市川雷蔵

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 
市川雷蔵 おすすめDVD 市川雷蔵 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
月光仮面 DVD-BOX1 第1部 どくろ仮面篇

(購入者の評価)
古き良き昭和30年代の町並み
土煙の上がる未舗装の道路等
今では地方でも見られない風景が
見られるのでかえって新鮮に感じるかも・・・

今回のDVD-BOXは全5部を6BOXで収録
(第二部のBOXが前後編に分かれるため)

フィルム行方不明、フィルム再生不能の話数があり
(1、9?12、41、44話、)
次の発売時の収録を期待していたのですが
今回も未収録になってるようです。

第一話のみ30分、それ以外は10分作品だったので帯番組で放送
現存する計64話をディスク5枚に収録

制作年度が古いのでこれだけ残っていて
視聴出来るだけでも良しとすべきなのかも・・・

ワンコインDVDのフォーマットっぽいので
映像特典はなさそうです。

LD-BOX、DVD-BOX(2001年発売版)と高額帯での発売しかなかったので
(ビデオ、ワンコインDVDでは未発売)
この値段だと買いだと思います。







Reality Tour (Dig)

(購入者の評価)
2003年、アルバム「リアリティ」リリースに伴って敢行されたワールドツアーのダブリン公演を収録したDVD。
ボウイは昔も今も偉大なポップ・スターである事を我々に知らしめる素晴らしいライヴ。

この後、これまた素晴らしかった来日公演を経て病に倒れ、2007年に至るまでほぼ音楽活動は休止状態。
このまま引退してしまうのかなあ…?


釈迦

(購入者の評価)
何といってもラスト、釈迦入滅での多重合成には、初見(映画館でのオールナイト上映会)時に驚倒した。
アナログ光学合成の極致とも言うべき、圧倒的な映像美である。
開巻すぐの、ゴータマ・シッダッタが誕生すると、画面いっぱいの花壇の花々が一斉に開き、孔雀が現れ、光芒の中に立ち上がった赤子のシルエットが右手で天を指し左手で地を指して「天上天下唯我独尊」と声(それも、幼児のたどたどしい口調の声)を発する、ベタと言えばこれ以上無いほどベタな展開にしても、大スクリーンで観れば、それなりに圧倒されるのだ。
大画面で観られる事を前提にした大作であり、できるだけ大きい画面でご覧になっていただきたい。


陸軍中野学校

(購入者の評価)
増村保造監督といえば、良くも悪くも男女の狂おしいまでの熱情を描くことにその手腕を発揮する監督。 そういう意味ではこの“陸軍中野学校”はまさに毛色の変わった異色作です。 とは言え、さすがは撮影所全盛期にみっちり技術を身に付けた監督さんだけあって、(会社からのお仕着せ仕事とはいえ)娯楽映画として決して出来は悪くありません。 当時、全盛期を過ぎたとは言え、スパイ映画は007ものを筆頭に結構はやっていたはずです。 “中野学校“は007流の軽快で陽性なスパイものに対抗して、とことん暗い非情なスパイの世界を描いています。 全編を通して漂う不気味な暗さはやはり増村流。

恋愛ものではないとは言え、やはり男女の関係が最大の見せ場になっていて、ここでも監督は本来得意でない題材の中に、自分の手腕を発揮できる場面を巧みに盛り込んでいると思います。 まだ二十代の小川真由美さんは、翳のある独特な美しさを発揮していて、この作品のヒロインとしてはぴったりです。 ひょんなことからスパイの世界に引っ張り込まれてしまった主人公が、自分の恋人と諜報合戦を繰り広げる羽目に陥ると言う脚本は見事でした。 あまり評判はよくないようですが、続編も見たいものだ、という気にさせられる出来栄えの映画だと思います。


大江山酒天童子

(購入者の評価)
「陰陽師」などの、時代劇スペクタクルの原点とも言うべき傑作です。
現代でファンタジーと時代劇を融合させると、若者向けの斬新な演出になりがちですが、
「大江山酒天童子」は歌舞伎の技法を取り入れたり、登場人物たちの言葉遣いも古式床しく
平安時代の雰囲気がよく伝わってきます。

また、大蜘蛛や巨牛をあえて本物らしく作らなかったことが、
幻想的な質感を作品に加えています。劇中の陰陽師も資料通りのオジさんでGood.



