荒川良々

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
荒川良々 おすすめDVD 荒川良々 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
歓喜の歌

(購入者の評価)
「歓喜の歌」という映画ですから音楽物かと思いきや,原作は立川志の輔の創作落語で,基本的にはコメディ作品です。
歓喜の歌といえば,ベートーヴェンの交響曲第九番の最終楽章で合唱される,クラッシクファンでない方でも良くご存知のあの歌のことですね。
私は,高校時代から現在まで,通算5回テナーパートの一員としてステージで歌った経験がありますが,毎回1年近くの練習を経て本番を迎え,3楽章までは暗く重い旋律をオーケストラの後ろで聞き,バリトンソロの“オーフロイデ”で導火線に火がつき,そして迎える歓喜の大合唱で感動はピークに達し,終演後はメンバーたちと手を取り合って涙した,それぞれの演奏会の記憶があります。
そんな“歓喜の歌”を題材にした作品ですからどんな内容でも見ないわけには参りません。
本作は,文化会館のダブルブッキング事件から巻き起こる騒動を,12月30日,31日の二日間の出来事に凝縮させ,要所に笑いどころを散りばめながら,最後にホロリと泣かせるというハートフルな作品に仕上げています。
本作で取り上げられる事件は当事者たちにとっては大変なことではありますが,人の生死に関わるような深刻なものではありませんから,しっかりと笑いの部分を堪能できますし,いろいろなトラブルを最終的には味方につけて,ラストの合唱の素晴らしさを際立たせた良作だと思います。

念のために申し上げておきますが,お役人の全部が飯塚主任(小林薫)のような方ではありませんし,本気で“おらが町の文化振興”に取り組む会館の主事さんもたくさん居られます。
文化会館の業務には,貸館業務と地域の文化振興業務があり,本作では前者を扱って笑わせていますが,大切なのは文化を育てる後者の方で,今回のトラブルを解決した背景には後者の調整能力が役立っています。

ところで,同じ原作をドラマ化した番組が,9月8日テレビ朝日系の全国ネットで放送されます。こちらのダメ公務員は佐野亮介主任(大泉洋)で,ママさんコーラスと市政20周年記念報告会をダブルブッキングしたという設定です。
映画が勝つか,ドラマが勝つか楽しみではありますね。


東京少年 (通常版)

(購入者の評価)
多重(二重)人格モノといえば、サイコスリラー・サスペンス等でよくあるパターンですが、
恋愛モノに仕立ててしまった点において大成功だと思います。
それにしても同一人物に内在する別人格が恋愛感情を持つということがあるのでしょうか...。
この成就出来ない愛のカタチは今までにない刹那さが味わえます。

掘北真季さんが男女二役で頑張ってます。どちらもとても魅力的でした。
あと彼氏役の石田卓也さんに嫉妬しそうになりました(笑)いい演技をしています。
(最初彼だとは分からなかった。個人的に最近観る映画にいつも出てる 笑)

謎明かしの演出で同じ場面が結構長いので、もうちょっと曖昧にしてもよかったのではないでしょうか。
堀北真季さんの可愛さに☆5つ(ぉぃ) もちろんストーリーもGOOD!



全然大丈夫

(購入者の評価)
非常に通俗的には、今の時代を若者が生き抜くには、友達、手に職、そして微妙なコダワリが必要。というか、これが揃っていれば、全然大丈夫ということでしょうか。そういうことを言っている映画のような気がします。憩うために必要な3拍子。
それがないんで、蟹江啓三は家出してしまうが(親父さんなので若者ではないが)、最後にはなんとなく条件が充たされた様子なので、”多分、大丈夫”ぐらいにはなっているんでしょうね。よかった。
この3条件が充たせないと大丈夫じゃないので、友達とコダワリはなんとかなるとして、家作がない身としては手に職をつけなきゃと思ってしまいましたね。若者じゃないので今更ですが。
映画的には、緩いコメディ基調の楽しい映画です。ギャグも、「転々」とかのテイストが好きな人にはいい感じでしょう。
楽しんだ映画ですが、荒川良々の出番がもっと多いと5つでした。舞妓Haaanの阿部サダヲくらい、良々をもっとたっぷりでお願いしたいのです。


