江口洋介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 
江口洋介 おすすめDVD 江口洋介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
少林少女 コレクターズ・エディション

(購入者の評価)
この居心地の悪さは、『だいじょうぶマイフレンド』を観た時を思いおこさせるものでした。良い子のみんな、映画に興味を持ち始めた若人は、観てはいけません。危険です。映画を舐めてしまいます。この映画には、役者の手抜きと、映画における脚本家の不在が充満してます。まさに、映画を見慣れたマニアに向けて、2・3時間語れる問題作なのです。柴咲ファンでソフトを所有したいと思っているなら、後、2年くらいしたらブックオフで、スタンダードエディションが千円以下になるので待ちましょう。「全くもって、ブルーだよ!」

少林少女 コレクターズ・エディション(Blu-ray)

(購入者の評価)
とうとう、blu-rayになるか。DVDはきついから、よかった。

東京ラブストーリー DVD BOX

(購入者の評価)
放送当時に録画したビデオを何十回見たことか・・・
ビデオデッキが調子が悪くなり、テープもいつか切れるのではと思い
この度BOXを購入しました!

ここ何年かは別のドラマに入れ込んでいたのでひさしぶりに見ましたが
やはりこのドラマはわたしのNo.1ドラマです。
放送当時は高校生で、大人の恋愛だなぁなんて思ってみてましたが、
今見ると1世代下の恋愛なんですね・・・
そして自分の恋愛の仕方が赤名リカになんとなく似てるな・・・と感じてしまいました。
わたしの恋愛のバイブルです☆

5話の銭湯から出てきたシーンに放送していないシーンが入っていましたね。
まだ5話までしか見ていないので、この先もちょっとドキドキしながら見てみます!


白い巨塔 DVD-BOX 第一部

(購入者の評価)
やはり主演の唐沢寿明の演技力が光るドラマでした。江口洋介や石坂浩二・伊武雅人・西田敏行など脇を固めるメンバーも豪華で久々に硬派なドラマであった。ただ大阪が舞台となっている為か、西田敏行とその取り巻きが下手な関西弁を操っていたが、その部分は拘る必要がなかったのではないかという印象を受けた。
それぞれの個性が丁寧に描かれていたことが、よりドラマに深みを持たせたのではないか。
唐沢が江口より真実を告白され涙ながらに漏らす「怖くはない。ただ無念だ。」の一言はとても重みのある台詞で見ている方も涙が出て来た。


救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX

(購入者の評価)
 医師の中でも、特に生命の差し迫った危機に日々対峙する救命医。タフで
瞬間の判断力を鍛えられた医師たちの集団なのでしょう。
 江口洋介扮する主役の進藤もやはり情熱を内に秘めた腕の確かな医師と
して描かれています。しかし、ドラマにリアリティーとストーリーの厚みを
与えているのは、経営と一医師としての正義の間で葛藤しながら医局員を
率いている渡辺いっけい演じる医局長の存在と思います。1つ1つの出来事に
対し実に生き生きとした表情や台詞の抑揚を交えた演技で応えています。
その演技力は一際光ります。医師役の小日向文世、田畑知子、松雪泰子なども
持ち味が生かされています。
 映像面では、治療室の患者のベッドを上方や横など様々な角度から写していて
臨場感がある点が評価できます。医師と患者間だけでなく患者同士や患者と
家族の多様なストーリーをテーマを持たせつつ絡ませていて、見る側も毎回
考えさせられます。
 現場での緊迫、救命の困難さ、それを成し遂げたときの医師の安堵感や家族の
気持ちの変化が素直に感じ取れる傑作だと思います。


101回目のプロポーズ

(購入者の評価)
思うに90年代の「ドラマの主題歌」=「売れる」の図式が出来たのは「この作品から」ではなかったでしょうか?

チャゲアスのミリオン連発の先駆けとなったのが「SAY YES」でしたよね。
脚本の野島さんの知名度がアップして、一躍知られるようになった作品とも言えます。

ストーリー的には「お見合いは99回も失敗している冴えない中年男が、過去に恋人を失った傷を抱える美女の心を射止める」っていうお話。

主人公の年の離れた弟役が「江口洋介」で、生真面目な兄の幸せのために大奮闘。
ヒロインの妹となぜか意気投合するうちに恋仲になる・・っていう辺りがなんとも都合がいいな(笑)って、思いましたよ。ええ。

ただ、ヒロインは一度は主人公との結婚を決意しながら、昔の男に似た男性と出会ったら破棄する・・・っていうのは余りにも身勝手ではないでしょうか?

