伊原剛志

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
伊原剛志 おすすめDVD 伊原剛志 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
銀幕版 スシ王子! ?ニューヨークへ行く? 特上 <初回限定生産>

(購入者の評価)
映画館に何度か足を運びましたが、見る度に新しい発見があり最後まで飽きさせない素晴らしい作品でした。劇場で観客席を見渡してみると本当に様々な方がいらしていて、1人で来たスーツ姿の男性やご年配の男性・中学生の男の子の集団・幅広い年齢層の女性達・家族連れ・ご夫婦などなど。皆さん、上映中は涙を流したり大笑いしたりと本当に楽しんでいました。上映が終わっても笑いがおさまらず、しばらく席を立てずにいる方もおられました。私も家族で見に行った日がありましたが、その日からとゆうもの『銀幕版スシ王子!』の話題で持ちきりになり、家族みんなでDVDの発売を心待ちにしていました。今でも「本当に面白かったよね(笑)。」と、テレビで光一さんを見てはスシ王子!話になる事もある程。この作品は本当に笑えますが、途中で泣かされたりもします。憎しみは憎しみしか生まない事など、深いメッセージも投げてくれているこの極上エンターテイメントを、できるだけ沢山の方に見て頂きたいです。何も考えずに見れる作品ではありますが、見終わった後には必ず皆さんの心に何か様々なモノが残るはずです。是非、ご覧下さい。

銀幕版 スシ王子! ?ニューヨークへ行く? 並

(購入者の評価)
初回盤(特上)の方が個人的にはオススメですが、光一さんのファンでない方にもこちらの通常盤(並)は手に取り易い価格かと思います。この作品を観に映画館に何度か足を運びましたが、見る度に新しい発見があり最後まで飽きさせない素晴らしい作品でした。劇場で観客席を見渡してみると本当に様々な方がいらしていて、1人で来たスーツ姿の男性やご年配の男性・中学生の男の子の集団・幅広い年齢層の女性達・家族連れ・ご夫婦などなど。皆さん、上映中は涙を流したり大笑いしたりと本当に楽しんでいました。上映が終わっても笑いがおさまらず、しばらく席を立てずにいる方もおられました。私も家族で見に行った日がありましたが、その日からとゆうもの『銀幕版スシ王子!』の話題で持ちきりになり、家族みんなでDVDの発売を心待ちにしていました。今でも「本当に面白かったよね(笑)。」と、テレビで光一さんを見てはスシ王子!話になる事もある程。この作品は本当に笑えますが、途中で泣かされたりもします。憎しみは憎しみしか生まない事など、深いメッセージも投げてくれているこの極上エンターテイメントを、できるだけ沢山の方に見て頂きたいです。何も考えずに見れる作品ではありますが、見終わった後には必ず皆さんの心に何か様々なモノが残るはずです。是非、ご覧下さい。

築地魚河岸三代目

硫黄島からの手紙

(購入者の評価)
「硫黄島からの手紙」を観て、壮絶な戦いがあった歴史から目を背けることなく、事実として、我々に問い掛けている映画だ。

栗林忠道(渡辺謙)の「我々の子どもらが、日本で一日でも長く、安泰に暮らせるなら、我々が、この島を守る一日には意味があるのです」という言葉が、脳裏に焼き付いている。

梯久美子(かけはしくみこ)著『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』(新潮社2005年)を読んでから、映画を見ました。

歴史の重さを感じる圧巻である。


新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX

(購入者の評価)
この作品の良いところは明治維新を描いた作品の中でもキャストが若く明治という時代の醍醐味が飛び抜けて描かれているという点です。この時代の醍醐味は刀、西洋式短銃、そして青春です。この美しさは伊達政宗や源平の合戦では描けない。時代背景が素晴らしくドラマティックで偉業を成し遂げた偉人が多くそのどれもが魅力的であるそれが明治の醍醐味。例え高杉晋作や坂本龍馬を描いてもこのキャストならヒットしたでしょう。歴史的な価値観から見ると新撰組は白虎隊と同じく悲運の組織であります。百姓の出身でありながら武士の世界で生き上からの圧力と志士たちとの激闘の毎日、長く続くはずのない時代を懸命に生き抜く新撰組。近藤勇や土方歳三は戦場で何を見たのか。青春を感じたい方にはぜひおすすめな商品です。

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX

(購入者の評価)
民放でコメディーで描くなら許せるが、大河でこれは、新撰組を馬鹿にしているしか言いようがない!!
いくら今が旬の三谷氏脚本でも、これは絶対に許せない!せめて司馬遼太郎先生原作でキャストも香取慎吾ではなく、もっと実力のある俳優でやるべきだった・・・北条時宗と言い、宮本武蔵と言い、源義経と言い期待していたのに主役が駄目駄目ですべて台無しだった・・・この時の大河ドラマは腐っている!腐っているぞNHKー??!!!!


