市川染五郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 おすすめ 37 おすすめ 38 おすすめ 39 おすすめ 40 
市川染五郎 おすすめDVD 市川染五郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
NHK からだであそぼ 決定版 歌舞伎たいそう いざやカブかん!

(購入者の評価)
染五郎さんの解説に、全く歌舞伎に興味の無かった夫がはまってしまいました!
子供はもちろん、大人にとっても、日本の伝統芸能、歌舞伎を理解するきっかけとなる、
素晴らしいDVDだと思います。
娘は一日中踊りまくっています。


(仮)からだであそぼ 歌舞伎なりきりわざくらべ 市川染五郎

プライド DVD-BOX

(購入者の評価)
木村については何も言いません。
相変わらずな演技の仕方、相変わらずな表情、相変わらずな雰囲気。全てがいつも通り、変わらなかったですね。正直、途中で見る気が失せました。
何故この人が人気なのかが理解できません。演技も歌もただ上手いだけで同じような感じでしょう。表現の仕方が乏しいとしか言いようが無い。

問題なのは、「これが野島作品」と言うこと。
野島伸司といえば、数々の素晴らしい作品を作り上げてきた人物でしょう?
「人間失格」「聖者の行進」など、問題提起なのが彼のスタイルだったはずです。
特に、前者では衝撃を受けました。KinKi Kidsの二人や赤井英和が味を出していたこともありますが、脚本がとにかく惹き込まれます。
当時問題になっていたものをドラマ化するという斬新な面もありますね。
聖者の行進もまた動揺に、問題を提起した作品となっていますよね。

・・・でも、今回は?
何を問題提起しているのですか?問題提起はないですよね、これ。伝えたいことはあっても。
まさか「古き良き時代」だなんて言いませんよね。脚本が悪すぎる。内容が無い。
野島伸司はネタが切れたから恋愛物に逃げたとしか思えない。それほどこれは駄作です。
「メイビー」? 使っている言葉に意味が繋がらないです。

うーん、脚本はいいのかもしれませんが、多分木村を起用して物語り全体が霞んだのかもしれませんね。
『若者よ、熱く生きろ!』と言いたいのでしょうけど、木村単体が出張っちゃって伝わりづらいです。
出演陣の豪華さとQUEENの起用で話題になったみたいですけど・・・何処が良かったのでしょうね。

野島先生には人間失格のような衝撃作品を書いて欲しいです。
そして起用する出演者などは真剣に考えて欲しいです。木村なんかよりももっと居たはず。


蝉しぐれ プレミアム・エディション

(購入者の評価)
原作もドラマも映画もみました。
ドラマも映画も、どちらも良さが出ていたと思います。

ドラマは登場人物に深く入り込み、自分がその時代にいるように感じました。
映画のほうは、遠くから眺めるような感じ。遠い時代を懐かしむように思いました。

端折っているとのご指摘もありますが、映画にする以上良い作品とする為にはテーマと余り関係ないところは入れない必要があると思います。その点この映画ではうまくまとまっていたと思います。

岩代さんの音楽は特に印象的で素敵でした。


阿修羅城の瞳

(購入者の評価)
10年以上前に、林海象が「ZIPANG」と言う映画を撮ったが、全体のトーンがそれにそっくり。
「ZIPANG」は、高島政宏&安田成美で、ストーリーは全然違うんだけど、スピード感のある殺陣やキップのいい台詞回し、後半のトンデモ展開と、似てますわ?。

と言うことで、様々ダブるところがあって、作品単体では見れなかった。
でも、原作は劇団☆新感線なんだねぇ。
なつかしすぎて、しみじみ。

映画そのものは、市川染五郎が歌舞伎役者っぷりを見せて、宮沢りえが可憐で、渡部篤郎がいつも通り影があって、役者さんたちを楽しむって事でいいんじゃないでしょうか。(適当)

でも、市川染五郎は色気あったと思うので、相方が宮沢りえじゃなかったら、もっと色っぽい作品になってたかも。


竜馬がゆく DVD-BOX

(購入者の評価)
全体的には、良かったのですが、竜馬暗殺のシーン等の過激な所は、大分控えてあったので、原作を知ってる者には、少しものたりない感じでした。

阿修羅城の瞳 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
ストーリーは、原作舞台の枝葉を落とし、シンプルにまとめているのだけれど、
クローズアップしたはずの主人公とヒロインの“情念”が薄く、全体にちゃち。
退屈で、とても上映時間119分とは思えないほど長く感じる。

