榎木孝明

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
榎木孝明 おすすめDVD 榎木孝明 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
真田太平記 第弐集

(購入者の評価)
真田=幸村の方は、是非この作品を最期までしっかり観て下さい。
真田一族(昌幸から始まる世代)の生き様が、描かれています。
また配役が素晴しい!
真田家がいかにして、戦国時代を生き抜いたのか。幸村だけが、
特筆されるものが多い中、昌幸・信幸の存在感をも描かれた、
稀有な作品です。
是非最期まで観てご堪能頂きたい、日本で5本指に入るであろう
映像がされた時代絵巻をご堪能下さい。


真田太平記 第壱集

(購入者の評価)
配役と言いい、全てにおいて文句のない歴史ドラマです。池波先生の作品は、映像化されるにあたり、一切手抜きなしで行われます。その中でも、私はこの作品によって、池波先生ワールドにのまれて行きました。
確かに事実(歴史とは見て来たように嘘を言う学問)とは異なるのかもしれませんが、私の中では、真田一族の真髄ここに見たり!!ってイメージです。読書が嫌いな私にあれだけの小説を読む機会を下さった稀有な作品です。
この作品に素晴しく華を添えているのは、本編の中に出てくるお江。そしてそのお江を白木蓮に例えた幸村こと信繁。これにより、私の一番好きな花は白木蓮になりました。そして今も尚白木蓮(丁度今頃咲きますね。)が、一番好きな華であり、人のイメージ像となりました。
是非観て下さい!!


長州ファイブ

(購入者の評価)
現在では計り知る事の出来ない勇気を奮って海の向こうに旅立った若者達に想いを馳せて送る現代へのメッセージ。見る者を選ばない好作であるのにやぶさかではない。しかし、それまでの、余計な説明を削ぎ落として、描かんとする人物の核心に鋭く迫る、静かでストイックな五十嵐監督の演出を知っている自分にとっては、本作はやや説明を盛り込み過ぎるきらいは否めない(生麦事件や御殿山の焼き討ち、顔見せよろしく登場する有名志士達)。そういうのはテレビや映画の大型時代劇に任せておけばいいのだ。後半、三人が英国に残り、特に山尾を中心に物語が進むあたりで引き締まった感じになってきたのだから、やはりこの映画、「ファイブ」そのものに擬縮したストーリーにして山尾目線で語らせた方が良かったのではないだろうか。僭越な感想で恐縮ではあるが。

死者の書

(購入者の評価)
川本喜八郎さんの人形が素晴らしいですね。死者の書は難解であるが故に映像化は不可能と言われ続けていましたが、このテの手法がありましたね。内容については前の方が詳しくレビューしていらっしゃいますので省きますが、私も語り部のお二人が素晴らしいと思います。

ムルデカ 17805 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
とにかく驚かされました。
こんな事実があったとは、知りもしませんでした。
アレンジはされているようですが、日本人でありながら
インドネシアの独立の為に命の限り戦った日本兵がいた事、
その日本兵を最後まで隊長と慕い、戦い続けた現地の兵が
いた事。
力の篭った作品でした。


天と地と 天の盤

(購入者の評価)
言われているほど駄作ではありません。
むしろ個人的には大好きな映画です。

スペクタルというよりも叙情的なイメージの映画です。
謙信が渡辺謙さんだったらという方も多いですが
この映画では榎木孝明さんで正解だったと思います。
本来、国主になりたくはなかった男が徐々に追い込まれていき
最後戦国武将として生きる事を決意する流れを榎木氏は良く演じています。
あまり台詞は多くなく俳優さんの熱演で場面が持っている感じがあります。
キャラクターの心理描写の解釈は視聴した観客に下駄を預けた感がありまして
そういう意味で万人向けでない映画だったのだと思います。

話題になりませんでしたが意外に面白いのは鉄砲の使い方ですか。

戦国時代の神仏頼み(諏訪太鼓)、一騎打ちの中世が
一発の銃弾でぶっ壊されていくのは印象的。
川中島で鉄砲が大量投入(両軍で1000丁?)されたあげくに二段打ちしているのはトホホですが。

武田本軍の前に上杉軍の大軍が現れるシーンは圧巻。
その後の大乱戦はスゴイの一言です。
あとは伊藤敏八さんの柿崎が無茶苦茶カッコよかった!!


