いかりや長介

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 
いかりや長介 おすすめDVD いかりや長介 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ザ・ドリフターズ 結成40周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 DVD-BOX (通常版)

(購入者の評価)
ワンパターンで単純。だから、今でも笑えるんです。
彼らが演じるのは徹底したバカ。でも、バカを演じられるのは、彼らが一流の役者だから。
一押しです。


GOOD LUCK!! DVD-BOX

(購入者の評価)
堤真一、竹中直人、黒木瞳、いかりや長介、かっこいい奴らが脇を固め、キムタク機長が空を駆け巡る。柴俊夫出演の回はよかったです。あくまでもキムタク中心に描かれることもなく、各キャストに光を当てていたのも良い。(いや、キムタク嫌いじゃなくてね)。主題歌は、1980年発表の、山下達郎の最高傑作。長さんに、合掌!

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
深津絵里さんが女優としての飛躍につながった傑作。
この時期はまる顔ムチムチでかわいい印象ですね。冷静沈着でインテリな感じはカバチタレやCHANGEに近い。(ただしキャラクターは見事に演じ分けているが)
現在の深津さんはスラッとしてかわいいというよりきれいになってますがどちらも素敵ですね。

ファンとして残念なのは深津さん真骨頂の時期のドラマはDVDにほとんどなっていないんですよねぇ。


踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

(購入者の評価)
期間があいての映画第2弾ですが、深津絵里さんが当たり前ですが大人っぽくなっていてかなりきれいになっています。

ドラマ版当時に比べ今となっては圧倒的な個性を身に付けた数少ないTHE女優といえる女優さんですね。


踊る大捜査線 THE MOVIE

(購入者の評価)
力のある映画でした。
テレビから映画に移っても、気負わず、ひねくれず、
胸を張って王道を行く姿勢に大いに共感します。

そして、名台詞が日々の生活を勇気づけ、コートをひるがえし
見栄を切る姿に「待ってました」と心で声をあげる。
私が生まれる前の、映画が生活の中心だった時代もこんな感じ
だったのではないでしょうか。


踊る大捜査線(6)

(購入者の評価)
  OAしてから今までに現実に銃を使った凶悪な事件が増えたので制服警官でも既に脇腹や背中まで覆う防弾チョッキに変わりました。また拳銃発砲の制限も大幅に緩和されました。
 しかし最終話では査問委員会で何故威嚇発砲しなかったのか問われてしまいます。そして今までの青島流捜査まで対象が及び湾岸署を離れることになってしまう…。お堅い警察組織は新しい風に対しては厳しかった。
 犯人が拳銃を左に90度回転させて構えるシーンがあるが、画としては格好良いいです。他の洋画でもあの構え方は当時流行ってましたから。実際にエアーガンでやってみましたがあまり実用的でないことが分かりました。右手で銃を構えると右側にかなりの死角が出来てしまう事です。左へ撃っていくには良いかもしれませんが、2丁拳銃と同じくやはりフィクションの世界ならではです。


踊る大捜査線(1)

(購入者の評価)
 たとえば、あまりにも驚きが大きかったり、怒りの感情が強過ぎたりした時に、妙に渇いた笑いが込み上げて来ることってありますよね。この作品は、そうした日常の笑いを巧く捉えていると思いました。だから、緊迫した場面でも実感を持って笑えるんです。決して馬鹿々々しいコントにはなっていない、深層心理に迫る笑い。
 そして泣かせるところは泣かせ、しんみりさせるところはしんみりさせる。青島刑事が真剣に怒鳴れば、観ているこちらまで熱い血が騒ぎ、自然に拳を握り締めている。“刑事ドラマのようには行かない”と作中人物に語らせながら、いつの間にかそれが紛れもない“刑事ドラマ”と化している。非常に現実的、かつ、ドラマチックな展開。
『踊る大捜査線』の魅力は、そういうところにあるんだと思います。一昔前に本放送で観た時の感動、新鮮味が、そのまま甦って来ました。感激です。


