稲葉浩志

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 
稲葉浩志 おすすめDVD 稲葉浩志 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
B’z LIVE in なんば

(購入者の評価)
かれこれ16年ほどB’zファンをやっている私ですが
やはりライブというのは格別ですね。

稲葉さんの歌声、松本さんの演奏、これが直に聴けるだけで
とても感激です。
私は同じ曲でも、演出などが違うだけで別の曲のように
聴こえるタチなので曲が被っているからといってそれほど
違和感は感じません。(私だけかもしれませんが・・・)

別に曲が被ってたっていいじゃないですか。
中にはライブの定番となっている曲だってあるんですから。

でも、ライブDVDの価格帯は今後も今作の価格を
維持して欲しいですね(苦笑)


Typhoon No.15 B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME !!" in 渚園

(購入者の評価)
私もファンになって2年半近くなりまして
ようやく買いました。ほんとに素晴らしい。彼らの集大成の
最高のステージです。
選曲がPleasure ツアーですので最高のset list。
問答無用のこのセットリスト、そして台風、豪雨の中の
気迫ある演奏にも感動。
やっぱり彼らのライヴは外タレミュージシャンに負けない最高の
ステージです。
DISC-3の特典も楽しめます。ホールツアーの一公演一公演の
メンバーからの手書きのメッセージ。
彼らの人間性、ファンを愛してる気持ちが伝わります。
ボクも彼らのファンになれてよかったと思わされます。


B'z LIVE-GYM 2006“MONSTER'S GARAGE”

(購入者の評価)
B'zの2006年のツアーDVD☆
ドキュメントとライブは別々のディスクになっていて、かなりB'zの世界に浸れる!
コレ絶対価値アリ☆☆

OCEANやらRUNやらBLOWIN'やら・・・
ファン待望のBrotherhoodやBAD COMMUNICATIONまでも収録^^

衰えは見せず進化を遂げるB'zの形がここに!


“BUZZ!!” THE MOVIE

(購入者の評価)
ULTRA Pleasure(2CD+DVD)を観ていて“BUZZ!!”が観たくなりました。ビデオでは擦り切れるほどに何回も何回も観たの。DVDになっていてよかった。「もう一度キスしたかった」「裸足の女神」が追加されていて得した気分です。


LIVE RIPPER

(購入者の評価)
10万人もの観客を集めた伝説のライブ。のっけから稲葉さんがステージ上を走りまわる映像から始まる面白い作品。演奏のほうもすばらしく、パフォーマンスも充実していて、とくにこれに収録されてるGimmy your loveには圧倒される。松本さんのソロでなんだか聞いたことがあるような曲調が・・・と思ったらWhitesnakeの「crying in the rain」の82年verの前奏と同じであった。アンコールのBlowin'ではやけにテンションが高く、声は少々出てない気もするが、動き回る稲葉さんを観ているだけでなんだかうれしさを感じてしまう。そんな名演が今DVDで出てるんですから、これは絶対に「買い」です。

once upon a time in 横浜 〜B’z LIVE-GYM’99 “Brotherhood”〜

(購入者の評価)
エンターテイメントとしてのベストが「BUZZ」なら、このDVDは
「ライブ」のベストです。大げさな演出は皆無、音だけで勝負。
土砂降りの中、所狭しと駆け回り、圧巻のパフォーマンスを見せる
B'zの2人。
後に「限界を超えていた」by稲葉(たしか)と言うほど、とにかく
極限状態のライブが見れます。
あと、稲葉ボディの完璧さには「あんた何歳ですか?」と思わず
漏らしてしまうほど。
全体的にロック色ががぜん濃くなっていて、特に「LOVE PHANTOM」
「さまよえる蒼い弾丸」のアレンジは最高。原曲より好きです。
B’zをロックじゃないという人は、これを見てからモノを言うように
してほしいです。


