江藤潤

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 
江藤潤 おすすめDVD 江藤潤 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
影の軍団II COMPLETE DVD 壱巻【初回生産限定】

祭りの準備

(購入者の評価)
高知県中村市出身の異色脚本家・中村丈博の半自伝的作品を名匠・故黒木和雄監督が映画化。地元の信用金庫に勤める楯男(江藤潤)は、うだつの上がらないダメサラリーマンで、父親(ハナ肇)は外に女を作って別居中、何かと干渉してくる母親ときよ(馬渕晴子)との生活にも嫌気がさしていた。反対に、東京でお尋ね者になって中村に帰ってきた過去がある利広(原田芳雄)は、すねに傷を持つ自分を快く受け入れてくれた故郷がいとしくてたまらない。

誰と誰がくっついて、誰が誰の子を宿したのかなんて噂はもちろん、会社の営業成績まで近所にツツ抜けの楯男の生活。“プライバシー”などという言葉は、はなっからここ中村には存在しないのだ。人波に紛れて匿名で生活可能な東京スタイルは、楯男の目にはさぞや魅力的に映ったことだろう。一挙手一投足を細かく干渉される田舎生活は、B型の自分に言わせれば「うぜぇ」の一言。まして身内の恥までバレバレとあっては、東京脱出以外生きる道がないと考える主人公の気持ちは良くわかる。

そんな楯男とは対照的に描かれる利広は、中村に帰ってきても悪事を繰り返す根っからの“ワル”であり、しまいには○○○○まで犯してしまい中村にもいられなくなってしまう。旅立の日、田舎を出たがる男と田舎に帰りたがる男が駅のホームでばったりと出くわすクライマックスシーンは印象的だ。シナリオライターとなって都会生活にボロボロに疲れ果てた時、利広と同じように楯男=中村丈博もやはり故郷の中村に帰りたいと願うのだろうか。

遠くにあるからこそ思い出す故郷のありがたさを、パラドックスに描いた作品だ。


夢追いかけて



(購入者の評価)
クレジットを見ると78年の作品だが劇場公開は80年。時代背景はもう少し前の印象。79年カンヌ映画祭批評家週間オープニング作品ということは今回購入して初めて知った。
ちょうど浪人している頃に「ぴあ」に載っていたレビューを見て銀座の確か文芸座で見て以来、四半世紀ぶりに再会した。たった一回(いやその後もう一回見たかも・・)しか見ていないのだが、鮮烈な描写と軍艦島の非常に印象的なフラッシュバックが、以来焼きついて離れなかった。なぜかわからないが「白日夢」という言葉を連想してしまう作品。
かつてビデオでも発売されていたことは知っていたが、ついぞお目にかかれなかった。DVD化に拍手喝采。


彼らの海・VIII -Sentimental Journey-

(購入者の評価)
後半はじんわりと胸に熱いモノが込み上げて泣けました、淡い恋心とほろ苦い思い出。生活のために夢を諦めるシンゴ、夢を持てないと悩むユウスケ、夢とは違う道を歩まされるナギサ、三人の恋の行方、葛藤…誰にでも感じた事のある気持ちと経験が天草の海と町を舞台に語られていきます。疲れた現実から少し離れて心が解れるような、そんな感じがしました。EDのボクラノテもグットです。

人魚伝説

(購入者の評価)
伝説的カルト作品だけに映画的強度には大したものがあり、「天使のはらわた 赤い淫画」などで萌芽が見られた池田監督独特の過剰さの美学は、この作品において極点に達していると思う。
たださすがに、終盤の女一人による大量殺戮には、驚きを通り越して吹き出してしまった。「女囚さそり」どころの騒ぎじゃない。夫を殺された怒りの凄まじさは伝わってくるが・・・。

白都真理は熱演しているし、傑作は傑作なので☆四つ。


帰らざる日々

(購入者の評価)
この映画は青春ものの名作だと思う。冒頭の帰郷する電車の車中から、すんなりと映画に引き込まれた。
永島敏行は大根役者だが、この作品の主人公や「サード」の主人公は、本当にハマリ役だった。そして何といっても、主人公の親友を演じた江藤潤が鮮烈な印象を残す。良い映画にはたいてい、忘れ難い存在感のあるキャラクターが登場するが、この映画では彼がまさにそれ。
アリスの主題歌もイイ。