最終的にその「裏切り」すら許してしまう主人公は優しいと言うよりも「お人好し」。


ランチの女王 DVD-BOX

(購入者の評価)
竹内結子さんが美味しそうに食事する顔が、とっても輝いているのです。
男性陣も個性豊かで、決して上手いとは言えない頃の姿も映っていたりするのですが、でも全く嫌味じゃなく、さらっと観れるドラマです。
主人公なつみの台詞に毎度毎度頷いています。ランチを楽しみに生きているとか、1000円超えたら駄目とか、変わらない味が変わらずにそこにある幸せとか。
このお話に出てくる「キッチンマカロニ」のようなお店に行ってみたい!


救命病棟24時スペシャル2002

(購入者の評価)
やっぱり面白いです。
船内のシーンが多いので活躍する人が限定されてますが
アクションシーンがあるのが目新しくて、スペシャルだからかなって感じです。
個人的には、事件終結後の展開の方が好きです。
押尾学さんも良い感じでしたが、事件の動機とかその後があっけなくて、ちょっと物足りない気分でした。


凶気の桜

(購入者の評価)
この映画を見てまず思い出したのは、三島由紀夫の書いていた「日本の未来の若者にのぞむことはハンバーガーをパクつきながら、日本のユニークな精神的価値を、おのれの誇りとしてくれることである」という言葉だ。

まさにその言葉を(極端に)地で行くような青年山口を中心とした、「ネオ・トージョー」を自称するチンピラ集団がこの作品には登場する。彼らは、ある種国粋主義的なイデオロギーを主張することによって自らの暴力行為を正当化するわけだが、彼らが町を車で流すバックにヒップホップ系の音楽が流れたり、山口が不良達に追われて逃げ込むのが渋谷の大型レコード店だったり、果てはヒロインのヴィジュアルに至るまで、見る側には、モロにファッショナブルなアメリカン・カルチャーの洗礼を受けた若者たちに映ってしまう。さらに、映画は彼らが特注の戦闘服をあつらえてもらうシーンからはじまっており、彼らのナショナリズムもまた、極めて表層的かつ耽美的なものであることが冒頭から示されている。

確かに、ナチズムやファシズムを筆頭に、歴史的にもナショナリズムは美学的な表象と常に結び付いてきた。さらにそもそも現代日本においては、オペラや西部劇に心酔しプレスリーを愛好していながら、平気で靖国神社に参拝し特攻隊に涙する某元首相を見てもわかるように、欧米的な文化は(独特にジャパナイズ化されたものも多いにせよ)何世代もかけて骨の髄まで浸透している。従って、「ネオ・トージョー」のメンバーの一人がトイレで思わずファンクを口ずさんでしまうのも全く自然なことであり、ヒロインを演じる高橋マリ子がアメリカ人とのハーフなのも、以上のような認識を示すための監督の意図的なキャスティングであろう。現代日本におけるナショナリズムは、そうした文化の現状を当然のこととして受け入れなければ考える意味が無い。

映画自体は、「ネオ・トージョー」三人組が暴れまわる序盤から山口が仲間達の仇を討ちに単身敵陣に乗り込むラストまで、いわゆる「ヤクザ映画」のパターンを忠実になぞったような展開を見せる。同じ脚本家による「野獣死すべし」などと似たような要素も散見されるが、不思議と既視感はそれほど感じなかった。その理由としては、スタイリッシュな映像感覚もさることながら、山口を演じる窪塚洋介が発散する独特な現代的個性、さらには原田芳雄や江口洋介を始めとした脇を固める俳優陣による好演があるだろう。
いずれにせよ、近年の日本映画にしては骨のある一本であり、一見の価値はあると言える。


救命病棟24時 第3シリーズ DVD-BOX

(購入者の評価)
関東に大地震が起きたら。。。。の設定の今回のドラマ、色々考えさせられました。特に、素人レベルの話では、まず食料調達をどうすべきかが大切だと気付かされました。最低3日分の備蓄は必要だと実感しました。普段から缶詰などを買い込んでおくものですね^^それと、医療レベルでの大変さ。最終回では、食中毒が発生して、医師・看護師の3分の2が倒れてしまうという設定。残りの医師たちだけで患者に対処しないといけない。そのためには1日22時間労働を強いられる。睡眠は1日1時間。どう考えても、他の病院からの応援がなければ対処できないように思います。しかし、場面は震災直後!!他の病院も手が開けられず。
 というように、東京が麻痺しちゃうととんでもない事態に陥る、経済が麻痺する、日本が支援国家から支援を受ける国家に転落しちゃう、と、個人一人一人が考えるべき課題をクローズアップさせてくれるドラマのように思いました。


憑神

(購入者の評価)
やっと観ましたが、あれだけ公開時には評判が良かった内容がこれですか。
ますます評論家やら、映画紹介の番組が信じられなくなる。
みんな本当にラストまで観たのか。