LOVEHOTELS ラヴホテルズ

(購入者の評価)
ラブホテルを舞台に4つの短編で構成されてるけど、
正直サエコの短編(4番目)だけでいい。
無理に4作品を繋げたかんじがいなめない。
しか?し!サエコの出てくる短編はかなり好き。
あの世界観、見てて楽しいです。
何気にいい話だし。


赤い運命 DVD-BOX

(購入者の評価)
綾瀬はるか演じる尚子が天使のように見えました。まさに綾瀬はるかにふさわしい役でした。はるかちゃんはかわいいよね。


逃亡者おりん DVD-BOX 上巻

(購入者の評価)
昭和風時代劇ファンの方にお勧めの逸品です。あの名作、斬り抜けるを彷彿させて最高です。青山倫子さんは言う事なし。堂々たる主演ぷりです。時代が昭和なら銀幕で大活躍されてることでしょう。個人的には左とん平氏の好演がうれしかったです。大河には絶対まねできない平成時代劇の到達点です。

逃亡者おりん DVD-BOX 下巻

(購入者の評価)
昭和時代劇を観て来た方なら、気に入ること間違いなし。青山倫子さんの颯爽とした存在感はかつての大女優の風格を感じさせます。まさに遅れてやってきた大女優でしょうか。時代が昭和ならとんでもなく売れていることでしょう。物語ひとつとってみても、かつての名作時代劇に引けをとらぬ面白さです。個人的には斬り抜けるを超えたと思いました。

安藤昇自伝 渋谷物語

(購入者の評価)
安藤昇の自伝を基に作られた映画で、主観が強いものとも思えましたが、愉しんだと思います。

 戦後日本の渋谷を一時期支配した安藤氏は極道の新星でした。

 私は極道というよりは、明石屋万吉のような任侠さんには興味ありますし、現在で言う、暴力団とは一線を画す、渡世人には実に愛着がありますな。

 堅気の衆には迷惑を掛けないという姿勢がいいですね。

 世の中、どうしても体制には組み込まれない人間がいます。気はいいのですが、不器用だし何をやりたいのかわからない。そんな人間が、街をウロウロしていては困りますから、こういう人間をまとめて、彼らなりの掟の中で生きてもらうことは、一つの必要性とも考えるのです。

 いまは、法律によって彼らの行動を厳しく取り締まるようになっていますが、それが帰って、善良なる市民社会に潜伏させ、素人でも売春を行ったり、麻薬を嗜んだりするようになっています。

 或いは、この区画は極道さんが仕切っていると、はっきりレッテルを貼れるような土地があったほうが、一般人としては、近づかないし、近づくなら近づく覚悟をしてその街に出入りできるのです。

 法律というのは諸刃である場合が多いなと、そう感じるわけです。


長州ファイブ chosyu edition

(購入者の評価)
 久々に?硬派な松田龍平が拝めます。たとえば、主演松田龍平の大河ドラマの総集編第1部完、という感じかな。共演者もみんな芝居ががっつりと良くて、若くて男前。男前度で星5です。
 内容は夢と希望と野心を抱いた幕末青春グラフティです。
 歴史物、それも幕末ものというと登場人物が多く時代背景が複雑なので、歴史物はちょっと…と敬遠する人もいらっしゃるでしょう。でもそうした視点は抜きでも大丈夫。とりあえず主演の5人は顔が個性的で一目で見分けられるので、他の登場人物が誰なのかわからなくてもお話に置いていかれることはないです。歴史通の御仁は、なんの説明もなくても、誰が誰の役なのか見ていればわかると思います。
 