ヒート アイランド

(購入者の評価)
城田優演じる渋谷を仕切る若者たちが、ヤクザと強盗のお金を手にしてしまった事から始まる話(≧∇≦)テンポもよく、しかも一番初めのシーンからすべて繋がりがあったりと?なかなか面白かった♪うちのお母さんも面白かったと?年齢層関係なく楽しめる作品☆
しかも伴ちゃんが出てるし?最後の伊原剛志と細川茂樹と城田優、かっこよすぎ!!


ガメラ 大怪獣空中決戦

(購入者の評価)
本編95分ほとんど無駄なシーンがなく、物語が停滞しない構成、脚本が見事。
今の日本に怪獣が飛来するという設定にも高いリアリティが感じられます。
(命令系統に縛られる自衛隊や、直接表に出て来ない国会審議、首都戦闘状態のために暴落する株価、円等)
ギャオスの造形(中に入っているのが女性なので、翼をたたんで飛行するシーンのシルエットには流線型のなめらかさを感じます。)、
逃げ惑う群衆の上に落下する電車、有名な夕陽を背景とした東京タワー、人間の目線で見上げるギャオスの飛行シーン等
監督金子修介と特技監督樋口真嗣のカット割り、アングル構成は何度見ても感心してしまいます。
怪獣世代の大人には懐かしくもあり、かつ現代でも十二分に通用するエンターテイメント作品です。


硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)

(購入者の評価)
アメリカ人が撮った最初で最後の日本語での映画?というのもアメリカ人が母国語以外で映画を撮るのはとても珍しいことだから。最近作られたアメリカ産の「SAYURI」という作品でも中国人のチャン・ツィーイーが日本人役で英語を喋っていましたからね。

アメリカ人というのは「正義」というフレーズがとても好きらしく、戦争映画には必ずと言っていいほどこのセリフを入れてくる。そしてこの「正義」というのは大抵アメリカ人にとってのモノのことを指し、彼らは他国の「正義」については、語れる視野や柔軟性を持ち合わせていなかった。しかし硫黄島で起きたアメリカと日本との戦いから61年たった今、双方の立場から見たこの戦いが、映画として残されることとなった。
主人公の渡辺謙演じる栗林は、現場の状況を把握する能力に長け、部下のことを思いやるアメリカ帰りの将校。この時代にして早くもアメリカナイズされた独特な人格なため、上部の人間には理解を得られないのだが、硫黄島での戦いでは全権を委ねられる。現代に置き換えると、MBAを取得した人間が経営の傾いた会社を任されるのだが、そのやり方に頭が付いて行けない古株と、尊敬を寄せる若者といった感じ。
作品を見ていて面白いと思ったのは、徐々に上官の演説意図が変化していくとトコロ。アメリカ軍が上陸してくる時には「天皇万歳」だの「お国のために」だのと言っていた形式張った演説が、追いつめられ敗戦を覚悟した時、表面上だけであった戦争意義というものに気づくこととなる。このときの心の解放というか吹っ切れた感じが、とても感動的だった。
肝心な戦闘シーンでは、ドンパチ加減がとてもハリウッド的で、リアリティを追求したはずの戦争映画のわりにはイマイチの演出。ランボーじゃないんだから…..ってちょっと思った。実際の戦争というのはもっと地味だったはず。


硫黄島からの手紙

(購入者の評価)
 硫黄島の戦いをアメリカの視点から描いた『父親たちの星条旗』と対をなす作品。日本側の視点から描かれる。両方観たあとの感想として人の命に不平等であることはない。アメリカ人だろうと日本人だろうと命の価値は同じ。そして人一人の命は非常に重いもの。ラストシーンで様々な想いの詰まった手紙が画面いっぱいに広がり落ちるところは感動しました。硫黄島という一つの島での戦闘。太平洋戦争という大きな戦争の一端にすぎないけど人が死んでいくのだから絶対に目はつむれない。その時代、その場所にいた人にしかわからない気持ちがあると思う。でもどうにかして理解したい。今回このように映画という媒体を通してだけど僕らは理解していけると信じています。どれほど悲惨だったか、どれほど苦しんだか、どれほど悲しんだか。僕は考えたい。この映画を通して。

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙

(購入者の評価)
Title: Letters from Iwo Jima
VC-1 BD50
2:20:29
Movie size: 20,82 GB
Disc size: 27.44 GB
Average Video Bit Rate: 17.49 Mbps
Dolby TrueHD 5.1 16-bit
DD AC3 640Kbps


半落ち

(購入者の評価)
アルツハイマーの妻を殺した警察官の、殺害後自首までの空白の2日間の謎、としかストーリーは書けないが、「人は誰のために生きるのか(人は、誰かのために生きているのか)」とか、「魂がなくなったら、生きる資格は無いのか」とか、とても深いテーマを考えさる邦画。

