劇団ひとり

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 
劇団ひとり おすすめDVD 劇団ひとり おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
魔王

(購入者の評価)
智くんファンの私ですが、魔王は今一歩はいりこめないドラマでした。演出の問題かな?うすっぺらな演出だった気がします……

が!!しかし!!最終回ラスト30分だけは前言撤回です!!引き込まれて引き込まれて!!涙の嵐です(嵐って言いたいだけ)お二人の迫真の演技から目が離せませんでした。

なのでラスト30分だけのためにこのDVDを買っちゃいます


ゴッドタン~キス我慢選手権 完全版~

(購入者の評価)
編集の都合上でカットされてます
リターンズの小木さんの部分が殆んど無いのはガッカリかな
特典を切ってでも見せる部分は切らないべきだと思う


怒りオヤジ3のDVDですけど何か…?(2枚組)

(購入者の評価)
毎週見てみます。8/8日のは感動しました。絶対かいます

陰日向に咲く 通常版

(購入者の評価)
気分が晴れやかになる作品でした。 キャスティングもマッチしてましたし、要所/\で見えたユーモアも心地好く、話の連鎖もほぼ見事でした。 二つ残念なのは、平山あやと塚本高史の話が他の話と連結しきれてないのと、ジュピター宅の家賃徴集に来た人に岡田がものすごくキレてましたが…アレは違和感感じました。あの金は岡田がジュピター息子と偽って自分の借金返すために集めさせた金ですから、その罪悪感からくる怒りは自分に来なきゃいけない…その自分への怒りの矛先を家賃徴集者にぶつけて悪者にしたてあげてます。そして、自分はジュピターをかばった善人と言う立ち位置になっている。あそこが嫌ですねぇ


メイキング オブ 「パコと魔法の絵本」と「いつもワガママガマ王子」

(購入者の評価)
「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」と次々にユニークで斬新な傑作を連打した中島哲也がまたしてもやってくれました!
本編映画は、その極彩色で人工的な空間の中で展開する奇々怪々な人物たちが繰り広げる可笑しさと優しさが波状攻撃のように襲ってくるグロテスクでピュアなファンタジーで、舞台劇の如き美術、衣装、メイクアップに併せ、アニメーション、CG、超ド級なセットと、極めて映画的な手法が融合した今まで観た事がない日本映画。実写とアニメをシンクロさせたものとしても、例えに出すのは悪いが、今年公開された某ディズニー映画よりもずっと魅力的で作家性が強い。目をみはらされ、笑わされ、しかも、しっかり感動させられてしまうから凄いのだ。
今DVDは、メイキングにテレビ東京で放映されたスピンオフ企画のアニメ「わがままガマ王子」が付いたもの。正直メイキングは番宣とおぼしき僅か20分程度のものだが、それでも本編が出来るまでの気の遠くなるような労力が窺い知れ、演劇的な要素にこだわりながらも、その中でどこまで映画的なものを創作出来るかに挑戦したとの中島の思いが聞ける。原作者の後藤ひろひとのインタビューが意外と聞き応えありなのが演劇ファンには嬉しい。
これから映画を観る人よりも、映画を観てその作品世界に心惹かれた人に、DVDでの再会までの繋ぎとしてお薦め。



ゴッドタン~マジ歌選手権~

(購入者の評価)
深夜番組のゴッドタンのDVDです(笑)
バナナマン日村、東京03角田、ケンドーコバヤシ、劇団ひとりがオリジナル(笑)?の歌を彼らは真面目に歌う企画☆審査員は口に牛乳を入れて、牛乳を吹いたら曲が強制終了(笑)
マジでウケるからみんな見てほしい( ̄ω ̄)


陰日向に咲く 愛蔵版(2DVD+CD)

(購入者の評価)
観ている間中、妙に冷めてしまった
陰日向に咲くというよりも、日向に咲いてるような現実感の無いような人たちが、妙に絶望したり、泣き喚いていたからだと思います
現実の厳しさを舐めているようにしか見えない描き方もあり、ちょっと腹も立ちました
あと、映画よりもドラマ番組向きと思ったのは僕だけでしょうか?