映像的にも、精一杯けれんを意識したらしい芝居街の美しさぐらいしか褒めるところがない。

なにより酷いのはラストの殺陣。染五郎と宮沢りえは頑張っていたけれど、
舞台版のほうが遥かにスピーディでドラマチックというテンポの悪さにはあきれ果てる。

脚本、演出、編集がダメすぎ。お粗末。
新感線作品に限らず、今後、舞台作品を映画化することはなくなるだろうほどの失敗作。

出演者は皆、見た目も芝居もよかっただけに残念。いっそこのキャストで舞台をやってほしかった。
作品には思い入れが深いだろう染五郎に同情する。

未見の方はぜひ凝った映像でDVD化されている舞台版を見てほしい。


阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック

(購入者の評価)
演劇と映画を比較することが、そもそもナンセンス。ではあるが、元々の新★感線の舞台がビジュアル志向の映画的な演出が持ち味だったわけで、本作の変遷は当然の事だったのかもしれないし、幸せな事であったのだと思う。

ビデオで演劇を見る場合、収録時のカメラ構図が立体的になる事が違和感の源泉となることが多いのだが、先の理由から、むしろ映画と演劇の中間にある、面白い表現になっていると思う。

個人的には、多少説明不足ではあるもののスピード感というところで、映画版の方が好みに合う。演劇は演劇で、生々しい迫力というのは捨てがたい魅力ではあるのだが。そういう意味での見所は美惨役の夏木マリ。語尾をソプラノで延ばし、ビブラートを利かせと、貫禄のテクニックを見せ付けてくれる。こういうのが嬉しいね。

士魂魔道 大龍巻

(購入者の評価)
星由里子、久我美子、久我美子の3人が抜群。
それぞれが、自由奔放、美貌、魅力、タップリ。

ストーリー展開も、ダイナミック。
敗戦から、立ち上がる野生の強さに溢れ、頼もしい。
三船敏郎、市川染五郎[6代目]、見所タップリ。

稲垣、三船、コンビ。
無法松の一生と比較するのも、一興。


学校の怪談 たたりスペシャル

大忠臣蔵

十八代目中村勘三郎襲名記念DVD-BOX「勘九郎箱」

(購入者の評価)
演目は10、うち2つの演目はDISK2仕様。加えて幼少の勘九郎の映画2つ。
特典ディスクには勘九郎時代の年表に沿ったダイジェスト映像、
静止画、歌舞伎役者のインタビュー等。
音声解説や、浄瑠璃と台詞の日本語字幕が付いているのが嬉しい。
値段は高いが、非常に丁寧な造りだという事と
DVDの枚数が14枚という事を考慮すると、これ以上安くは出来ないだろう。
少なくとも勘九郎(18代勘三郎)ファンは買って損はない。


ブランド vol.1

阿修羅城の瞳

黄金の日日 完全版 第弐集 第29回~第51回収録

(購入者の評価)
後半は商人として1本立ちした助左が時の権力者秀吉と次第に対立して行く様子を中心に物語は進みます。
緒方拳演じる秀吉が天下人となってから時折見せる傲慢で冷たい表情は前半の"木下藤吉郎"の時の
やさしさや愛嬌と対比していて見事な演技です。
助左も納屋助左衛門と名前がかわり、落ち着きと貫禄がでてきてこちらも"今井の納屋番"時代から
大きく成長している様がはっきりわかる素晴らしい演技です。
後半で一番印象に残っているのはあの有名な石川五右衛門の釜ゆでのシーンです。
善住坊の最後も衝撃的ですが五右衛門の最後も見ごたえ充分です。



黄金の日日 完全版 第壱集 第1回~第28回収録

(購入者の評価)
私にとって最も古い大河ドラマの記憶は、「黄金の日日」における本能寺での織田信長切腹の場面でした。残念なことに以前視た総集編にはこの部分はカットされておりましたが、今回購入したこのDVDを視て、当時の記憶が鮮明に思い出されました。私にとっての織田信長のイメージは赤い炎の中で背中を向けて遠ざかっていく、高橋幸治さんの華麗な信長です。そして、本BOXにおける川谷拓三さん演じる善住坊処刑のシーン。仲間の最期の締めくくる当事者とならなければならない助左とお仙、そして最期の一手を頼み微笑んで死を待つ善住坊は正に壮絶の一語。その熱演ぶりはとにかくもの凄いです。