踊る大捜査線(5)

(購入者の評価)
 まだこの頃斬新であった「プロファイリング」がテーマになってます。プロファイリングもあくまで過去からのデータが元なのでそれだけで犯人や被疑者を追い詰めるということは、現代の人間の心理状態や性格の荒みも考慮しなければいけないので、プロファイリングだけの一人歩きは危険です。取り調べ中に逆上した犯人にPCで殴られるというのはなかなか面白いアイディアだったと思います。例えば以前「Xファイル」で「放火魔は男」というセリフがありましたが、現実に日本でも若い女性の放火魔も現れました。
 次の話は警察はこんなこともやっているのかとちょっと驚いた話でした。被疑者の愛人の保護までするとは。この愛人の喋り方もかなりリアルに感じました。そして本店で取り合わなかった湾岸署からの1枚の写真のお陰で未然に防げたはずの犯罪が発生してしまう。本店では捜査本部の片付けの中、室井管理官が額を抑えて終わるのが印象的な話でした。


踊る大捜査線(2)

(購入者の評価)
 管轄争いや取調べに対する復讐。そして今後展開していく恩田すみれの事件の伏線がさりげなく張られています。この2話ではほとんどカメラは警察の中を出ず話も警察署内、警察内部の話題に絞られているところに脚本の技が光ってます。本来警察とは犯罪に対する部門であるはずなのに容易に政治が介入してくる。組織のいやらしさも出ていました。それにしてもさりげなく毎回豪華なゲスト出演が続いてますね。伊藤俊人、清水章吾など。第二話で男の髪を切った女は篠原涼子でしたね。「お宝」映像です!。 
 同じ警察という組織にいながらヒエラルキーの位置が対照的な警察官僚室井と所轄署の青島。また捜査1課の刑事たちとも考え方が全く異なるのも社会人向けのドラマでありまだ社会人でない人も今後の参考になると思います。企業にも似通った部分が多々あります。
 それにしても時代を先取りしていたかもと思うのが現実に取調べが鹿児島県警で問題になったことです。本店がクロと言えば所轄は言い返せないという現実を知りました。


踊る大捜査線(4)

(購入者の評価)
 出演する人はみんな警察関係の人ばかりなのに1人だけ例外が。そう、水野美紀。彼女は第1話で犯罪被害者の遺族でこれからどうなっていくのだろうと思ったら遂に彼女がキーパーソンになりました。しかも麻薬の運び屋の疑いが掛けられ「本店」も乗り出してきます。彼女の人柄を知っている青島は何とか本庁に連れて行かれないようにと苦肉の策を講じたところで続く。ユースケ・サンタマリアが「僕にはあんな無謀な事できないですよ。先輩度胸あるなぁ。」と呆れとも賞賛ともいえない言葉が緊張感にユーモアを持たせます。そして元営業マンの素質を活かした青島流捜査が始まります。いかりや長介のさりげない協力で本店の力を借りずに見事逮捕。いかりや長介演じる和久から「本当に偉くなりたきゃ、本庁へ行け。30年ヒラのデカやった結論だ。偉くなれ、青島。」というただのハッピーエンドで終わらないところも脚本が光ってます。
 室井も同期に「浪花節ばかり唸ってると出世に響くぞ。」と嫌味を言われ縦割り警察組織のいやらしさも出てました。
 最終回でもこの1件が査問委員会で取り上げれらてました。


踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2

(購入者の評価)
 実は日本公開版を見逃してしまい年末に上映されていたこちらのバージョンを映画館で観ました。前作も海外に輸出されていたのですが韓国ではあまりヒットしなかったという事しか知りません。今回はスカイウォーカーサウンドを使う力の入れ込みよう。トンネルで水野美紀を追うシーンでは明らかにこちらの方が上です。水野美紀の悲鳴のような声が反響して入ってますが、日本公開版では聞こえません。銃声も日本公開版とは変わりました。スリーアミーゴスの笑いを取るシーンはなくなってしまい、その分青島刑事と事件との関係がより密着して描かれているのが日本公開版との違いでしょう。登場人物に関しては女の管理官沖田仁美の扱いがいかにも紋切り型であることが不満です。深津絵里が撃たれるところも銃を持った犯人を前にあんな勝手に大人が動いたら撃たれるに決まっているでしょう、と思います。
 今の犯罪者は複数でも上下関係の薄いヘッドの無いグループというのは先見の明がありました。実際にそんな犯罪も日本で起きてしまったし。海外ではイラクやアフガニスタンのテロ組織も緩い繋がりでしかない。それでいてやるべきことはしっかりやる。
 このシリーズもついに「3」の企画が進み始めました。今度はどんな事件になるのか?和久さんなしで話の展開をどうするのか?09年が楽しみです。
 


踊る大捜査線(3)

(購入者の評価)
 自分の位置する場所によって全然事件や他者に対する考え方、捉え方の違いがテーマになる話です。事実毒入りカレー事件でも管理官と捜査員の軋轢があって初動捜査に不手際があったことや例の埼玉のストーカー事件でも警察が事件として取り上げようとしなかった事が報じられました。「踊る?」はフィクションでも「捜査が踊っている事」は現実に起こっていることが悲しいです。
 ストーカーの定義を知らない署長と知っているけど知らない振りをする副署長を交えた大会議室での小さな会議には笑えました。
 金持ちパパに群がる女の中に小池栄子がいますね。これも「お宝」映像ですね。


ガッコの先生 BOXセット (限定版)

(購入者の評価)
竹内結子のサバサバした演技が好印象だったドラマ。

学校が抱える問題・生徒が抱える問題・家庭の問題・・・

様々なトラブルをどう乗り越え解決していくか、
堂本剛演じる桜木先生をはじめ、個性的な面々で描かれています。

昔に比べて、ずいぶんと変わってしまった生徒と教師の関係。

この作品を見ると、自分の小学生時代と比較してしまいます。

厳しくて、でも愛情いっぱいに接してくれた大好きな先生を思い出しました。

このドラマの最終回は涙なしでは見れなかった・・・。


DVD白い影(1)〜(5) 特製BOXセット

(購入者の評価)
所々は感動しました。例えば、病気を隠す中居さんの演技とかリアルだった。でも、ストーリーにいまいち、リアリティーがなかったです。泣かせようとしてる展開に素直に感動できませんでした。

恋人はスナイパー 劇場版

(購入者の評価)
テレビ朝日系で放映された単発TV版2作の続編映画で、 西村京太郎作「華麗なる誘拐」をモチーフにした作品。エンタメ路線のB級映画のつもりで見たら、意外にも感動系の秀作で驚いた。主要キャストは、内村光良、水野美紀、田辺誠一、 竹中直人、いかりや長介、中村獅童、阿部寛と知っている人が多く、演技も良かった。各キャラの見せ場もしっかりある。強いて言えば田辺さんの見せ場が少なかったことが残念。いかりや&水野さんの2人が出てる時点で見てる側は、これって踊る大捜査線やん、ちゅう感じなんですけど、踊る?では頼りないキャラの水野さんがとても頼りがいのある格好良いキャラを演じてます。いかりやさんもこれが遺作なんですよね。最初に説明場面があるので、TV版を知らなくても自然に物語にとけ込めました。


夢 Akira Kurosawa's DREAMS

(購入者の評価)
 ・・・こんな夢を見た・・・
 夏目漱石の『夢十夜』と同じ出だしで始まる八つの物語。

 主に環境問題を中心にした物が多いが、他にも、自らの部下を戦争で死なせてしまった部隊長が死んでいった部下の兵隊達と語り合う第四話や、切られる運命にある桃の木がひな祭りの日に少年に見せる幻想的な世界を描いた一話目など、若い頃は画家を志していた黒澤の色彩感覚と芸術的センスが光る作品も収録されている。

