遠藤憲一

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
遠藤憲一 おすすめDVD 遠藤憲一 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
僕の彼女はサイボーグ スペシャル・エディション

(購入者の評価)
まず、綾瀬はるかの表情がとても素晴しかったです。
彼女のキラキラした表情や
無機質な表情がとても魅力的でした。

飛行機の中で観たのですが、彼女に引かれて、
3回も機内上映を見入ってしまいました。

冴えない主人公を守るために、未来からやって来たサイボーグのおはなしです。
最初はちょっと強引な展開が気になりますが、
観ているうちに気にならなくなります。
ノスタルジックできれいな映像、素敵な音楽と、
綾瀬はるかの表情がとても素晴しかったです。
またタイムパラドックスの中での、切ないラブストーリーに思わず涙します。

私の大好きな映画です。



僕の彼女はサイボーグ 通常版

(購入者の評価)
予想外に泣けました。

やっぱりサイボーグには感情移入してしまいますね。
そう、まるでターミネーター2のサイボーグが溶鉱炉に落ちるときのような
切なさがあります。

泣きたい方は是非。


神様のパズル

(購入者の評価)
映画を見たのでそれについて書きます。

まず評価が4☆の訳は、私にとっては原作の方が好きだからです。
原作と比較するとかなり毛色の違う作品になったと思います。(ベースは同じですけど)

映画単体でみればよく出来ていたと思いますが、テーマが難しい(よく宇宙論を一般映画で長々とやったなと感心します)のに加えて監督の色がかなり出ているので好みの分かれる作品だと思います。
購入を悩んでいる人がいるのであれば、一度レンタルででも見てから決めた方が賢明でしょう。

私個人としては原作への思い入れが強いぶん不満は残るものの結構気に入っていて、加速器「無限」のCG映像を見ただけで感動してしまったりしました。(現実的にはありえなさそうな造形ですけど)

テーマは「宇宙創造」と思いきや「自己の存在理由」みたいな感じだったりして、SFでありながら哲学的だと思います。
なので宇宙論に詳しくなくても、見ていると宇宙に興味が湧いてきて難しい事は分らなくても充分考えさせられる楽しい作品です。

一見の価値は間違いなくあると思いますので是非見てみてください。
そして少しでも興味を持たれたら、原作も読んでみてください。


花と蛇

(購入者の評価)
美しい倒錯で難解な世界を期待して観ましたが、見事裏切られました。
苦しい、痛い、辛い、可哀相、・・でも強い、そして本当に綺麗。
杉本彩の完全勝利!!
絡み・・というより試合(それもかなり激しい一流格闘家同士の死闘)
・・一言で言えばそんな感想ですが、
作品としての見ごたえは充分、期待して良い映画です!
(但しかなり疲れるので、簡単に映画を観たい時には不向き)

杉本彩さんは、TVでも、この映画の中でも、とても美しく好きですが、いつも全く色気が感じられない不思議な女優さんです。
この映画の中でも、身体も、顔も、表情も、ダンスも、縛られてよだれをたらしているシーンでさえ、最高に美しいのに、
全裸になっても全くいやらしさを感じさせないのは、さすがと言うべきか、残念と言うべきか・・
やはり、色気、いやらしさと言うのは、「ちょっと性格が悪そう」「ちょっと身持ちの悪い女性」
そして「媚び」あるいは「無垢」「計算してない隙」がないと成立しないのだろうか?
完璧な女性は性的にはそそられないのだろうか。
と考えさせられました。

撮影はかなり大変だったそうですし、本当に美しい全裸、見せきる潔さ、根性は素晴らしいですが、
どこかミスマッチのような残念感が残るので星四つ。

野村宏伸さんの演技はいつも同じで、今回も「虚勢をはっているが内心ビクビクしている青年」
しかし、そんな野村さんが出てくると、とてもホッとする不思議な存在感が印象的でした。
ものすごい状況の中で愛する家族(夫)に会えた時の安心感が出ていた気がします。

ストーリーについては「夢の話」として流してシーンづつを観た方が分かりやすいかもしれません。


花と蛇2 パリ / 静子

(購入者の評価)
賛否両論かもしれませんが、私は杉本彩さんの美しさにぴっくりしました。ストーリー性はあまりない感じがしましたが、エロスを表現するにはとてもかったのでは?と思いました。女性にもぜひぜひ見てほしいです。