稲葉浩志 LIVE 2004 ~en~

(購入者の評価)
今から3年前の宮城県グランディ21で2日間公演したうちの初日に参加しましたが、過去にB'zのライヴにも行った事があるけどソロでのライヴをした今回の方が正直よく覚えてるし、楽しかったと今でも思います。(別にB'zのライヴが悪いワケじゃないですよ!もちろんB'zも最高でした!)雰囲気と言うかB'zの時よりもたくさんトークしていた様に思えたし、生で聴いてて初のソロツアーで凄く努力されたんだな。と感じたのが原因かも知れませんけど何より共感できる曲が多かったからなのかも知れません。あとDVDには収録されてないのが残念ですけど、当日の天候で晴れバージョンで『なにもないまち』と雨バージョンがあって僕が一番生で聴いてみたかった『静かな雨』が聴けたのが嬉しくて鳥肌が発ったのが鮮明に覚えてます。…でも当日雨が降った記憶はないんですが(笑)
僕個人の意見としてですが、ただDVDで観るのもいいけど、やっぱりどんなアーティストでもライヴに行って後々DVD化されてその時の事を思い出しながら観賞するのが一番心に残るし、好きになるんじゃないかな?と思います(^-^)oまたソロツアーしてくれないかな?ライヴに行った事がない方は是が非でも参加しましょう♪


The true meaning of “Brotherhood”?

(購入者の評価)
買いましたが、これまた予想以上に楽しめました。
確かにこの作品は「LIVE 映像」がメインではないので人によって
楽しめるか楽しめないかは二分します。(ある意味LIVE映像でも二分はしますが)
ただB'zのマニアはキープしなきゃいけないでしょう。
「B'zはこんなラフなスタイルで曲作りしてるんだ」「こんなところで曲作りしてるんだ」
とかレコーディング作業とかいろんなものが見れて、意外と予想も出来ないくらい
楽しめました。
特にB'zのファンじゃない方でもプロを目指してるアマチュアの方でも
"一流のプロの製作作業の現場"を見るのにもいいと思います。
いろんな意味でいろんな見方がありますが、これを見ると
「B'zは二人だけで曲を作ってないんだ」とか「B'zという二人はいろんな人に支えられてる」
て言うのがわかる作品です。実際ELEVENツアーのアンコールの「恋心」の後のMCに
「B'zというグループにいろんな人たちに関わってくださったみなさん」とか
その感謝の気持ち、そしてその製作に関わるクルー、スタッフみんな「Brother!」
て言う、二人の姿勢が強く伝わった作品に思えます。
稲葉さんの「ギリギリchop」バック演奏なしの声だけで聞くと「こんなに難しいんだ」
て当たり前なんだけど、その難しいトーンを聞いたとき「よくあれだけのツアー本数できるね」
て感動すらします。そんなに何回でも見れるような映像ではありませんが
そこら辺はLIVE映像も多少入れてますし、その分、何回かはトレイに入れてしまうと思います。



a BEAUTIFUL REEL.

(購入者の評価)
GO★FIGHT★WINから始まるLIVEは圧巻です。
B'zのLIVEの迫力が味わえますが…しかし編集しすぎな気がします。
曲の最中にリハーサル映像やメイキングのようなものに飛んでしまうのが残念です。
どうせならLIVEのDISCとメイキングのDISCで分けてほしかったです。
LIVE-DVDというよりはLIVEハイライトなかんじです。
編集が個人的に残念なので星―1です。
でも内容はとてもいいです。


>> つづきをみる

B’zウルトラクロニクル

(購入者の評価)
この本は書き手が違えばもっと読めると思います。
インタビューでは私たちが「聞きたい」と思っていることを聞くのではなくもっと奥のほうの話をしてしまうので専門用語も多用されていますし、結局答えは分からずじまい。
確かにB'zのことがたくさん書いてあって、ライブレポートなども絵が浮かぶような表現がされていていいと思います。
でも、ただ読み手には、なじめないひとが多いようです。
あと、「B'zに会った」というのも近所の人の体験談(自慢)を聞いているようでなんだか読みづらいです。
「僕はB'zと共に歩いてきた」かのような表現がちょっと…。
写真はとてもたくさん載っていてよい写真もたくさんあります。