 黒澤が環境問題や戦争を取り扱った映画としては『生きものの記録』という水爆を主題にした作品や、広島の原爆をテーマにした『八月のラプソディー』があるが、本作でも黒澤は上述の二作品と同様の主張を繰り広げていると見てよいだろう。

 若い頃から様々な社会派の作品を取っている黒澤だが、こういった戦争に関することを主題にすることが多いのは、やはり黒澤自身が戦争に従軍していないということと関係があるのかもしれない。

 しかし、そういった強いテーマ性はあるものの、本作が映画としてその主題を適切に表現しているかというといまいち妖しいような気がする。確かに「自然を大切にしよう」とか「環境を守ろう」といった事を主張したいのだということは伝わってくるが、その伝え方があまりにもストレートで若干子供っぽい印象を持ってしまう。しかも、そういった単純な主張を繰り返し見せられることで、見ていて途中から何となく説教臭いような気がしてきてしまう。
 年齢と言ってしまえばそれまでかもしれないが、天才黒澤もやはり年をとると説教くさくなるということなのだろうか。

ガッコの先生 vol.3

???堂本剛がはじめて先生役に挑んだ話題作。桜木仙太郎(堂本剛)は産休代用教師として、東京の小学校に赴任するために大阪から上京してきた。早速、下宿先のラーメン屋を訪れる仙太郎だったが、店主(いかりや長介)の娘・素子(竹内結子)もまた、同じ学校の教師だった…。
???熱血漢の仙太郎、子どもたちとの関係にクールなスタンスを保とうとする現実主義者の素子、そしてマザコンで気が弱く、子どもたちに恐怖感を抱いている敦(田中直樹)の三者三様のいまどきの教師像に注目したい。ただ、使い古されたテーマの焼き直し的なエピソードが多いのは新味に欠けるところ。意外にも、堂本剛がネイティヴとしての関西弁を使ったはじめてのドラマでもある。(麻生結一)


GOOD LUCK!!(5)

あなたの隣に誰かいる ディレクターズカット DVD-BOX

(購入者の評価)
最初、本筋に行く前に、3人フェイクが入ります。
物語が動き出すのは、3話くらいからです。

また、その後にも、もう一人、家族の平和を邪魔する者が現れ、複雑に絡みあいますが、
8話くらいで、つながります。

こういう伝奇的なオチは予想していなかったので、ビックリしました。
普通のストーカーものと思うとビックリできます。

無駄に長くなるだけかもしれませんが、最後の蟲退治(?)のシーンの前に、
本当は、もう少し謎解きがあったのかもしれませんね。
そうでないと、刀に自分の血をつけた、いかりや長介の行動の意味が分からないので…

皆さんがレビューで語っているように、キャスティングが良く、中でも北村一輝が最高です。


踊る大捜査線 THE MOVIE 1&2 Hi-Bit Twin Edition

(購入者の評価)
世間が良いというから見たけど、何これ…。中学生のお遊戯のような俳優の下手な演技。おまけに個性も無い。出演者は最新のカメラ技術に頼らないぐらいの演技を見せてみろ!

>> つづきをみる

だめだこりゃ (新潮文庫)

(購入者の評価)
 日本を代表するコメディアンで、俳優に転進後も独自の存在感を示した故いかりや長介の自伝。少年時代に実父やアメリカ文化から大きな影響を受け、その後趣味が高じてプロのバンドマンとして活動、コメディ要素を演奏に盛り込むことに興味を持ちバンド移籍を繰り返す中でザ・ドリフターズに加入し、その後メンバー交代を経て国民的人気コメディグループとして長く活躍、グループ休眠後は個性派俳優に転進して独自の地位を確立…といった波乱に富んだ人生を、温かな人柄のにじみ出る朴訥とした筆致で振り返っている。自伝ではあるが、自分のことよりむしろ自分に関わった人を紹介するという趣旨であるため、近視的見方や悪い意味での自我がなく客観的で大変読みやすい。また著者の波乱万丈の人生におけるさまざまなエピソードは大変面白く、非常に興味深いものばかり。ドリフにおけるコントの作り方等の舞台裏秘話も白眉。ひとつひとつのエピソードはそれほど掘り下げてはいないが、物足りなさはなくむしろ腹八分目でサクサク読めるちょうどよい文量。なお個人的な話だが、この本をドリフを知らない若い世代の知り合いが読んだところ、ドリフを知らないのに「すごく面白かった」と言っていた(それだけ読み物としての完成度が高く、著者本人やドリフを知らなくても楽しめるということ)のが印象的だったことを付記しておく。

