郷ひろみ

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 
郷ひろみ おすすめDVD 郷ひろみ おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
HIROMI GO CONCERT TOUR 2008 “THE PLACE TO BE”(初回生産限定盤)

ムー一族 DVD-BOX 1

(購入者の評価)
30年前(TVが元気だった時代)の作品で
トリミングされてないですが以外に画質良いのは嬉しかったです。
ドラマで生中継、全員エジプトロケ、同社の他番組えのタイアップ
出場やドリフの乱入などいろいろやっていた野心作です。

今は亡き伴淳三郎さん、由利徹さん、たこ八郎さんや
おそらく引退しているであろうかわいい桂木文さんも観れるのも良いです。

何より良かったのは諦めていたオバケのロックも入っていた事です。
これは嬉しかった。

前作のムーも来年には出る様です。



ムー一族 DVD-BOX 2

(購入者の評価)
こんなに嬉しいリリース情報は久しぶりです。
お約束てんこ盛りのコメディドラマでありながら、シリアスなバックストーリー、時に不条理でシュールな場面転換など、実に型破りで面白いドラマでした。
発売がホントに楽しみです。


舞姫

HIROMI GO CONCERT TOUR 2007 Boom! Boom! Boom!

HIROMI GO CONCERT TOUR 2005“Evolution”

(購入者の評価)
何のための休養?その答えがここにある・・・
このDVDのキャッチコピーです。
まさしくこの言葉通り!
彼が3年半の間、NYで何をしていたか?
ただの休業じゃなかったことがわかります!
Evolution!ほんとに進化しています!
食わず嫌いだった方も、ぜひ一度、観て!聴いて!


HIROMI GO CONCERT TOUR 2000 恋のハレルヤ大作戦

HIROMI GO CONCERT TOUR 2008 “THE PLACE TO BE”(通常盤)

鑓の権三

Delight&Devotion! Hiromi Go Live 35th Anniversary Celebration 2006

(購入者の評価)
35年という時間を振り返るとき、思い出の曲は人それぞれでとても19曲では足りません。
デビューした瞬間からスターだったその存在は強烈で、リアルタイムとはいっても幼かった私にとっての郷ひろみは、常にヒットを飛ばすアイドルでした。
『哀愁のカサブランカ』を聴いて、初めてその魅力に触れました。
あの激しい雨の中、50歳を迎えてなお精力的なステージを繰り広げる姿は忘れられません。雨に煙ってよく見えなかったステージも、そしてその表情もしっかり見ることができて満足です。
本編の最後に歌った『月の光』はアルバム「心のカギ」に収録されている一曲。私のベストワンです。コンサートで久しぶりに、そして最後に聴くことができました。ありがとう。


失われた時の流れを

HIROMI GO DVD COLLECTION Vol.2 ~MOVIES~

瀬戸内少年野球団

(購入者の評価)
夏目雅子の清冽な美しさが光り輝く。

戦後の混乱の中、強く逞しく強かに、人々は生き続ける。
夏目雅子
郷ひろみ
伊丹十三
岩下志麻
山内圭哉
佐倉しおり
大森嘉之
大滝秀治
加藤治子
渡辺謙
ちあきなおみ
島田紳助
内藤武敏
名優達の個性溢れる熱演は素晴しい。

ストーリー展開の巧みさ、ダイナミックさは絶品。
日本映画の金字塔と評価すべき傑作。


GOLDFINGER’99〜HIROMI GO CLIPS〜

舞姫

(購入者の評価)
郷ひろみが主人公なので、大したことないと思ってバカにして見始めたが、意外にひきこまれた。

何故かと考えてみると、豊太郎なる人物の優柔不断さ、一見誠実そうで実は自己中心的な役柄が、郷ひろみという人間性とぴったりだったことにあるだろう。また、エリス役のリザ・ウォルフが決して美人ではない。むしろがっしりした顔つきで、そこがリアルさを増しているような気がする。

原作の鴎外の「舞姫」自体の出来がよいこともあるのだろうが、結末は必ずしも原作どおりではないようだ。

草燃える 総集編4〜NHK大河ドラマ

草燃える 総集編1〜NHK大河ドラマ

(購入者の評価)
石坂浩二も岩下志麻も武田鉄矢も松平健も若い。当時はフィルムで撮影して現像するというプロシージャーをとっていたので画面の解像度の悪さはありますがそれを補って余りある名優達の熱演は感動物です。
リアルタイムでは最初と最後をTVで見ただけだったので総集編だけでも全部みれたのはうれしかった。

兎に角一見の価値有りです。

草燃える 総集編5〜NHK大河ドラマ

Always You

(購入者の評価)
80年代から現在までトップアイドルの座に君臨し続けてるBIGな男「田原俊彦」の久々のDVDです!!価格もリーズナブルでハッとして!Good。
新曲を始め往年の名曲の数々のリメイクメドレーなど盛り沢山、ハッ!!