大映ではなくて東映の作品ですが「恋や恋なすな恋」という阿部保名と狐のファンタジー時代劇もDVD化を希望します。


陸軍中野学校 DVD-BOX

(購入者の評価)
ご存知、市川雷蔵主演の「陸軍中野学校」シリーズ全5作を収録したBOX版。どの作品を採っても楽しめるが、個人的には第一作が「007 カジノ・ロワイヤル」を凌ぐ面白さで、ベスト。すなわち、007誕生秘話ともいえるダニエル・クレイグ主演の同作も最愛の女性を死に追いやるスパイの悲劇性をメインとする筋立てであったが、同作では女性が最初からスパイであったのに対し、本作は運命の悪戯が布引雪子をスパイに貶め、最後は椎名次郎が自らの手にかけるという凝った筋立てで、悲劇性と虚無性がより強く観客の脳裏に刻み込まれる。正に本家007を凌ぐ傑作。また、ラストで衣服をうち捨ててベッドに横たわるシーンも含め、小川真由美のかもしだす清楚さと妖艶さの入り混じった美しさには、やられた。戦時中の椎名次郎が活躍する続編も是非観たかった。

初春狸御殿

眠狂四郎 炎情剣

溝口健二 大映作品集Vol.2 1954-1956

(購入者の評価)
溝口健二といえば、『雨月物語』や『山椒大夫』で世界に知られた名匠だが、個人的には『近松物語』を偏愛している。
溝口がコントロール仕切れなかったという、溢れ出る長谷川一夫の圧倒的な存在感と、若き後妻を演じる香川京子の可憐さが物語に説得力を与えている。香川の瑞々しい項から漂う儚げな色気、美しい声、そして邦楽をモチーフにした音楽が総合芸術としての映画を演出する。
初めてこの作品を観たとき、私はラストの引き廻しのシーンに鳥肌が立つほどの美しさを覚えた。

溝口は現役時代も死後も一貫して高い評価を受け続け、こうして作品集のDVDが出るなど、特権的な立場にある。
しかし一方で時間の経過とともに忘れ去れつつある監督や作品を掬い上げるシステムが出てくることを望む。


眠狂四郎 魔性剣

日蓮と蒙古大襲来

(購入者の評価)
 この映画は鎌倉時代に実在し、今もなお崇拝され、立場の違ういくつかの宗派によって、その法灯を守られている偉大な宗教人を主人公に据えており、その描き方について各々の立場によって様々な不満をぶつけられている作品です。作品全体の出来としても、いかにも時代がかった台詞回しや、日蓮上人の法難がただの見せ場として羅列に終わっている所とか、難点が多いのも事実です。しかしこの作品の美点はクライマックスの蒙古襲来の大スペクタクルシーンにあります。特に蒙古船団が嵐に遭遇し破壊されていく特撮シーンは、壮絶の一言。大映特撮の底力を見せきった名シーンです。どこまでも明るく明瞭な円谷特撮に比べ、重厚感満点なその独特なタッチは、“特撮ファン”の多くの支持を得ることは間違いありません。それだけで、この作品は十分に見る価値があるものと確信しています。

眠狂四郎 ~円月殺法~ DVD-BOX

眠狂四郎 勝負

(購入者の評価)
冒頭の少年を助けるシーンから始まって、物語が一気に展開する様は見事であり十分に楽しめたが、私個人としては、子供や老人、女性を明るく助ける眠狂四郎の姿に一抹の物足りなさを感じたのも正直いって事実。加藤嘉や高田美和の演技も、今日的な視点からはやや過剰な印象といっては失礼か。

歌行燈

眠狂四郎 円月斬り

眠狂四郎 殺法帖

(購入者の評価)
記念すべき眠狂四郎第一作だが、後年のような虚無と孤影の姿はない。むしろ、「俺がこの世で一番嫌いなものを知っているか。品物のように人間を道具にして利用する奴らだ」と彼が云うとき、そこにはヒューマニズムの香りさえ感得せられ、ラストで「もうこの世に美しいものはないのか。どこにあるんだ」と呟くとき、そこには求道者の匂いさえ感じられる。若き日の若山富三郎が「城健三朗」名でイキのよい演技を見せる。職業上のよきライバルであった勝新の夫人である中村玉緒との共演というのも、興味深い。それにしても、昔の時代劇のたゆたうような時間の流れが、心地好い。