自虐の詩 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
 見るのが怖かったけど、とうとう見ちゃった。やけに評判がいいから、見てみようかと思って。でも、・・・中谷美紀さんは素晴らしい。彼女なら幸江さんが演じられる。これを見て、はっきりとそう思いました。けれども、他は全く駄目。
 そりゃね、もともとは四コママンガですよ。でも、そこには真実があった。業田良家は、真実を描いていた。だから、この漫画は、不滅の名作なのだ。なのに、この映画は、全てを戯画化してしまった。そのために舞台まで大阪に移してしまった。でも、これは東京でなくちゃ駄目なんだ。悲しい人たちの思いのくすぶる東京でなきゃ駄目なんだ。何でも笑い飛ばしてしまう大阪では駄目なんだ。そして、こんなに全てのエピソードを、ありえない冗談めいた演出で描いて、阿部寛はあんな、まさにマトリックスみたいな風貌で、無茶苦茶だ。どうしようもない人たちの悲しみと滑稽さ、その底の寂しさは、ちゃんとしたリアリティの中で描かなきゃ駄目なんだ。
 再会する熊本さんも、レゲエの格好してちゃ駄目なんだ。何の見栄えもしない平凡過ぎるくらいに平凡な旦那さんと、でも、ちゃんとそれなりの安定を得て豊かに暮らせている、そうでなくちゃいけないんだ。
 この物語は、茶化しちゃいけないんだ。
「幸も不幸ももういい。人生には意味がある。」その言葉が届く、まっすぐな映画作りをして欲しかった。味付けなんか要らない。原作の持つ力を、そのまま映像に移し替えたいという熱が必要なんだ。黒沢だって、その熱意で山本周五郎の作品を描き続け、原作に負けず劣らぬ傑作を生みだしたんじゃないか。
 この監督、本当に原作を、映画を愛しているだろうか。逃げずに正面から、映像化して欲しかった。見て、悲しくなった。この不朽の名作を、汚された気持ちになった。でも、繰り返すが、中谷さんは、幸江さんだった。ちゃんと、幸江さんだった。そう感じた。彼女で、もう一度、ちゃんとこの作品を映画化してくれる人がいないだろうかと、そう感じた。


SS -エスエス- プレミアム・エディション

(購入者の評価)
前半はまるで滅びゆく恐竜を見ているようで救いがなさすぎる。車が見たくて見てるのに「暗いよ!」と嫌な思いに。

B級臭しかしない作品でしたが内容はとてもよく面白かった作品でした。こんなにドラマパートが作りこめたのもメインキャストのオヤジ達が本当に味のある役者さん達だったからでしょう。特筆すべきはエノケン。こんなに表情が豊かな役どころも珍しいんじゃなかと思います。「ポルシェやるよ!」の時の清々しさは最高でした。

クワマンはやっぱりクワマンでしたが(笑)


COSMIC RESCUE -The Moonlight Generations- ( 初回限定版 )

(購入者の評価)
SFファンなので。正直いろいろとこのごろの和製SFにはガックリ来ていたため、
期待していなかった。が、V6ファンになってから、ファンの間でこの映画の
評判が高いので、「初回盤がお手頃価格で手に入ったら考えよう」と思っていたところ、
このたび購入の機会があった。ので、先日やっと見た。

だまされた!!むちゃくちゃいい!!正直6人でこそこういう映画を撮ってよJ-STORM!!
(><)

インディーズ映画扱いで多分予算のせいでしょう、セットはぶっちゃけ張りぼてです。
しかし、この映画はドラマで見せる映画なのでした…それがまず予想外。
和製らしい、CGに頼りすぎない工夫にも溢れていて、作り手の心意気やよし!
あっぱれです!

個人的には、カミセン3人は上のお兄ちゃんたちより映像に向いていると思って
いましたが、今回も思いのほかしっかりとした演技を見せてくれています。
(トニは舞台で見た方が圧倒的にいい気がするので)
というか、この時期だからこその作品だったのだとも言えるかも。
ストーリーとして本当にいい出来なのでリメイクしてもいいかもしれませんが、
この役を現在の3人でやるのも少し違うし、他の役者を使うのもちょっと
思い浮かびません。
 あーでも、6人で、この話の続編的なものを、一般公開作品として作って欲しい…
本当に、話が楽しめました!SFファン、特に「プラネテス」が好きな人なら是非!


鬼平犯科帳スペシャル 一本眉

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 中華街のロミオとジュリエット

実録 広島やくざ戦争外伝 義兄弟

GROW 愚郎

(購入者の評価)
俳優の榊英雄初監督作品です。伝説の不良3人組が寺島進・菅田俊・木下ほうかとなれば3人の演技を見ているだけで楽しめそうか。そう気軽に思って見ました。始まりのイジメのシーンはコメディタッチな部分を控えめにしているだけあって、リアルに気分が悪くなり最後にイジメグループをギタギタにしてくれないかと真剣に思いました。すぐに伝説の不良の正体がわかって先が読めてきましたが、それでも最後まで飽きさせない。競争競技に出る前に足を怪我するパターンなんてありきたりだけど、そのベタなとこも演出でしっかりカバーしてくれているところが非常にGOODです。得点映像の榊英雄監督のコメンタリーはいいですね。明るく軽い調子で説明してくれて、助監督のフォローを包み隠さずしっかり語るとこなんて好感もてます。期待の新人監督です。

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 女番哀歌(スケバンエレジィ)