草燃える 総集編2〜NHK大河ドラマ

>> つづきをみる

ダディ

(購入者の評価)
 デスクを整理してみると、この本が出てきました。
数年ぶりに、じっくりと読んでみました。

 風の星座・天秤座の郷ひろみと水の星座・蠍座の二谷百合恵じゃ、相性悪い
ので、二人とも辛かっただろうなあというところです。

大勢多数の人と偏らず、バランスよくおつきあいしたい天秤座と、一人の人

じっくりと愛を暖め、偏った愛をはぐくむ蠍座。
 相手と距離をあけ、自由を愛する天秤座。相手と一体化し、独占欲が強く、
束縛し続ける蠍座。
八方美人で誰にでも調子のいい天秤座と、人との関係がうまくいくのは、
自分に関心があるとき限定の蠍座。
サラリとした軽い恋愛をしたい天秤座と、限られた範囲で、生きるか死ぬか
命がけの、ベッタリとした親密な重い恋愛をしたい蠍座。
 クールな人間関係を望む天秤座と、ホットな関係を望む蠍座。
 人間関係に垣根を作らない天秤座と、垣根を作り、垣根の内と外では違う
面を見せる蠍座。
結婚しても「私」と「あなた」のボーダーがある天秤座と、相手とセック
スして一体化したのだから、「私」と「あなた」のボーダーがない蠍座。

 これでは人生観、生活感の一致がないので、お互いのためにならないので、
別れるのが自然というものでしょう。

 郷は二度目も結婚が破綻したようですね。そもそも、この人は本来の結婚に
は向かないのでは。
 本人は自由を愛する独身的結婚を望むのですが、それは高き理想のハードル
とも呼べ、自らハードルを高く設定しているのですよね。この星座の心を独占
するのは、相手方とすれば、大変難しいということです。こういう人を世間で
は、一般的にプレイ・ボーイと呼びます。二谷が、郷に貞節なんか求めても最
初から無理、ないものねだり。

 郷は「愛しながらの別れ」と自分を弁明しておりましたが、そもそも相手を
愛していないので、それはないでしょう。愛というより、恋。新しい恋をした
いだけ。恋には新鮮なトキメキがあり、ロマンを味わえるでしょう。
そういうロマンチスト。この星座は風の星座で、新鮮なもの、新しいことが好
きな人が多いのです。
 次々に新しい相手と新鮮なセックスしたいだけの単純な性欲でしょう。
結婚していても、そのスタイルは変えない人。個人主義に走りすぎるのでは。
つまり身勝手。実際は郷は誰も愛しておらず、誰も好きではない。
ただ相手を利用しているだけ。
 他人の目が気になるので、自分を美化しておりますね。ふられたのは、郷
のほうです。かっこ悪いから、ふられた事実を認めたくないのでしょう。
他人の目が気になるナルシストです、天秤座の郷くんは。
 自由を愛するというより本当に身勝手な男。結婚しながら、やりたい放題に
複数の人と恋愛するのを、世間では浮気といいますが、本人に自覚なし。
よほど普通の人と違った倫理観。
 大勢の人と恋をし、セックスできるのは、ある意味、男として幸福かもしれ
ませんが、一人の女に集中して愛せない人は結婚には向かず、不幸かも。
 相手がいささかも脇目も許さない蠍座の二谷との結婚では、プレイボーイ型
の郷にとっても、二谷にとっても、そもそも結婚で結ばれたほうが、不幸。

天秤座はとても美男美女の方も多く、社交性があり、人間関係も広く、誰に
対しても公平公正ゆえ、気持ちのいい、礼儀正しい人が多く、魅力的な星座で
あります。そういう意味では、十分にやさしい星座。
 できるだけ多くの人と公平公正に、バランスよく付き合い、良好な人間関係
を気づきたいのはわかるが、それではすべての人間を同等同量一律に取り扱う
ことになり、人間関係にメリハリがない。俗に言う「八方美人」と呼ばれるの
が、この星座の人。
 時には「極端」とか、「特別扱い」も必要です。
友達はそれなりに多いけれど、親友と呼べるような人は少ないはず。
真に心を明かせる友は少ないはず。だから表面上だけのつきあいになるので
す。公平公正の感覚が、恋人とか夫婦などの特別な関係をニガテにしている
大元の元。相手を特別扱いできない理由なのです。なんでもかんでも一律に
等価的に、友達にする傾向がこの星座の人にはあります。
特別扱いできないという意味では十分に冷たい星座。
 特定の人というより、大勢の不特定多数に愛されたいから、そうするのでし
ょう。人間愛、人類愛的なのものは感じるのですが、「二谷」とか、「聖子」
とか特定の人には気持ちが向かず、彼の意識の中では人類のうちの一人という
何か友達感覚なのでしょう。本当に人を好きになったことはないから、あの歳
になっても、現在も愛の放浪を続けている。