続次郎長富士

(購入者の評価)
一応『次郎長富士』の続編なのだが、スター役者の役柄は、一部変更されている。
前作では小政だった本郷功次郎が、本作では小松村七五郎という無鉄砲な若者に扮し、吉良仁吉として死んだはずの市川雷蔵や、根上淳は、全く別の役で再登場する。
その点で、ストレートな続編とは言いにくい。
女優の登場を抑えて、雷蔵と根上淳の対決、勝新扮する森の石松の壮絶な討死、そしてクライマックスの大殺陣など、チャンバラに重点を置いた点で、前作よりもストーリー展開は良くなった、と感じられる。
小川寛興の音楽も、前作の斎藤一郎がイマイチだったのに比して、なかなか好調。
特に、中盤と終盤、二度のクライマックスでは、後に『仮面の忍者赤影』に転用されるメロディーが、死闘を盛り上げる。


秦・始皇帝

???周の時代が衰え、紀元前221年、秦王の政(勝新太郎)は紀元前221年に中国を統一し、自ら始皇帝と名乗り、世界最大の王国・秦を誕生させる。しかし、万里の長城の建立や焚書坑儒など始皇帝の独裁と圧政は至るところで民衆の反発を呼んでいき……。
???大映が『釈迦』に続いて放った70ミリ映画(スーパーテクニラマ)第2弾。ここでは東洋の暴君ネロとも伝えられる始皇帝の激動の生涯を、スペクタクル史劇超大作として堂々と描いていく。ベテラン田中重雄監督の演出がややまどろっこしいのが難ではあるが、それを補ってあまりあるカツシンの熱演が素晴らしく、日本人が演じているにも関わらず、まるで始皇帝がこの世に甦ったかのような興奮すら覚えてしまう。まだ中国との国交が回復していなかった時代、台湾ロケで可能となった戦闘シーンもなかなか頑張っている。また、伊福部昭の音楽が、暴君の野望と孤独、そして彼に振り回されていく歴史の運命を崇高に奏でているのも忘れがたい。(増當竜也)


薄桜記

(購入者の評価)
雷蔵の代表作であるとともに、芸術的な面においても抜きん出た魅力があるという評を耳にしていたために実際に鑑賞するのをすごく愉しみにしていた作品でした。
ジャケットも美しいしね。話は簡単なようでちょっと複雑??
時代劇に明るくない私は事細かに理解することは(現時点では)出来ていないのですが、
それを差引いてもやはり素晴らしい作品を見たという気分でいっぱいでした。
大映京都の大きなセットはかえってCGでは作り出せない迫力とそこにある雰囲気、
手造りで仕上げられた“生”の宿る素晴らしいセットで堪能できるし、雷蔵をはじめとする演者の質も実にハイレベル。
冒頭のシーン、タスキが乱れたままの勝新が道を走っているシーンで使われた、画面の上下で天地を逆さまに魅せる演出は実にクリエイティブで斬新。
こんな演出初めて見ました、いや、本当に。森監督に感服です。
DVDでは解説とともに当時のキャストのインタビューが掲載されたブックレットが付属しているので、より深くこの世界を味わうことができるのではないでしょうか。


忠臣蔵

(購入者の評価)
数ある「忠臣蔵」映画の中で私が一番好きなのが長谷川一夫主演の大映版「忠臣蔵」です。市川雷蔵、鶴田浩二、勝新太郎など豪華な本当に「スター」な配役。「畳替え」や「内蔵助東下り」「吉良屋敷の絵図面」「徳利の別れ」など有名なエピソードも描かれていて、近年はやりの「新解釈」あるいは「リアル」な忠臣蔵ではなく本当にオーソドックスな、一昔前の人たちが「常識」として知っていたと思われるような「忠臣蔵」です。四十七士が討ち入った後は、勝田新左衛門の舅役の志村喬と一緒に喜び快哉を叫びたくなります。

>> つづきをみる

雷蔵、雷蔵を語る (朝日文庫)

(購入者の評価)
すべて生前本人の書いた文章と秘蔵の写真で
構成された一冊です。
ほとんどか講演会である『よ志哉』に寄せら
れた本人の生活雑記ですが本人へのインタビ
ュー等もあり興味深く読みました。
特に婚約〜結婚〜育児に関して等の個人的な
エピソード関係についてはミーハー的に貴重
な文章多数ありです。
早くになくなられた方ですが現在生きておら