一応時代劇で、妻夫木聡、佐藤隆太ら、話題の若手が出演、
テンポが速く、コメディものなので、若い人向きで軽くは楽しめます。
ストーリーも憑神らをめぐる騒動だけではなく、
幕末の動乱における主人公の武士としての心意気が描かれているのはいいのですが。
他にも最近活躍中の、佐々木蔵之介、鈴木砂羽、香川照之、江口洋介、
脇を夏木マリ、西田敏行、赤井英和が固めていて俳優陣もみどころですが…。

軽すぎて早すぎる展開は、上っ面だけで非常に物足りない。
それでも終盤前まではそれなりに楽しめたが、
極めつけは、あのラスト。
すべてぶち壊し。
降旗康男監督って、これですか。

中村橋之助主演、脚本・演出:G2の舞台版を観ましたが、
本格時代劇で、興奮できて、大笑いして、涙して非常に面白かった。
こっちのほうが、きっと本来の原作の味なのだと思った。
同じ題材でも、こうも変わるものか。


救命病棟24時スペシャル2005

(購入者の評価)
第2クール(松雪さん)からファンになった人が多いのではないだろうか?
しかし私は第1クールが断然好きだった。音楽も最高だし、なにより医師になりたいと思ったきっかけの作品だった。

第2クールが決定するまではだいぶ時間があって、ずっと続編を期待していたけれど「ああ、やっぱり出たな。」って思ったのを良く覚えているでも松雪さんだったので少し期待はずれ…。ハイヒールの女医…あのキャスティングはなんだったのだろう。救命病棟24時といえば松嶋さん!ですよ。

版権の関係だかでDVD化していないのがとても残念。再放送の録画ビデオもとうに無くしてしまった。だからスペシャル版を見て我慢。


ACRI デジタルリマスター【初回生産限定価格】

(購入者の評価)
 この現代に、このような作品があり、販売されているとは、絶句。
地球温暖化等の問題をはらみ、自然の地球への警鐘を未だ自然豊かなオーストラリアの地で、叙情豊かに唱ってくるものかと、見てみたら、滑稽そのもので、私は購入して、後悔した。
 吉野公佳さんが気の毒に思えた。
 彼女は美しかったが、その美しさも十分の一も表現されてなかった感がする。


戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)

(購入者の評価)
特撮やスケールにコダわる必要なんてなかったと思う。(実際は大した事なかったけど…)
皆さんも、日本映画にそんなの期待してないでしょ?
要は脚本よ!
この映画、テーマは「より良い未来にしよう」らしいんだけど、
それを押しまくってるのがよくない。
皆の演技を臭くさせてた。
特に嶋大輔!
彼のナヨナヨした演技が、この映画を失墜させたと言っても過言ではない。
「オリジナルを越えよう!」と、気負い漲る駄作です。





湘南爆走族 DVDコレクション VOL.1

(購入者の評価)
当時は湘爆とビーバップどっちが面白いかで雑談したもんです。もちろん俺は湘爆派でした。辻堂住みで比較的親近感もあったから。
江口洋助の真似をしてリーゼントにしたり、洋ランにドカンを着ていきよくセンコーに叱られたっけなぁ。そのストレスは喧嘩で発散(笑)あの頃はホントに喧嘩ばっかの毎日。族にスカウトされたりもして少しかじりましたがあまり深入りはできなかったっけ。だかんよ、このマンガもアニメも青春そのものなんだよね。超面白いから見ようや。てか絶対に見んべ。夜露死苦(笑)


竜馬の妻とその夫と愛人

(購入者の評価)

が良かったと思います。

誰もがよくご存じの坂本龍馬にスポットライトを当てた作品は、はっきり言ってもう見飽きました。 あえてそんな作品をまた作るようであれば、はっきり言ってそれは「憧れの龍馬を撮りたい、演じたい!」という制作者や役者の自己満足じゃないかと思うんです。
誰もが龍馬役をやりたい、「ロミオとジュリエット」で言うロミオ役をやりたい。でもそれでは何処かで観たような、似たような作品になってしまう。龍馬がまぁまぁ好きな人でも次のシーンが大体予想できてしまう。

だったら龍馬の死後、お龍の人生はどうなったんだ??? というアプローチに方向転換。 面白いじゃないかっ。。。 主役不在の大舞台、大波乱やドタバタ劇を楽しく期待してしまう。 そして実際スゴク面白かった! 三谷幸喜さん、あなたは天才です!


となり町戦争

(購入者の評価)
 隣町どうしが戦争に!

 このあり得ない設定にどれだけリアリティを持たせてくれるのか、
楽しみにして見ました。

 まずは、偵察業務に命じられ混乱した主人公が町役場に出向き、
説明を求めるシーン。役人の女性のお役所的な対応はとってもグー!

