市村正親

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
市村正親 おすすめDVD 市村正親 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
マイ★ボス マイ★ヒーロー DVD-BOX

(購入者の評価)
とでも楽しい学園コメディーです。
誰にも喧嘩で負けたことのないヤクザのマッキーが学校に入って、10才年下の高校生と一緒に頑張って勉強したり、夢中でスポーツをしたりするとても面白い話です。
同級生の女の子が好きになったマッキーが、淡い恋の病にかかってしまう姿がとても上手に演じられています。好きな子に上手に話しかけることさえできないマッキーの純真な姿がとても可愛いです。
学校嫌いだったマッキーが勉強の楽しさを知っていくドラマで、これを観たら大人でももう一度高校生に戻ってみたくなるかも。
学園ドラマが好きな人なら、一度は見てください。


ヴェニスの商人

(購入者の評価)
上記のお二方は、舞台上級者のレビューで正直引け目を感じましたが、初心者の意見も必要かと…
藤原竜也さんの3人の演じ分けはすばらしかったです。本当に彼は舞台の申し子だと思います。そして他の出演者の方々の表現力にも圧倒され、引き込まれていきました。
私は寺島しのぶさんの声の美しさに驚きました。西岡さんと市村さんはいうまでもありません。
この作品は喜劇だといわれていますがシャイロックの立場を考えるとよくわからなくなります。インタビューにもありましたがそれぞれの立場に立って舞台を見るとまた違った味わいがあって何度でも見ることができます。
ただひとつ、何故あんなにもツバを吐くシーンがあるのでしょうか?戯曲もちゃんと読み込んでいないので、時代背景とかあるんでしょうが、わかりません。


バンビ~ノ! DVD-BOX

(購入者の評価)
まず、主人公の考えてることが、納得がいきません。東京で、あんなにつらい目にあったけど、地元に戻ってきて、「また東京に行って、あそこで料理を作りたい」という主人公の気持はわかります。しかし、せっかく入学した大学をやめてまで東京に戻ってまた料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりません。大学なんて、たった4年通えば卒業できるし、4年とか、人生に比べたらぜんぜん短いし、大学卒業してから東京に行っても遅くないし、別に、今すぐ東京に行かないと、あそこで料理を作ることができないってわけでもないし、「また東京に行って、あそこで料理したい」とか、そんな理由で大学を辞めるなんて、主人公はアマちょろい人間ですね。大学を辞めてまで東京で料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりませんね。

ポケットモンスター ミュウツー!我ハココニ在リ

(購入者の評価)
 アニメ版ポケットモンスターのサイドストーリーです。「劇場版ミュウツーの逆襲」を踏まえた物語で、まあいわば続編です。
 劇場版にて生み出されたミュウツーとコピーポケモンたちは、とある山の中で静かに暮らしていました。ミュウツーを手中に収めようとしているサカキ率いるロケット団に見つかるまでは。ロケット団と戦いながら、自分の存在を問い考えるミュウツーは、やがて……。

 コピーポケモンのニャースが可愛いです。
 ロケット団のニャースは喋りますけど、コピーの方は喋りません。ただの化け猫ポケモンです。仕草も普通の猫と一緒。もー、ニャースってこんなに可愛かったんですね、とニャースのよさを再発見しました。ロケット団のニャースも、いい味出していました。というのは、ミュウツー以外は人間の言葉を話せませんので、ニャースが通訳してくれたからです。ポケモンの言葉、ポケモンは違っても、ポケモンになら通じるんですね。例えば、ピカチュウ語とニャース語は違うと思ってましたが、一緒のようです。

 ミュウツーもカッコイイ!劇場版では結構血も涙もない感じでしたが……ちゃんと仲間思いの素敵な親分になってました。コピーピカチュウとコピーニャースをお傍に置いて、ね。きっちり強いですし。きっと、今でも最強のポケモンはミュウツーだと思うのですよ。

 サカキや幹部ドミノなど、ロケット団の行動も、いつもより遥かに悪役っぽくてよかったです。初代悪役ですもんね、ロケット団。やっぱり悪役はああでなくっちゃ。ドミノ、クールです。仕事できます。いつもアニメに出てくる下っ端のムサシやコジロウと比べたら可哀相なぐらいです。

 劇場版をもう一回観たくなってきました……。


妖精フローレンス

You Are The Top 〜今宵の君〜

(購入者の評価)
話に聞いて購入してみたら、予想以上によかったです。感動しました。
上演に至るまでのハプニングは、この作品を輝かせる伝説のように感じられます。
また、この作品によって浅野和之という新しいスターが誕生したことも嬉しいですね。3人の役者がそれぞれ一歩も引かずに、互角の勝負をしていると思いました。すごい!
演技力・個性・歌・踊り、これらのすべての力が揃っている3人は、なかなかいないと思います。
鹿賀丈史さんバージョンも見てみたいです。でも、浅野さんがかっこいいし、味わい深い。贅沢な一品です。