れたらなぁ〜と残念です。

完本 市川雷蔵

(購入者の評価)
 雷蔵ファンとして、こんなにうれしい本はありません。なによりうれしいのは、写真が豊富であるということ。紙を通してでもわかるその色っぽさ、はかなさといったら、彼の他に類を見ないと思います。私が特に感動したのが「切られ与三郎」でのワンシーン。息絶えたお金(富士真奈美さん←かわいい!)を抱え、入水しようとする雷蔵さんには、本当の悲愴感が漂っています。「忍びの者」ではおちゃめな、「薄桜記」「大菩薩峠」では美しい雷蔵さんと、何度見返しても飽きません。オフショットも楽しく、本当に惜しい人を亡くしたとつくづく思います。

雷蔵好み (集英社文庫)

(購入者の評価)
市川雷蔵を最初に見た作品が何であったか、記憶に残っていません。あるのは、「眠狂四郎」の感情を見せないニヒルな風貌であり、「炎上」のラストでの泣き顔で炎を見つめ呆然としている姿です。
37歳という若さで亡くなったというのに、今も多くのファンがおり、何度も再上映の機会が設けられ、TVでも盛んに放送される市川雷蔵の魅力の一端を、この本で垣間見たような気がします。
二回の養子縁組による三つの本名という複雑な出自から、歌舞伎界という特殊な世界での立場、そして映画スターとしての時代と、雷蔵の生涯を追いながら、彼の心の内に迫ってゆきます。
「眠狂四郎」の持つ「虚無感」「孤独感」が生まれてくる土壌は、そうした彼の生きてきた決して順調でなかった道いあったのかもしれません。
雷蔵の「千羽鶴」「春の雪」。見てみたかったなあとつくづく思います。


甦る!市川雷蔵

市川雷蔵出演映画作品ポスター集―粟田宗良コレクション

市川雷蔵

孤愁―市川雷蔵写真集

市川雷蔵かげろうの死

侍市川雷蔵その人と芸 (1970年)

市川雷蔵とその時代

市川雷蔵―銀幕の貴公子よ永遠に (シネアルバム (103))

私のこだわり人物伝 (2005年6/7月) (NHK知るを楽しむ (火))

(購入者の評価)
以前から大田光氏が故・向田邦子氏の大ファンだということは耳にしていたが、まさかNHKの教育テレビで語るとは思わなかった。
もちろん放送も楽しみだが、向田邦子氏の生前の貴重な写真も満載で、向田邦子ファンなら手にいれたくなる一冊だ。そして市川雷蔵!大映映画の貴重なスチール写真、めずらしい素顔のオフショットなど、これも雷蔵ファンにはたまらないだろう。彼の生い立ちも、かなりくわしくふれている。
私は大田光氏、向田邦子氏、市川雷蔵氏が大好きなので、まさにマストバイの本でした!!


市川雷蔵かげろうの死 (現代教養文庫)

(購入者の評価)
映画人としてそれぞれに一世を画す仕事を残しながらも、自らの生の終末は悲運に満ちていた市川雷蔵、田宮二郎そして中平康のフィクション評伝。何かこう彼らの魂があたかも乗り移ったかのような筆致は一見冷静ではあるが、ある意味デーモンに満ちており、彼らの生き様が眼前に髣髴としてくる。今読んでも色褪せない作品群であり、一気に読了した。(中でも、複雑な出自を丹念に辿り、主人公の内面に迫った「市川雷蔵かげろうの死」はやはり全編中の白眉。また、その演技からは想像できない田宮二郎の無垢ともいえる心根は、胸を打つ。)現在は古書でしか目にかからないのが残念な一書。

市川雷蔵―秘蔵・傑作スチール&スナップ豪華250点 (季刊フリックス Vol. 1)

雷蔵、雷蔵を語る

(購入者の評価)
すべて生前本人の書いた文章と秘蔵の写真で
構成された一冊です。
ほとんどか講演会である『よ志哉』に寄せら
れた本人の生活雑記ですが本人へのインタビ
ュー等もあり興味深く読みました。
特に婚約〜結婚〜育児に関して等の個人的な
エピソード関係についてはミーハー的に貴重
な文章多数ありです。
早くになくなられた方ですが現在生きておら

れたらなぁ〜と残念です。

雷蔵好み

(購入者の評価)
 残念ながら雷蔵本の中ではダントツに内容が薄い。著者自身の家庭環境が雷蔵に似て複雑であることをひとつの(と言うか唯一の)売りにしているようで、しかしそれだけではいくらなんでも一冊の本になる筈もなく、生前の雷蔵を知る数人にインタビューした内容をちりばめているのだが、特段目新しい情報があるわけでもなく、いっそのこと下手に構成することなく、インタビューの内容をそのまま書き下ろしてしまったほうが価値があったのでは??

わたしの雷蔵

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4