よい点ではかなりの分厚さなので、最後のほうまで来ると最初の部分は思い出せません。(笑)
なので、何度も繰り返して読めると思います。
佐伯さんはともかく、「B'z」を読めばかなり読めると思いますよ。


ピアノソロ 稲葉浩志&松本孝弘 ザベスト (PIANO SOLO)

B’z稲葉浩志ビッグストーリー (HITEN BOOKS)

B’zな二人―稲葉浩志Vs松本孝弘ストーリー (C・books―アーチスト解体新書)

バンドスコア 稲葉浩志・松本孝弘 ヒットセレクション 1988-1992 (バンド・スコア)

バンドスコア 稲葉浩志 松本孝弘 サウンドコレクション 1997-2003 (バンド・スコア)

バンドスコア 稲葉浩志・松本孝弘サウンドコレクション1992-1996 (バンド・スコア)

(購入者の評価)
このスコアは、RUNからのスコアとい
うことで、今では、この本以外にスコア
は、殆ど手に入らないでしょう。
公式のスコアではあまり、古い曲はのってないし、
ましてRUNからLOOSEのアルバム収録曲などは、
これにしかのっていません。
しかし、デメリットがあります。
それは松本さんのギタープレイが本人のやっている
テクニックと違うことです。たとえば
夢見が丘のギターソロはお得意の
マイケルシェンカー風トリルを使っているはずなのに、
それがフルピッキングになっていたり
MOTELの2番目のギターの入る音が
明記されてなかったりしています。
しかし全体的に見てとてもよくできたスコアでした。


バンドスコア 稲葉浩志・松本孝弘サウンドコレクション1988-1992

(購入者の評価)
B'z初期の作品がずらりと収められています。だからその手を離してやALONEも弾くことができるので買って損はないと思います。ギターをやっている人はとても勉強になり、実力も上がると思うのでTAKの技を習得したい人はこの本を買うべきだと思います。

バンドスコア 稲葉浩志/マグマ (バンド・スコア)

(購入者の評価)
稲葉浩志の1stアルバムのバンドスコアです。絶対買います。

W‐NAO

(購入者の評価)
今となっては誰も知らない網浜直子と飯島直子のデュオユニット
W-NAOのデビュー作。
デビュー作でB'zカヴァーとは、思い切ったものです。

内容としては、B'zの曲を両名がカラオケしているといった
なんとも簡素な内容。
曲は遅くなったりしているが、ほぼ元と同じです。

意外にもお二人の歌がロック調のしっかりした声で
なかなか聞けるものにはなっています。

しかし、B'zマニアにしか、あまり価値のないものなのも確か。


CDで覚える 稲葉浩志・松本孝弘/ギターソロ曲集[全曲タブ譜付] 「ゆるぎないものひとつ」までのベスト曲を収載

バンドスコア 稲葉浩志・松本孝弘 ヒットセレクション 1997-2003 (バンド・スコア)

バンドスコア 稲葉浩志 松本孝弘 スーパーヒット 3

見やすく簡単!! アコギで歌おう 稲葉浩志・松本孝弘ベストソングス シングル「永遠の翼」までのベスト曲を収録

ギター弾き語り 稲葉浩志 Peace Of Mind (Play on the guitar)

(購入者の評価)
Peace Of Mind を聴いていいと思った方どうぞ
この本で弾き語りしてください。
見やすくできていて自分のようなビギナーでも
よくわかります。
是非稲葉さんの魅力を改めて自分で演奏することに
よって味わって、楽しんでください。


CD付 稲葉浩志・松本孝弘作品 ピアノソロメロディ BEST SELECTION 15 SONGS

バンドスコア 稲葉浩志・松本孝弘 ニューベストコレクション 1988-2004

バンドスコア 稲葉浩志・松本孝弘/ニューベストコレクション (バンド・スコア)

Guitar Songbook 稲葉浩志/松本孝弘 ベスト曲集 (Guitar songbook)

バンドスコア 稲葉浩志・松本孝弘 サウンドワークス (バンド・スコア)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4