稲葉義男

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
稲葉義男 おすすめDVD 稲葉義男 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
七人の侍(2枚組)<普及版>

(購入者の評価)
今の日本映画事情を考えると、この映画が50年以上前に作られたということに驚く。見所が満載で一度見ただけでは消化しきれない。何度も見たい。個人的には久蔵の言動に理想的な男性像を見る。この作品をカラーで見たい。そういう意味でもこの映画の製作自体が早すぎたのではないだろうか。

七人の侍

(購入者の評価)
映像の素晴らしさもさることながら、三時間半という長さを
全く感じさせないのは、きちんと練られた脚本の構成力に
よるものだろう。冒頭から話運びがスムーズで、登場人物はひとりひとり
深く掘り下げられ、随所でユーモアやペーソスを挟みながら、
一気に決戦まで持っていく。各自の台詞やエピソードに
一切の無駄が無い完璧さ。面白過ぎて何度観ても飽きない。
観てない人は是非観て欲しい!


ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 前編

(購入者の評価)
幼かったころ!この作品には思い出がいっぱいあります。当時は白黒テレビ*手で回すチャンネル!あぁ懐かしい。始まる時間が結構遅かったので寝ぼけながら見てたのを記憶しています。宇津井健、藤巻潤、中条静夫、倉石功、ブルドック顔の中年の男性等の出演者。刑事ドラマでなくて、ガードマンというところがとってもいい!スリリングな展開。奇抜なアイディア満載の現在では見られないとっても素晴らしい作品。

第五福竜丸

(購入者の評価)
1950年代の日本人の生活、漁業、アメリカへの思い、ピカドンへの差別がよく描かれている映画です。
殺生を生業とする漁民の船上生活や漁村が生き生き描かれ、脚本もしっかりした決して思想を押しつけない、独りよがりのない、見て楽しい映画です。
私は高校生の時に、まだ夢の島に野ざらしにされている第五福竜丸を見に行きました。
ダンプが走り回り、風に無数に舞うビニールゴミが足にまとわりつき、ズボンが真っ白になったのを思い出します。
そんな私も、今日までこの映画の存在を知らずにいたことが、恥ずかしいばかりです。
それにしても、この映画のDVDを置くレンタルビデオ屋があることにうれしさを感じます。


ザ・ガードマン 1970年度版 DVD-BOX(前編)

(購入者の評価)
昔のテレビ・ラジオ番組はすごかった!なかでも・・・日本初の警備保障会社をモデルにした「ザ・ガードマン」のテーマを聴くとたまりません。昼は人々の安全を守り、夜は人々の眠りを安らぐ、勇気ある男たちの物語!現在で言えば・・ボディ・ガードとも言えるかな?若き日の・・宇津井健・高山繁・中条静雄・藤巻潤・・・等々の男前ぞろい!白黒で始まり、のちにカラーになりましたっけ。舞台となる「東京パトロール」のパトカーが、当時のOPELだったのも泣かせます。とにかく!~あの時代(ころ)に還る~ こと間違いなしです。

「ザ・ガードマン」 東京警備指令 file 1 VOL.4

昭和枯れすすき

(購入者の評価)
1975年、松竹が当時ヒットした歌謡曲にかけて製作した作品ですが、中身は刑事事件を取り巻く兄妹の愛憎劇です。何しろ脚本は新藤兼人、撮影は川又昂(新宿の繁華街や安アパート群の中を走り回るカメラが素晴らしい!)ですから、作品の格が違います!鈴木瑞穂の平刑事がいいです!松本清張の作品と共に、野村芳太郎監督の代表作だと思います。当時31歳の高橋英樹が若々しく、今とは全く別人ですが、当時20歳だった初々しい秋吉久美子との近親相姦的な関係が非常にリアルでした。お勧めの作品です!