アベレイジ

みひろ 解禁 本●解禁

(購入者の評価)
みひろの作品は初めて見たんですが、他のレビューと同じく『黒い』ってのが印象に
残りましたね。
ただ内容がどうのという事ではありません。
今まで、みひろの作品を見たことが無かったので、イメージ(可愛い?)と大分違って
いたので、インパクトが大きかったと思います。


劇団ひとり 夢空間 1DK ~One Dream Keeper~

リチャードホール 同窓会 山茶花の間

リチャードホール 同窓会 ~菊の間~

電車男 DVD-BOX

(購入者の評価)
一話から最終回までずっと入り込んでみれました。トレンディドラマとは対極にありながらそれでいて愛の本質を見事に描かれたドラマです。キーワードは「電車とエルメス恋の行方」と「ネット住人との友情」でしたがオタクもそうでない人もともに楽しめる作りだったと思います。
まず描写の細かさに感心しました。電車男はじめ他のネット住人の部屋(グッズや本やポスター)が実にリアル。でもわざとらしくなく住人の素の人となりが伺えました。
住人の中でも好きだったのは阪神男と小栗旬演じるAA男、それに最初の頃はアラシと呼ばれていたバスケ男です。
阪神男は心から電車を応援していました。「おれたちは電話線一本でつながっているんじゃない!心でつながっているんだ」や電車が恋成就した時の「春がきーたぁ♪…」は忘れられぬ名シーンです。阪神男みたいに部屋もちらかっててかなりおせっかいだけど人のことで熱くなれるのって素晴らしい。AA男はいつも電車が窮地に立たされると文字で絵をつくり励ましてくれるクールガイです。そんなAA男が電車とエルメスの恋に自分の元彼女と再会する運命も託し成就した時はこっちまでうれしくなりました。バスケ男は最初複雑骨折でバスケができなくなりヤケになって電車の掲示板をアラしてましたが電車の一途な思いが届き、チームは解雇されたけどリハビリしながらまたバスケを再開しました。電車がバスケ男を変えたといってよいでしょう。他にも個性ある住人たちに支えられ電車が生まれて初めて女性に告白しエルメスのもらい泣き、キスが美しかった最終回はまさに「キター!」の心境でした。
イケメン俳優による恋愛模様を描いたドラマもよいけど身近にいそうな等身大の男たちが恋に挑むドラマもすっごく素敵な感じしました。


劇団ひとりの匠探訪記 (完全版)

(購入者の評価)
この匠探訪記は以前CSで放送されて、その時は観れなかったので今回初めてDVDで観たのですが、とにかくすごい作品でした。
最初は匠を紹介する作品として普通にスタートします。けれどMCの女性やひとりさんのテンション、カメラ映しなどいくつか違和感を感じる場面もあって、番組の後半になるにつれてその理由がだんだんと分かっていきます。
最初は砲丸とおろし金を作る匠が紹介されて、最後に笑いの匠である「劇団ひとり」をこの番組の制作を通して密着して紹介するというものです。

私が特にすごいなと思ったのは、地上波では絶対流せないだろうと思われるひとりさんの奇行や奇声、はたまたブラックネタの数々。全てはCSだからこそこの企画は実現したんだろうなと思います。
でも構成はすごくよくできてるなと思ったし、ひとりさんの演技だとか変顔だとかリアルで素晴らしいので、全体を通してすごく面白いし良い作品だったと私は思います。

ひとりさんの作るひとりコントだったり偽ドキュメンタリーだったりこういう毒のある作品だったりとひとりさんの作る笑いは地上波では観れないものが多いように思うので、たまにDVDやCSを通してこれからもどんどんこういうのを作っていってほしいな?と思いました。


リチャードホール 同窓会 ~桔梗の間~

7月24日通りのクリスマス

(購入者の評価)
憧れの先輩と再会した、自信のない女の子の葛藤を描きます。
ストーリーの軸は本当にありきたりなのですが、ややオーバー気味の、芝居風の演出で役者達が好演を見せています。
中谷美紀は「嫌われ松子?」を思わせる見事な動き。こちらの方が、ストーリーが軽いため、かなり観易いです。但し、あくまで、ミュージカル風にはなっておらず、コミカルな演出のみです。
夢が溢れ、現実と空想をミックスした世界観は好き嫌いが出るかもしれませんが、とても素敵です。また、そのため、必要以上に重くなっていない点も好感が持てます。
軽快なテンポで贈る、佳作です。


