稲垣吾郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 おすすめ 36 
稲垣吾郎 おすすめDVD 稲垣吾郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
薔薇のない花屋 ディレクターズ・カット版 DVD-BOX

(購入者の評価)
弱みを握られて復讐の為に利用された女性が、だんだんとそのターゲットに心を惹かれていくというドラマです。

ターゲットの花屋役を香取慎吾さん、利用される女性役を竹内結子さんが演じています。

香取さんはこれまでと違い影のある役柄で、竹内さんも女性らしさに溢れた素敵な芝居を見せてくれます。

竹内さんの設定がかなり特殊なので(ネタバレになるので言えません)それさえ飲み込めれば楽しめるドラマだと思います。

男女に限らず、友人や父子などの「愛」がテーマのラブストーリーといった感じでしょうか。

脇を固めるキャストも個性的で素晴らしい人たちばかりで、香取さんの娘役の八木優希さんの存在感には子役とは思えないほど圧倒されました。

ボックスの仕様もシンプルながら素敵な外箱で、中身はデジパックの豪華バージョンとでもいうんでしょうか、きちんと一枚一枚に台紙が付いていて、一話ずつに簡単なあらすじまで付いています。

ブックレットは写真のみで18ページほどですがファンには嬉しいですし、特典映像も出演者たちの素顔が垣間見れて楽しかったです。

悲しいのはテレビでは無料で高画質で楽しめたのに、2万円近く払ったのにかなり画質の劣るものであるということです。

仮に次世代機で録画していたとしてもファンなら市販のものも欲しいはずなので、ブルーレイという選択肢を早く準備して欲しいです。


佐々木夫妻の仁義なき戦い DVD-BOX

(購入者の評価)
 小雪の出演ドラマは数あれど意外と主演となると少ない。フジTV系の「エンジン」もアンサンブルドラマであったし、遡るとTBSの「君はペット」以来になるような気がします。09年から始まる裁判員制度のことも考えて痴漢冤罪やストーカ、離婚問題など素人にも分かりやすい身近な話題を取り上げて、また在宅率の高い冬の日曜夜の放送でした。毎回変わる小雪の衣装も楽しみでした。
 しかし視聴率は思ったほど伸びず中盤ではヒトケタのときもあり、軌道修正されました。今まで二人の歩くエンディングから、歌は流れてもドラマは続いていたりパンチを喰らうと頭に星のアニメーションが加えられてコミカルさを出しました。これで何とか平均視聴率はふたケタに戻りました。
 題材も俳優も放送時間帯も良かったと思うのですが、視聴率で苦戦するとは意外でした(この後放送される「猟奇的な彼女」は惨敗でした)。個人的にはもっと小雪主演のドラマが見たいだけに、この結果で今後の主演の座が遠のいたとしたら残念です。


スーパースキャンダル

北極のナヌー プレミアム・エディション

(購入者の評価)
あまり何も考えず癒しを求めて購入。
見たら、もちろん美しい自然と動物たちの姿に癒されましたが、
いろんなことを考えさせられる内容でした。
一人で見るのももちろんいいですが、
家族、とくに子どもと一緒に見るといいと思います。
個人的には「皇帝ペンギン」より好きです。

稲垣吾郎のナレーションも淡々としているけど優しい声のトーンで
思った以上に映像に合っていました。


LIVE ウラスマ

(購入者の評価)
訳アリで・・・長年のファンとしては怖くてあまり見たくなかったハズなのに
今となってはいい思い出ですね!吾郎さん♪
ひとり抜けるとこうも違うか!ってゆうくらいに違和感アリアリですが、
おかげで中居さんのソロもいっぱいで、必見です(u.u*)
最後は4人の胸に吾郎ちゃんが・・・(;_;)


LIVE Smap

(購入者の評価)
Smapホントに最高でした!!
特に中居くん・慎吾が楽器を演奏し、吾郎ちゃんが歌う
「夏の風を忘れゆく様に」が大スキです☆★


笑の大学 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
比べる事が良くないかもしれません。

役所さんも頑張っているのですが、どうにも難しい、あんまり笑えないんです。芝居と映画は違うなぁ、というのをつくづく感じました。やはり芝居は生ものですし、映画は取り直せる分勢いには欠けます。

映画の良さを、この脚本で生かすのはちょっと難しかったのではないかと。

ただ、この脚本で映画にするなら!という意味では良い映画だとも言えると思います。結末もアレしかないかな?と思いました。


あと、私個人的感想としては役所さんも頑張ってはいますが、役所さんの今までの演技を考えると普通かな?ぐらいに感じてしまいました。稲垣さんは...特に感想は無いです(笑)しかし、小松政夫さんはプロですね、好きです。


舞台版では検閲官 向坂さんを西村 雅彦さんが、喜劇作家 椿さんを近藤 芳正さんが演じておられるのですが、多分舞台にあった脚本なのです。

もし再演されるなら、是非見に行きたい芝居です、是非映画じゃない舞台のDVDもオススメ致します、ちゃんとパルコから「舞台版笑の大学」で販売されてます。オススメです!


