柄本佑

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
柄本佑 おすすめDVD 柄本佑 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
泪壺

(購入者の評価)
ほとんど小島加奈子の濡れ場しか見ていません。ストーリーについては何もいえません。
しかし彼女の濡れ場はなかなかのものでした。特に初体験の場面。彼女のこぼれそうな巨乳を
後ろから揉みしだくシーンは生唾ものです。彼女のファンなら購入して損しないと思います。


チェケラッチョ!! プレミアム・エディション

(購入者の評価)
若い世代・・そしてイッチーファン!是非見てください(*^o^*)なんか邦画にしては珍しいくらいしゃべりっぱなしの映画なので眠気は絶対こないでしょうwイッチーの沖縄弁にちょいと違和感を覚えますがwwでも今の若い子には満足いく映画だと思いますよ!
最後に一言!!投げっぱなしのジャーマンスープレックス!!あれは見事だったw


ウォーターボーイズ 2005夏

(購入者の評価)
パート1の続編みたいな感じで、瑛太が主役になります!!そこで南の島のメインメンバー3人と出会います!!

シンクロも失敗シーンも是非必見です!!
小出達も演技も上手です!!


グミ・チョコレート・パイン限定版

(購入者の評価)
恥ずかしさを感じてしまうくらい、まっとうな青春映画です。
完璧に、男のこのための青春映画。

この映画の舞台となるのは現代、高校生だった頃の過去。
正直、時代設定は二十代のボクにはあまりよくわかりませんでした。
でもALWAYSのように、その頃の空気感が非常によく出ていて、
ボクよりも一回り・二回り上の世代の人が見たら、ノスタルジーを感じるんだろうな、と思いました。

ボクは、大槻ケンヂの大ファンで、映像化された作品や関わった作品はすべて見ていますが
その中では一番好きな映像作品・映画かな、って気がします


ウォーターボーイズ DVD-BOX

(購入者の評価)
私が見たドラマの中で最高に面白いドラマでした!
そして何度見ても何度見ても、また見たくなります。
音楽もよし!笑いもよし!青春もよし!本当に熱くなれて、若いっていいな???と思えるドラマです。最高です!!
きっと私の一生の中でこれだけ見たいと思えるドラマは、もう2つと無いでしょう・・・


ピクニックの準備

(購入者の評価)
夜のピクニックの姉妹編。

夜のピクニックの淡々とした重厚さの対極。
それぞれの短編が切れ味抜群。
歩行祭に賭ける熱い思いが伝わる。

多部未華子の初初しい魅力は絶品。
様々な謎解きを楽しみましょう。



初恋 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
淡い恋愛映画かと思いきや・・・なんか騙された感があるな^^;てか完全に玄人作品!!これを読んでるあなたw25歳以上ですか?25歳以下ですか?
25歳以下ならやめときなさいwてか三億円事件を知ってる方は見てよいかな!
しらない世代は見ないほうがいいかもw完全な俺の偏見ですけどねw
最後に一言!!俺は三億円事件は知らない世代です!てか見ながら何回居眠りしたことかw


檸檬のころ

(購入者の評価)
谷村美月ちゃんをはじめて注目した作品です。
この作品以降、彼女の作品をチェックしています。
榮倉奈々ちゃんもこの後色々な作品に出ていますよね。
彼女達を注目するきっかけとなった作品です。

吹奏楽部の指揮者である秋元加代子(榮倉奈々)は、なんでもうまくこなし、成績も優秀。
東京の大学に進学を決めている。
野球部の西は、いつも加代子を見つめていた。
しかし、野球部エースの佐々木が加代子に近づいていく。
教室の片隅で音楽を聴いている白田恵(谷村美月)。
将来は音楽ライターにと、心に決めていた。
ある日恵は軽音楽部の辻本を知る。
5人の思いが交錯した中、季節は流れていく。

学生のころの思い出が、鮮やかに蘇ってきました。
見慣れた景色が画面いっぱいに映し出されたせいかもしれませんが。
画面の中の出来事が自分のことのように思えてきました。
観賞後、何か大切な落し物を見つけたような気がしました。


檸檬のころ ナビゲーションDVD もうひとつの檸檬のころ

(購入者の評価)
 公開前にこういうの見れるってホント嬉しいです。 谷村美月がノリノリで実に新鮮!見てて楽しいです。最近ちょくちょく金髪のヅラ被ったり、すっとんきょうな役で微妙に笑わせてくれてる彼女、実はこういう役が一番ハマってるのかも。 林直次郎君がやたら照れて美月ちゃんとうまく絡めなかったりとか、彼女のほうにも照れがうつってやりにくそうなとこが微妙におもしろいです。 石田法嗣君も相変わらずいい感じで、榮倉さんのリップクリームの件とかおもしろい、てかマジ幸せそう。でもカナリア以来の美月ちゃんとの絡みがなかったのはちょっとさみしい…。 あと柄本佑と榮倉さん、この組み合わせってどうなんでしょう?
 ―というわけで、文化祭のバンドのシーン見るだけで今から既にじわっと興奮してきます。まさにCOMING SOONって感じ!! 早く本編見たいです。


グミ・チョコレート・パイン通常版

(購入者の評価)
腹がよじれます。まさに青春映画の金字塔です!
何度オ○シーンが出てきたことでしょう(笑)
是非女性の方にも敬遠せず?観ていただきたい。
性春時代の男子の脳内モヤモヤ構造が見事に描写された作品です。
原作も読んでみたくなりました。