陰日向に咲く、9つの花~勝てない僕らが咲けるまで~

(購入者の評価)
書籍版に少々着色されより商業的というか親子鑑賞にも適した内容に仕上がっている。やっぱり緒川たまきのジュピターエピソードがピカイチだった。欲を言えばヌードの絵も欲しかった。

電車男DX ~最後の聖戦~

(購入者の評価)
本編の雰囲気を再度楽しめるのはよかったですが、話がばかばかしい。それが持ち味か!?と考えたけど、やはり納得できず。
しっかり練ったストーリーを見たかったです。


完売地下劇場 REVENGE Basement1 無源/Basement2 煩悩

(購入者の評価)
メディアへの露出を極力控えている、ラーメンズの小林賢太郎氏が
自身について・お笑いについて語っている貴重な姿が見られると言うことで
購入しました。

もう何年も前に撮られたものなので、小林さんがこの番組内で語られていることが
今の小林さんの考えと全く同じなのかどうかは分かりませんが、
今現在、舞台を中心に活躍されている所をみると
このDVDの中で語られている、自身の「考え」をずっと貫いておられるのかなと思えます。
まじめに語られている姿は格好良くて、揺るぎない信念にただただ感心するばかりです。

司会者である水道橋博士さんの、小林さんに対する意見(助言?)が
凄く的を得ているなと思ったのですが、
その意見に対して、当時の小林さんはどう思ったのか、
そして今の小林さんは、水道橋博士さんのお言葉を
まだ覚えてらっしゃるのかどうかが凄く気になるところでもあります。


そして、ラーメンズは片桐さんあってのラーメンズだな、ということも再確認させられました。
人懐っこそうな片桐さんと、まじめな小林さんの関係が、他のどの出演者さんよりも
輝いてみえました。

あとは、劇団ひとりさんの喋りのおもしろさと、ダンディ坂野さんの紳士具合も輝いてました。笑


SUPER RIDER みひろ こんな女に乗られてみたい!

>> つづきをみる

陰日向に咲く (幻冬舎文庫 け 3-1)

(購入者の評価)
劇団ひとりの、ひとりコントの延長のような小説で、サクっと読めました。
短めの小説が、数個入っていました。
それぞれまったく別のお話なのですが、他作品の登場人物を、絶妙なところで登場させるあたりはさすがですねー。
確かに、処女作にしてはスゴイと思います。
ただ、正直に言うと、多少の物足りなさを感じていまいました。
期待しすぎたかな。
余談ですが、「あとがき」を劇団ひとりのお父さんが書いているのですが、劇団ひとりへの愛情が伝わってきて、なんとなく感動してしまいました。


ララピポ (幻冬舎文庫 お 13-2)

(購入者の評価)
死ぬほど(嬉しいこと)(悲しいこと)(ビックリするようなこと)があっても、死ぬ「ほど」で実際死ぬわけじゃないから、色んな意味の人生最高潮があってもどこまでも人生ってやつは続くんだよ、という話でした。救いがないかなぁ。人生こんなもんじゃない?

かもめ食堂 (幻冬舎文庫 む 2-12)

(購入者の評価)
"行間"の説明が多い気がします。

映画では、小林聡美演じる「サチエ」の謎めいている部分が魅力だったりするんです(笑)
彼女が合気道がなんでできるのかなんて、ちょっと不思議に思うけれど、”内緒”ってカンジが妙に心地よい...
抜け感?とでも言うのでしょうか?
空白は埋まらなくても良い時もあるのだというのが率直な感想です。

でも、十人十色。
映画を観た後で、”空白を埋めたい”ヒトにはオススメです。
こちらをまず読んで、映画の方は、ストーリーを追わずにノンビリと雰囲気を楽しみながら観るのもいいかもしれません。