妻殺し、アルツハイマー、骨髄移植等、見るのをためらうような重いテーマだけど、話がどんどん展開していくので、真面目な映画にありがちの「スロー」さは無い。複雑で思いテーマを2時間に凝縮した脚本の勝利であり、ゆっくりとしていても遅すぎない「間」を保った監督の勝利であり、何よりも登場する俳優・女優の素晴らしさだと思う。

まず、主役の寺尾聡。この映画での彼の演技(というか、目チカラ)は、凄い。ほとんど目だけで、悲しみ、嬉しさ、(なんでも分かっているよ、という)哀れみ、怒り、覚悟を決めた表情、人を気遣う表情などを演じ分けている。これだけ台詞がない主役、というのも珍しいけど、それをこなしてしまう俳優・寺尾聡に感嘆した。正直、私の中の彼の印象はこの一作で大きく変わった。

しかも脇を固めた「主役級」のメンバーが、それぞれ影や悩みを持ちながら、真摯な気持ちで事件を追う姿を演じているのも、この映画をグッと緊張感のあるものにしている。新聞記者を演じた鶴田真由はどうでもいいんだけど、(笑顔が一度も出てこない)柴田恭平、(堅気の主婦を演じてる)高島礼子、(真面目すぎて悩む)吉岡秀隆、(キャリアに傷を持つ)伊原剛志、(罪の意識にさいなまれる)樹木希林、等々、枚挙に暇がない。主役級のメンバーだけではなく、例えば伊原剛志演じる検察官のアシスタントとか、吉岡秀隆演じる裁判官の妻や父親とか、ほんの少ししか出演してないメンバーも、それぞれ役割があり、強い印象を残している。

見るのは3回目なのに、また感動した。全ての方にお勧めできる良作です。


黒い太陽 ’07 スペシャル

(購入者の評価)
スペシャル見損ねていたのでやっと見れました。
期待を裏切らず、毎週やっていたドラマを更に深く知ることが出来る内容に
なってました。永井さんのお色気シーンも結構多かったですね(汗
テレビシリーズのDVDと共に、保存版です。


終戦六十年スペシャルドラマ 火垂るの墓

(購入者の評価)
否定的なレビューも散見されるが、私にはこちらのほうが本当の戦時をリアルに再現しているように感じられた。
優しいおばさんが非情な悪魔へと変わっていく姿を描くことによって、極限状態における人間の残酷さを表現したという点において高く評価したい。

勘違いしている人もいるようだが、火垂るの墓の原作はアニメではなく小説である。
読んだ人にはわかると思うが、作者の野坂昭如は特に誰に感情移入することもなく、淡々と62年前の神戸を舞台とした物語を綴っているに過ぎない。
親戚のおばさんを憎く感じるのは清太と節子を中心に描いたアニメ版の演出によるところが大であり、冷静な想像力を持ってすればその言動は決して大きくは間違っていないことに気付くはずである。むしろアニメ版よりこちらのおばさんのほうがより徹底して冷酷であるが、二人の置かれた立場の違いを考えれば、その罪深さも愚かさも、生きるために盗みを働き、誤った判断から妹を死なせた清太と本質的には同じであるということが理解できると思う。

野坂自身も実際には妹の食べる分まで自分のものにし、結果として妹を犠牲にして生き延びたという過去を背負っているわけで、その意味ではおばさんもまた原作者の分身であるといえる。あの時代を生き抜いた人々は兵士のみならず誰もが誰かの屍の上を踏んできたということを理解し、戦争を経験した人たちの死ぬまで癒されることのない悔恨と苦悩を斟酌するべきであると思う。

俳優たちの演技もすばらしい。特に主役の二人はアニメの声優とも声が似通っており、これだけ違和感を感じさせない演技ができるものかと素直に感嘆した。時代考証もかなり正確で、衣装や背景などにも細心の注意を払って製作されたことがよくわかる。

ただ明らかに反戦という主張が前面に出すぎており、すべての責任を政治や軍に押し付けるかのような言動や、これ見よがしのエンドロールなどはやや興ざめである。こうした頑張り過ぎは製作者の意図とは逆に観る側の感動や想像力をスポイルするのではないだろうか。よって評価はマイナス1点。


好き

(購入者の評価)
3つの違った短編ストーリーが入っています。ストーリーは全てがベタで感情移入するまでではありません。でも田中麗奈の魅力が惜しげもなく出ています。
田中麗奈が好きなら十分楽しめます。