仔犬ダンの物語

(購入者の評価)
映画としてちゃんと成立してると思います。可愛い女の子と可愛い犬、そして実話の話って書くと安っぽそうと思う人もいると思いますが、ハロプロファンじゃなくても一本の映画として良くできてると思います。確かにハロプロファン以外の人には唐突に出てくるハロプロメンバーがちょっと…って人もいると思います。正直言って娘達の芝居は微妙だし。しかしアイドル映画の名手である澤井信一郎監督の腕がさすがにいいんだと思いますが、メインのキッズ達は生き生きしてて素晴らしい。器用な芝居をさせようとするのではなく、素材の良さを上手に引き出してる感じがします。芝居の上手い下手ってのとは違う瞬間といいますか、一瞬の表情とか仕草など演出された芝居とは違うものを上手くとらえてるんじゃないかなと思います。友達を探して自転車こいでるとこなんて、ただ自転車こいでるだけなんだけど凄く好きですね。話は実話みたいなので脚本も凝った話を作るよりも登場人物をちゃんと描く方に気を配ってる感じがします。子犬を飼うのに反対する人達や物事を勝手に決めてしまう親なんかを悪役にして、ラストでその人達が反省するみたいなのがこう言うアイドル映画の定番なんですがそれをしないのは良かったですね。子供から見た真っ直ぐな批判をそのまま受け入れるってのは、子供の観客にはいいけど大人の観客はやっぱり納得できない。主人公は悪い子じゃないけど他人を思いやる事とか立場を理解する気持ちには少しかけている。捨てられた犬をキッカケに成長していく話は好感がもてるし、納得できる展開なんじゃないかなと思います。しかし、制服のこんこんは可愛いなぁ。

わが愛の譜 滝廉太郎物語

時をかける少女

(購入者の評価)
尾道三部作のあの名作を
なんと角川春樹、自らが監督してリメイク!
とこれだけで、見たくなる一品。

作りは、かなりオーソドックスで、
大林宣彦版に比べると作品内に流れる時間もゆるやかだ。
画面の美しさは、やはり大林版に見劣りする感はあれど、
監督が何を大事にしているかが伝わってくる。

これで主演の中本奈奈に、原田知世並みの透明感があれば作品の評価もグッと上がるだろうに・・・。
監督の弟の芸能事務所所属の中村俊介とこの中本奈奈を使ってくれと言われたからなのか、そこが惜しい。

手前に物を置いた、いわゆる「ナメshot」がお好みのようで多様されているが
ラストシーンでロウソクの炎ナメで走る芳山クンのカットが、
燃え盛るのは「恋心」のようで非常に良いカットだった。


のばらの村のものがたり II 旅路[通常盤]

のばらの村のものがたり I 四季[絵本付きDVD]

(購入者の評価)
今までVHSで出ていたものがようやくDVD化されました。価格も4本入りで3000円程度と非常に安価でよいです。オリジナルの英語音声も入っていてなお良し。
ただ、絵本の出来がいまいち、というか子供向け。読み聞かせには良いかもしれませんが、原作知っていると非常に物足りなく感じます。
原作重視の人は絵本なしのほうを買って、原作は英語版で楽しむのが良いかもしれませんね。


のばらの村のものがたり II 旅路[絵本付きDVD]

(購入者の評価)
同時発売の「四季」と同じく、DVD自体は非常に良いですが、絵本がちょっと物足りないです。
また絵本同梱ならDVDと一緒にパッケージに入れるなどの配慮がほしかったですね。
ビニール袋から出すとばらばらになってしまうので。


のばらの村のものがたり I 四季[通常盤]

(購入者の評価)
子供の頃大好きだった絵本がDVDになりました。
絵ではなく実写版ですが、原作の美しさをしっかり残しています。

ただ、絵本がベースにはなっていますが、
1本が25分と長くなっているので、かなり内容をプラスしてあります。
絵本の様にサラッと楽しむには、1本がやや長い感じもするので星4つにしました。
(6歳の娘はとても楽しんでいました。)

物語的には絵本の期待を裏切っていないので、
絵本のファンだった人は『買い』だと思いますよ。
ワタシは続編も購入する予定です。


天河伝説殺人事件

(購入者の評価)
正直言って、他のレビューの評価がイマイチなので驚きました。

私は特に内田康夫氏のファンではありません。
純粋に市川崑監督のファンですので、原作のことには精通していませんし、市川映画の文脈でしか評価はできません。
あくまで原作は原作で、映画は映画ですから。