ホームレス中学生

(購入者の評価)
涙がですぎて何回も手をとめながら読みました。(泣)もちろん周囲の方々の優しさ、助けに涙がでます。母のことも。でも、実際、特に今の時代は10年前に比べますます、世の中物騒で、隣近所でも何があるかわからない上、自分ちのことで精一杯という家庭が多いのが現実です。人をあてにしてはいけないとよくいわれます。だから、そんな現実に反したあたり、私の周りにそんな困ってる時、ここまでしてくれる人なんていないので、辛くてそんな涙がとまらなくてつらかった。容易に餓死を覚悟したことがどれだけあるか。感動したで終わるのでなく困ってる人を進んで助けた周りの人に学んで、助け合っていきましょうよ。

クイック・ジャパン77(Vol.77)

(購入者の評価)
他の記事も濃いんですが、Perfumeファン以外の方はすいません。
本誌以外で今回のアルバム「GAME」発表についての記事やインタビューがありますが、本誌の特集記事が一番「今そしてこれから」の彼女達について詳しく濃く掘り下げて取り上げています。
 
三人のソロインタビューを同じ時系列で上下三段配置で展開していくレイアウトにもびっくりしましたが、読み応え十分ですし、インタビュアーの切り込み具合も素晴らしいと思います。
また撮りおろしの写真はインタビュー時の彼女達の表情が伺える貴重なものだと思います。
他の雑誌では写真としての表情はあるけど、インタビューの現場を押さえたものではない気がするからです。
 
特筆すべきは、かしゆかのアルバム製作強いてはPerfumeという存在への関わり方についてヘビイな告白をしている点です。一見ネガティヴな内容ですが、一表現者としての真摯さがすごく伝わってきて、それが私自身の彼女達への更なる信頼感につながりました。
 
できたら、本誌ブログで展開している編集者場外対談も併せて読むと面白さ倍増です。


陰日向に咲く

(購入者の評価)
「芸人本」なんかじゃないですね、この完成度だったら、映画化しようって話にもなりますわ。一つひとつのお話の登場人物たちがつながっていくさまなんて、良質な映画を見ているかのようでした。

「オチ」をつける芸人ならではの発想、売れない時代があったからこそ持てるダメ人間へのあたたかいまなざし、育ちのよさから来るやさしさ…いろんなものがあいまって、劇団ひとりにしか書けない物語になっていると思う。


14歳 (MouRa)

(購入者の評価)
14歳ではなかったけれど、自分でも経験した思春期の戸惑いがここに表現されています。
1冊と本として、文章としては、正直未熟なものだとは思いますが、
それがまた思春期の落としどころの無い不安や迷いを浮かびあがらせます。
親や学校や、自分以外のものすべてと相容れなかった時代が蘇りました。

大人が読んでも、渦中の思春期世代が読んでも、
それぞれに違った受け止め方のできる、
思春期の爆発寸前のエネルギーが詰まった本です。


そのノブは心の扉

(購入者の評価)
「陰日向に咲く」がおもしろかったので、この本も読みました。
劇団ひとりが本の中で「僕」として登場。
「僕」はネガティブシンキングで駄目ナルシスト。
今までいろいろなことの期待しすぎて、現実はそうでもないという体験と挫折を繰り返しすぎたにもかかわらず、自意識過剰のまま。飽き性のくせに、食欲と性欲と物欲はとどまるところを知らない。
でも、そんな「僕」のいいところは、駐車場で出会った「石原」さんと、富士山で出会った「藤」さんに対する価値観が同じところ。
誰もが少しは「僕」に自分を置き換えられる、そんな一冊です。
構成として素晴らしいのは、ひとつのエッセイに入る、その導入部分。
劇団ひとりの伝えたい世界が瞬間で目に浮かびます。
「陰日向に咲く」が、様々なキャラクターがばらばらに出てきたにもかかわらず、長編映画になったのに対し、こちらは「僕」というひとりの人物を通した短編映画になるような、そんな気のする本でした。


3月30日

(購入者の評価)
正直千原兄弟はトントン拍子で東京で売れっ子になってたと思っていたのですが、やはり苦悩や挫折など繰り返してきたんですね。そのことを文章にするのはきっといろんな思いがあったと思いますが、随分赤裸々に書いてあったような気がしました。あとこの本はどちらかというと移動中とかより夜中や静かな場所で読むことを勝手にオススメします。なんとなくですが…