 この星座の人は「人間関係一般」が得意と言われているようですが、私は若
干の疑問があります。恋愛関係といっても、人間関係以外のなにものでもない
のです。モテることはモテるが、交際すれば、相手からフラれる天秤座も多く
知っています。

 夫婦というのは、特別な関係です。友達ではない。たった一人の妻として
特別扱いできるようにならないと何度結婚してもうまくいかないはずです。
 自分が受けることばかり考えないで、本当に愛を与えることのできるよう
な人間になってほしいものです。彼のしたことと言えば、妻に譲歩を求め
てばかり、要求してばかり。そして妻からの申し出は「疲れている」とか
「忙しい」「ゴルフの約束がある」とか理由をあげて拒否してばかり。

これではキブ・アンド・テイクにならず、テイク・アンド・テイクで天秤座
側が受けることばかりになります。これでは良好な人間関係は成り立たなく
なるのは当然でしょう。こういう人は相手側からみれば、与えるばかりで
得られるものはないという気になってもしかたがないでしょう。相手側から
すれば、交際を続けるメリットがない人間。
他人依存度の高い大きな子供。嫌われて当然でしょう。その上、別の女性と
恋をしまくり。これで二谷が妻としてのプライドが保てると思うか。
妻の二谷は、なにも相手は私ではなくてもよかったのではとそう思う。
そして相手側から縁を切られれ、離婚。
蠍座側は天秤座側と違い、大勢の人間を必要とはしないのですよ。
 自分側ではなく、視点を変え、相手の立場に立って考えてみれば、客観的
によく理解できたはず。
 本当の恋愛を知るには、自分本位過ぎましたね。自分のために、同じ間違
いを犯さない為に、真に反省してください。

 美のセンスがあるのは解るのですが、いい加減、人を外形で判断するクセを
直さないとどうしようもないと思うのですが、まあ、そこは人間らしくて、か
えって好感が持てました。
 歳と共に変わる外形なんかにこだわっていると、「死が二人を別つまで」の
継続的な結婚関係なんか、最初から築けないに決まっているでしょうと言いた
くなります。
 私は、この本をそういう視点で読んでおりました。

 嫉妬深く、疑念を持ちやすい二谷の前で、郷のあちらもたてます、こちらも
たてますのバランス感覚が災いした。八方美人的な二枚舌を駆使して、浮気を
隠そうし、なんとかその場をうまく取り繕うとする苦労がよく出でいて、「人
間喜劇」としてはとても面白かった。
 お互いのライフスタイルが違うため、相手が悪く見え、お互いが相手を攻撃し、
傷つけ合う姿は、何年も暮らしても、お互いが理解できていない証拠で、「人間
悲劇」だった。
 二谷から離婚を申し出られた時、夫婦という枠に捕らわれず、友に戻れば、距
離をおけば、友好な人間関係になるかも知れないのだと無理矢理、自分を理屈で
説得して離婚に踏み切ったバカ男。

 結局、郷は最後まで甘ちゃんだった。離婚しても二谷は友だという。人類の一
人と思っている証拠。相手はそうは思っていない。信頼関係のない人を蠍座は友
とは呼ばない。ヨミが外れたようです。

 自分本位で、言い訳がましく、多少自分を美化している部分もあるけど、よ
く書けているので評価星印4つ。


若気の至り

(購入者の評価)
いやぁ、楽しい。難しいビジネス書ばっかり読んでいて、リフレッシュしたいとき、本書を読むと良いかもしれない。「だっつ〜の」という一人つっこみがイヤになるくらい多用され、郷ひろみというキャラクターを押しつけられる。
とてもじゃないけど一気には読み切れないほどのくどさは、タレント本にはないコストパフォーマンスを生み出している。
1日で読み切ってしまうほどのテンションを持続することはきっと出来ない。
40歳を越えた郷ひろみが楽しそうに本書を執筆している姿を想像するだけで、芸能界で長く生き続ける条件が分かるような気がするから不思議だ。
あなたの若さを知るために、ぜひとも読んでみていただきたい。最後まで一気に読めたのなら、あなたはまだまだ若い。

ビジネス書を読んでやる気にならなかったあなたにオススメの一冊である。

たったひとり (1980年)

郷ひろみの紐育日記

不惑

郷ひろみに学ぶ幸せのレシピ

原郷

ピアノソロ 郷ひろみ

紐育(ニューヨーク)日記 (朝日文庫)

アプローチ―road to Hiromi (ノベル倶楽部)

夜のドラマハウス〈part 4〉郷ひろみ特集 (1981年)

ピアノ弾きがたり 郷ひろみスペシャル (ピアノソロ)

郷ひろみバラードコレクション (ピアノ弾き語り&ピアノ・ソロ)

写真集ムー一族 (1978年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4