伊武雅刀

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
伊武雅刀 おすすめDVD 伊武雅刀 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
のだめカンタービレ in ヨーロッパ

(購入者の評価)
 ドラマが大好きだったので、迷わず購入しました。後悔ゼロです。期待通り、十分楽しめました。
 でも、皆さん絶賛されてるので、ちょっとだけ文句をつけてしまおうかな。

 週1回のドラマに比べると、ちょっと冗漫な感じがしたんです。
 ドラマは、1話ごとにクライマックスを持って来る必要があるせいか、1つ1つのエピソードやセリフに無駄がありませんでした。
 しかし、スペシャル版の方は、「この場面、要る?」「ん?、ちょっと引っぱりすぎでは?」という所がいくつかありました。
 まあ、魅力的な役者さんたちを見られる時間が、長いのはいいんですけどネ。

 それと、不自然なフランス語やドイツ語(仏語ネイティヴや、ドイツ語話者が聴いても、何言ってるかわかんないんですもの)は、思い切って削ってもいいんじゃないかな。最初っから日本語でいいのでは。漫画なんだし。

 あと、千秋ちょっと泣き過ぎです。あまり泣くと、感動が薄れます。ドラマでのベト7の涙には共感できたけど、今回のはちょっと。

 と、いろいろ文句をつけたのにも関わらず、減らす星は1つだけです。
 出演者のテンションや、スタッフの方が練りに練ったであろう小技、何度見ても楽しいです!

 おまけ / 個人的には、原作のイメージとは違うという(私はまだ7巻までしか読んでいないので知らないんですが)、オクレール先生の笑顔が大好き。とっても癒されます。


未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産)

(購入者の評価)
2008年だ!コナンだ!ということだからかよく再放送をしていますね。

このアニメは本当に面白いです。
むかつく人間が本当にむかつくのでコナンをめちゃくちゃ応援してました(^^;
潔いのか、すごくはっきりしていて話にのめりこんでしまいます。

すごいなぁと思うのは、コナンの運動神経の良さ(助けたいという思いが強いシーンほど見ていて気持ちいい)、ラナの気持ちの強さです。

ダイスのあほなときと真面目なときのギャップも面白いです。同一人物に見えない(笑)

モンスリーもかっこいいし、ジムシーも可愛いしみんなが揃うと嬉しいです。あんまりないんですが…

私が好きな話はコナンとジムシーが初めて?きれいな花を見て匂いをかいで感動してたシーンです。


パリだ!プラハだ!!ぎゃぼー!!!のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地マップ

(購入者の評価)
テレビで放送したものを録画していたので、買おうかどーか迷ったんですけど買って正解でした!

デレビ録画と見比べたらデレビでは放送されてなかった映像がしっかり入っててまた楽しむことが出来ました。

デレビで観てない方はもちろん、デレビで一度観た方もまた楽しめると思います!


働きマン DVD-BOX

劇場版 宇宙戦艦ヤマト DVDメモリアルボックス

(購入者の評価)
1980年生まれですが、再放送などでヤマトを知りました。
30thメモリアルBOX価格帯もお安いと思います。
ですので、☆5つです。自分は買わないでリマスター版を待つことにします。最初の劇場版と完結編は持っているのですが・・・高いの一言でしたね。
TV版がリマスター版でたので劇場版ももちろん出るでしょう。ヤマトマニアなら買っても良いかも知れませんが、ヤマトファンあたりならリマスターを待った方が良いかと・・・・


カンフーくん スペシャル・エディション

(購入者の評価)
まあ、なんというか完全な娯楽映画!とにかく子供達がいい味出してます!名前でイケメンやモミアゲとテロップが出たときは吹きました(笑)カンフーくんのアクションはさすが!とても子供とは思えないほどのアクションでカッコ可愛い。あとは何と言っても矢口。小学生役かよ、と思いましたが(笑)正体を明かした時はイケメン同様、まさに萌え!中々楽しめました!

ゆれる

(購入者の評価)
東京という都会で成功した弟に嫉妬し、女にもてない自分に自己嫌悪している兄。対照的な兄弟が織りなすサスペンス。

兄を演じる香川照之さんの演技がとてもよかったです。弟に対する劣等感や自信欠如、地方で暮らす単調な毎日への不満などからだで表現していました。一方オダギリジョーはどうなんだろう。CMとかでも見るけどセリフ棒読みな感じで今回は成功した自信家を演じているけど彼にはこんなのしかできないような感じを受ける。結局興行収入を上げるには一番人気のある俳優を主演に置くって事ですかね。誰か別の人に演じてほしかった。映画の中で重要な役どころ。一番心が『ゆれる』のはオダギリジョー演じる弟なのだから。

カンヌ映画祭で正式出品されて日本の映画賞を数々受賞しているにも関わらずカンヌ映画祭での賞は何一つ受賞していない。これはやはり日本の映画のレベルの低さを表しているのではないだろうか。テーマはいいけど緊張感のない裁判シーンに意味のないベッドシーン。作りこみ方がいまいちな印象を受けます。


亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

(購入者の評価)
冒頭から「えっ」と笑ってしまいました。
地味にという言葉がいいのかわかりませんが、おもしろいです。


みなさんが書いているように非常にゆるい脱力系コメディです。
好き嫌いはハッキリ別れるかと思います。
洋画のようなスピード感ある映画が好きな人には合わないと思います。


ありえない世界炸裂なんですが、うんうんと見てしまいました。
君犯人じゃないよね?で男前だけのイメージをぬぐい捨てた要潤さん。この時点でかなり脱却してます。要さんのシーンが一番笑いました。

また蒼井優さんの破天荒な役柄もピッタリです。ただはっちゃけてるだけじゃない、天性のもつ破天荒さ。

こんな映画もアリだな、と思わせてくれた作品です。


トリック -劇場版- 超完全版

(購入者の評価)
 この劇場版で初めてTRICKを見た人は、かなりおもしろいと思ったみたいですが、テレビシリーズの方がおもしろかった。

 劇場版なので、さすがに配役に山下真司、竹中直人に伊武雅武とおごったけれど、ロケや舞台装置はTVの時とさしてかわらない。最後の山火事のシーンがまあ、お金がかかってそうといえばそうだけれど、これを劇場で高いお金を払ってみた人はちょっと不満が残ったかもしれない。

 監督が堤 幸彦なので、コミカルな会話はお得意なのだけれど、シリーズ特有の、ちょっとキモい雰囲気が出し切れていなかったと思う。


必殺仕事人 2007

(購入者の評価)
ジャニーズは仲間同士がよりあって騒いでいるだけである。
バラエティーでもドラマでも同じ。何をしても、ジャニーズはジャニーズ。

本作は、できればジャニーズのファン・クラブ相手にだけ販売して欲しかった作品。
そして密かに、ファン同士だけで美辞麗句を並べて評価すれば良い。

この程度の作品というのは、昔なら正月のかくし芸大会で放映されていたものである。井上順がインディージョーンズの真似をしていても、それがパロディーやコントであれば面白い。それならば、この作品も割り切って楽しめたかもしれない。

近年、「三味線屋の勇次」を主役に制作された作品があったが、あの作品でも役者が時代劇を演じ切る難しさが露呈していた……阿部寛の演技が痛々しいほど空振りし、往年の作品と比較したら明らかに珍妙な仕上がりだったからだ。

劇中に使用されるお馴染のBGMも、再録したものは、まるでトランペットの音色がクラリネットの音に聞こえる。スコアをまるで理解していない連中が演奏しているからチープも良いところ。
そのクラリネットの音でポーズを決めているから、失笑しか起きない。
従来の必殺ファンにとっては、まるで悪夢である。

監督は、たしかに必殺シリーズに関わってきたベテランではあるが、この人はあくまでもカメラマンなのだ。工藤栄一らの監督作品と比べれば力量の差が一目同然である。
つまり、今の必殺シリーズは、ただでさえ何もかも悪いのだ。

それなのに、なぜ「現代劇と時代劇を同じ要領で演じてしまうジャニーズ」なのか。「必殺」のネームバリューをもってしても、とてもじゃないが観ていられない作品となった。途中で何度、再生を停止しようかと思ったことか。これほど映画を観るのが苦痛だったのは、久しぶりである。

とうとう、必殺シリーズも水戸黄門と変わらぬレベルまで墜ちたということだ。


宇宙戦艦ヤマト TV DVD-BOX( 初回限定生産)

(購入者の評価)
この商品の問題点は、プラモ抱き合わせなどではなく、前BOXではできていた本放送時opの再現ができていないということ。
これだけで商品価値は0に近い。


三木聡監督 スペシャル・ツイン・パック

名探偵コナンドラマスペシャル「工藤新一の復活!黒の組織との対決」【初回限定盤】

(購入者の評価)
実写版での名探偵コナンは、初めて
観ました。

主役の工藤新一(小栗旬)の演技はよかったと思うし、
宮野志保(香椎由宇)は、その雰囲気ぴったり
だったし・・・・・。
ただ、子役の子たちは、わざわざアニメの声優さんで
吹き替えなくても良かったのではないかと思います。
あまりにも不自然でした。また、どなたかも書かれて
いましたが、段ボール箱が死体の上に、あんなにぴっ
たりかぶせることが可能かどうかなど、トリックの疑
問も残りました。

ストーリー的にはおもしろさもあったのに、アニメを意識
しすぎて、何だかな?という気持ちも残りました。
「小栗旬」のファンなら、もっていてもいいと思いました
が。


ザ★ウルトラマン DVDメモリアルボックス (期間限定生産)

(購入者の評価)
毎日見ています。(^^)

放映当時は見なかった回もあり、また全然覚えていない回もあり、結構この年になってもワクワクさせられてしまいます。
やはり圧巻は、U40からみでしょう。スケールの大きさに、何度見ても感動します。
音楽もとてもあっていて、最高です。