硫黄島からの手紙 期間限定版

(購入者の評価)
 日本人がのんびりお涙頂戴映画から脱却できないからアメリカ人に先を越されてしまった。日本人として恥ずかしいです。「パールハーバー」や「SAYURI」とは雲泥の差の時代考証、当時の日本へのリサーチ。多少言葉使いが気になるもののもし全て当時の言葉遣いでやっていたら当の日本人にも理解しにくくなってしまっていただろう。アメリカ人の監督なのに平気でアメリカ兵が捕虜を射殺するシーンを入れたり、戦史やドキュメンタリーとしてではなくあくまで戦争で人生や人格を変えられていった人達を淡々と描きながら「衛生兵を狙え」とか海岸を兵と物資で埋め尽くしすまでわざと攻撃せず逃げ場を作らないようにしてから攻撃する戦争の非情さも忘れていません。イーストウッド演出には脱帽です。
 武器の考証も正確です。最も米兵を倒した武器といわれる「92式重機関銃」も大活躍。加瀬亮の使う94式自動拳銃も無骨な後期生産型でした。こういった考証のできる日本人がいないというのも変な話です。


黒い太陽DVD-BOXディレクターズカット版

(購入者の評価)
深夜テレビをつけて偶然黒い太陽を知りました。
何か面白そう、とそのまま見ているうちに
黒い太陽の世界にどんどん引き込まれていきました。

恥かしながら、このとき初めて「永井大」という人を知ったのですが、何といっても演技が良い。
井上に裏切られて錯乱するときの演技なんて、立花になりきっていて、凄いと思いましたね。
ストーリーも、次はどうなるの?と興味をそそられます。
最初から見ていないので早くDVDが見たいです。

検索して、永井君主演のドラマ「ああ探偵事務所」をレンタルして見ました。
髪型が今と違っていて長めなのでやわらかい雰囲気。
黒い太陽とは正反対のコミカルなドラマでした。
最初の2話くらいまでは正直あまり面白くなく感じて、
全巻レンタルしてしまったことにやや後悔しましたが、
ストーリーが進んでいくうちに、登場人物たちに魅力を感じるようになってきて、楽しめました。
リズミカルなピアノのテーマミュージック?もとても好きです。
サントラ出てないので残念です。
恋アリ、お色気アリとなかなかよかったですよ。

話が反れましたが、永井大は今後注目して行きたいと思います^^
特命係長只野仁もまた始まりましたしね^^


病院へ行こう

(購入者の評価)
まさしく全身の魅力を余すことなく披露した真田広之の作品。
監督は「陰陽師」「新宿鮫」などの滝田洋二郎。
彼が表現する真田広之は天下一品の色気を放つ。
まずは軽いテンポから始まりそのままのノリで軽いアクション(爆)
この映画で真田は見事なノースタントの階段落ちを披露している。

そして入院先にいる個性的な患者の面々。
なんと自分の奥さんを寝取った?間男までいるのだから踏んだり蹴ったりだ。
そして担当医は新人ぶりが初々しいを通りこして不安さえ醸し出す薬師丸ひろ子。
「里見八犬伝」とはえらい違いだ(笑)

若く勢いのある真田は冒頭では全裸でベランダに出され、入院先では若い看護婦に入浴介助をしてもらうシーンまであり、今回はTVディレクター役であるにも関わらず無駄に美しい肉体を惜しげもなくお届けしてくれる。
はっきり言って「サービスカット」に他ならない(笑)

しかしドタバタ劇で笑いあり、ちょっぴり涙を誘う場面もありながら「人間臭さ」の演出を忘れない滝田監督のコメディタッチの作品の中では群を抜いて面白いと言えるのではなかろうか?


連続テレビ小説 ふたりっ子 完全版 DVD-BOX2

(購入者の評価)
当時も好きでこのふたりっ子を観ていたのですが、学校に行っていて観れなかったところも多かったです。なのでこんなシーンがあったのかと新しい発見があってとても楽しいです。

>> つづきをみる

志して候う

(購入者の評価)
取り寄せ注文した志して候うを今日購入して早速車の中で一冊読破しました。在日であることで受けた差別、伊原さんの少年時代新聞配達やいろいろなアルバイト、内職をして家計を助けようと必死になって苦労していた貧乏時代の話やアルバイトしていた居酒屋さんで出会った実のお母さん以上に慕ってくれたもう一人の「お母ちゃん」はものすごく優しい愛情で伊原さんを支えたのだと思います。「伊原剛志」の「志」と付けた時「すごく運が上がるか下がるか一か八かやけど・・・」と「伊原剛志」と名付けた話は印象に残ります。今の奥様と出逢い結婚にいたる話は奥様の豪快で度量の大きい人柄が伺えます。いろいろな苦労を乗り越え今の俳優伊原剛志があるんだなと思います。意外だったのは経営者としての顔を持っていることです。 伊原剛志が好きになりました。


CLUB HARLEY (クラブ ハーレー) 2007年 04月号 [雑誌]

鋤田正義画像集『波』―好きという思いをひもとく数十篇の小文とともに (マーブルブックス)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4