ドロップ

(購入者の評価)
是非読む価値のある本ではありません。
本{も}普通です。


クイック・ジャパン (Vol.73)

一人二役

(購入者の評価)
エピソードそのものは、けっこうテレビでも話されている内容なので新鮮味には欠ける。しかし、笑い抜きで勝負している分、また違った角度から味わうことができた。

私と友人の間では、「(何かひどいことをされたりするんだけど)最終的にはなんだか憎めない男」を総称して「河本みたいな人」と呼んでいるけれど、なぜ彼が「憎まれない」のかがこの本を読むと分かる。人に愛されたかった。誰かとつながってなきゃ生きていけなかった。おかんともども、ばかにされたくなかった。などなど…おかんとのつながりで、徹底的に「愛」を学んだからこそ、非常に情が深い人で、それがテレビを通じても伝わってくるんだと思う。

良い本。「芸人本」ブームのなかでは売れ行きはいまいちだったのかな?もっと読まれても良いと思う。


誰よりもママを愛す DVD-BOX

(購入者の評価)
 主夫という現代風のエッセンスを用いているが、内容は家族が起こす様々な事件を乗り越え、家族の絆を確かめ合ったり、今までに気づかなかったことに気づき成長するという、昔ながらのホームコメディです。でも、ワンパターンで片づけないで欲しいものがあります。
 最近奇をてっらった設定や、破天荒な主人公のドラマが好まれる傾向にあります。しかし、そうしたものは飽きられるのが早いし、結末が分かれば繰り替えしみようという気にはなれないものがほとんど。
 このドラマはそうしたことはなく繰り返し家族で見たくなる良作です。嘉門家は女性が強く、男性陣は優しいのが今の世を表しているみたいです。その男の子たちが、最後は自分の気持ちに素直に生きようとする姿は、現実なかなか出来ないようで、ちょっとの勇気さえあれば本当はそんなに難しくないのかもと思わされ感動しました。
 田村、阿部、小林聡美をはじめ芸達者な出演人に、子役の子も頑張っていて、回を増すごとに物語に入っていき、感情移入できました。多くの方たちに見てもらいたい、お勧めのドラマですよ。


クイックジャパン (Vol.66)

(購入者の評価)
メイン特集は劇団ひとり、NHK教育TV、SFの三本。各コーナーごとにロングインタビューと編集部選のガイドがある。
どの特集も興味が薄くとも読ませてくれるが、中でもSFは対談が2つ(筒井康隆×菊地成孔と谷川流×佐藤大)と面子が濃い。時期的に映画「時をかける少女」公開宣伝も兼ねたものらしいが、二人は完璧にそんなこと気にしてなく(笑)、筒井氏の文学スタイルとジャズの関係の話し合いがメイン。菊地氏の審美眼がどういう風に出来上がったのかが良く分かる。なるほど、ツツイズムの継承ね。映画の宣伝にはあんまりなっていないが、筒井氏、菊地氏に興味がある人にはとても面白い。一応その後映画の宣伝をフォローするように細田監督のインタビューと映画のイラストとラフ画が急にドーンと出てきて、ある意味どフリーな凄いやっつけ感(笑)があってとてもいい。
後半の谷川氏と佐藤氏のインタビューは良くも悪くも正統高尚にSFを話していて、谷川氏の名前を見て食いついた人へのサービストークはほとんどない。クロスオーヴァーなサブカルを求める本誌よりもSFマガジンで組んだ方がいいような内容。
この雑誌は特集が毎回どれもそれなりに面白いが、連載系の記事がイマイチ。特集のポップさとは裏腹に、連載記事が70年代?80年代初期サブカル的センスから抜け出てないのがなんともなんだよなぁ。


陰日向に咲く (バーズコミックス)

(購入者の評価)
このマンガだけでは、意味というか内容が分からない。
たぶん原作を省略しすぎているのだと思う。
実写版を見た方がよかった。


知っ得、なっ得マナー術

完売劇場 芸人病棟

(購入者の評価)
みんなのプロフと、キャラの紹介、対談?等盛りだくさん。ただしこれを買うとビデオもほしくなる。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4