よみきかせ 日本昔ばなし vol.3

NINAGAWA×SHAKESPEARE DVD-BOX

(購入者の評価)
 ペリクリーズは、星五つ。市村さんに白石さん、芸達者で必見の価値あり。衣装も和が入り、とてもすばらしい。
 ぜひ、再演してもらいたいと思うが、これ以上のものはどうかなーと思うので、DVDになっていてよかったと思う次第です。
 十二夜は、七月大歌舞伎菊之助様が、みごとであり、舞台演出もガラス張りで主題曲も琴線に触れ、よかった。別物ではあるが、歌舞伎バージョンを観た後だったので、こちらは評価がどうしても劣ってしまうのは、否めない。


NINAGAWA×SHAKESPEARE DVD-BOX 2

(購入者の評価)
ハムレットには、篠原涼子さんと夏木マリさんのきわどいセクシーシーンがあったので、購入しました。純粋な演劇ファンではありません。ごめんなさい。
特典映像ディスクには、動画はなく、出演者の紹介などの静止画像のみでした。


ストリングス ~愛と絆の旅路~

(購入者の評価)
I'm glad I didn't read dispairaging reviews of this film. I went into it not really expecting anything, and I was siezed within the first few minutes. The film is set in an imaginary puppet world. The backdrop is fascinating--a world of puppets, where barbarism is neatly translated: People can swap parts. There are no cielings. With a few exceptions where they break their own rules, the film has so much charm right there. The puppets don't move their mouths, and they don't have to. I stopped noticing. Their eyes tell the story. The cinematography is well done. The puppets are very expressive physically--and ultimately I think that was the point. The story is quite dark, but only mentally gruesome at points. There are enough rays of hope and quite a nice moral to make this one a keeper. Go on and watch it.

You Are The Top~今宵の君~

(購入者の評価)
 公演初日直前のキャスト変更等で、キャストや脚本・演出の三谷幸喜にばかり注目がいってしまう本作品であるが、他にも注目するべきことはある。その1つは、声だけの出演となる川平慈英である。舞台公演を観に行き、開演前の係員による場内アナウンス等で、携帯電話の電源を切るようにと何度も何度も告知されて、うんざりしたことのある人は、少なからずいるだろう。また、開演中に他の観客の携帯電話が鳴り、怒り心頭になったことのある人も、少なからずいることであろう。)そんななか、三谷作品においては、開演前の携帯電話に関する告知について、工夫を凝らしている。三谷自身や出演者による(テープでの)場内アナウンスや、出演者が、開演前に舞台上に登場しての告知等舞台作品の一部として楽しめるようにしている。今回、その役を担ったのが、川平慈英である。川平による開演前の場内アナウンスは、作風にもぴったりである。また、エンディングにおいても、川平は見事なアナウンスを披露する。それが、どんな場面であるかは、観てのお楽しみ。

ストリングス ?愛と絆の旅路? スペシャルBOX

(購入者の評価)
剛君の吹替えに若干違和感はありますが、人形劇を超えたストーリーに感動しました。
子供と夏休みに楽しむのにぴったりの作品だと思います。


ミュウツーの逆襲【劇場版】

(購入者の評価)
ポケモン映画の中で、この作品が一番傑作だと思います。
子供向けにしては、ちょっと難しい内容(当時小さかった私には意味がよく分かりませんでした)ですが、命の大切さということだけはひしひしと伝わってきます。小さかった私も感動して泣きました。今でも泣けます。
ホントに最高の映画だと思います。


マイ★ボス マイ★ヒーロー VOL.4

???2006年6月〜9月、日本テレビ系で放映されたTOKIO・長瀬智也主演の学園コメディー。共演は、田中聖(KAT-TUN)、手越祐也(NEWS)。オリジナルは、チョン・ジュノ主演の韓国映画『マイ・ボス・マイ・ヒーロー』だが、リメイクにあたり大幅に設定をチェンジし、日本版ならではのユニークな世界を作り上げることに成功した。毎回、CGによる趣向をこらした演出も楽しく、番組を大きく盛り上げている。関東鋭牙会の若頭・榊真喜男(長瀬智也)は、小学生以下の学力しかもたないヤンチャ者。ある日、彼の将来を憂えた父から「跡を継ぎたければ、高校を卒業しろ」と言い渡された真喜男は、10歳も下の学友たちと高校生活を始めることになるが…!?(みきーる)

マイ★ボス マイ★ヒーロー VOL.2

???2006年6月〜9月、日本テレビ系で放映されたTOKIO・長瀬智也主演の学園コメディー。共演は、田中聖(KAT-TUN)、手越祐也(NEWS)。オリジナルは、チョン・ジュノ主演の韓国映画『マイ・ボス・マイ・ヒーロー』だが、リメイクにあたり大幅に設定をチェンジし、日本版ならではのユニークな世界を作り上げることに成功した。毎回、CGによる趣向をこらした演出も楽しく、番組を大きく盛り上げている。関東鋭牙会の若頭・榊真喜男(長瀬智也)は、小学生以下の学力しかもたないヤンチャ者。ある日、彼の将来を憂えた父から「跡を継ぎたければ、高校を卒業しろ」と言い渡された真喜男は、10歳も下の学友たちと高校生活を始めることになるが…!?(みきーる)