ザ・ガードマン 1965年度版 東京警備指令全話 完全初回限定版

(購入者の評価)
File8 「第9レースを狙え」は、東京パトロール社に、自動車部品メーカーから、極秘に開発した高性能サスペンションを、一般のラリーでTESTしたいという依頼。A旧ライセンスを持ち、ラリーでは有名な、藤巻潤が抜擢される。ラリーは、当時の名車「いすず・ベレット」ばかりのラリーとなる。
ところが産業スパイが、ラリーのMAPを摩り替えて、ルートを大幅に変えられてしまう。そこから物語は、始まる。


〜連合艦隊司令長官〜山本五十六

(購入者の評価)
大好きな映画です。

本物の山本は、もっとわかりにくい人物であったでしょう。斜めに構えたような、茶目がすぎるような点もあったかもしれません。だから別人と思ったほうが良いかも。
ただ、史実はかなり正確に描いていると思います。

本作の描いた山本は、わかりやすい人物です。わかりやすいリーダー像というべきか。そしてその意味では、一定のリアリティーも備えていると思います。
(同じ三船の演じた東郷平八郎は、やや安定を欠く憾みがあります)

生きていく糧になると言っては大げさですが、わたしにとってはそういう映画です。

ザ・ガードマン 1970年度版 DVD-BOX(後編)

「ザ・ガードマン」 東京警備指令 file 1 VOL.2

TVシリーズ・リバイバル「ザ・ガードマン」恐怖とサスペンス篇コレクション(1)

ザ・ガードマン1967年度 DVD-BOX 後編

TVシリーズ・リバイバル「ザ・ガードマン」想い出の二大スター<特別版>

ザ・ガードマン 1966年度版 DVD-BOX

(購入者の評価)
犯罪者の描写はワンパターンだが、ガードマンのチームが本当に和気合い合いなのが嬉しい。こんなに仲の良い職場で正義が私的に(彼らは公僕警官ではないので)行使できるなら、ガードマンとは、どんなに幸せな職業だろうかと思わせるTV番組。これを見た子供は自分も将来ガードマンになりたいと思ったにちがいない。

TVシリーズ・リバイバル「ザ・ガードマン」海外ロケ篇セレクション(1)

(購入者の評価)
「恋のアムステルダム」ドイツ?スイス (1968年5月3日放送)
《ゲスト》 野添ひとみ 田村高広を観たが、当時40%の視聴率とあって、海外ロケも非常に大掛かりなものとなっている。宇津井健と高山茂らが、ドイツアウトバーンを(当時日本では超高級だった)縦目のメルセデスのハンドルを握って、犯人から逃げるシーンは、素晴らしい。
(国内でもパトカーにOPELレコルトを採用するなど)当時としては画期的だった。


黒い傷あとのブルース

(購入者の評価)
日活黄金時代を代表するビッグスターながら、唯一の共演としても必見。やくざの幹部に扮するアキラの復讐劇に可憐な小百合がからむ。2枚目アキラの華麗なアクションを売りにしながら、そのアキラに恋心を抱くのが仇の一人娘であった、そのことに苦悩し、彼女をいつしか助けるために動くアキラ。結果的に男を死なせてしまうが、一途にアキラを想う小百合の慕情、自分を許せず彼女のもとを去るアキラ・・・非常に優れたメロドラマであり、一連の日活ムードアクションの中でも秀逸の作品である。マイトガイファンもサユリストも、双方が満足できる作品である。

TVシリーズ・リバイバル「ザ・ガードマン-東京警備指令」空中アクション篇コレクション

「ザ・ガードマン」 東京警備指令 file 1 VOL.1

TVシリーズ・リバイバル「ザ・ガードマン」現金輸送車襲撃篇・セレクション(1)

(購入者の評価)
どの話も中身が濃く、面白かったです。
ただ一点、難を言えば一枚に2話しか入っていないという点。
せめて3話は入れて欲しかった。
でも作品自体は良作ばかりなので買って満足しております。


>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4