今井雅之

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
今井雅之 おすすめDVD 今井雅之 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
眠らない街 新宿鮫

(購入者の評価)
真田広之、走る! 走る!
しかし田中美奈子は脱がない。
おまけになんだ、その色気のない下着は、それでもロッカーか!
今見ると出てくるケータイ電話に笑えます。


あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ DVD-BOX(6枚組)

(購入者の評価)
放送時にも毎週楽しみに観ておりましたが、今回DVDでまとめて観て改めて感動しました。
出演者が地味(とも思いませんが)で、視聴率はいまひとつだったようですね。
私には、ここ最近の「アイドル役者」ありきのドラマより真に良質のドラマだったと思います。
そうかと言ってシリアスなだけでなく、笑えるシーンも程よく、
謎が少しずつ解明されていく過程も非常に面白かったです。
「大人の為のドラマ」だけでは勿体無い内容。
若い人にも是非観てもらいたいです。
最終回にしのぶが読む台本、及び演出に涙が止まりません。


伊丹十三DVDコレクション 静かな生活

(購入者の評価)
大げさではなく、称えるわけでもなく、ただイーヨーの美しさが心に迫ります。私は、一言の言葉が持つ限りない世界に心をつかまれるような心地でした。映画の最後に、イーヨーが「静かな生活」と言ったとき、何ともいえないきれいなものに包まれると思います。
メイキングもとてもいいです。大江光さんご本人が撮影現場を見にくるのですが、光さんのある言葉に渡部さんが泣いてしまいます。この場面は、イーヨーだけでなく出演者はじめ製作者の方たちの感受性の豊かさや美しさに、胸がいっぱいになりました。劇中に使用される光さんの曲も素晴らしいです。


ウィンズ・オブ・ゴッド

(購入者の評価)
現代の漫才師二人(アニキ・キンタ)が交通事故の影響でWW2末期の海軍航空隊にタイムスリップ!そこは神風特別攻撃隊の基地だった。周りの兵隊からは事故の影響で記憶喪失かと思われていたが、しだいに自分たちの前世の姿だということがわかってくる。国のために死ぬなどばかばかしいと思っていた二人だが同年代のパイロットたちと親しくなるにつれ・・・。

今井雅之氏の舞台「ウインズ・オブ・ゴッド」を映画化したものだが、あまりにも低予算なのが辛いところ。舞台シーンとロケシーンが交互にでてきて、これを映画といっていいのか?という疑問も。
この映画を見て、「ウインズ〜」はつまらないと思う方は、今井氏の舞台を観ることをお勧めしたい。映画と違って、超最高傑作といえる舞台を味わうことができるだろう。

零のかなたへ~THE WINDS OF GOD~プレミアム・エディション

(購入者の評価)
今井雅之さんが精力的に活動する舞台作のテレビドラマ版です。
お笑い芸人の域に止まらず、ますます演技が冴え渡る山口智充、
丸坊主で真剣に役を演じきる森田剛、見ていて清々しい気持ちになります。
特攻を最後の戦術として尊い命を犠牲に祖国・家族を守ろうとしていた時代。
全編に流れる「尊い命の尊厳」を出演者の皆さんが迫真の演技でテレビドラマを超えた
作品に仕上げています。
最近、今井雅之さんが主演する映画が再び撮られて舞台と共に順に全国展開されていますが、
本作も是非見てください。
収録されているメイキングを見れば、出演者の皆さんが役柄に集中する姿も見ることが出来ます。
戦後60年、改めて悲劇の戦争を忘れてはいけないと感じることが出来る作品です。
子供達にも見てほしいですね。


ギフト完全版 VOL.1

(購入者の評価)
主演はもちろん、まわりの俳優陣がとても魅力的です。
室井滋の髪型に注目してました。先日何年かぶりに一気にビデオで見ましたが、色褪せることなくとてもよかったです。


サマーヌード

(購入者の評価)
予想以上に楽しめました。野波さんは、普段もあんな感じなのでは?と思うほど、ハマリ役でした。ほかのキャラクターにも味があり、印象的でした。でも、近所や友だちにあんなにキャラの強い人たちがいたら、ついていけんなあと思うので、そこはやっぱり映画だと思いました。何気にたくましく生きる人たちの映画でした。

ギフト完全版 VOL.4

(購入者の評価)
「クローゼット生まれ、記憶ナシ、『誰かに何かを届けること』
だけ覚えている」男の物語である「ギフト」。
いろいろな人間に届け物をしながら、主人公・由紀夫の記憶は戻り始める。

前半の軽快さとはうって変わって、「ギフト」後半は
暴力と血の匂いのするストーリー展開だった。
その暴力的な表現にだけ目が向けられがちだが、
この「ギフト」の本質は、もう少し違ったところにあるように思う。
「もし、人生をリセットして、生まれ変わることができたら?」
「生まれ変わっても、大切に思う物のところへ帰ることができたら?」

主人公・由紀夫が、記憶のすべてを取り戻して、
「本当に届けたかったもの」を届けた後、どう生きるかを選ぶラストシーン。

もう一度見たい。何度でも見たい。見ていない人には、見て欲しい。

ギフト完全版 VOL.2

(購入者の評価)
 第4話は、代議士に腎臓を届ける話。桃井かおり・北村総一朗・大杉漣が出演。秘書役の石丸謙二郎が弾けている。第1話の清水章吾(アコムのCMのお父さん役)もそうだけど、脇役ベテラン俳優が出演しているのが嬉しい。
 第5話は、医者の娘に国家試験の問題を届ける話。若い頃の大河内奈々子が出演。五味役の六角精児が弾けている。
 第6話は、仮出所の男に歌を届ける話。宇崎竜童が出演。

