東千代之介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 
東千代之介 おすすめDVD 東千代之介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
反逆児

新諸国物語 「笛吹童子」

沓掛時次郎 遊侠一匹

(購入者の評価)
 股旅映画の名作と誉れ高い一編です。しかしわたしは、
それほど好きにはなれませんでした。東映時代劇の終
焉時に製作されたためか、極端にデフォルメされたセット
や思い切って省略化された構成などで、時代劇のコクの
ようなものがあまり感じられなかったからです。何より、
全体が、張り詰め過ぎているように思いました。
 反面、作中の音楽は今でも印象が鮮やかです。朝吉
(渥美清)が時次郎(中村錦之助)と絡みながら仁義を
切るオープニングに流れるタイトル曲の、軽快なリズム
には自由への憧れ、哀調のメロディーには挫折と孤独
の辛さとが込められているかのようでした。この曲は、後
に暗転する運命を知らぬまま、時次郎がおきぬ(池内淳
子) の子供を肩車して土手を歩く場面やラストでその子
供と共に淋しく立ち去っていくシーンにも使われていまし
た。監督自身も「斎藤一郎さんの音楽がいいでしょう。」
と言っていました。(『加藤泰研究』という雑誌だったかな
?)
 作曲者の斎藤一郎は、成瀬巳喜男との名コンビぶりが
知られる他は、あまり情報がありません。そこで、経歴
を調べてみました。

[生] 千葉1909.8.23?1979.11.16 国立音楽学校
の窪兼雅についてバイオリンを修めた後、松竹管弦楽団
でバイオリンを担当。池内友次郎、池譲に師事して作曲
を学び、新興キネマ音楽部に転じて映画音楽の道に入り、
のち大映に移る。昭和27年『おかあさん』『稲妻』で毎日
映画コンクール音楽賞、昭和29年『金色夜叉』で東南ア
ジア映画祭音楽賞を受賞している。(『日本の映画人』
2007に『現代人名情報辞典』1987の記述を加筆しまし
た。)

 やはり、根っからの映画の人だったのですね。だから、
本作の作者の意図を理解し、それを音楽として表現し得
たのでしょう。熟達のプロの技に拍手!!


新諸国物語 「紅孔雀 第一集」

新諸国物語 「紅孔雀 第二集」

赤穂浪士

???東映が創立10周年記念映画として製作した忠臣蔵映画。東映としてはこれが4本目の本格忠臣蔵映画であり、監督はこれが3度目の登板となる松田定次。主演の大石内蔵助には59年版に続いて片岡千恵蔵が扮している。赤穂浪士の吉良討ち入りが、56年版同様に大佛次郎の原作を得て描かれていくが、今回は堀田隼人(大友柳太朗が56年版に続いて当たり役を演じている)の比重は軽く、また吉良上野介(56年版に続いて月形龍之介が熱演)の配下である千坂兵部(市川右太衛門)と大石が旧友であるといった新解釈など、設定としての無理も目立ち、さすがにもう打つ手なしといった感は拭えない。ただし時の東映オールスターキャストの厚みという意味での充実度は高く、このスケール感は今の日本映画界では絶対に醸し出せないことを思うに、やはり映画が娯楽の王者であった時代の産物として必見の作品ではあろう。(的田也寸志)

大菩薩峠 完結篇

新諸国物語 「七つの誓い 第二集」

新諸国物語 「七つの誓い 第一集」

十七人の忍者

(購入者の評価)
次期将軍の座を巡り、謀略が渦巻く駿府城内に謀叛連判状奪取の密命を帯びた伊賀三ノ組忍び十七人と城側に雇われた対忍者戦のプロ、孤高の根来忍者・才賀孫九郎との三十日に渡る壮絶な闘いをリアリズムなタッチでサスペンスたっぷりに描いた秀作である。
アクション一辺倒に頼る事なく、忍者対忍者の心の葛藤の心理戦もじっくり描いているのも本作品の特長であり、冷静沈着な三ノ組組頭・甚伍左と優秀だが歯に衣を着せない高飛車な態度で次第に孤立していく才賀との牢屋越しのやりとりがそれを象徴している。
いずれにせよ、目的達成の為には攻める側も守る側も、所詮使い捨ての駒にすぎない事の空しさを本編は訴える。
その辺をじっくり見ていただきたい作品である。