画像が悪いところもあって、それだけが残念です(特に27話)が、本当に買ってよかったと毎日楽しんでいます。


ホールドアップダウン 初回限定版

(購入者の評価)
前作は期待させた割にイマイチ…と思いましたが、これは面白い!
とは言っても、途中首を傾げてしまう話の繋がり方も無きにしも非ずですが。
私はどちらかと言うと本編よりも特典ディスクにお金出すつもりで買ってもいいかもしれないとも思います。


リモート Vol.1~5 DVD-BOX

(購入者の評価)
久々の土曜9時作品って感じで素直に楽しめました。光一君のかなりクールな感じはとっても似合っててカッコ良かったし、深キョンのオトボケぶりも凄く可愛かった。徐々に光一君演ずる氷室警視の気持ちの変化や深キョン演ずるくるみとの関係も気になってしまうけど、正直もっと見たかったし、この先の展開が気になってしょうがないので敢えて★4つにしました。

太陽の帝国

(購入者の評価)
上海の租界区に居住する英国少年が、戦乱に巻き込まれて親とはぐれ、
収容所に入れられながらも、生き残るすべを見い出し強く逞しく生き
て行くという映画です。
少年の成長物語がベースで、舞台が日中戦争?太平洋戦争中?後と
なっておりますが、戦争映画というと、国内作品でも良くあるこの
ような映画を通じて「非戦・非武装が一番」だとか、「日本軍は残虐で
あった」などのメッセージを直接的ではないながらもチョイチョイ織り
込んで洗脳するような姑息な映画ではなく、戦っているどちらが善だと
か悪だとかという無理矢理な設定は排除、むしろ戦争が互いに正当性を
示して闘うのが常であり、あえて善悪論には言及しておらず、少年が
日本軍機に憧れていたりしてその辺りはスッキリした気持ちで見られます。

スピルバーグの描く映像美やディテールの追求も見事であります。
・オープニングで見られる、川を棺桶ごと流れる死体
・少年が収容所で日本軍の戦闘機を触るシーンのバックで見える火花
・当時の上海
・ホームレスにタカられ身ぐるみ剥がされ掛けたり、戦乱で主がいなく
なった屋敷で盗みを働いた上に少年に暴力を振るう家政婦
・中国大陸から見た原爆投下時の閃光
・収容所を襲撃する戦闘機と少年とのアイコンタクト
・両親との感動の再会・・・だが顔を覚えているのか???

挙げるとキリがないですが、数あるスピルバーグ作品の中ではあまり
良い作品として挙がらないのが不思議なくらいの名作だと思います。
自分としては映画館で初めて泣いた作品ですからその辺はチョイと
納得いかないですねぇ。もっと評価されるべき!!


子供時代のクリスチャン・ベイル、ジョン・マルコビッチ、ナイジェル・ヘイバース
等の名優に加え、伊武雅刀・ガッツ石松・山田隆夫(座布団)・片岡孝太郎等の
日本人俳優の演技もかなりいい味出しています。


世にも奇妙な物語 2006秋の特別編

(購入者の評価)
「猫が恩返し」の内山理名が最高。祖母が亡くなって一人残されたお嬢様という設定なので、男性陣が期待するとおりの、清楚かつ色気に満ちた内山理名に酔いしれることができる。お色気シーンはもちろんないが、普通のスカート姿だけで十分魅力的。男性陣が求めているのは妙な芸術路線ではなく、素直な、普通の服を着た内山理名のはずだ。そのような内山理名の魅力と美貌を堪能できるDVDである。
その他の作品ももちろんいいですよ。


太陽の帝国 特別版

(購入者の評価)
とても良い少年を見つけたなーと思います。ちょっと小生意気な所、
純粋に喜ぶシーン、喜怒哀楽が上手すぎるでしょう。ここまで素晴らしい
主役を勤め上げた彼は今一体どうしているんだろう?と思い、少し調べて
みましたら、ある映画で見たことがありました。最近見たマシニストとい
う映画の主役。うん、やはりこの子は凄い・・・
またこの太陽の帝国87年の映画だったんですね。全く時代を感じさせない
完成度です。古い映画が嫌いな方も、戸惑うことなく見れるでしょう。
戦争映画という面より、少年が強く真っ直ぐ成長していくさまに心奪われました。
終り方が若干寂しい感じがしましたが、とても楽しめる作品です。


燃ゆるとき

(購入者の評価)
アメリカに進出してカップラーメンを製造販売している企業が、事業の存続を賭けた建て直しを図るために一人の男を日本から呼び寄せた。彼は日本同様「会社は家族」を貫く。少しづつ現地の従業員の心を掴んでいき、上向いてきたところに、とんでもない落とし穴があった。日本戻される。3年後またもやアメリカで火種が勃発。再び呼び戻された男は、今度も「会社は家族」と説いてゆく。見終わって、会社とは何なのだろう、と思わずにはいられなかった。かつて理想に燃えて企業を起こした人たちは、金銭的成功だけではなかったはず。机上の計算で、簡単に売ったり切ったりする経営が横行している中で一服の清涼剤のようなストーリーであった。原作者の高杉良氏の今の経営者に対する問いかけではあるまいか。

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4