浅野忠信

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 
浅野忠信 おすすめDVD 浅野忠信 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
母べえ 通常版

(購入者の評価)
山田洋次の映画は見る前から少し倦厭していたので
本作を見るときも一抹の不安があったのですが、やはりその予感は的中してしまいました。
あまりにも直接的な反戦平和主義の思念を入れ込みすぎていて、展開があざとくなり、日本映画特有の役者の八方美人的な演技も少し過剰でリアリティに欠けると感じました。(釣瓶はうまかったけど)
個人的には、もう少し映画に込める感情を冷ました後で撮って欲しかった。演出も思い入れが強すぎて役者がガチガチに固まっているように感じます。言ってることは真っ当なのだから、ここまで感情を込めなくても、もう少しストイックに醒めた視点で描いた方がうまくいったのではないのでしょうか。
吉永小百合の最後のセリフも、山田洋次の思想が入りすぎた結果、完全に人物が崩壊してしまった印象を感じてしまいました。


モンゴル

母べえ 豪華版 〔3枚組 初回限定生産〕

(購入者の評価)
治安維持法って、ほんとにこんなだったのかなぁ?いま、先進国でスパイ防止法のないのは日本だけだもんね。この手の映画の功績もあるかもしれない。家族の仲のよさも、ちょっと、こそばゆいというか、不自然というか、いくらか嘘っぽいというか‥ごめんなさい。あんまり、おもしろくありませんでした。

 通常版のほうのレビューで、けっこうおなじような意見の方がいたのでほっとしました。こういう作品っていいって言うしかないみたいな空気が怖いです。それが戦争の一因でもあると思っているので‥


座頭市 <北野武監督作品>

(購入者の評価)
前作を知らない世代が「座頭市」に対してなんの予備知識もなく見た感想です。
北野作品は独特のシュールさが好きでだいたい拝見させていただいているのですが今作品はいわゆる人助けのまじめな部分とコントっぽい笑いで間を取る部分がとてもバランスよく組み合わさっていたとおもいます、
棒切れでたたかれる場面は何度見ても笑えてしまいます、、
斬り合いのシーンはとても迫力があります、血しぶきが鮮やかで衝撃的でした。
映画というと自分は伏線がとても気になるのですが本作品ではそのあたりもうまく織り交ぜられており最後まで楽しめました。
タップについて賛否両論があるようですが、これは『北野武』にしかできなかったことだと思いますし実際(おそらく)はじめての試みだったとおもいますので私的にはとても良かったです。
侍として能ある鷹は爪を隠すという言葉を思い出します。


地雷を踏んだらサヨウナラ

(購入者の評価)
中では間違いなく最高クラス。

センショーナルな作品ですがこれこそ映画といえます。
海外が舞台の映画なので、アカデミーノミネートのモンゴルに近しいものを感じるのかもしれませんね。
難解なものが多い、浅野忠信作品を好きになれないという方にこそ、見逃す手はない。


PiCNiC

(購入者の評価)
正直、二回しか見ていません。

高校生の頃に岩井監督好きな友達の家で見て、最近自分でDVDを買って一回見ただけです。


ストーリーや台詞回しの細かい所は覚えていませんが、日常で目にした景色で不意にこの映画を思い出します。

そして本当にその景色が映画にあったのか、それとも記憶の中で勝手にこの映画と結び付けてしまったのか分からなくなりますが、確認の為に見直すよりも曖昧なままにしておきたい気がします。


監督の作品では他に「花とアリス」が好きですが、どちらもストーリーや台詞回し以上にイメージを繋いで作った映画、だと思います。


5年後くらいにまた見ようかな。


眠らない街 新宿鮫

(購入者の評価)
真田広之、走る! 走る!
しかし田中美奈子は脱がない。
おまけになんだ、その色気のない下着は、それでもロッカーか!
今見ると出てくるケータイ電話に笑えます。