笛吹川

(購入者の評価)
木下恵介監督が「楢山節考」についで再び深沢七郎作品に挑戦しました。

「楢山節考」の時はあえてリアリズムを排除し、歌舞伎の様式を多用しメロドラマを軸にして成功させたと思います。

しかし今度の「笛吹川」はリアリズムに徹底します。
そして原作の味わいを出すために今度はパートカラーと言う長い映画の歴史の中でも珍しい手法を使いました。
普通パートカラーと言うのはあるシーンだけをカラーで撮ると言うものですが、この映画は全編をモノクロフィルムで撮り、その画像の一部分に色を塗ると言う不思議な手法をとりました。
空だけが毒々しく青かったり、松明や火事の部分だけ赤く塗られていたり、不思議な世界になっています。

けれどもこの手法が成功しているかと言えば、正直「失敗」だったなと思います。
何か安っぽいアニメを見ているようでもあり、前衛映画を見ているようでもあり、原作の味わいを出しているとは言いがたいと思います。
所々おもわず失笑してしまいました。
おかげで前半部分は映画に乗っていく事ができませんでした。

しかし中盤からは素晴しいの一言です。

ストーリーは戦国時代、甲斐武田家興亡の六十年間を貧しい百姓一家の四代に渡る人々の目を通して描いています。
武田の御屋形様にとって、この家の人々など塵芥と同じような物。
曽祖父は仕事をちょっとしくじったために虫けらのように殺され、その娘は金持ちの家に嫁いだはいいが、金持ちすぎると言う理由で武田家に睨まれ一家皆殺しになる。
それなのに曾孫達は自分達があるのは武田家のおかげと信じ、武田家の滅亡の時に全員が討ち死にし、それをとめに行った母も無残に殺される。
残ったのは老いた父親だけと言ういいところなしの話です。

松竹映画ですが、キャストの顔ぶれは今見るととんでもなく豪華です。
主演の夫婦を木下組常連の高峰秀子と田村高広。
その子供達を市川染五郎(今の松本幸四郎)、中村萬之助(今の中村吉衛門)、田中晋二(「野菊の如き君なりき」の政夫役)、岩下志麻。
田村高弘の母親が山岡久乃、その娘が荒木道子(ふたりとも好演)。
わずかワンシーン出演の武田信玄を中村勘三郎、上杉謙信を松本白鸚が演じています。
60年にわたる歴史ですので、実際は年下の人が年上の人の親役を演じているのも面白いです。

人間の死をただ淡々と描くと言う木下恵介らしからぬ作品ですが、これは非常に成功していると思います。
そして全編を通して貫いているのが戦争と言う理不尽なものによって犠牲になってしまった庶民の哀歌です。

もし白黒映画で撮っていたら大傑作になっていたと思います。


ヨイショの男 DVD BOX (初回生産限定)

(購入者の評価)
第1話?最終話まで笑えるところが沢山あります。稲垣吾郎さん演じる桜井孝太郎は、のほほんとしててユーモアたっぷり。SMAPメンバーのイメージと違うところが見られます!
繰り返し見ましたが、やっぱり笑ってしまいました。


黄金の日日 完全版 第四巻

黄金の日日 完全版 第五巻

>> つづきをみる

歌舞伎のかわいい衣裳図鑑

レプリークBis Vol.8 (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK)

(購入者の評価)
巻頭を飾る小栗旬と成宮寛貴の対談。
表紙やその中にある二人の写真がとてもいいです。
二人は2004年に「お気に召すまま」で共演し、
2007年に再演をしています。その再演にかける
二人の熱い想いが、語られています。
私は、生の舞台を観たわけではありませんが、
2004年の「お気に召すまま」のDVDを見た後、
2007年の再演では二人がどんな想いをもって
臨んだのかを知りたくて手に入れました。
他にもシェークスピア劇を演じてきた俳優さんたち
が感じるそれぞれの「シェークスピア」が語られて
いて、内容的にも充実しているのではないかと思い
ます。
読み終わった後、劇場でシェークスピアの劇を観た
いと思いました。


REPLIQUE Bis[レプリーク・ビス] Vol.10 (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK)

(購入者の評価)
Bisシリーズも、はや10冊目!
1,500円と云うお値段は高いけど、内容がそれに見合うだけのもので、とても充実しています。

雑誌前半は、2006年12月?2007年11月に公演された舞台を、月ごとに区分し、舞台写真とコメントを掲載。
所々に、俳優さんのインタビューや、舞台特集のページがあります。(レミゼ特集が嬉しい!)