1997 SMAP LIVE ス

(購入者の評価)
青いイナズマのマルチアングルは、鼻血級ですね。
各メンバーのコンサートでの名場面を振り返る形式で映像が挿入されていて、じゃれ合うスマが沢山見られます。
イナズマ→KANSHAの流れは何回もリピートしてしまいます。可愛い。
サタスマコンビのお姫様だっこが、裏スマに比べて軽そうなのもまた時を感じさせます(笑)

最後のMCで、中居さんが「僕たちはゆっくり進んで来たグループと思います」と話していて、ちょっとしみじみしました。
「それじゃまた」で泣いてしまう慎吾にも。
見えない苦労がちょっとだけそこに滲んでいた気がしました。


LIVE BIRDMAN

(購入者の評価)
楽しそうな5人がとても印象的でした!!盛り上がる曲も多くて、すごく楽しいです☆それと、中居くんのダンスに惚れます…★全体的にもダンスもちゃんと見れますよ↑↑今ではライブであんまり歌わない曲も入ってて、最高に盛り上がれます♪♪トークもおもしろいし!それと、みんな若いです(笑)とにかく、今見たって楽しいです!!見てみてくださいo(^-^)o

LIVE AMIGOS!

(購入者の評価)
先日 SMAPXSMAPで 共演した、セプテンバーが 入っているものです。ビデオの発売から 数年経っての、DVD発売なので メニュー画面も 出ませんが 今では ほとんど聴く事がない カバー曲を 聴くのも楽しみです。同封されている メニューを見ながら スキップすれば ビデオより 楽に 曲が探せます。


シュート!

(購入者の評価)
『シュート!』が大好きな私としては本当に残念な作品です。

原作のよさが壊されていて、『シュート!』ではなく『ただの青春映画』のような気がします。

SMAPファンには貴重な映像なので楽しめると思いますが、『シュート!』で見ると無しですかね…。

江戸川乱歩「悪魔の紋章」より 死刑台の美女

???1978年4月、テレビ朝日系で放映された土曜ワイド劇場・江戸川乱歩の美女シリーズから、傑作と名高い“死刑台の美女”(原作『悪魔の紋章』)をDVD化。主演は、端正な顔立ちの名優・天知茂。彼の扮する名探偵・明智小五郎が、犯人の仕掛けたトリックをズバリと暴く本作は、物語を彩る美女の官能的な演技と相まって当時大人気を博した。作品全体を漂う、昭和ならではのけぶるような空気感、役者たちのレトロなセリフまわしも、今観ると非常に新鮮である。特に、明智が犯人を追いつめるシーンは見もの。松原智恵子演じる美女の、上品でいて悩ましい所作もそそる。
???――大富豪の屋敷に舞い込んだ殺人予告状。明智は、陰謀うずまく事件に挑むが……。(みきーる)


危険な関係 完全版(1)

(購入者の評価)
連ドラの中ではかなり完成度の高い作品の一つではないでしょうか。
なぜか、DVD化されていないのが残念でなりません!
比較的、甘い役柄が多いこの時期の豊川悦司が、しびれるほどシビアで孤独な男を演じており、
さらに、吾郎ちゃんのささやくような「ぼやき」が、
ドラマのアクセントになっていて、
とてもドラマチックな作風になっています。


Mの悲劇 DVD-BOX

(購入者の評価)
普段あまり連ドラにハマらない自分が久しぶりにハマったドラマ
ジェットコースター的サスペンスで救いなき恐怖のどん底に…と思いきや
人間ドラマへと展開していく意外さが良い
サスペンスにありがちなエロやグロが一切ないのに魅せられるストーリー展開は秀逸
ただネタのつもりか否かのツッコミどころは多く
ご都合主義なストーリーを楽しみつつも怒涛の展開に翻弄されると楽しい
キャストがそれぞれの役にハマッててその人なりの魅力が充分に発揮されてる作品だと思う


010“TEN”

(購入者の評価)
なにがすごいって、吾郎ちゃんが上脱いじゃってるのが。
他のライブでは、あんまり見られない光景でした。


笑の大学 スペシャル・エディション

(購入者の評価)
昭和15年というかつての「大日本帝國」の言論統制下を舞台にしたコメディです。

元々はラジオから始まり、舞台・落語・映画と進んだそうです。

映画はほとんどが取調室でのやりとりで終わります。

稲垣さん演じる喜劇作家の持ち込む台本に役所広司さん演じる検閲官がことごとくケチをつけて、それが結局は面白い台本を作ることにつながっていくというストーリーです。

「古畑任三郎」で知られる三谷幸喜さんの原作・脚本ということで期待して観ましたが、正直あまり笑えませんでした。

唯一、「人生で一度も笑ったことがない」と言う役所広司さん演じる検閲官が壊れていく様は面白かったですが。

そもそも「取調室」という設定が非常に限定的なので、この作品は舞台でこそ生きるんじゃないだろうかと思いました。

特典DISCではメイキング・主演二人のインタビュー・試写会等のイベント映像集など66分もの映像が観られます。

また内容の充実した52Pブックレットも付いているのでファンの方にはスペシャル・エディションをお勧めします。


プライベート・レッスン

(購入者の評価)
稲垣吾郎の役柄がとても良い。血気盛んなお年頃をよく演じてます。

中居くんはやっぱり演技下手くそですが自由ですね(笑)