弥太郎笠

(購入者の評価)
錦之助の代表作は「宮本武蔵」だが、忘れていけない作品が他にもいっぱいある。
なかでも股旅ものはどれをとっても映画の神様が宿ったような作品群だ。
日本映画屈指の大傑作、加藤泰監督との「遊侠一匹」(「瞼の母」もある)、山下耕作監督との「関の弥太っぺ」、
そして本作、マキノ雅弘監督との「弥太郎笠」(「遠州森の石松」もある)。どれをとっても愛の映画だ。
そして愛のかたちがひとつとして同じものはなく、どれも切ない。愛とひとくちに語るのがこわいくらいに胸を叩く。

本作「弥太郎笠」は、何度観ても同じ場面で、涙が止まらない。どこでそうなるのか、観てのお楽しみだが、丘さとみが輝きを放つ。男が心底、女を思うほど女を傷つける。女は男を思うほど男を弱虫にさせる。弱虫が傷つけた切なさを命がけの勇気に変える。おかめとひよっとこ、ふたりぼっちの世界が、モノクロ・ワイドの画面に美しい。
ゲスト出演の東千代之介が適役で支えているのも爽やか。


ひばり捕物帖 かんざし小判

赤穂浪士 天の巻・地の巻

???江戸元禄時代、江戸城松の廊下で起きた刃傷事件によって赤穂藩主・浅野内匠頭(東千代之介)は切腹、対する吉良上野介(月形龍之介)はお咎めなしという幕府の決定に憤った大石内蔵助(市川右太衛門)ら赤穂浪士は、事件からおよそ2年後の12月14日の夜、吉良邸に討ち入りし、主君の仇をとる。
???ご存知忠臣蔵の戦後映画化作品でもっとも傑作の誉れ高いのが本作である。東映創立5周年記念作品として製作されたが、大佛次郎の同名小説を原作に、浪士たちの行動をシニカルに捉えるアウトロー堀田隼人(大友柳太朗)を据えることによって、単なる忠義礼賛ではない深みのあるドラマが構築されている。右太衛門の内蔵助は、彼の豪快なイメージをくつがえす静の魅力に富んだ見事なもの。監督の松田定次は本作を含め、3本もの忠臣蔵映画を演出しているが、本作がもっともお気に入りだというのも納得の必見作である。(的田也寸志)


大菩薩峠 第二部

ちいさこべ

(購入者の評価)
<元気コメント>
 「人助け」という言葉が最近あまり聞かれませんが、「子供は宝」と言う言葉は大切にしたいと思います。
 そしてもう一つ、[人情」という言葉も。


新諸国物語BOX

(購入者の評価)
 私は「テレビ世代」です。巨人の試合が中止になると『ゴジラ』・『ゴジラの逆襲』を流していたテレビ局がありました。
しかし、あるとき『笛吹き童子』が放映されたのでした。もちろん「ひゃらり、ひゃりこ?」の唄は、よく知っていました。
それより前に『紅孔雀』はテレビ映画化されて観ておりました。でも、『笛吹き童子』が『紅孔雀』の前日譚であるという
ことは知りませんでした。そして『七つの誓い』(総天然色アグファ東映カラー・ただしテレビはBW)では「東映無国籍時代劇」
(最もわかりやすいのは『旗本退屈男』シリーズでしょうか、他にもありますが)の将に萌芽を感じました。
 東千代之助・中村錦之介、そして大川橋蔵、若手総出演のなかで大友柳太郎が「苦悩」を抱えた役柄を重厚に演じています。
可能ならば、発端『白鳥の騎士』・『オテナの塔』(『七つの誓い』の前日譚)・『天の鶯』(ラジオ放送のみ)・『黄金孔雀城』
(ラジオ放送のみ、完結編)を観てみたいですね。忙しいけど、自分で「脚本」を書いみたいくらいの気がします。

 いま、映画化されつつある『ナルニア国物語』が英国ファンタジーの傑作(『指輪物語』とならんで)ならば、
『新諸国物語』は、『南総里見八犬伝』に次ぐ「日本ファンタジー」の傑作だと存じます。  


忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻

(購入者の評価)
私は迷わず五つ星です。古き良き時代を伝える昔の時代劇一筋の役者達は、言葉少ない静の中に奥深い心からの迫真の演技で迫ります。何という清らかな心の侍従関係。主君が全幅の信頼を持って家来にいたわりながら接し、その気持ちに家来が命を惜しまず忠誠を誓い、また主君が感激し家来も感激する。上っ面では無い、本心からのストレートな人間関係は心を震わせます。また、昔のきれいな空や川の背景は当時と今の自然環境の違い度を感じさせます。例えば私は、元祖任侠物での高倉健や菅原文汰等の昔の本物の演技の映画を知ってしまい、本質を忘れている現代物は全く受け付け無くなりました。

新選組鬼隊長

大江戸千両囃子

花かご道中

>> つづきをみる

東千代之介―東映チャンバラ黄金時代

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4