為における至上の到達点として存在する「死」が、女にしてみれば分断された一回ずつの「添え物」を青天井の性欲により先鋭化しただけのことに過ぎない。
別に利口ぶって理屈をこねなくても、性行為を伴う2?3回の恋愛でウンザリするほど思い知らされるこのどうしようもない事実を、延々三時間の長尺で淡々と描かれても困ってしまうのだが、この辺どうなんだろう。別に邦画を格付けする偉い人たちが色事にウブであるとも思えないのだが、何がこんなに高評価ですか。
寺島しのぶの存在か、とも考えるのだが、アレをアレするだけでアレだというなら、日本AV界のキカタン女優には寺島氏以上の評価を受けて然るべき人材がゴマンといる。色気がある、とどれだけ言われても、私の知る限り「寺島しのぶ、妖艶なり」と評する方は決まってジェンダーが女性であり、なおかつ特有の共通した傾向(明記は避ける)があるため、客観的事実としては迂闊に信用できないのだ。
結局「なぜ」に立ち返ると、その理由には某女性劇作家に某権威ある文学賞を取らせたムーヴメント、すなわち日本のある種の人たちが持つ「ある種の人々の猥雑な生命力に対するコンプレックス」が根底に流れているのではないか、と思えてくるがどうだろうか。ある種、日本のジェンダーフリーについて考えさせられる。
最低ではないので☆ふたつ。トイレの我慢がキツかった。


さよなら、クロ~世界一幸せな犬の物語~スペシャル・エディション

(購入者の評価)
私自身は昔噛まれてから犬が苦手で、しかも黒犬が特に怖くてどうしようもない。
この映画は犬好きな母親が居間で観始めたので、すぐ席を外すつもりだったのに映画の面白さで最後まで観てしまった。
最後まで観てしまった理由は、クロの存在が大きかった周囲の人たちを中心に描かれていたからだと思う。
クロがどんな時に心を癒してくれたのか
どういう心の隙間を埋めたのか
そのいきさつが人と犬の魂の触れ合いであり、10年学校に居たクロだからこそ生まれたエピソードに最後まで飽きることが無かった。
個人的に好きだったのは、用務員さんとクロの信頼関係に胸が篤くなりました。おじさんと犬の相棒が育む時間は、穏やかでいながら深い信頼関係が伺えてしまうから。


ラブドガン

(購入者の評価)
 最初から暗い画面、わざとらしい変な撮り方、変な音、画面とずれた独白みたいなセリフにびっくりします。自意識過剰の自主映画みたいなんですけど、妙に面白かったです。怒る人もいるかも知れませんが、私は気に入りました。そういうわざとらしい演出がこの話にぴったりきているように思いました。
 永瀬正敏の殺し屋と、それを追う岸部一徳と新井浩文の殺し屋コンビの話に、両親が無理心中で死んだばかりの宮崎あおいの話が絡んでいくのですが、永瀬はときどき幻想と思われる巨大なカメと話をするし、急に分身が登場したりします。脳内ワールドです。
 どちらかというと甘ったるいストーリーなんですが、脳内描写が緩和してくれて、なかなかそのバランスが良かったです。くさいセリフを脳内描写のヘンテコさが救ってくれます。
 役者もいいです。特に岸部一徳はこういう役が上手いです。ウソくさい役を魅力的に演じているので感心しました。こういう役は演技力とか何とかより、存在感がないと難しいですね。
 宮崎あおいは可愛らしいんですけど、何せ画面が暗いので顔がよく見えません。この暗さをわざとやっているとしたら凄いですね。野村宏伸に襲われる場面なんかの演出は全然ダメで、ときどきこうしたダメな場面があるのですが、いい場面もありました。
 森の中に燃えた自動車が突然現れて、そこで永瀬と岸部一徳が対決するラストはとても素晴らしかったです。ここで終わってくれれば良かったのにと思いました。その後の変な付け足しは不要です。あの森の中の場面で全部、伝わってきますから。でも、ラストがいい映画なので、見て損はないと思います。