吾郎ちゃんは髪型全然かわっておりませんが、中居くんは懐かしい髪型してますよ。それに若い!のでファンなら。


ブスの瞳に恋してるDVD-BOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
タイトル通り、村上さんが演じている一生懸命な美幸ちゃんがかわいかったです。
稲垣さんはもちろん、他の共演者の方々もとってもいい味出していたと思います。
毎回しっとりと流れてくるMIYUの「ビューティフル・マインド」も大好きでした。
あれって、やっぱり大島さんご自身が歌われているのでしょうか?
でも、何よりも気に入っていたのはどすこいラーメンの「ブス関連」名言集です。
いつも、楽しく拝見させていただきました。
あんなラーメン屋さんがあったら、一度は行ってみたいです。


ソムリエ DVD BOX

(購入者の評価)
このドラマは漫画のソムリエが原作となっているが、演出内容が悪すぎて駄作となっている。
演出家たちは原作を見たことはないのではないかと考えてしまう部分が多すぎる。
ドラマのソムリエに興味を持った方は一度漫画のソムリエを見てみてはどうでしょうか。
出演者は良かっただけに残念です。


陰陽師 5

(購入者の評価)
 近年なぜか陰陽道や安部清明に関する書物が出ていたり、テレビ番組や劇場映画になったりしていると思ったら、若い人達や子供たちの間でブームになっていたんですね。聞き及んだところによると、大衆小説やコミック本が出ているそうな。

 もちろん子供たちが平安朝の歴史や古典文学に関心をもつようになってくれたら、これにすぐること無しとて喜んでいたのですが、映像作品を見てがっかりしてしまいました。と言うのも、説話文学や浄瑠璃などに登場する安部清明の史談とは、ほとんど無関係に勝手な話を創り出して「オカルト好み」の若い世代に受けているに過ぎないからです。式神を全て女性に改変してあるのも、いかにも野暮ったい現代日本人向きで、少々通俗的に過ぎるというものです。

 ただ、たんなる娯楽作品として見た場合は、それなりに愉しめるものと申せましょう。

>> つづきをみる

SMAPクロニクル

(購入者の評価)
SMAPとの20年… 自分がなぜSMAPファンなのかを確認できる本です。 SMAPの絆の強さが伝わって、所々グッときます。あの時のSMAP×あの時の自分の思い出…。 ただSMAPと現代社会とを絡めていたりするので多少?難しいかもしれないです。

SMAP お宝フォトBOOK Festivo! [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

KAT-TUN Dramatic Tune [RECO BOOKS] (RECO BOOKS)

馬耳東風

(購入者の評価)
 SMAPの中では、ややインテリ風なところを他のメンバーのからかいのネタにされたりして、キザっぽいヒトなのかなぁと思い読んだこのフォト・エッセイ集。
 同年代の男性より少しだけ物事の本質を突き詰めて考え、自分のアンテナを広げようとし、マイブームはあるけれど、流行には徒には流されない。

 良い事、悪い事、それぞれがあっても、「幸せに楽しく暮らせるのは「そう思うこと」」という自分なりの哲学のもと生きている1人の男の人のモノローグがここにあった。
 いい意味でのマイペースをこれからも貫いて活躍して欲しい。
 ところで吾郎ちゃん、髪型はきっちり整えるよりガッちゃんになってもちょっとルーズな方が私は似合っていると思うよ。

稲垣吾郎軌跡

(購入者の評価)
吾郎ちゃんのファンが読むと面白い。あのキャラクターは、子供のころから培われていたのかと分かる。あまり考えなくてもさらっと読めるので、ちょっと空いた時間があればおすすめかも。

稲垣吾郎・草g剛まるごと百科

LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2007年 06月号 [雑誌]

月刊 TVnavi (テレビナビ) 関西版 2006年 07月号 [雑誌]

月刊 TVnavi (テレビナビ) 広島・岡山・香川版 2006年 07月号 [雑誌]

月刊 TVnavi (テレビナビ) 鹿児島・熊本・宮崎版 2006年 07月号 [雑誌]

月刊 TVnavi (テレビナビ) 九州版 2006年 07月号 [雑誌]

SMAP青春白書 (Vol.2)

月刊 TVnavi (テレビナビ) 宮城・福島版 2006年 07月号 [雑誌]

月刊 TVnavi (テレビナビ) 長野・新潟版 2006年 07月号 [雑誌]

月刊 TVnavi (テレビナビ) 首都圏版 2006年 07月号 [雑誌]

徹底解明・稲垣吾郎のおヘソ

月刊 TVnavi (テレビナビ) 中部版 2006年 07月号 [雑誌]

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4