雑誌後半は、07?08注目の俳優さんへのロングインタビュー。

今年再演される「宝塚BOYS」座談会、藤原竜也さん「身毒丸」、
彩輝なおさん・岡幸二郎さん「プロデューサーズ」等、ミュージカルファンにとっては買いの雑誌だと思いますよ。






歌舞伎界の若き獅子たち―市川染五郎・中村獅童・中村勘太郎・中村七之助

(購入者の評価)
基本的に文字は少なくて「写真集」です。
最後の2ページに凝縮した彼等のコメントが在ります。
今回の素晴らしい点は、「舞台の写真集」である点です。
躍動感があるものが多く実際に観に行った演目を思い出しますし
観ていない演目まで観た気がしてきます(笑)

***以下は帯より抜粋です***

染五郎『恋飛脚大和往来』『蝶の道行』
獅童『橋弁慶』『雨の五郎』
勘太郎『車引』『雨乞狐』『桜姫』
七之助『橋弁慶』『法界坊』『野田版研辰の討たれ』 他


すこぶる染五郎

(購入者の評価)
染五郎という役者の等身大の歌舞伎にかける情熱がとても歯切れのいい文章で綴られている。彼の創作に対する想いは何かものを作っていこうとする気概に溢れ、同じ想いを持つ青年たちへの共感を呼ぶのではないかと思う。また染五郎自身が歌舞伎を作り上げていく過程は「歌舞伎」がどういうものであるかの案内にもなっている。この本は染五郎ファンならず、「創作」というものに意欲のある若者に読んでもらいたい。オススメ!

エレガンスの条件 (ブルームブックス)

(購入者の評価)
伊藤緋紗子さんと市川染五郎さんが寛容が態度がエレガンスだと
書いているのですが、女性の目男性の目からみて共通なこの
意見が大変参考になりました。


Somegoro!―七代目 市川染五郎 写真集

(購入者の評価)
若々しい染五郎さんが素敵なお写真の中で
輝いています。
舞台前の鏡台に向かう姿・・・
プライベートを思わせるふとした笑顔。
男性なのにこの美人度は必見です!!


レイニーデイ―市川染五郎

27―市川染五郎

(購入者の評価)
たくさんの何気ない風景の写真と何気ない一言が綴られたフォトエッセイ。本全体から伝わってくる気負わない雰囲気が、何となく染五郎氏の本音の独り言を、まるで隣で聞いたような気にさせてくれる。意外な一面の発見も相まって、ファンにとってはちょっと得したような気分になれる一冊。

キテレツ

染五郎作品展

(購入者の評価)
写真がたくさん!!!
染ちゃんの感性溢れる作品満載です!
ご自分で描かれた絵もすてき。
さすが、歌舞伎役者!と納得の一冊です。


市川染五郎と歌舞伎に行こう! (旬報社まんぼうシリーズ)

(購入者の評価)
イラスト入りの解説が親しみやすく、高くなりがちな歌舞伎の世界への敷居をやや低めてくれているように感じる。歌舞伎初心者の観劇デビューにはもってこいの内容。またたくさんの舞台写真や染五郎氏のエピソードや裏話など、個人的なファンが喜ぶ要素も十分兼ね備えている。

レプリークbis (ミュージカルに恋をして。) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK)

染五郎と読む歌舞伎になった義経物語 (イワサキ・ノンフィクション)

日本の伝統芸能はおもしろい〈1〉市川染五郎の歌舞伎 (日本の伝統芸能はおもしろい (1))

(購入者の評価)
カラーが多く、舞台写真などが豊富でとても貴重だと思います。
児童向けではありますが、歌舞伎用語など詳しく説明されていますので
大人の方、特に歌舞伎入門編にもとてもいい本です。
また染五郎さんの幼い頃からのお話なども載っているので、
ファンにとっては嬉しい1冊です。


朧の森に棲む鬼―Lord of the Lies (K.NakashimaSelection Vol. 13)

ハムレットはしなやかに舞う

(購入者の評価)
思い付くまま筆をすすめたかのような随筆的エッセイ。その為かエピソードが年代別に並んでないので、少々読みにくい感も否めないが、それが逆に著者をより身近に感じさせる部分も。市川染五郎という一人の人間の、過去と現在を素直に垣間見せてくれる一冊。

歌舞伎―市川染五郎 私がご案内します (こども伝統芸能シリーズ)

英語で話す「日本」Q&A (講談社バイリンガル・ブックス)

(購入者の評価)
日本のことが英語でうまく分かりやすく書かれています。日本語だけを読んでも勉強になると思います。日本のことをもう一度知るためにも、是非一度読んでみて下さい。

七代目市川染五郎写真集

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4