我修院達也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
我修院達也 おすすめDVD 我修院達也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ハウルの動く城

(購入者の評価)
ジブリがここ数作でちょっと変わったのは、全ジブリファンが認めることだと思う。そして昔からのジブリファンにとってはそれがとても受け入れられないらしい。
私はナウシカやカリオストロからのジブリファンだが、今のジブリも好きだ。
昔の作品は、メッセージがとても分かりやすくストーリーもシンプル。純粋に楽しく、諭される映画だったと思う。
今のジブリは、「考えさせる映画」だと思う。ストーリーもメッセージも、何通りもの解釈が出来るまま受け手にほうりだされる。私はハウルを見た後も色々な謎で頭が混乱してしまった。
しかし、この考えることこそが必要なのだ。ソフィの容姿の変化、ハウルの正体。これらの謎を自分なりに考えていくことで、自分の哲学が増えるのではないか。
最近のアニメのように、作品に全てを説明させるようなものよりも、「考えさせる映画」こそが、これから必要だ。私はそういう点でこの映画を高く評価する。
また、声優は、ソフィの若い頃は難点だったとはいえ、他は見事だ。キムタクだからといって叩くのは気の毒だと思う。映画を見る時くらい心を広く構えて見ようよ。


ビギナー 完全版 DVD-BOX

(購入者の評価)
 新人のころのミムラさんは、ひたすら一生懸命のようでしたが、役者ぞろいの作品です。堤さん、松雪さん、北村さんは、さすが!としかいいようがありません。他の俳優さんたちも、キャラと合っていました。
 派手な作品ではないと思いますが、ほのぼの感もあって、法律という堅い内容なのに、あまり肩もこらず、のめり込んで見てしまいました。
 これいいですよ。 


ハウルの動く城 特別収録版

(購入者の評価)
対談も最高でした。識者と識者の対談は、言葉の壁なんてありゃしない。
繋がって行く。外国語を勉強するよりも、人格を磨いたほうが、話せるのか!?とさえおもってしまいました(笑)

 映画の中にはメッセージが沢山こめられているとかんじました。まだ狭小な読み取りの私ですがハッとした言葉がある。

「飛行軍艦だ」「敵?味方?」ときくと、「どっちでも同じことだ」とハウルは答える。
戦争ってそういうことなんだ、敵、味方、どちらも破壊し、人を苦しめるのでは何も違えない。 わたしたちは戦争をもう繰り返すべきではないと、聞こえてきた気がしました。

あとはこの中にでてきた火の悪魔は、大きな力を出すときには誰かの何かを食べなくてはだめでした。火の悪魔はいいます「僕一人じゃできないんだ」って。
大きな力をだすためには、きっと、、、。

さあ、ここから先はまず見てみてください!下手な小さなことにこだわると、大切なことは
見えません。 この映画は説明がすくない。説明できない。あなた次第で
映画がおおきくふわっと膨らんで、そこからはあなたの中で「ハウルの動く城」!!!!

絶対おすすめ!!!!!!


茶の味 グッドテイスト・エディション

(購入者の評価)
 石井監督作品は、鮫肌が最高傑作であることには異論ないはず。あんなに面白い展開はちょとやそっとでは真似できない。パーティ7は、テンション高くてかなり参りました。今度の『茶の味』は、丁度塩梅が良かった。まるで『夢』や『八月の狂詩曲』をかなりモダンに仕掛なおしたような味わいとでも言いましょうか。それにしても、役者の皆さんがドンぴしゃのはまりで何が始まるかと待ちかまえながら観ました。とても、ほのぼのとなりました。とっても大好きな作品です。GOOD_(._.)_

ハウルの動く城 + ジブリがいっぱいSPECIALショートショート ツインBOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
宮崎駿監督は好きなんですけど、今回は原作があって先に原作読んだ私はちょっと好きになれませんでした。原作のが印象強い本だったので、見ていて話がいっぱいとばされていて、頭がついていけませんでした。けれどやっぱ見どころは、ぽつりぽつりあったので、星は3つ!!φ(..)

ROBO☆ROCK

便利屋として危ない仕事でもなんでもしているマサル。そんなマサルに近寄ってきたのがニラサワという男。彼によれば土星人がまもなく地球を侵略しようとしており、それを阻止するためには眠っている巨大ロボット、ランドツェッペリンを動かすしかないという。だがそのロボットは音声認識でしか動くことができず、そのためにはロボットを作った博士と同じ声紋を持つマサルの力が必要だというのだ! そこでマサルは5000万円をくれるならば、声を提供するというのだが……。
アニメでおなじみのGONZOが手掛けた初の実写映画。全体的にはチープな印象は正直否めない。けれどもまさにアニメで作られそうな話を、それをようやく実写で、ここまでなじませて作れた邦画が出てきたかと、個人的には嬉しくなった。登場人物もかなりキャラ立ちした、決してリアルではない人ばかりなのに、個性的な役者たちがそれを見事に物語に根づかせている。特に真面目ゆえに人とはズレた発想になってしまうニラサワに扮した中山祐一朗の演技は圧巻。本当に愛すべき1本に仕上がっている。(横森文)