茶の味 グッドテイスト・エディション

(購入者の評価)
 石井監督作品は、鮫肌が最高傑作であることには異論ないはず。あんなに面白い展開はちょとやそっとでは真似できない。パーティ7は、テンション高くてかなり参りました。今度の『茶の味』は、丁度塩梅が良かった。まるで『夢』や『八月の狂詩曲』をかなりモダンに仕掛なおしたような味わいとでも言いましょうか。それにしても、役者の皆さんがドンぴしゃのはまりで何が始まるかと待ちかまえながら観ました。とても、ほのぼのとなりました。とっても大好きな作品です。GOOD_(._.)_

サッドヴァケイション プレミアム・エディション

(購入者の評価)
人間の内面、本質を深く掘り下げた作品であり、ホントによくここまで映像として表現することができたものだと青山監督の才能に脱帽です。
憎しみ、悲しみ、暴力など負の要素は盛りだくさんですが、湿っぽい哀しいお話ではありません。
負の感情の対となっている部分が描かれていたり、やはり母は何枚もウワテという終わり方が後を引かなくて良かったです。
全体的にセリフは少ないけれど「間」がまるで小説を読んでいるような…。

主人公は憎み続けてきた母の大きすぎる母性に圧倒されて混乱・錯乱してしまうが、もし主人公が女子だったらそれはあり得ない話で、
男性が作った映画である故に、内容にはとてもリアリティを感じさせるものがある。
「マザコン」に匹敵する男性の新たな一面を垣間見た。
ともかく、「血のつながりは切っても切れない」、「母は強し」ということを再認識し、
「男はそれでも女を求め続ける」という人間の悲しい性に愚かさを感じた。

主人公ケンジ演じる浅野忠信が「いい」の一言に尽きます。
特に、サエコへの告白シーン。
絶対に見逃さないでほしいポイントの一つです。

(注) 音声の設定が小さいのでイヤホンして観てください。
ささいな一言を聞き漏らさないように(笑)
九州弁はあったかい感じがしてとても「いい」です!!


アカルイミライ 通常版

(購入者の評価)
僕は、監督が映画を作るとき、
何を伝えようとしてどのように撮るか、
どんな風に人が描かれてるかって事が関心の中心になる。
だからこの映画はすごく戸惑った。

戸惑ったのは守(浅野忠信)のせいである。彼にはまったく感情移入が出来ない。
真意や感情を表さないし、一貫した行動によって何かを表現しているのでもない。「こうあるべき」というものも持ってないようである。
解釈をまったく拒んでいるようにすら見える。

しかし彼は理解されることを拒んでいるわけではない。
というか、より深い立ち入りを求める。
簡単に片付けてくれるな、というわけだ。

つまり、彼の存在は、「問いかけ」なのである。
彼は人間ではない。
監督からの「問いかけ」そのものなのである。
ひたすら仁村を、仁村と親父をつつき、つつく。
謎を残しながら一連の出来事を主導していく。
彼は監督の「問いかけ」そのものなのである。

私たちは一体何を問われているのか?

守は雄二に対して大人の常識を説き、自分に理解者がいることを示した。
他方、藤原(工場長)には若者の繊細さと危うさを示した。

彼が問うているのは、簡単になりすぎることを恐れずに言うのならば、
若い世代には自分の立場を、周りを取り巻く大人の気持ちを直視する勇気を、
古い世代には、若者を直視し、受け入れる度量を問うているのである。

「アカルイミライ」の題のとおり、
雄二と有田の父の間には理解と信頼と愛情が生まれたが、
「君らすべてを許そう」の言葉に象徴されるように、
これは彼らの個別的な問題ではないのだ。

世代対世代、世代に属する全個人の大きな問題なのだ。
この問題を自分のこととして引き受けることができるか。
クラゲ=少年たちは解き放たれた。
しかしそのクラゲを美しい、
さされる事も忘れて手を触れてみたくなるほど、
彼らを愛しいと感じることが出来るのか。
微妙な生き物である彼らを、
真剣に面倒見ていくことが出来るのか。