魍魎の匣 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
原作が大好き、実写版前作でいろいろがっかりさせられたので今回は「映画は映画」と割り切って見ました。
が、しかし。
関口巽役は永瀬正敏さんがよかったです。ぴったりだと思っていたので。残念です。


全然大丈夫 特別版

(購入者の評価)
本編ディスク
110分
荒川良々×木村佳乃×岡田義徳×藤田監督オーディオ放談!
予告編(2分)

特典ディスク
111分
メイキング特番
舞台挨拶集(荒川良々/岡田義徳/鳥居みゆきほか)
キャストインタビュー(荒川良々/木村佳乃/岡田義徳)

封入特典
劇中”照男”ポスター(鬼版+ドラキュラ版)
”全然大丈夫”オリジナルすごろく/ブックレット


魍魎の匣の箱(初回限定生産)

(購入者の評価)
本作品に関しては前作とはガラッっと変わった分、楽しめました(と云うしかないのですが)。
皆さん各々が描いている京極作品像とは全てにおいて違っていると思います。そういう意味でがっかりする面もあるでしょう(当方もしかり)。
大御所が鳴物入りで手がけ、新進気鋭の監督が斬新映像化し、無名逸材が低予算でガンバッて撮り、私達はこれから様々な京極映像を観せられる事でしょう。しかし「それでも京極映画化を観続けていきたい」との想いは皆さん共通かと思います。
京極作品は沢山あります。何より「映画化されなくなる」のが一番ツライです。
そしていつか「横溝金田一と市川崑作品」の様な出会いを期待しながら観続けていこうと思います。
京極さんも「ほおー」、「マジ?」、「それはないだろー」と1作1作を楽しんでる事と思います。


デリパンダ ~おしゃべりデリ坊、東京ド真ん中配達中~ サービス特盛セット(3枚組DVD-BOX)

さば

(購入者の評価)
さばに間違えてソースをかけてしまったおばあさんに、醤油のかかった自分のさばを差し出した荒川良々演じる主人公の若者がおばあさんからの恩返しとして7日間だけ美女と過ごす。

最初このあらすじを見たときは、「冗談みたいな話だな、、」と思ったしもちろんフィクションなのですが、主人公の空回りっぷり(良いことをしたいがその良いことが押し付けがましいさま)が妙にリアルで笑えます。

ラストの成長した主人公の姿が小さな感動を誘います。


ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版【2枚組】

(購入者の評価)
原作エッセイの方が何倍も面白かったと思う。
ストーリーのつながり方がちぐはぐに感じた。
しかし、生のインドの映像はとても迫力があり良かったし、エッセイには無いドラマで追加されたドラマ的なエピソードも面白かった。


奇跡の動物園2008 ~旭山動物園物語~

卍 まんじ

(購入者の評価)
谷崎原作映画として、私が観たうちでの最高傑作。全体がセピア色の映像なのは当然として、舞台を1971年に移しつつも何やら昭和初年のようでもあり、B級映画的な独自のエロ美学を打ち立てている。なかんずく、秋桜子の不機嫌そうな美貌がすばらしい。あるいはキャスティングも怪しくていい。谷崎先生が観たら随喜すること間違いなし。何しろ最初の映画化は若尾文子と岸田今日子である。岸田今日子が美しいとはとうてい言いがたい。

30 minutes DVD-BOX

(購入者の評価)
とにかく濃い

バナナマンおぎやはぎに加えて個人的にもTVなんかで注目していた
荒川も加わり独特の空気感をかもしだしてます

はなしの内容も濃いしBOXセットでボリュームもたっぷり!!!