 しかし、それだけ。
その後は淡々と進んでいく。
リアルな戦場シーンも巻き込まれた葛藤も無い。
主人公とヒロインのふれあいが描かれるだけ。
だから、ラストの主人公のセリフにも感動が無い。

 これでは「世にも奇妙な物語」の域を出ていない。
このクオリティーで映画にし、114分も引っぱられるとツライ。
今現在リアルに継続中のアジアやアフリカの内戦や貧困の記事を見て知っている
せいか、この作品の「おままごとの戦争ゴッコ」が心底腹立たしかった。

 しかし、江口洋介はオッサンになってもカッコイイな。
原田知世もイロっぽい演技ができるようになった。


愛という名のもとに DVD-BOX

(購入者の評価)
 Dr. コトーに抜かれるまでは、木曜フジのドラマ視聴率No.1 だった作品。友情を
暖め合った大学時代を終え、厳しい社会に入った若者たちのその後が描かれている。
困難を乗り越えるにはやはり、友情が必要だったという話。
 確かに青臭いと言う人が多いように、恥ずかしげもなく友情ドラマは展開される。
でも、それは心のどこかで、そうした友情は良いもので、それを持っていないが故
のひがみだとも思えてくる。
 主人公(鈴木保奈美)が「私はみんなが言うように強くない。本当は一人じゃ寂
しいの」と吐露したとき、仲間が現れ「俺たちがいるじゃないか」というような展
開に憧れているのかなと。
 現実、仲間のピンチには夜中でも何でも、必ず現れる仲間なんかいないかもしれ
ない。家族だってそうでない人たちも多いかも。そんな時にこれを見ると非現実的
な関係!と上辺では言っているが、心の中でうらやましく思う自分がいた。
 何度でも見てしまうのは、寂しいからなのかな?


湘南爆走族

(購入者の評価)
今では超有名になった、江口洋介や織田裕二のデビュー作。
他の出演者も原作にピッタリと言った感じ。
バイクの車種や、場所の設定まで原作に忠実に表現している所が
素晴らしい。ビーバップなんか比べ物にならないほどの面白さ。
是非続編を作って頂きたかった。


アナザヘヴン another heaven

>> つづきをみる

レプリークBis (HANKYU MOOK)

岩波講座物理の世界 素粒子の超弦理論

(購入者の評価)
「岩波講座」成るもの昔から在るが、それで学んだ人はいないだろう(戦前のことは知らないが)。本棚の場所をとるだけの存在となる。さて、「岩波講座物理の世界」は、小冊子の集合体である。薄い。中身は、その本の著者の力による。この本の著者の一人は良く知っているが、院生時代から非常に優秀な学者であり、超弦理論に始まるブレーン、M理論等全般を日本で一番理解している人であろう。その人による1995年頃までのまとめと将来の展望が書かれている。しかし、誰が読むのだろう。この分野専攻の院生は新しい論文を読み其処から何かの着想を得て自分の論文書くのに追われる毎日である。学部の学生には理解できない。他分野の科学者も、一般人も理解できまい。しかし、そう高価でもないし、日本における第一人者による本買っておくのは良いと思う。役に立つ時ってあるもんです。この分野の新しい進展は1999年以降は無い。Dr.ω



涙をふいて(1)

(購入者の評価)
上戸彩のロングヘアーが初々しい。まだスターダムに昇る前のドラマ出演。消したい過去なんでしょうか?事務所の圧力か(笑)DVD化してないのか希少なビデオみたいですね。

スタッフも豪華でいいドラマなのに…


涙をふいて(3)

(購入者の評価)
脚本が教育的にひっかかったのか、出演陣によるタブーなのかDVD化してませんね。時期的にはDVDで出てもおかしくないですが。
典型的なホームドラマで面白いのですが。江口洋介のずれた役柄が最高ですし。というか最近こんな役多いですよね(笑)今の阿部ちゃんみたい。もちろん二枚目路線もしかり。


涙をふいて(2)

(購入者の評価)
シナリオは普通で目新しさはないけど豪華出演陣のパワーでとても良いドラマです。
ちょくちょく登場するコンビニがデイリーヤマザキ。時代を感じます(笑)
今なら普通はローソンとかセブンイレブンなんだろうけど。


涙をふいて(4)

(購入者の評価)
DVD化してないのは間違いなく上戸彩がらみでしょう。しかし良く初めてに近いドラマ出演でこの仕事オッケーしたね。セミヌードなシーンあります(期待しすぎは損)。その後の活躍ぶりは想定外だったのか。
結果、淘汰されてしまったみたいですね。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4