池内博之

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
池内博之 おすすめDVD 池内博之 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
チーム・バチスタの栄光

(購入者の評価)
小説を読んでから観ましたが、エンターテイメントとしては概ね良くできていると思います。
「探偵ガリレオ」の映像化に際して「草薙」を女性にしたのと同様、本作でも「田口」を女性にしていますが、この当りの手法は集客という点からも許容できる範囲だと思います。

竹内さん、阿部さんはじめ俳優さんは、皆さん安心して観ていられます。特に、阿部さん演じる「白鳥」は、原作ではキャラの個性が強すぎて好みが分かれるところかと思いますが、映画では無難なところに落ち着いているかと思います。

原作の小説を読まずに、先入観なく本作を観れば、エンターテイメントとしては合格ではないでしょうか?
ただ、本作の本当のテーマは、医療現場において解剖がそれほどなされているわけではない。
そして、解剖ができないために本当の死因が解明できない場合も多々ある。そこで、オートプシー・イメージングという技術を取り入れることを一つの方法として提示しているところにあります。

この当りのテーマが、映画では若干弱くなっていたように思います。


LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ

(購入者の評価)
なかなかハッピーエンドが少ない同性愛がテーマの作品ですが、こちらは全体的に爽やかで可愛らしいです。同性が好きだけどハッピーでやってるよ!というメッセージが伝わってきます。登場人物の描写が細かくて、特にサブキャラクターのタケちゃんがイイキャラしてます。学校の様子などは非常にリアルで、演技であることを感じさせません。いちこのパパも、リビングでゲイ雑誌を眺めるなど、細かな配慮が冴えています。セクシャリティを問わず十分楽しめると思います。見終わった時の清涼感が清々しいです。原作はあくまで違う作品なので、どちらが良いかくらべる事はナンセンスだと感じます。私はどちらも好きです。

哀憑歌 CHI-MANAKO

恋愛小説

(購入者の評価)
多分、子供のころの孤独な閉じこもっちゃった主人公の気持ちが私にも少し、どこかわかる気がして、最初から涙が溢れて溢れて止まりませんでした。悲しいとか寂しいとかってより、どうか幸せになってって,あなたは大丈夫なんだよって心から言ってあげたくなる、心の底が動くそんなお話でした。玉木宏ってすごいって思いました。

エクスクロス 魔境伝説

(購入者の評価)
かなり面白い!!
仲間由紀恵さんのトリックが好きな方はハマると思いますよw


カルト的な要素はあるし ブラックコメディだし…


しかし鈴木亜美がアクションとは、すげぇな…
この路線で行けば間違いなく売れますよ(笑)

小沢真珠も牡丹と薔薇をも越える狂乱女を熱演してますし

松下奈緒も今までとは違った役どころが面白い!


なんでもアリでツッコミどころ満載のハチャメチャ感がいいですね
友達と見たら絶対盛り上がりますね(^皿^)



日本映画もまだまだ捨てたもんじゃないと思いました(B級だから面白い!)


BOYSエステ DVD-BOX

???2007年7月〜9月、テレビ東京・ドラマ24枠で放映された、中村蒼主演のイケメンラブコメディー。共演は、杉本有美、斎藤工、賀集利樹ほか。原作は、真崎総子による同名の人気コミック。三段腹が原因で恋人に萎えられた少女・小岩井静香(杉本)が、美形エステティシャンが揃った夢のエステで心とボディをブラッシュアップしてゆく物語で、いずれ劣らぬイケメンたちによる施術シーンに視聴者の羨望が集まった。人を癒せる“ゴッドハンド”をもち、自身もコンプレックスを抱える赤城響(中村)が、静のためにテクニックを磨いていく様子は、観るほどにうらやましくなる。また、エステの被験者となった静香が、少しずつ変わってゆく自分に戸惑いながら成長を遂げる姿も可愛らしい。時に彼女がほとばしらせる妄想は、爆笑必至!(みきーる)