必見です!!
即買ですよ!!!!


30 minutes 鬼(ハイパー)DVD-BOX 3

(購入者の評価)
最初は「ん?」ってなるかもしれないけど、おぎやはぎとバナナマンの組み合わせは、一度はまってしまうともう抜け出せないです。万人受けする笑いじゃないのかもしれないけど、でもびびっと来ちゃう人にはもうたまらない!って思うはずです☆バナナマン、荒川良々、おぎやはぎの演技がまた最高です。シュールなかんじ、ゆる?いかんじ、深夜っぽい感じが好きな人はぜひお手にとってみてください。

アキハバラ@DEEP

(購入者の評価)
本当に原作を読んで、作ったんでしょうか?
すごく好きな話なのに、映像にしやすい話なのに・・・
まず、愕然としたのがラストです。なんですか?あのあっさりした終わりかたは・・・
それから、成宮くんのどもりの演技はダメすぎ!
普通に、話してのセリフで良かったんじゃないかな?
ワザとらしくて苦しいです。
そして、極めつけが敵のボスを演じたあの人です・・・
どうみても間宮兄弟です!顔がカマキリでガリガリで、迫力なさすぎです!


30 minutes 鬼(ハイパー)DVD-BOX I

(購入者の評価)
私は地方の者なのでこの番組を見ることができず
DVDを買いました

正直なところ

普通な感じです

30ミニッツ独特のコミカルさがあまりない

BOX2に期待


30 minutes 鬼(ハイパー)DVD-BOX II

(購入者の評価)
7回目のゲスト:いとうあいこちゃん目当てで購入しました。
いとうあいこちゃんに関してはTV番組以外の出演映像はありませんでしたが。
5回目には個人的に注目している真木よう子さん、6回目には池脇千鶴さんがゲスト出演しています。
5回目は普通でしたが、6回目の除霊の場面、7回目の日村さんのキメのおかしな表情に笑いました。
「こち亀」に微妙に似た雰囲気ですが、8回目には大爆笑でした。
ちなみに、いとうあいこちゃんが出演した7回目しかレギュラー・メンバーのオーディオ・コメンタリーを聞いていませんが、皆さんが「いとうあいこちゃんはかわいくて、良い子で小悪魔的だ」と言っていました。


奇跡の動物園2007~旭山動物園物語~

(購入者の評価)
奇跡の動物園?旭山動物園物語?の続編登場。
閉園の危機から這い上がるサクセスストーリーだった第1弾に対し、
今回は超人気動物園となったが故のジレンマに揺れ、
主人公と理想に燃える思い込みの激しい新人女性獣医との確執等、
序盤は少々ストレスのたまる内容。
そんなぎくしゃくした空気を変え、スタッフ一同の思いを一つにするのはやはり動物達。
ラストには人々を笑顔にする感動が待っています。

毎回特典映像たっぷりで嬉しいシリーズ。
今回も見ごたえあるメイキング映像に加え、動物達の最新映像集も収録。
今しか見られないライオンの赤ちゃんの可愛い暴君映像にはノックダウン!
旭山動物園ファンは必見です。

出演者の方もちょっと仰ってましたが、また第3弾があれば嬉しいです。


私立探偵濱マイク5

奇跡の動物園 ~旭山動物園物語~

(購入者の評価)
放送された時、ビデオに撮ればって後悔してたので、DVDは迷わず買いました。
山口智充さんのセリフで、生命の大切さを考えました。親子で楽しめる作品です。旭山動物園に行きたくなりました。


日雇い刑事

(購入者の評価)
何を伝えたいのかは疑問ですが、今までにない感じの映画だと思います。自由な感じってゆうか、アドリブなのかなんなのか、カメラとかの
せぃだと思うんですが、なんせ声が聞き取りにくい。ボリューム全快もしくはヘッドホンで・・


>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4