芦屋雁之助

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
芦屋雁之助 おすすめDVD 芦屋雁之助 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
平成狸合戦ぽんぽこ

(購入者の評価)
たぬきぽんぽこって、さすがにお子様専用という先入観で見てなかったのと、
環境破壊で、可愛い狸たちが悲惨なことに。。。って、こーゆーの苦手なんで、
ちょっと心配だったんですけど、そんな悲惨な悲しさだけを前面にだしてなくって、
お涙ものでもなく、えっつ?!結構、おもしろいじゃん!と、世界にはまれました。
狸たちの純な日本的古臭さとか、根っからの明るさとか、
それぞれ一匹、一匹が、一生懸命生きてるんだなあ?って。
狐との対比もイメージはずしてなくって(笑)それでいながら、
やっぱ、考えさせられるとし、死の描写もしっかりあるし、心に迫ります。
あ、私の母実家、四国の超山奥なんです。狸伝説バリバリですよ!
山の中で、きれいな女の人にお饅頭をもらって、喜んで食べてたら、
それが馬糞でした?とか。そんな話がたくさんあるそうだし、
94歳の祖母曰く「月がようでとる晩は狸の腹鼓がどっからか響きよるんよ」だそうです。



じゃりン子チエ 劇場版 (Blu-ray)

(購入者の評価)
高畑勲監督によるじゃりン子チエ劇場版アニメ。
映像はそこそこ。
フィルムグレインは強めにかけられております。
バラツキはあるものの全体的に少しうるさく感じるかもしれません。
シャープさ中々いいです。
どうしても細かい箇所の輪郭は弱くなってしまいますが満足できるレベル。
暗部シーンの諧調表現はよいです。
作品が古いという事もあり状態が悪いのか小傷などがチラつきます。
破綻する箇所もなく丁寧に再現されているのですが、ハイビジョンらしさという意味ではどうしても弱い。
ビスタサイズですが少し額縁気味になっています。
他のBDアニメと比べると並程度じゃないでしょうか。
古い作品なので新しいタイトルと比べるのは酷ですが、再現性は十分満足できると思います。
音はチープな音ですが仕方ありません。
重低音はほとんど鳴る事がなく軽い。
高音は詰まりがちで伸び切りません。
サラウンドはモノラルサウンドなのでありません。
セリフ部分はクリアではあるものの、こちらも詰まりがち。
全体的に音の広がりにかけ詰まってしまっています。
古い作品ですし原音からしてそうだと思いますので仕方ありません。
内容はじゃりン子チエの劇場版アニメ。
大阪の下町を舞台にした人情溢れるアニメです。
漫画的要素もありながら人情ドラマ仕立てにしたお話。
それぞれのキャラの個性が出ていて掛け合いも楽しいです。
当時売れていた吉本芸人の声も、時折棒読みながら作品の雰囲気に合っていてよい。
見ていて元気になれるそんな作品。
子供向けではなく大人向けの人情物語だと思います。
特典はHD画質で予告のみ。
封入のブックレットは中々出来がよく満足できます。
画質/音質は作品の年代からしてどうしても古さが出てしまっていますので、作品のファンなら。


じゃりン子チエ 劇場版

(購入者の評価)
大阪人が二人いれば漫才になる、とはよく言ったもので、
キャラクターの大阪弁を聞いているだけで、笑いがこみ上げます。
大阪という独特の文化(文明?)を見事にアニメとして具現化している。
素晴らしいの一言。個人的にはテツ(西川のりお)が最高です。
あんな、おっさん、大阪に本当にいます。(笑)


裸の大将放浪記 山下清物語

裸の大将放浪記 山下清物語

(購入者の評価)
 劇場公開の「裸の大将放浪記」ということで、山下清の半生が2時間にまとめられています。
 始まりは、頭の弱いことで、いじめられている清が怪我をし、母親に叱咤されて逆にガキ大将になってしまうところ。清がちぎり絵と出会い、その才能を開花させていく過程、そして、自由を求めて放浪する中で体験するエピソードが面白おかしく、時にシリアスに描かれて行きます。
 2時間はちょっと長すぎる印象を持ちましたが、脳溢血で倒れて亡骸になる清に語りかける母親のラストシーンは、感動ものです。
 清が有名になってからのストーリーは、薄弱児とか障害者とかのテーマ色が強まっています。しかし、もっと大きな意味で、例えば、勉強のできない人、勉強のできない子供を持つ親、勉強のできない子供を持つ教師、と、解釈を広げるならば、誰でも見る価値のある作品です。スポーツの世界では、よく、「弱いやつほど強くなる」と、その可能性を言ったりしますが、この「裸の大将放浪記」は、山下清が、自分の意志とは関係なく、その可能性を実証した例かも知れません。洋画の「フォレスト・ガンプ」の原点がこの「裸の大将放浪記」にあるのかと思わせるような、ヒューマン・ストーリーです。
 
 様々な機関の推薦も多いだけに、一点、気になったのが、山下清のルンペン振り。旅先で握り飯や仕事を乞うわけですが、母親の遺言
という言い方をするので、ルンペンだけでなくペテンでもあるわけでしょうか。劇中、泥棒はいけないとしかられた八幡学園のフラッシュバックがあり、清が食べ物を盗むのやめるシーンがありますが、母親の遺言のうそはどう解釈したものかと迷います。