この物語はシビアで、一切のヒロイズムはない。
示されているのは人間に邂逅の可能性が残されていることと、
しかし終わりなくテストが続いていくことである。




こんなにも真摯に若者を見つめる年長者がいることに感謝・敬服。


青春デンデケデケデケ デラックス版

(購入者の評価)
誰もがまず出だしの音楽に意表を突かれるに違いない。映像も実にあわあわとした、触れれば消えてしまいそうなタッチで一貫している。撮影用ライトはほとんど使っていないようで、夜や室内の場面など粒子が荒れるという徹底ぶり。
爆発的なエネルギーのロック映画を期待した若い人は拍子抜けするだろうか。しかし、初老を迎えた大林監督のアプローチとしては最上のものだったと思う。決していじいじとノスタルジーの世界に閉じこもる映画にはなっていない。印象的な場面は数多いが、海辺のデートを沖合い彼方からクラゲが眺めているシーン、胸をしめつけられるような思いと共に、一方で大林監督の青春現役ぶりを感じてしまった。


メイキング・オブ・モンゴル 浅野忠信、新たな挑戦

ACRI デジタルリマスター【初回生産限定価格】

(購入者の評価)
 この現代に、このような作品があり、販売されているとは、絶句。
地球温暖化等の問題をはらみ、自然の地球への警鐘を未だ自然豊かなオーストラリアの地で、叙情豊かに唱ってくるものかと、見てみたら、滑稽そのもので、私は購入して、後悔した。
 吉野公佳さんが気の毒に思えた。
 彼女は美しかったが、その美しさも十分の一も表現されてなかった感がする。


東京ゾンビ

(購入者の評価)
ゾンビが出てきてオオゴトなのにさ、全編的にノンキなんだ。ノンキな空気が溢れているんだ。好き。
特にオチ最高。
ああ、そういうオチ、ああいうフリだったのね!と大笑いしました。
みっちゃん、すきだ。


乱歩地獄 デラックス版

(購入者の評価)
気持ち悪いだけ!!!
SMっぽいシーンとか、手足切断して身体なめまわすシーンとか吐き気がした!!
成宮くんの演技が好きで借りたけど、一週間手元に置いておくのも嫌になった…
こんな作品初めてです。
江戸川 乱歩って全部こんな感じなの?
今日眠れるかも不安…
こわいよぉ…


EUREKA ユリイカ

(購入者の評価)
そう思えば納得できるし、この映画で描かれている再生というものの意味をよりリアルに伝えてくれていると思う。

セピアでつづられる映像がよりこの映画に深みを与えてくれています。僕はこの映画を見て役所広司さんんぼファンになりました。ホントに長いです。セリフも少ないですし、とても静かな映画です。でもこの映画に描かれているものはとても素晴らしいです。
とてもゆっくりだけど、立ち上がる強さ、前をむく強さ、生きていく事の辛さと幸せをゆっくりゆっくり丁寧に描いている作品だと僕は思います。何かにつまずいたり、落ちてしまったり、立ち止まってしまったり、何かがあったときにこの映画ならもしかしたら背中を押してくるような、そんな気にさせてくれます。

ただ長いし、静かだし、万人に受けるもので絶対にないです。人や人生と心とか、人間の気持ちや何か深い部分に興味のある人におススメします。


ねじ式

(購入者の評価)
自分はつげ義春ファンなのですが、十分満足できました!浅野忠信さんの訥々とした喋りや演技は、うまくハマっていたと思います(原作の主人公には全然似てませんけど)。映像化して貰っただけでも感謝です!!
特に「やなぎ屋主人」?「ねじ式」への流れは、鳥肌もの!「三丁目の夕日」的な味わい深いノスタルジー(陰の部分ですが)に浸っていたかと思えば、最後に全部ひっくり返して「???」最高です。
淡々としたわびさびを感じさせる情景、それとは対照的な幻想と狂気、それでいて猥雑で滑稽。
観た後に放浪でもしたくなる。冬の深夜にこたつでみたい作品です。


