エレファントカシマシ

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 
エレファントカシマシ おすすめDVD エレファントカシマシ おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

(購入者の評価)
何も変わらないいつものキヨシローがいつもの歌を歌ってる。なのに何だかがんばっているように見えてしまうのは私だけでしょうか?チャボが新井田耕造が、そして皆が支えているのを知っているキヨシローが笑顔で歌ってる。まるでガキの頃のように。やんちゃだった頃のようトゲはないけど温和なキヨシローがそこにいます。とてもいいdiskです。古くからのファンの方も、新しくキヨシローが気になりだした方も、是非見て下さい。楽曲がいいのは当然ですが、何かを伝えてくれる空気感がわかるはずです。それがキヨシローのメッセージだと思います。

扉の向こう

(購入者の評価)
スタジオにフラリと現れ作業に没頭する宮本は、メディアで見る時とはまるで別人。彼に『カワイー』とか『ほそぉ?い』等、別方向の素敵さを求めてるファンはガッカリするかも?全体的に宮本の音楽を崇拝してるファン用。彼の音楽に対する姿勢は、ひたすらカッコイー!宮本独特の世界観が生み出される貴重な現場は見ていて飽きない。自分で『歌うめぇーな』と言っちゃう程、歌入れの瞬発力は凄かったし、鼻歌程度でも才能が滲み出る彼の声にほれぼれする。宮本の生き様のドキュメントとはいえ、‘他のメンバーから見た宮本,とゆー部分がなかったのが不満なので、星4つ。

Life TOUR 2002

(購入者の評価)
レビューでこう言ってはナンなんですけども、
正直、こんなに良い楽曲を作られている方々なのに、
どうしてオリコンではセールスが伸び悩むのか?とかなり疑問に思うことがあります。
聴けばこれは良い!と他人に言わせる絶対的な自信が私にはあるのですが、
なかなか受け入れてはくれないのは世の中が厳し過ぎるからなのかなぁ?

それとも本来の良さをみんな忘れてるだけなのかな?

「歌」って本来、楽しんで歌うもんだと思うのですけども、
それって多分かなり難しいことだと思うのですよ。
現段階でそういう事をこなせてる方々ってのはホント少ないと思います。

・・・・と、こう、なんて言葉にしたら良いのか・・・・
戸惑ってしまうのですけども・・・・・。

「歌わされてる」んでなくて、自分達が「歌いたいから歌うんだ!!」
っていうのを綺麗に表現できたライブだったと私は思います。

何ていうか見ていて、
自分の中の檻みたいな物を全て取っ払えたような・・・?
そんな気分になりました。
あぁ、そうか、やりたい事は素直にやればいいんじゃん!
っていう感じなのかなぁ?

ラストの「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」
なんて、涙なくしては見れなかったです。
もう、こっちがエレカシのやさしさを私は何に例えれば良いんだよ!?
って問いたくなる位、新鮮で癒されてしまいました。

なんだかよくわかんないけども、
色んなものに感謝してこれからも頑張りたくなってしまう自分がいます。

ちょっと私の言葉だけじゃあ、
このライブの良さはどうにもこうにも伝わってくれなさそうにないです。
ホントこの文を読んでくださった方、申し訳ないです。

Clips 3

(購入者の評価)
このDVDでは、シングル孤独な太陽、暑中見舞いー憂鬱な午後ー、普通の日々、あなたのやさしさをオレは何に例えよう、DEAD OR ALIVE、生命賛歌までのビデオクリップと俺の道、どこへ?のLIVE映像が収録されています。こうしてこのDVDを見てると、またしてもエレカシは変貌を遂げているなあ・・・と思ってしまいます。そしてエレカシはかっこいいロックバンドだと再確認されるないようです。エレカシの魅力満載ですので、ぜひ買ってみてください!

ビデオクリップ集“クリップス 2”

(購入者の評価)
かっこよかったです。ただ宮本さんのプロモーションビデオみたくなってましたが(笑)ファンにはたまらないでしょう。
個人的に好きなクリップは「so many people」です。
「ガストロンジャー幻バージョン」も普段決して見られない宮本さんの派手な衣装が印象的でした。


コンサート1998日本武道館 “風に吹かれて“

(購入者の評価)
この曲がこんなにも思いを込めて歌われているのか,と感動しました。こんなに鈍感な私でもあの映像を前にすると伝わってくるものがあります。元気づけられること請け合いです。ぜひどうぞ。

>> つづきをみる

N.HOOLYWOOD 1/2 MISTER HOLLYWOOD [e-MOOK] (e-MOOK)

宮本浩次(エレファントカシマシ)『東京の空』

(購入者の評価)
独特の視線とわが国・日本について語る宮本氏は音楽と同様に熱い!男です。何度読んでも味わい深い本です。

ギター弾き語り エレファントカシマシSongbook (ギター弾き語り)

(購入者の評価)
弾き語り本もいいですが、やっぱりバンドスコアを出してほしいです。
本の中身は知っている曲がたくさん入っていたので、よかったです


風に吹かれて―エレファントカシマシの軌跡

(購入者の評価)
何年か前に購入しましたが、手放せない一冊です。とても濃い情報満載です。バンドの沿革、宮本の恋愛・人生観など満載です。売れない時期の話、苦悩、試行錯誤、曲作りの変化などなどもアリです。
DVD(クリップス3だったかな)で宮本にインタビューしていた渋谷陽一(ロッキングオンジャパン編集長)が取材・監修しています。
分厚くて、内容が濃くて、ファンの皆様には一見の価値があります。
私はこの本は売りに出すのが勿体無いので、手放せませんが。


明日に向かって歩け!

(購入者の評価)
人生の約半分を海外で過ごした私ですが、この本を読んで、自分のアイデンティティーは「アメリカ人」でもなく、かといって「日本人」でもなく、「東京人」であることを認識させられました。いろいろな風景を見てきても、やはりたどり着くのは東京、である宮本の文章に心地よい共鳴感を感じました。

今度、この本を片手に宮本の「東京33景」を一つずつまわって見ようと思う。誇りに思うこの街をもっと知るために。

ギター弾き語り エレファントカシマシ ソングブック (ギター弾き語り)

(購入者の評価)
 エレカシのスコアはいままであまり出ていない気がします。
ボーカルの宮本を中心としてかもしだす男くささや哀愁を
表現できるだろうか?あんなにかっこよくなれるだろうか?
まずは
練習してみよう!
内容自体は、今まで発表されたうちの30曲も入っており
充実しています。


ギター弾き語り エレファントカシマシ Songbook (ギター弾き語り)

(購入者の評価)
新しいエレファントカシマシSongbook (ギター弾き語り) が
発売された今、プレミアがつく意味が分からない。
曲が追加された今のを買うのが当たり前でしょう・・・。
買う人は、ギターを弾きたいだけなんですから(苦笑)


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4