 TVシリーズの中期、後期の「裸の大将放浪記」は、面白おかしい部分が強調された、ほぼフィクション100%になっていましたので、そのイメージでこの作品を見ると、シリアスな部分に驚くことでしょう。
 これを皮切りに、TVシリーズの「裸の大将放浪記」のDVD化も期待したいところです。
 ちなみに、特典等は一切なしの、リージョン・フリーDVDです。


裸の大将 DVD-BOX 下巻 〔初回限定生産〕

裸の大将 DVD-BOX 中巻 〔初回限定生産〕

裸の大将 DVD-BOX 上巻 〔初回限定生産〕

裸の大将~放浪の虫が動き出したので~

(購入者の評価)
塚地武雅さん、映画「間宮兄弟」「キサラギ」での演技が評価されての大役抜擢。ただ先代の芦屋雁之助さんのイメージが強過ぎたためか、正直まだまだ未知数といったところです。それでも山下清という一人の人間像を懸命に作ろうという健気さや、彼でなければ出すことのできない温かみのある表情や仕草・雰囲気はこの人情劇には欠かせない要素になっていると思います。新しい山下清像を作り出そうとしている塚地さんを長い目で見守ってあげたいです。

あすか 完全版

(購入者の評価)
懐かしいですね。

当時学生だったわたしは、第一回から最終回まで毎朝楽しみにして見ていました。一回も見逃したことはありません。

この作品は脚本、演出、役者の演技ともどもどれも高いレベルにあるのですが、わたしが特に気に入ったのは、あすかの少女時代の子役の子の演技です。

あの子は明るくて活発で演技がうまくて、なによりとても可愛いらしかった。
当時のわたしはあの子にもう夢中でしたね。あの子のおかげで毎日朝がくるのが楽しみになっていたんです。

今、再び見返してみてもやはりあの子はとても魅力的でした。
あすかの人気を支えているのはあの子の魅力の部分が大きかったのではないでしょうか。

本当によい作品に巡り合えたことを、わたしはとても幸せに感じます。


裸の大将放浪記 6「嘘をつくと舌をぬかれるので」

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 HDリマスター版

悪名 DVD-BOX・第二巻

必殺からくり人 富嶽百景殺し旅 VOL.4

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎〈シリーズ第27作〉

(購入者の評価)
寅さんシリーズとしては標準的な出来の作品ですが、よく見ると「とらや」の人々のアンサンブルが絶妙で、横顔や後ろ姿でもしっかり演技しているのには感心しました。後のゴクミシリーズでは主役となる満男役の吉岡秀隆もこの作品から登場です。マドンナの松坂慶子は当時20代半ば。とても初々しいのが印象的でした。

必殺からくり人 富嶽百景殺し旅 VOL.1

悪名波止場

(購入者の評価)
〜プログラムピクチャーなどと揶揄して呼ばれる古き良き時代に作られた一本。背景を観ているだけでも懐かしい。瀬戸内海ののどかな気候の下、戦後の傷跡もまだ残る小さな港町を舞台にお馴染みふたり組が、ひょんな事から関わり合った麻薬中毒の女の為に、昔気質の女親分(清川虹子が好演)と共に、町を食い物にする鬼瓦一家を懲らしめる。たったそれだけの話だ〜〜が、勝、田宮の息の合った名コンビぶりもすっかり板について、今の基準で観れば嘘くさい格闘シーンまでもがなぜかほほえましく、殺伐、残酷なヤクザものとは一線を画す名物シリーズに思わず見入ってしまった。それにしても、大映のフィルムのテレシネ技術は映像・音声(モノラルだが)共に素晴らしく、こんな会社が倒産してしまったなんて返す返すも残念だと〜〜思う。〜

必殺からくり人 VOL.4

必殺からくり人 VOL.1

(購入者の評価)
デキシー音楽を劇伴に。史実の裏に隠された事件のからくりを毎回多彩な仕掛けで描きます。第2話がお勧めです。菩薩花火にまつわる顛末。悪行三昧の弥蔵がごぜの親子を謀り、7年かけて江戸で金貸し大蔵屋に成り上がる。後生に供養とばかりに江戸の華、菩薩花火を毎年奉納してきたが因果が巡り仕置きされるという話。冒頭、津軽じょんがらを弾く仇吉にまるで匕首を突きつけられたように三味を合わせる娘ごぜ。その顛末が涙を誘う。

必殺からくり人(BOXセット)

(購入者の評価)
両親のために買ったくせに両親より熱心に見ちゃいました・・・
古い作品ですが、古さを超越したクオリティの高さがありました。

一作毎に映画のクオリティがある点も、TVで少し見たことのある
藤田まことの主水シリーズよりはるかに良いと思います。

当時の放送規定は緩かったのですね。
現在ではカットになるようなシーンが幾つかありますが、必然を
感じて、違和感もなかったです。逆に、迫力を感じました。

史実を巧みにいれた企画も、情緒とスピード観を絶妙に混ぜ合わせた
展開も、俳優陣の熱演も全てがバランスがとれていたのではない
でしょうか。仕掛人にこだわった緒方挙が出演を渋々承諾したそうで、
余り出番がないのが残念。緒方さんの演技は凄いですから、もっと
見たかったです。役どころはハードボイルドです。



>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4