46億年の恋 豪華版

(購入者の評価)
割と好きなのでシビアに星四ツで。 第一印象は映像よりもまず音を感じました。 難解というよりは不明瞭。正直それが不快にも感じられる。けれども世界観の表現に必要なのだと捉えるのであればまったく逆転して、くせになる。 何か重要なメッセージ性があって、それを考えるような作品ではないことは確かです。 粗削りと言ってしまえば、全体がそうな感じはしますが、惜しく思うのは香月の過去の部分です。わざとらしくても良いから、もっと泥臭くして貰いたかった!な、、、背景の町並みがちょっと平和な感じ。香月というキャラクターがこの作品で官能を表すのに重要なのだろうと思ったので…。 80分ちょいで仕上げるなら丁寧に画きすぎると失敗しかねないので、ある意味とても良い仕上がり。なのでしょうが、3時間になっても良いからもう少し慎重に作り上げてほしかったかも。もっとコアでディープな感じに。なんせこういう世界(作品)は到底嫌いとは言えないので。 雰囲気ですが、舞踏の匂いがします。 金森穣の踊りが素晴らしかったです…。

風の果て

(購入者の評価)
待っていたDVD化ですが、全8話、364 分をDVD2枚組みで出すとは…。

同じNHKでも、シルクロードは445 分で5枚組み、
プラネットアースは、236 分で4枚組みなのに!
せめて3枚組みで作ってほしかったなぁ?。

正直、どんな画質になるのか不安で買うのを躊躇している状態です。


ROBO☆ROCK

便利屋として危ない仕事でもなんでもしているマサル。そんなマサルに近寄ってきたのがニラサワという男。彼によれば土星人がまもなく地球を侵略しようとしており、それを阻止するためには眠っている巨大ロボット、ランドツェッペリンを動かすしかないという。だがそのロボットは音声認識でしか動くことができず、そのためにはロボットを作った博士と同じ声紋を持つマサルの力が必要だというのだ! そこでマサルは5000万円をくれるならば、声を提供するというのだが……。
アニメでおなじみのGONZOが手掛けた初の実写映画。全体的にはチープな印象は正直否めない。けれどもまさにアニメで作られそうな話を、それをようやく実写で、ここまでなじませて作れた邦画が出てきたかと、個人的には嬉しくなった。登場人物もかなりキャラ立ちした、決してリアルではない人ばかりなのに、個性的な役者たちがそれを見事に物語に根づかせている。特に真面目ゆえに人とはズレた発想になってしまうニラサワに扮した中山祐一朗の演技は圧巻。本当に愛すべき1本に仕上がっている。(横森文)


週刊真木よう子 恋泥棒ヨーコ

戦 IKUSA 第弐戦 二本松の虎

巷説百物語 飛縁魔

(購入者の評価)
2007年5月リリース。堤監督の『巷説百物語』の第2弾。原作は『続巷説百物語』の『飛縁魔』。『ひのえうま』の言伝を題材にした作品である。

『ケイゾク』・『TRICK』等での堤ワールドが京極ワールドの再構築映像化をしているわけで、映像表現力は確かにすばらしいのだが、脚本がダメだと思う。特に治平があれではいくらなんでも原作も演じている大杉漣もちょっと可愛そうである。あんな演出京極ファンも堤ファンも誰も求めてはいないだろう。もっとフツーの治平でいいだろうに。

そうは言っても映像化表現力は抜群である。『飛縁魔』白菊を誰が演ずるか興味があったが、小島聖はかなりイメージに近かった。と言うことで良い点と悪い点が混ざり合い非常に評価が難しい出来映えだ。脚本書きを別人にしてでも観る者のイメージを大切にして欲しい。


DISTANCE(ディスタンス)

(購入者の評価)
この映画は決して万人受けはしません。かなり人は選ぶと思います。

他の方もおっしゃってましたが岩井俊二系の難解なアート系が好きな人ならいいと思います。ので合わない人には絶対合わない(笑)


ただ、尺はちょっと長いかな??難解なお話だけにダレる可能性があります。入り込めれば全く気にならないですけど。


>> つづきをみる

FLASH OOP for ActionScript 3.0

(購入者の評価)
タイトル通りです。初めの数ページ読んだだけでもかなりためになることが書いてあります。他のレビューでもあるように初心者向けではありません。AS1、AS2で普通に書ける人が、AS3の移行にとまどっている人向けです。買って損はないと思います!レビューしたことなかったのですが、レビューしようと思うくらい良い本です!

セミナー現代地方財政〈1〉「地域共同社会」再生の政治経済学 (勁草テキスト・セレクション)

地域経営と内発的発展―農村と都市の共生をもとめて

セミナー現代地方財政―「地域共同社会」再生の政治経済学

(購入者の評価)
何から勉強していいのか分からない人は、これを一通り読んで問題意識を醸出しましょう。
地方公共団体が今どんな問題を抱え、どう対処していくべきか、これが分かっていない人は、組織を牽引していく人材であるとは判断されません。


>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4