スペーストラベラーズ

(購入者の評価)
ありきたりな銀行強盗モノだが当初の予定とは程遠く全くグダグダな展開に。オタ色も強く、ちょっとヤリ放題し過ぎなノリなので好みは分かれると思う。

あー、こいつらおバカなことやってんなあ、って感じで見るのが良いです。

すみれさん前や舞台女優の現在も好きだけれど、この時期(ショート)の深津絵里は最強。 おそらく金城くんが主演なんだろうけどおいしいところどりで人一倍の演技力で頑張る深津ちゃんの主演といって良し。

ただ、投げっぱなしなままのネタや踊るシリーズでも賛否な泣かせますよ的なラストは正直いただけませんが。


哀憑歌 GUN-KYU

GTO DVD-BOX

(購入者の評価)
学園ドラマのトップ!!!
反町主演の最高傑作★☆

こんな先生いたら絶対学校行きたくなります♪
自己中、営利目的…教師の資格あるの?!w
でもいざという時は命がけで生徒を守る^^
ただでさえ好きな反町、余計に好きになります!

僕も教師志望ですが、こんなの憧れますよ^v^


偶然にも最悪な少年

(購入者の評価)
まず人を刺したり人間にケチャップやマヨをぶっ掛けること
事態ありえない。やったら犯罪ですから…。
そのありえないことをやってしまったのがこの映画。
それをダイナミックに演じる俳優・市原隼人が非常におもしろかった。
その主人公に見事にツッコミを入れる中島美嘉が物凄く味を出していた。

ちなみに市原隼人はプライベートではBボーイの服装をするそうだが今回の映画
でそのプライベートの服装と同じBボーイの服装を見ることが出来るのもファン
としては嬉しいかも。


GTO スペシャル

(購入者の評価)
高視聴率を獲得したドラマ「GTO」のスペシャル版。
相変わらず、はちゃめちゃな鬼塚先生が見どころです。
ストーリーも連ドラの続きといった感じで、一番気になるところはやっぱり鬼塚先生と冬月先生の恋の行方。
決着はいかに???
GTOファンにはたまらないDVDです。私も購入しましたが、買ってよかったと思いました!


病葉流れて

(購入者の評価)
見はじめから暗い感じで,すぐに早送りしちゃいました。
肝心なもの映ってないよ!!


昭和歌謡大全集

(購入者の評価)
性格が屈折していて、そして社会から逸脱してしまった人物が、
寂しさを紛らわすために集まり、そしてカラオケをしたりしていて、
その内の一人がその寂しさを紛らわす方法に、
偶発的にも殺人という方法を選択してしまうという異常さ

そして、その一つの事件から発展する互いの復讐の中で、
生きることの意味というか、生きる活力を見出していく皮肉

感情さえ麻痺してしまうほどの日常で忘れ去られた、
【怒り】という感情を自然と湧き出る涙とともに最後の最後で知る主人公

原作でグッときたこの部分が全く表現されていない時点でがっかり
それはイシハラらにシンパシーを感じた人にしかわからないのだろう―。

人を殺す事に意味なんてないはずはないのだということ。
本当に3度くらい読んだ僕は、本を間違えたのでしょうか―?


病葉流れて2

シナリオ登龍門2002 「沈まない骨」

全身と小指

(購入者の評価)
まるで映画学校の卒業制作のようです。
ミニシアター系といえば聞こえはいいですが、旧来のアングラ日本映画の域をでていません。
兄と妹の恋愛は描き切れていませんし、各役者の演技レベルがバラバラすぎて、
散漫な印象です。
恵俊彰は予想外に好演しているのですが、片岡礼子の存在感は存在感だけで終わっていてもったいない。
ダンサーインザダークのような不安定なカメラ。それでいて、光るところもなく、ただネガティブエンターテインメントとしてだけ終了する。この映画に「何か」を見いだすことは難しいでしょう。


HAZARD/ハザード デラックス版

(購入者の評価)
パビリオンさんしょううおを観終わりHAZARDの予告編がかっこよくオダギリジョーが出演?!ってことで観ました…
よくこんなセリフ言えるなって思って冷めてしまうとこもあったりして、一連の流れで主人公が掴むものや、自分を見つける足取りがHAZARDなのかも!?