天国の本屋~恋火

さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ スペシャル・エディション

(購入者の評価)
犬が主人公の物語かと思いきや、実は犬そのものより、犬をとりまく
人間たちの優しさに胸打たれる、どこかほろ苦くも温かいドラマです。
後半は切ない人間関係や純愛、老いていく犬や見守る人々の一生懸命さに
涙が止まりませんでした。久々にこれでもかというほど泣ける映画でした。


天国の本屋-恋火

(購入者の評価)
本作のロケはほとんどが小樽・石狩・江別で行われている。スタジオ撮影はなく、全て現地で撮られたものだ。天国の心地よさは格別だが、それもこれもこれらロケ地の魅力あってのことだろう。本屋のシーンこそスタジオだと思う人が多いと思うが、これもいまは更地になってしまった小樽第2ふ頭の倉庫に大セットを組んだもので、映画公開後しばらくは公開されていたくらいの出来である。また「岡田」という文字が印象的な本屋の入り口倉庫は江別市の旧岡田倉庫での別撮り。今行っても本当に天国のような空間である。横のプレハブとかは気になるけど(笑)、きれいに消しこみをしている。平和通りもそのまんま実在するが、岡田倉庫から出てみると本当に映画のままの絵が広がっていて、作品の中に入り込んだよう。喫茶店は小樽の今はクローズしているカフェ。印象深いカウンターは表から見ることができる。百年でまた地上に帰る人のセレモニーをしているのは小樽こども公園。また瀧本の家は石狩の住宅地の端っこに位置しており、廃墟であるが現存する。翔子の天国の家は増子町のこれまた実在の家。由衣が飛び降りようとしたビルは小樽駅前の長崎屋の対面、日専連ビルの屋上である。そして最後の花火大会は石狩浜。これらが結実して美浜町と天国を結ぶ傑作ファンタジーとなった。興味のある人はぜひ現地巡りをお勧めする。「Love Letter」とは違う小樽のイメージが体感できます。 

少年たち3 DVD-BOX

天国の本屋 恋火

(購入者の評価)
美しいコンサートーで始まり、空を彩る花火と美しいピアノ曲の響くなか、終章を迎える心あたたまるファンタジー。もし、あなたが心優しい人なら、この作品のところどころで、きっと涙が出そうになるに違いない。物語の裏方、天国の管理官ヤマキの細やかで優しい配慮も身に沁みる。
原作「天国の本屋」シリーズの第一作と第三作をうまくまとめて一つの映画にした。そのためのアレンジはあるが、決して原作の意図に反してはいない。むしろ原作に忠実な映画といえよう。
ヤマキの配慮が実り、由衣も翔子も心の傷を癒し、滝本も再出発できそう、健太と香夏子にも、よき将来の予感がある。ハッピーエンド・ストーリーだ。
出演者も適役だし、それぞれに好演だし、画面も美しいし、最後の場面は感動的。第一級の映画を見せてもらった気がする。


さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ メモリアルBOX

(購入者の評価)
松本深志高校OBで実際にクロを知っている職場の方から、クロの話を聞き、映画が観たくなり、DVD、それもメモリアルBOXを購入しました。まだ本編しか観ていませんが、全編静かななかにも、見ごたえのある、終わった後もじんとくるような映画でした。ストーリー、キャスト、映像ともに印象的で、心に残る名作だと思います。ただ「クロ」が実在して、高校の先生や生徒たちは彼を愛していた、という事実が、私にとっては一番インパクトがあり、どんなによく出来た映画であっても、それを超えることはできない、とも思いました。これから資料編をゆっくり観ようと思います。

少年たち3 1

少年たち3 2

>> つづきをみる

慈恩寺―岩槻 (さきたま文庫 (5))

西光院 (さきたま文庫)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4