鮫肌男と桃尻女

(購入者の評価)
ストーリー云々よりとにかくポップで、クールで、クレイジー!
登場人物全員のイカレタ感じがとっても良いです。
浅野忠信はカッコイイし、一徳さんは不気味だし、洋八はキモイし・・・
そしてやっぱり我修院達也!!
つながり眉毛に、ダサファッションで、××の殺し屋。
トイレの「スキ」と言ってるシーンは、マジでウケている浅野忠信にマジ笑いでした。
映像も凝っていて、音楽もカッコイイ!
底抜けにブラックユーモア満載で突っ走る!!
いろいろ楽しめて面白かったです。


ラブ&ポップ SR版

(購入者の評価)
健全な少年が映画撮ったんでしょう
その証拠は特にそういうのが分からない自分が見ても、十分想像できるもの、考え付きそうなこと想定範囲内のものしかフィルムにはないからだ
悪い意味ではないですが、斬新という言葉は物語には見えてこずカメラワークに見える・・
カメラが普通の映画にはないとこにある
女子高生の足から見た世界とか電子レンジの中にカメラおいてみたり
そして一つ一つが事件だと思うけど事件を取り扱う映画の中には具体的な解決策や問題点を一向に提示せずただただオシャレに見せてちょっと感動入れて終わらそうとする監督がいる中で、この作品はその点、まともだと思った(これ見てストップする人も絶対いるから)
そこまで楽しめる作品だったともいえないが・・
一個一個のエピソードであまりに気分が窮屈になりどんよりし家族でもいてたとしたら終わりだなこりゃと思わせるシーンがあるので気をつけなければならない
浅野忠信が相変わらずおもしろいなと思った


父と暮せば プレミアム・エディション

(購入者の評価)
キチンと襟を正してみたくなる作品。
井上ひさし原作。黒木和雄監督。役者は宮沢りえと原田芳雄。スタッフは最高なのだ。宮沢も原田も最高の演技。

生き残った、死にぞこないとして悩み続ける娘を描いた作品はない。

広島からのメッセージだ。

生き残った娘は二十三歳。市の図書館司書をしている。
岩手出身で東北大学を出て、原爆の資料を集め、研究しようとしている浅野忠信が登場。
宮沢と浅野は一目惚れ。

父の幽霊が出てくる。
「生き残っているのが不自然なんです」
「私は幸せになってはいけないのです」
「私はお父さんをほっといて逃げた娘です」
そうではないと言い切るために父は幽霊として出てきたのだ。
さあ、どうなるのか。
自分もガンバロウと思うよ。


>> つづきをみる

prints (プリンツ) 21 2008年春号 特集・山口晃 [雑誌]

(購入者の評価)
山口晃さんのポスターもついているし、作品の経歴も載っているし、なんか得した気分でした。どういうバックグラウンドで、こういう作品に行き着いたのか、どんな事に影響されてきたのか興味深く読みました。
彼の作品は大好きですが、この雑誌を読めば、彼の人柄も好きになるのではないでしょうか。きっとすごく絵を描くのが好きな方なんでしょうね。
日本画の素晴らしさを活かしながら、彼なりのテイストを込めて作った作品はいつも感心させられます。すごいアイディアですね。そして彼の漫画もなかなかです。ちゃんと絵が描ける人はやっぱり何を描いてもすごいんだなと思いました。
彼は歴史に残るアーティストだと思います。


SWITCH vol.26 No.7(スイッチ2008年7月号)特集:それぞれの未来地図[表紙・巻頭:宮崎あおい]

SWITCH vol.26 No.3(スイッチ2008年3月号)特集:手恷。虫が愛した音楽 手恷。虫を愛する人々

衣裳術

(購入者の評価)
 映画の衣裳を作っている人をあなたは意識したことがありますか?