親父の遺言

(購入者の評価)
小さい頃あれだけ痛かった親のビンタが大人になっての改めてビンタで痛みを感じなくなる。

親の老いを感じる瞬間はそれぞれだが、浩一氏の少年時代の長さんとの距離感から長じてからの親への思い、最期を看取った思い。。。息子の親を思う気持ちがストレートな筆致で書かれている。最期ちょっと泣けた。


だめだこりゃ―いかりや長介自伝

(購入者の評価)
 日本を代表するコメディアンで、俳優に転進後も独自の存在感を示した故いかりや長介の自伝。少年時代に実父やアメリカ文化から大きな影響を受け、その後趣味が高じてプロのバンドマンとして活動、コメディ要素を演奏に盛り込むことに興味を持ちバンド移籍を繰り返す中でザ・ドリフターズに加入し、その後メンバー交代を経て国民的人気コメディグループとして長く活躍、グループ休眠後は個性派俳優に転進して独自の地位を確立…といった波乱に富んだ人生を、温かな人柄のにじみ出る朴訥とした筆致で振り返っている。自伝ではあるが、自分のことよりむしろ自分に関わった人を紹介するという趣旨であるため、近視的見方や悪い意味での自我がなく客観的で大変読みやすい。また著者の波乱万丈の人生におけるさまざまなエピソードは大変面白く、非常に興味深いものばかり。ドリフにおけるコントの作り方等の舞台裏秘話も白眉。ひとつひとつのエピソードはそれほど掘り下げてはいないが、物足りなさはなくむしろ腹八分目でサクサク読めるちょうどよい文量。なお個人的な話だが、この本をドリフを知らない若い世代の知り合いが読んだところ、ドリフを知らないのに「すごく面白かった」と言っていた(それだけ読み物としての完成度が高く、著者本人やドリフを知らなくても楽しめるということ)のが印象的だったことを付記しておく。

涙をふいて(1)

(購入者の評価)
上戸彩のロングヘアーが初々しい。まだスターダムに昇る前のドラマ出演。消したい過去なんでしょうか?事務所の圧力か(笑)DVD化してないのか希少なビデオみたいですね。

スタッフも豪華でいいドラマなのに…


涙をふいて(3)

(購入者の評価)
脚本が教育的にひっかかったのか、出演陣によるタブーなのかDVD化してませんね。時期的にはDVDで出てもおかしくないですが。
典型的なホームドラマで面白いのですが。江口洋介のずれた役柄が最高ですし。というか最近こんな役多いですよね(笑)今の阿部ちゃんみたい。もちろん二枚目路線もしかり。


涙をふいて(2)

(購入者の評価)
シナリオは普通で目新しさはないけど豪華出演陣のパワーでとても良いドラマです。
ちょくちょく登場するコンビニがデイリーヤマザキ。時代を感じます(笑)
今なら普通はローソンとかセブンイレブンなんだろうけど。


涙をふいて(4)

(購入者の評価)
DVD化してないのは間違いなく上戸彩がらみでしょう。しかし良く初めてに近いドラマ出演でこの仕事オッケーしたね。セミヌードなシーンあります(期待しすぎは損)。その後の活躍ぶりは想定外だったのか。
結果、淘汰されてしまったみたいですね。


僕と長さんは旅に出た―アフリカを愛したいかりや長さん

ぶらりアフリカ―Go out for a stroll Africa

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4