石田卓也さんの演技が絶品!!どこにでもいそうな高校生を見事に演じてます。
30代の方はリアルにノスタルジーに浸れると思います。
ケータイもDVDもない時代...でも夢とブルマ(笑)があったあの時代...
「嗚呼、あの頃はヨカッタなぁ?」

    


チェケラッチョ!! スタンダード・エディション

(購入者の評価)
気楽に見れて、爽やかな気分になれる映画です。まずそこが良いです。

また、主演の二人はなかなかお似合いでした。
絵に描いたような「喧嘩するほど仲が良い」って二人だけど、自然な演技で好印象持てました。沖縄弁のイントネーションもよくがんばってた、と思います(生の沖縄弁は分かりませんが)。平岡佑太はシーンによっては完全な標準語でしたが、、

キャストでは他に伊藤歩がよかったです。
年頃の男子高校生が絶対憧れるようなキレイなお姉さんを大人っぽく演じてました。気に入りました。

ちょっと残念なのがラストのライブシーン。
普通に良い歌だなぁとは思ったけど、もっと個性的な曲だとよかったと思います。
ライブの準備段階で、沖縄の日常で流れる音を片っ端から拾ってたシーンがあったので、きっと面白い曲になるんだろうなと期待してたんですが、、波の音とか動物の鳴き声とか沖縄の楽器の音とか拾ってたのにもったいないなと。


初恋 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
キャストは若手で今っぽい感じやけど、映像とストーリーは
昭和そのもの。雰囲気がよく出ていた。

それにしても小嶺麗子のヌードにはビックリした!

ストーリーの面白さはともかく、やっぱり宮崎あおいは
演技が上手いね!感心するわ.。


初恋

(購入者の評価)
邦画は珍しいので買ってみたが暗い場面が多く、
Blu-rayの画質を持ってしても非常に見づらい。
物語も確かに起伏無く、勝手に進んでいく感じ。
小嶺麗奈のヌードを1080Pで見られたが、
やはり暗い画面で何とも言えない・・・・。


キズナドラマ

(購入者の評価)
全部、くすりと笑えるような可愛らしくほのぼのとした作品です。
1本5分に満たない時間で、6話入っています。
ラジオドラマに慣れ親しんでいないので、聞きなれるまで多少時間かかりました。

でも、一番オススメなのは特典映像の『公園、5人』ですね。
公園でメンバーと山下監督が"上京"というテーマで対談しています。
相変わらず口下手な3人(松田さん除き)なので、トークも弾まないのですが(笑)
一人一人の上京話が聞けて楽しかったです。

コワイ女 通常盤

(購入者の評価)
3つの中で最初のカタカタだけですね、見られるのは。
2作目ははなからコントみたいにつくってるし。
3作目はまじめに撮ってるけど面白くない。
それでカタカタですがなぜかアフレコ。
しかも洋画の吹き替えより口の動きと声があってない。
サイレント映画で活動弁士が声をつけてるような変な感じ。
包丁持った女が追っかけてくるだけでストーリーはありません。
ヤフー動画で「クマ女」見たことあるけどそれに近い。


ちゃんこ

(購入者の評価)
テーマがちょっと拡散してしまった感じの
作品。
なんとなくみんな演技もくさかったし・・ ^^;

ただ日本人が、のうのうと
平和を謳歌しているこのとき、
世界の人たちは、自分の生きている意味を
模索し、精一杯目的に向かって生きようとしている。

もしかしたら、すもうなんていう世界も、
国技国技と言っている間に
世界の人が日本人以上にその精神を理解して
いってしまうのかもしれない。

そんななんともいえないもどかしさを
覚える作品でした。


初恋~三億円事件の犯人は女子高生だった~

(購入者の評価)
いや?買ってよかった。映画「初恋」を作る過程や,60年代の流れや映像,出演者のインタビューなど,「このたっぷり充実な内容で,この値段でい,いいんか…?!」と心配になる程にしみじみ買ってよかったなと思う大満足な一枚。
普通なら,1,2回見れば飽きるところですが,不思議と何度も何度も見たくなり,やっぱりおもしろい…。
映画もよかったけど,こちらも見ればなお一層楽しめます!
それにしても元ちとせさんの曲がいいとこで流れてくるわ,宮崎あおいちゃんはかわいいわ,個人的には,岸役の小出恵介くんの声がたまらなくいいわで。小出くんが計画を淡々と話すシ?ンが多いのですが,あの声だからぐっとシリアスで切なくて,映画の魅力も増したように思います。あおいちゃんの兄の将さんもかなりいい味出してます。


美しい夏 キリシマ

(購入者の評価)
美しいキリシマの夏を舞台に
戦争のありようと人の生き方を描く。

淡々とした静かな美しい霧島を描くことで
そんな土地にも、色濃くせまる戦争の姿を描く。

そして、住む人々の変化する心のありようを描く。

人の世は移れど・・ 霧島は美しい


17歳の風景

(購入者の評価)
柄本佑目当てで見たが、最悪な映画だった。延々と続く風景はそれなりに迫力があったが、肝心の主人公の気持ちがまったく伝わってこない。
そりゃそうだ。だって主人公は」全編を通してほとんどセリフがないし、動きもただただ自転車を漕いでいるだけ。いったいこれで何をわかれというのだ?
頭の悪い私にはまったく理解できない。こういう映画を理解でき、絶賛する人を尊敬すると同時に「ホントは何もわかってないのにかっこつけてわかったふりしてんじゃないの?」と疑ってみたくもなる。


ボーイ・ミーツ・プサン

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4