ケイン・コスギ

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
ケイン・コスギ おすすめDVD ケイン・コスギ おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ローグ アサシン DTSスペシャル・エディション

(購入者の評価)
ジェットvsケイン、石橋とのバトルシーンは、正直、寒かった。あまりにもあっけないし、特にケインは別に要らなかったんじゃないかと思った…。
アクションも過去の作品に比べると微妙。
格闘アクションは物足りなすぎる。


DOA デッド・オア・アライブ デラックス版

(購入者の評価)
どこだかわからない日本っぽい城。
やけに整った、美しい顔のキャラクター。
血も出ない、死人も出ない、体のぶつかり合いのバトル。
時代設定が不明な舞台設定。
ひたすら大げさな、かっこいい演出。
本作を見てるときに、ゲームのムービーを見てるかのような感覚に襲われました。DOAならではの映像が、画面狭しと暴れまわります。
設定に忠実?ストーリー?整合性?必殺技?なんですかそれ?
色気と、かっこよさと、意味不明と、アクション。
これさえあれば、もうDOA以外の何物でもないでしょうw
ここまで格闘ゲームっぽい格闘ゲーム映画は初めて観ました。
「バイオハザード」や「ストリートファイター」が、ゲームから映画のフォーマットに仕立て直して映画にしてるにもかかわらず
この映画は、そう言う事をせずに格闘ゲームのフォーマットのまま映画にしてます。
これは相当の力技、しかも普通に作るよりも凄い労力を使ってるかと思います。
しかも、面白い!
格闘ゲームの世界観で、格闘ゲームのような映画が観たい人に、ぜひお勧めします。
(格闘ゲームにストーリーをつけて作った、一本の映画を期待してる人には、お勧めできませんw)


NHK からだであそぼ ケイン・コスギの きょうの作法・アイーダアイダ

ストリートファイターZERO THE ANIMATION

(購入者の評価)
ストーリーや映像は良いのに……なぜっっ!?なぜだっー!!?何故にリュウが英語なまりなんだ、ケンがそうならわからんでもない。はっきり言って声優の人選間違っているとしか思えない、これを見てそう思わない人はいないと断言します!自分は新品で購入して後悔しまくりです。アニメの声優の重要性をわかってないとしか思えない、リュウさえまともな声優さんだったら、★4以上なのに…



ゴジラ FINAL WARS スタンダード・エディション

(購入者の評価)
X星人が登場するのは、以前、私が小さい時に見た「怪獣大戦争」でした。ゴジラとラドンと、それに、キングギドラまで操って地球を征服しようとした、X星人。以前は、何かもっと活躍してもいいのではないかと思っていました。「怪獣大戦争」の第2弾でしょう。そう見ていくとすべてが生きて見えて来る様な感じがします。それにX星人が最後に言った言葉。X星人のあの統制官ですか。「我々は、脱出する。まだ見ぬ未来に向かってな。」この言葉が、何か、不思議に重みを持って今まできていました。それで、この「ファイナルウォーズ」監督というより、日本映画界が約束を守ってくれたような感じがしました。それに、最初にX星に行った、宝田明と、X星人なのに、人間に恋をしてしまう、水野久美が出ていました。モスラの小美人。などなど。私の記憶をかき回すような描き方は、好感が持てました。惜しむらくはこれが、ファイナル。ゴジラリーターンズの様に、復活させていただきたいです。大魔神も今年ですか。何か復活の予兆があるような。

ゴジラ FINAL WARS スペシャル・エディション

(購入者の評価)
やけくそに作ったとしか思えない、闇鍋映画です。
コレを監督した北村と言う人が製作発表で大口を叩いていましたが、出来上がってみたらこんなモノか、という感じですw

怪獣たっぷりで、ジャニーズまで出て、何でも派手ブチこめば子供が喜ぶだろう・・・そんな安易さ以外に伝わるものが何もありません。

前作が予想外に「大人も愉しめる怪獣映画」でしたので、余計にそう思います。


マッスルヒート

(購入者の評価)
某ブックオフで購入しました。

適正価格です。

少なくともアクションシーンだけ観れば一定の水準はキープしています。

ストーリーや演技を求めなければ元は取れます。


聖龍伝説Vol.1

ケイン・コスギの きょうの作法・アイーダアイダ

筋肉番付TV体操21

(購入者の評価)
子供が、ケインの大ファンなので買ってみました。一緒になって踊っています。ただ、すぐ飽きてしまうようで、なんとなく覚えてしまうと、見なくなってしまいました。