個人的には、この映画、市川監督のカラーの良く出た良い作品だと思っています。
「映画は光と影」という信念を持つ市川監督。
まさに面目躍如、素晴らしい陰影の世界を描き出しています。
ほの暗い日本家屋、鬱蒼とした森林など、自然光を繊細にとらえた映像が素晴らしいです。

また、市川映画の特徴でもある、何ともいえないユーモアが、主人公の浅見に漂っていて、やはり往年の名作:金田一シリーズのニュアンスが思い出されます。
話によると、この作品は角川映画が金田一シリーズの後にシリーズ化を狙っていたものだったようです。
残念ながら、なぜか「ファイル1」のみで続編が作られることはなかったようです。
私個人としては残念です。
続編も是非見てみたかった。
出演してる俳優人も、市川映画の常連とも言えるような名脇役が顔を揃えており、なんとも微笑ましく感じました。
最後に石坂浩二がチョイ役で出てくるあたりも憎いなぁと。

それにしても、この作品に出てくる能のシーン、出色のできです。
能の緊張感あふれる舞がその空気感までもとらえられているように感じます。
能など見たことがありませんが、是非見てみたくなりました。

市川監督、亡くなってしまいました。
これを機会に、過去の作品も多くの皆様に見ていただけると嬉しいと思います。
この作品、一押しとは言いませんが、面白いことは間違いないと思います。

<私の大好きな市川映画>
1954億万長者
1959野火
1959鍵
1961黒い十人の女
1973股旅
1976犬神家の一族
2000どら平太


>> つづきをみる

古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」

(購入者の評価)
1,2年程前に買った本。トレーディングの最中に
座ったまま、肩凝りや首の後ろの部分の凝りを解す事が出来るので、
大正解の一冊だった。人間と言うのは、太古以来、極度の緊張が強いられる
「戦闘か逃走か」と言った状況では、直ぐに体が反応できる様に、
肉体の筋肉に血流が大量に回るような仕組みに為っていて、
その分、首から上、詰まり、脳への血流が減少して、
文字通り「血の巡りの悪い」状態に為ってしまう。
トレーディングでも、同様で、極度のストレス・緊張を感じると
パニック的な売買をしてしまうのは、この様な「生物学的」根拠に
基づいて、説明が可能である。
この古武術の本の他にも、オフィスで椅子に座ったままでも
5?10分程度で出来るヨガの本も有るので、其方も参考に
すると良い。


時代劇マガジン Vol.18 (タツミムック) (タツミムック)

空の詩(うた)―インド・チベット聖地への旅

心は風のままに

水と緑と光の大地

鷹の道

光と影の交差点―イタリア水彩紀行

自分への旅―風の旅、心の旅〈2〉

この今を生きる

旅の水彩スケッチ―はじめてでも上手に絵が描ける

(購入者の評価)
「ただ目の前の景色を楽しんで描く、それだけなんだ」と言われる。ともすると、うまく描こうとして野心を持ったりするのですが、私たち素人で絵心のある者は、なるほどこんなふうにリラックスして描けばいいのかと納得しました。日本各地に旅して描かれたご自身の絵をいくつも紹介されていて、さわやかな水彩画タッチがいっぺんに気に入ってしまいました。初めての方におすすめしたいという16色の絵の具など準備してしまいましたよ。もう一度確かめますが、ヘタな絵でいいんですね。次の休みには山陰の方に旅するんです。榎本さんにはほめてもらえないけど、自己満足して「私一人しか描けない絵」を山陰土産に持って帰りますからね。

榎木孝明 ロケ地の情景―日本の世界遺産をめぐって

風の旅、心の旅

ギリシャの風に吹かれて

BM―美術の杜 (07)

榎木孝明 東京讃歌―足の向くまま気の向くままに

旅の面影

風の人―浅見光彦ワールド〈1〉 (浅見光彦ワールド 1)

ブッダに帰れ!―友愛と非暴力の教え

東京散歩―水辺の光にさそわれて

いい加減なスケッチのすすめ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4