第25作 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花

戦国自衛隊 DTSコレクターズ・エディション

(購入者の評価)
当時は角川映画と言えば《宣伝に金をかけて中身の無い映画》と評論家がこぞって口撃したものだ。ところが現在では最も駄作と評された「人間の証明」も名作扱いだ。私は当時から角川映画大好き人間であった。宣伝で煽るお祭現象も含めて熱狂的「映画体験」といえる。この「戦国自衛隊」は自衛隊の協力が得られず、戦車を丸ごと造りましたというお祭映画。現在の映画への協力が嘘の様に、当時は閉鎖的だった自衛隊。
協力を仰げなかったことが、皮肉にもこの映画を目茶苦茶面白くしてしまった。自衛隊に遠慮すること無く、無軌道な行動に走る隊員やクーデターを起こす隊員を生き生きと描いている。最新兵器を借りて撮影した《1549》は自衛隊の顔色を伺いフヌケ映画になっちまった…。
ただ一つ残念なのは、角川春樹の「青春グラフィティでいこう!」という発想で起用された斎藤光正監督も悪くなかったが、やはり深作欣二に、千葉真一の狂気に焦点を絞り監督して貰ったらもっともっと凄い映画になっていたに違いないと想う度に悔やまれてならない。


祭りの準備

(購入者の評価)
赤い布切れは、潮風にボロボロになりながら、未枯れ枝に纏わりついている。
飛ばされて空に舞いたくても舞えないまま、やがて朽ち果てて行きそうだ。

四国西南端の田舎町、滑稽なまでに精一杯生きている人々。
大きな絶望を含んだ閉塞感で、今にも押し潰されそうな自分という存在。
溺愛する母親の小鳥を逃がすことで、自分も脱却できるのか・・。

祭りの準備をしてきたが、きっと憧れた東京には祭りなどない。
ドロドロした自らの故郷にこそ祭りは確かに存在し、そのことを知った主人公は、
原田芳雄の妹のように、節の外れた荒城の月を歌いながら帰ってくるのだろうか。

中島丈博の脚本、黒木和雄の監督、原田芳雄の快演という夢のような
コラボレーションによって、この作品はATGの頂点を極めた。

竹下景子のお宝映像など忘れてしまいそうなエネルギーだ。


私は見た! 雨の中の殺人

青春の門 第二部 DVD-BOX I~自立篇・前半~

素人助役奮闘記

(購入者の評価)
我が敬愛する成田三樹夫氏が出ているので購入したこの作品。
どうかというとまぁ、いってしまえば僕は三樹夫氏が出ていなければ買っていなかったと思う。
なんかむかし日曜日の昼間とかに再放送してたな的な感じのノリで悪くないんだけど、これは!といった作品ではないなと個人的には思います。


祭りの準備 ニューマスター版

(購入者の評価)
赤い布切れは、潮風にボロボロになりながら、枯れ枝に纏わりついている。
飛ばされて空に舞いたくても舞えないまま、やがて朽ち果てて行きそうだ。

四国西南端の田舎町、滑稽なまでに精一杯生きている人々。
大きな絶望を含んだ閉塞感で、今にも押し潰されそうな自分という存在。
溺愛する母親の小鳥を逃がすことで、自分も脱却できるのか・・。

祭りの準備をしてきたが、きっと憧れた東京には祭りなどない。
ドロドロした自らの故郷にこそ祭りは確かに存在し、そのことを知った主人公は、
原田芳雄の妹のように、節の外れた荒城の月を歌いながら帰ってくるのだろうか。

中島丈博の脚本、黒木和雄の監督、原田芳雄の快演という夢のような
コラボレーションによって、この作品はATGの頂点を極めた。

竹下景子のお宝映像など忘れてしまいそうなエネルギーだ。


青春の門 第二部 DVD-BOX II~自立篇・後半~

>> つづきをみる

ヴィジュアル・ダーマトロジー (Vol.1No.5(2002-8))

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4