 木村拓哉の隠れ名作にして最高傑作!と自信を持って断言する。ファンは絶対必見。ファンじゃない人も彼に対するイメージが変わるかもしれない。再放送は難しいかもしれないが、DVD化して色んな人に見て欲しい。


ギフト完全版 VOL.3

(購入者の評価)
室井滋、小林聡美、倍賞美津子、篠原涼子など
個性の強いレギュラー女優陣に囲まれても
全く存在感の揺るがない、木村拓哉。
さらに、引きこもりの情報屋・忌野清志郎(キャスティング最高!)
ゲスト陣も、今考えてもとても豪華だ。
もう一度見たい。今でも見たい。見てない人には見て欲しい。
重ねて言うが、DVDBOX化を願っている。
再放送されないなら、手元で保存して、いつでも見たいときに
見たいんだ!


右向け左!自衛隊へ行こう 劇場版

故郷

(購入者の評価)
 戦争で中止となった幻の東京オリンピックの陸上選手であり、兄を特攻隊で亡くした過去を持つ主人公を、淡島千景が演じる姿は、溌剌としており、芯が強く理想的な可愛いお婆ちゃんといった感じで好感が持てましたが、大滝秀治や清川虹子などの名優が上手く活かされず、チェリストとして自分の才能に悩む孫娘役の女優は、チェロの演技指導がありながら、いまいちの演技力に疑問を持ちました。人生の総決算とも言うべき決意を胸に秘め、「故郷」めざして、ひたむきに走る淡島千景の姿に、周囲の人々や、テレビを通じて全国の人に感動を与えるという展開は、実話のドキュメンタリーか、二時間スペシャルのドラマ向きで、わざわざ映画化するようなものでもないように思えました。また、物見遊山というか、タイアップというべきか、各地の「故郷」的な風景と、地元のエキストラが主人公を歓迎するシーンが繰り返され、ドラマ性が薄く、緊張感に欠ける構成に見ていて面白くありませんでした。主人公と出会う人々との短い交流に時間をかけるよりも、主人公自身の内面をもっと深く掘り下げるべきだと思いました。

誘う女-レイプ-

小鳥のくる日

修羅のみち3 広島四国全面戦争

新・極道三国志2「伊豆代理戦争勃発」

東京魔悲夜1&2

新・極道三国志1「首都攻防篇」

SUPPINぶるうす ザ・ムービー

GANGSTER 東京魔悲夜-外伝 1&2 PACK

>> つづきをみる

続 戦国自衛隊(5) 大坂城炎上編 (ノベルス)

(購入者の評価)
待望の第5巻、刊行です。
大阪夏の陣、豊臣方・自衛隊連合軍対徳川方・米軍連合軍の図式に加え、核兵器まで登場します。
自衛隊の隊員、近代兵器は次から次へ消耗してゆくのに対し、米軍はとうとう強襲揚陸艦・海兵隊遠征部隊まで現れ、この先一体・・・・・

ってな場面で、自作を乞うご期待。

展開としては、自作がクライマックスではないかと思わせる内容で、テンポよく物語を進めており、一気に最後まで読みきれました。

歴史を変えるって、本当に一筋縄では行かないものですね^^;


THE WINDS OF GOD―零のかなたへ (角川文庫)

(購入者の評価)
 今までビデオやDVDで観てきて、兄貴の心情こそが今井氏の心情なのではないかと思ってきました。しかし、この文庫を読んで、そんな単純なものではないということが、鮮明になりました。

 今の世に生きる私達が、特別攻撃隊として命を捧げた方々のお気持ちなど、果たして理解できるものでしょうか。今井氏も、そこにぶつかり、先人に思いを馳せたことでしょうが、やはりどうしても理解出来なかったのかも知れません。むしろ、この先人達の思いは、何か一つの考えや思想に括れるものではないということが理解できたのかも知れません。終戦を知りながら特攻を決意した金太も、輪廻を信じる山本も、頑固な寺川も、空元気な清水(関谷)も、年端もなく無邪気な竹田も、厳しい山田分隊長も、みんな今井氏の姿なのではないかという気持ちになりました。

 果たしてこれを読む私達は、反戦の一言に括って、この作品を解してよいものでしょうか。


"カミカゼ"公演記in NY―The winds of god

(購入者の評価)
今井雅之という役者のイメージは?
元自衛隊?名脇役?
いやいや・・・。役者です。タレントではなく、役者。

この本は、海外で公演するチャンスをつかんだ今井氏が周りから
うらぎられ続け、苦労の末にブロードウェイで神風を披露するもの
です。共演者をきる気持ち、英語の問題、事務所から独立・・・
幾多の難関を突破して、NYタイムスをはじめ、各メディアから大
絶賛を浴びるのです。
最近の若い日本のタレントに読んで欲しいような本ですね。

特攻隊と戦後の僕ら―「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド」の軌跡 (岩波ブックレット (No.386))

若いぼくらにできること―体験的青春論 (岩波ジュニア新書)

(購入者の評価)
おもしろい!!
しかも、読んだ後元気が出る。
自分の限界はもっともっと上にあるのではないかと感じさせる一冊。
何より、理論だけでなく自分の経験でかかれているのだから、文章に力がある。


ザ ウィンズ オブ ゴッド

ウインズ・オブ・ゴッド―零のかなたへ

Suppinぶるうす

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4