「CAT’S EYE」メイキング・ビデオ THE CAT’S SECRET

>> つづきをみる

ケイン・コスギの子どもの作法――NHK「からだであそぼ」で学んだこと

ケイン・コスギの「K ENGLISH(ケイングリッシュ)」

(購入者の評価)
書店で立ち読みせずいきなりこの「英語」本を買ったらびっくりしますよ。 ページをめくった第1印象は「英語(または活字)はどこ?」  ケインの写真ばっかりです。  終わりのほうになってようやく「英語のお勉強」らしくなるのですが、1ページにつき「1、2行」です。  タイトルと中身は大違いでした。  でも、テレビでみる肉体派のケインとはまた違った感じのカジュアルなケインの写真がいっぱいなので、ファンの方には「写真集」としてお薦めします!

KANE―ケイン・コスギ写真集

(購入者の評価)
いまどき、彼ほど爽やかな青年がいるだろうか・・・。礼儀正しく、心優しく、見ているものの心をくすぐるかわいらしさ。一時期は、「彼は筋肉番付専門なんだろうか・・・」とファンとして心配になったものだけど、今はトークも上達して、いろいろ活躍しているみたいでちょっと嬉しい。この写真集には、彼の「かっこよさ」「かわいらしさ」「人間らしさ」・・・いろんな素顔がぎっしり詰まっている。スーツでビシッとキメてたり、浴衣でスイカと戯れてたり、バーガーショップでメニューとにらめっこしてたり。紙面のサイズ的にも、程よく迫力がある。シャイな彼の表情を、これだけ自然にとらえられたのはスゴイ。表紙の爽やかさそのものの内容に、決して裏切られることはないはずです。

ケイン・コスギのカッコいいBODYになりたい

(購入者の評価)
ケインの肉体の格好良さに惹かれて本書を購入する人は多いと思う。

中身をみると、ペットボトル等身近なモノを利用したトレーニング方法が、実に多くの写真を使って解説しているため、分かりやすいと思います。
また、各章ごとにトレーニングの継続の重要性や、無理をしないことが大事である旨繰り返し書いてありモリベーションの維持に役に立つと思われる。

一方で、本書の弱点を挙げると写真が多いが故に玄人向けの解説がやや不足している点である。
このため、本格的な肉体美を追求する人にとっては、やや内容が薄い点は否めないであろう。
ケインのファンで体を鍛えたい人は即購入を薦める。


ケイン・コスギのシンプルエクササイズ

(購入者の評価)
ケインがエクササイズのポーズを一つづつ写真でレクチャーしてくれて
全く初心者の人でも分かり易いと思います。
いかに彼が真剣にエクササイズに取り組んでいるか窺い知れます。
筋肉番付の写真もあって楽しめましたよ!


ケイン・コスギインマッスルヒート

(購入者の評価)
映画マッスルヒートをベースにした写真集。ケインのこれまでの十年間を振り返ったインタビューも収録しています。
ナチュラルなケインの写真もあって、映画の中の鋭い目つきのケインとはまた対照的で、比べてみるのも面白いと思います。

撮影現場の裏側のショットも、出演者の皆さんが楽しんでやっている感じが窺い知れて興味深いです。最後の方のページの写真が粗いのが残念ですが・・・
映画を見て・・・と思った人でも満足できると思いますよ♪

ケイン・コスギ 2004年度カレンダー

最強の男ケイン・コスギになる43の秘策

(購入者の評価)
生き方が変わりました。人生が変わりました。強くなれます。
この本は一生の宝物になりました。


ケイン・コスギ 2005年度 カレンダー

ケイン・コスギカレンダー 2003

(購入者の評価)
 ケイン・コスギのファンなら必ず持ってるこのカレンダー。彼のいろんな写真がいつも身近にあって嬉しい限りですネ。個人的には「もっとヌードを載せろ」って気がするんだけど、そんなことと関係なしにイイですネ。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4