 トップスタイリスト、衣裳デザイナーとして数々の衣裳を手掛けてきた北村道子さん。
 一番新しいものだと「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」の衣裳を手がけたのが北村さんです。他にも「メゾン・ド・ヒミコ」や「アカルイミライ」など二十本以上を手掛けています。
 
 この本の前半は北村さんによる衣裳の写真が収録されており、作品集を見るような感覚で彼女の手掛けてきた映画衣裳がたどれます。写真は高柳悟氏によるもので、つい見入ってしまうような美しさ。
 浅野忠信、オダギリジョー、伊勢谷友介、松田龍平を始めとするそうそうたる面子が登場します。
 役者達が身にまとっているのはあくまで衣裳であり、ときに奇抜であったりするのだけれども、着せられている感が一切ないな、と思いました。
 特に私は岡元夕紀子さんの着物姿にうっとりとしました。
 
 写真だけでもかなり満足でしたが、後半のロングインタビューが何しろ濃いです。彼女の服に対する思い、衣裳術はもちろんのこと、生き方や思考に触れられます。

 北村道子の肩書きはスタイリスト、衣裳デザイナーだけれども、北村道子という人自身は、同時にクリエイターであり、アーティストであると感じました。
 
 北村さんの世界が詰まった上品で豪華な本です。
 今まで北村道子さんの存在を知らなかった人にも楽しんでいただける内容です。


ACTORS STYLE Autumn 2005 (2005) (Bamboo Mook)

SWITCH vol.26 No.4(スイッチ2008年4月号)特集:山崎まさよし[MESSAGE]

acteur(アクチュール) No.8 (2007 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.6 (2007 MAY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

Switch (Vol.19No.11)

error―浅野忠信画集

(購入者の評価)
最近映画「母べぇ」で見た浅野忠信さんは、どこか祖父に似ている。懐かしいにおいのする役者さんである。ぱっと目を引く華やかな美男ではなく、プラチナのように地味だけど底光りする。どこか不器用で一本気で、凛と背筋の伸びた古式ゆかしき日本の男の美しさである。それが線にも色使いにもよく出ている。願わくばいつか浅野氏の描く水墨画をぜひ拝見したい。

浅野忠信 (幻冬舎文庫)

(購入者の評価)
すごく浅野さんがかっこいいです--------------------!

えいがでの現場やプライベ-トに娘さんのすみれちゃんまで…
そしてCHARAさん♪♪

すごくゥラゃましくて、とってもステキな一冊|゜∀?)ノ。?;*?,+::?":;*。?;*?,+::?":;*
みるとすごくときめきます笑


かばんにかならず入れておきたい一冊です!!!!!!!!!


浅野忠信写真集「ASANO TADANOBU -OFF SCREEN」

prints (プリンツ) 21 2005年秋号 特集・安野モヨコ [雑誌]

BUNCH―浅野忠信画集

(購入者の評価)
私は浅野忠信の大ファンなので、内容を見る前に即買いしました。
浅野ファンなら、あの浅野さんが描いたと思えば、問題なく楽しめるはずです。
 ただ、線や色使い等は結構独特で、私は味があって良いと思うのですが、一般的にものすごく絵がうまいというわけでは決してありません。
 価格は妥当だと思いますし、カラーページもいくらかありますので、私はお勧めの一冊です。


菊地凛子×篠山紀信『RINKO』

(購入者の評価)
菊池凛子自身に人としての魅力がない・・・

彼女のことを特別知っているわけではない私にこんなことを言う資格はないのですが、

少なくとも写真から伝わってくるものはなかった、篠山先生の腕をもってしても。


Asano Tadanobu in Focus

tori―ヤマタカEYE+浅野忠信作品集

浅野忠信―新世紀のスピリチュアル・アクターズシリーズ (キネ旬ムック―アクターズ・ファイル)

(購入者の評価)
マニアが読んだら、もちろん、掘り下げ方が少ない気がする箇所だってあると思うけれど、こんなに多面的に浅野忠信の全体像を俯瞰できる本に仕上がって、1600円なんて、赤字なのでは?。「アサノをめぐる人々たちのメッセ−ジ」の企画では、登場しているひとたちはみんな、彼について語るのがうれしくてたまらない様子。「年齢相応のやんちゃさと大人びた包容力」とか、「壊れそうな強さ」とか、みな、彼の中のふたつの極を自分のもてる言葉で一所懸命表現しようとしていて、いっしょに熱くなっちゃいます。映画のフィルモグラフィ−も充実。買うしかありません。

キネマ旬報 2008年 2/1号 [雑誌]

giraffe×浅野忠信 アマゾン発売記念モデル「忠信」よかったね

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4