撮影から4年後の舞台挨拶がなんとも印象的。
ストーリー上ではリーが一番かっこよかった、場面の中で交わされるセリフに主人公が欲するものなどがにじみ出ていると思う。

完成度はさておき…好きか嫌いかなら好き。


樹の海 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
 富士の樹海での自死を巡り、自死志望者、殺されかけた男性、自死した者の生前を調べる探偵らを描いた4篇からなる作品。

 4篇は物語上、独立しているが接点が全くないわけではない。自死しそうな顧客を助けに樹海にやってきた闇金融業者が自社のビラを落とす(第1篇)。このビラがあったことで、暴力団に殺されかけた男性が生きて帰る(第4篇)。

 各篇とも上記のような些細な偶然と思い出によって(それはまさに樹海の木々をつなぐ細いテープのようだが)、誰かを助けようとしたり(第1編)、他者の死を忘れないと心入れ替えたり(第2篇)、救われたり(第3編)、死のうとしている人を見捨てたことで生きて帰ろうと決意したりする(第4篇)。人間万事塞翁が馬というか何というか。

 人は社会生活はおろか樹海の中ですら、些細な思い出のもと人間社会の偶発性(偶然)に影響されている。人間は結局、社会の中でしか生きられないと痛感した。人は生きる以上、社会を出られないということは、どんなに絶望しても帰る場所がまだあるという点で希望だが、同時に社会の外「ここではないどこか」を生きられない点で「絶望」でもあろう(第1篇の金融業者のセリフにも注目)。

 映像は淡々とした地味目な映画なので「樹海」という単語で強烈な「非日常」の映像を望んで観ると期待はずれに終わるかもしれない。


恋せども、愛せども

memo

(購入者の評価)
 「強迫性障害」を持った、高校生とその叔父が主人公と聞いていたので、当然途中で発覚するもんだと思っていたのですが、発覚するどころか「強迫性障害」という言葉すら出てこなかったです。

 今までに見た障害者を主人公にした、映画・ドラマ・小説などでは必ず途中で障害が発覚(個人にではなく全員に)していました。その点本作品は発覚しなかったので、「なんだよ、これじゃ予告なんかを見ている人にしかわからないじゃないか」とも思いました。しかし、それが逆に新鮮な感じがしてよかったです。また、発覚しなかったからこそ客観的な視点で見ることができたと思います。

 キャストでは主演の二人はよかったです。特に主演の二人が似顔絵を描き合っているシーンはよかったです。他には母親役の高岡早希がよかったです。「人生とは・・・」のセリフは心に残るものでした。

 何度見る作品ではないと思いますが、一度は見てみるべき作品だと思います。佐藤二郎が好きな人は必見だと思います。


>> つづきをみる

セルソ

(購入者の評価)
もともとファンだった為、購入しました。
俳優として見ていた時よりも、彼の考えている事や思いを感じ取る事の出来た一冊です。
彼の好きな本もなかなか面白かったな。


SWITCH Vol.20 No.9(SEPTEMBER 2002)

(購入者の評価)
今、活躍している人が満載だと思います。マリクワ特集がかなりそれを物語っています。目に見える形でそのとき起こっていた動きの結果が分かる今の方が意外と読みやすかったりするかもしれません。バックナンバーを読む楽しみはそういうところにある気がします。約2年前の中島美嘉も今の中島美嘉になるちょい前くらい感が出ていてなかなか読みがいがありました。

smart max (スマート マックス) 2006年 07月号 [雑誌]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4