逃亡くそたわけ 21歳の夏

(購入者の評価)
精神疾患患者ふたりが主人公なのだが、なぜ精神を病んだのかの経緯がまったく明かされていないので観る側としては(特に健常者は)共感を抱きにくいのではないか。
人間の関係性についてのメッセージ性は多少あるものの、ヘーゲルだのなんだのの引用の域に留まっており、独自性はまったく打ち出されていない。
引用以上のものがなにもないなら、この作品は作られる意味がまったくなかったのではないか。

ただ、主演の美波さんの演技に関しては非常に面白かった。
うつろな表情のつけかたとか、メンヘラっぽさをわきまえてる感じ。
ボーダーラインっぽい言動も巧い。経験からきているような凄み。
はかない美しさと伸び伸びした明るさの危ういバランス感覚。巧いなあ。きっと将来もっと名が売れるんだろうなあ。


山よ

(購入者の評価)
 いつか誰かやってくれんかな、と思うようなことをやってくれたなあ。しかも「山」って・・・。
 歌詞も「山」「山よ」「山は生きている」これだけ。なんなんだよこれ、と思うがこいつが頭から離れない。振り付けも簡単だ。なのに真剣だよこの人達。新興宗教のPRに使われそうな、それでいてクスッときてしまう石井ワールドがこれだけで分かってしまう。
 ああ、なんだか洗脳されそうですよ、本編も見なくては。
 あなたも入信しませんか?お布施はDVD代だけで結構ですよ。


茶の味 グっとくるBOX

(購入者の評価)
 フフフ、まさかねえ、これがカンヌで上映されるとは。選考する人はどんな基準で選んだのか聞いてみたくなる。
 えー、今までの作品から家族的な作風になったわけですが、全く石井監督らしさは損なわれていない。バカバカしさと鮮烈さ、ええいやってしまえという勢いを感じる。
 それでいて家族の面もしっかり描かれているというところがいい。大げさな出来事が家族に起こるわけではなく、外で起きたことを家族で話したり、身近なことを映像としたり、そういったやりとりが現実的で今までの家庭邦画と違うのかな。
 監督は「ちびまるこちゃん風なものを撮りたかった」と言われていたが、そんな感じは受けなかったけれど。
 三浦友和もいい役者になったなとか、オジイは昔の役者名(若人あきら)じゃんとか。青春の青臭さもリアルだ。エンディングの曲も映像もスーッと清々しく、一服の茶をご馳走になった気分だ。

 私は土地柄お茶は結構飲む方だ。しかし、昔はあまり飲まなかった。子供のころ苦く感じたお茶も今では美味いと感じる。
 なかなかできなかった逆上がりや、苦く甘い高校時代の思い出やそういったもの「茶の味」をご賞味いただきたい。 

キャバギョ!

赤龍の女

(購入者の評価)
以前に実物を見たことのある美崎悠初主演という只それだけの理由で見ました。届いたパッケージのジャケットに「キルビルの刀剣シーンを超える!」という説明文が載っていて、あまりの大風呂敷ぶりに圧倒されました。冒頭に美崎悠の殺陣アクションシーンがあるのですが、これがフルフェイスをかぶった明らかなスタントマン。ここでガッカリしてしばらく放心状態で見ていると、なかなかシリアス風なストーリーに思わず食い入りました。途中で音松三兄弟というわけのわからない殺し屋キャラクターが出てきて、音松一号役には我修院達也。ずっとタカアンドトシのタカだったと思って見ていた音松二号は、後で調べたら実はただ似ていただけの脚本家の末満健一というオチ付き。音松三兄弟を冷静に見つめて演技を続ける遠藤憲一の目はとても笑える。肝心の美崎悠は陰のあるオンナという役柄なので最初はおばさんみたいだったが、中盤からイイオンナになってきました。顔だけしか映っていませんが濡れ場もあり、お得感あり。1回目に見たときはこんな感じでしたが、人間相関図で遠藤憲一とボディーガード役の女と愛人との関係を見てみると巧みにドラマ仕立てが凝っています。2回目見てみると、後半アクションシーン最後のバックミュージックも重ねて良いストーリー。個性あるキャスト陣や特典映像のメイキングも含めて良かったです。

ビギナー 3

ビギナー 4

ビギナー 2

ビギナー 1

(購入者の評価)
とにかく初登場のミムラさん、それがとても印象にのこってます。司法研修所での物語なんですけど、これを見ると研修所のなかもみることができて、実際に弁護士など法律関係に進む人は見たほうがいいと思います。もちろん法律に詳しくなくても楽しめますよ


ビギナー 1

ホクロ兄弟 フルスロットル!!!!

地獄プロレス

世にも奇妙な物語 SMAPの特別編

ビギナー 2

(購入者の評価)
私はBOXで購入したんですが、この第2巻が1番好きです♪
第6話はホント笑いっぱなしで(笑)^_^
OAではカットされていた今日子さんと楓ちゃんの

今日子さん「アンタ誰?」
楓ちゃん「楓です。」
今日子さん「苗字か名前かわかんねーよ!」
楓ちゃん「苗字です!」

な会話がカナリ面白かったです〜v

第4話では田家さんと森乃さんの過去のつながりが分かるんですが、
さりげなく森乃さんをかばう桐原の行動は見なおしましたね〜。
全ての話に共通する事ですが、最後にはホロッときます。
思いっきり笑いたい人、感動したい人にはお薦めです!

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4