マイ★ボス マイ★ヒーロー VOL.3

???2006年6月〜9月、日本テレビ系で放映されたTOKIO・長瀬智也主演の学園コメディー。共演は、田中聖(KAT-TUN)、手越祐也(NEWS)。オリジナルは、チョン・ジュノ主演の韓国映画『マイ・ボス・マイ・ヒーロー』だが、リメイクにあたり大幅に設定をチェンジし、日本版ならではのユニークな世界を作り上げることに成功した。毎回、CGによる趣向をこらした演出も楽しく、番組を大きく盛り上げている。関東鋭牙会の若頭・榊真喜男(長瀬智也)は、小学生以下の学力しかもたないヤンチャ者。ある日、彼の将来を憂えた父から「跡を継ぎたければ、高校を卒業しろ」と言い渡された真喜男は、10歳も下の学友たちと高校生活を始めることになるが…!?(みきーる)

マイ★ボス マイ★ヒーロー VOL.1

>> つづきをみる

レプリークbis (HANKYU MOOK)

バンビ~ノ! DVD-BOX

(購入者の評価)
まず、主人公の考えてることが、納得がいきません。東京で、あんなにつらい目にあったけど、地元に戻ってきて、「また東京に行って、あそこで料理を作りたい」という主人公の気持はわかります。しかし、せっかく入学した大学をやめてまで東京に戻ってまた料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりません。大学なんて、たった4年通えば卒業できるし、4年とか、人生に比べたらぜんぜん短いし、大学卒業してから東京に行っても遅くないし、別に、今すぐ東京に行かないと、あそこで料理を作ることができないってわけでもないし、「また東京に行って、あそこで料理したい」とか、そんな理由で大学を辞めるなんて、主人公はアマちょろい人間ですね。大学を辞めてまで東京で料理を作りたいという主人公の気持ちがわかりませんね。

レプリークBis Vol.8 (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK) (HANKYU MOOK)

(購入者の評価)
巻頭を飾る小栗旬と成宮寛貴の対談。
表紙やその中にある二人の写真がとてもいいです。
二人は2004年に「お気に召すまま」で共演し、
2007年に再演をしています。その再演にかける
二人の熱い想いが、語られています。
私は、生の舞台を観たわけではありませんが、
2004年の「お気に召すまま」のDVDを見た後、
2007年の再演では二人がどんな想いをもって
臨んだのかを知りたくて手に入れました。
他にもシェークスピア劇を演じてきた俳優さんたち
が感じるそれぞれの「シェークスピア」が語られて
いて、内容的にも充実しているのではないかと思い
ます。
読み終わった後、劇場でシェークスピアの劇を観た
いと思いました。


acteur(アクチュール) No.4 (2007 JANUARY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

ステージコレクション『ミス・サイゴン』特集 [ステージコレクション]

僕のカラダは考える

(購入者の評価)
ページを開いて読み終えるまで一時間ほどだったでしょうか。夢中で読んでいる自分に気がつきました。この本を読んで市村さんの考え方に共感し、勇気や希望をいっぱいもらいました。自分の時計を見て生きるって大事だよね?って仰っているところが特に大好き。「僕はこれだけやってきたんだ」っていう押し付けがましい感じではなく「僕はこんなふうに考えてやってきたけど、みんなはどう思うかな?」っていう、いっちゃん流の優しさ溢れる文体で、心にやんわりじんわりと染み込んでいく感じです。元気がない時、何かに躓いた時、是非読んでみて下さい。深いし、あったかいし、心に優しい本ですよ。

市村正親

テアトロ大博覧会 [ステージコレクション]

(購入者の評価)
東京宝塚劇場のそばのお店で見かけました。
 お芝居が好きな著者が、自分の見た舞台の感想を、イラストと文章で、時には漫画でいっぱい描いています。細かい突込みが笑えます。
 好きな俳優や作品に対しても、駄目なときは駄目としっかり言っているのが快いです。
 ミュージカルに重きが置かれているようですね。ある程度舞台を見たことがある人を対象としているのか、細かいストーリーまでは触れていません、…あまり書かれても興ざめですが。
 残念なのは、お値段がボリュームに対して高いことでしょうか。小部数しか発行していないようなので致し方ないのかもしれませんが。


ステージコレクション エクストラ [ステージコレクション]

テアトロ大博覧会(改訂版) [ステージコレクション]

ステージコレクションPrecious [ステージコレクション]

ミュージかる手帖 [ステージコレクション]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4