井ノ原快彦

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
井ノ原快彦 おすすめDVD 井ノ原快彦 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 通常版

(購入者の評価)
見る前はただのアイドル映画だと思っていたんです。でも本当に面白い!!嵐のメンバーがあんまり二枚目じゃない役を演じてて、そこがいいんです。松潤なんてこんな役珍しいかも??
本当に笑いっぱなしで、もうくだらなくて、でも、ぜひ大人の男性に見てもらいたいと思います。前作を見ていない人でも十分楽しめます。


ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY 通常版

(購入者の評価)
とりあえず面白いです!
嵐の一人一人キャラがあって
それもまた合ってるし見て損はないと思います!!
嵐ファン、ファン以外の方でも楽しめると思います♪


SWEET SEASON(4枚組BOX)

(購入者の評価)
放送当時、毎週欠かさず見てました! でも、周りの友達は誰も見てなかったなぁ。。。 それほどヒットしていた感じもなかったのですが、私は相当はまってました。
そのときはそこまでうれていたわけではなかった松嶋菜々子や矢田亜希子が出ています。そして松嶋菜々子の相手役が椎名桔平と、なかなか豪華なキャストですよね。
ドロドロしがちな不倫モノが多い中、このドラマは椎名桔平が演じた役がすごく素敵な人だったので、そこまでのドロドロではなく逆に切ない恋愛モノになってました。
そしてこのドラマを盛り上げたのは、サザンの主題歌と横浜の街。そして登場人物の心理描写を情景などでうまく表現していたと思います。
もう10年位前のドラマですが、今でも色々なシーンを覚えてます。相当はまってたんだなぁ。


ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY 限定版

(購入者の評価)
前作がとても面白かったので、今回のも楽しみにしてましたvv
運良く限定版があったので即購入!!!

団地をイメージしたパッケージで、面白いです。その分場所をとりますが(笑)
フィギュアが可愛かったです。
似てる!とはお世辞にもいえませんが、記念としてとっておくのもいいと思います。

そしてDVD。映像特典がたくさん有って、ファンにはたまらなく嬉しかったです!!
本編は、タクマが帰ってくるところから始まります。
感動する場面も笑える場面もいっぱいあって、これぞ「青春ムービー」でしょう!
チュウが妻子持ちで驚きました。サラサラ黒髪ヘアで、前作を知ってる人にはたまらないと思います。
接待舟のシーンも、泣けました。

この映画は老若男女すべての人に楽しんでいただけると思います。
ぜひ、買ってみてください。映像特典がとにかく多いです。
私的にツボなのは、チュウの「がらじゃないぞぉっ!!」と、前作よりもっと悲惨な声になったハルです・・・vv(笑



警視庁捜査一課9係 season1

VERY HAPPY!!!

(購入者の評価)
V6・カミセン・トニセンのコンサートが
この「VERY HAPPY」に収められています。
それぞれの個性が出ていて。。すごくいいです!。。


警視庁捜査一課9係 season2

警視庁捜査一課9係 season3

FILM V6 actII-CLIPS and more-

(購入者の評価)
何捜してるの?…で始まるDVD。 そして、坂本くんの長髪姿(overはかっこ良すぎ!)&関西弁の岡田くん、なかなか見られません。 トニ&カミのお互いへの想いも伝わり、暖かくなります。疲れた時に観るのもGOOD!! ダンスも、さすがのV6☆
V6ひとりひとりの、違う一面を見たければ、買いの1枚♪


SPACE-from V6 Live Tour’98-

(購入者の評価)
とっても内容の濃いものになっていると思います。
ダンスの研究してもよし、一緒に見ながら歌うのもよし。
V6と一緒にたのしめる作品です。


Film V6 actIII-CLIPS and more-

(購入者の評価)
曲数が凄く多くて、メンバーによるアフレコのアニメもあります☆
CDも8cmからMAXIシングルに変わっていくので、時代の入れ替わりも見れますし、踊っているV6、しっとり歌っているV6と色々な彼らが見れます。

2004年10月現在で一番新しいPV集です。是非!お手元に!!

ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY 限定版 [10000セット限定生産]

(購入者の評価)
限定版が、どうしても見たかった!
先日、このサイトで見つけて飛びついた。
堤監督、大好き。次回作が、今から楽しみです。
出品者の方ありがとう!


ハードラックヒーロー 初回限定版

(購入者の評価)
2人が一組になって3つの物語がそれぞれに進んでいく。やがてからまりあっていく。そして最後は・・・岡田くんのミョーなボクサー姿に情けない店長役のイノっち、剛くんと健くんは割とそのままの雰囲気の街の若いおにいちゃん、そしてサラリーマン役がぴったりのリーダー坂本くんと長野くん・・・みんないい味出てます。特にリーダーは背広姿がぴったり。これをもう少し複雑に、長いストーリーでもっとみたい私です。6人が共演する映画なんて豪華だよね。

天国は待ってくれる プレミアム・エディション

(購入者の評価)
一寸出来すぎなシチュエーションのような気が?。
井ノ原快彦(V6)が扮する役どころで、
彼女に言った台詞。
「お前は苦しんじゃいけないんだ。俺と結婚してくれ。あいつが、目を覚ますまででいい」という台詞は、いかにも友情を大事にした人間が精一杯彼女のことをおもった・・かのような言葉だけど、この言葉は彼女をも傷つけるし、自分の本心も偽っている。
この映画の中で、「うそだぁ?」といいたいくらいこんな言葉は無いと思うけど
みなさんはどう思います?? ^^


FILM V6-CLIPS and more-

(購入者の評価)
みなさん、お若いですねぇ…
「BeatYourHeart」と、6人のインタビューが好きです。
アルファベット順に進んでいくのも楽しいですね。
ただ、ほとんど、8割ぐらいカミセンのみっていう感じで、トニセンはインタビューと曲のみなので、トニセンファンの私としては少し不満でした。
もう少し出番を増やしてもらえれば…星4か5ぐらいだったかも。


ハードラックヒーロー (通常盤)

(購入者の評価)
典型的なアイドル映画、のように感じた。
もう少し、ファンでなくても楽しめる作品を期待したのだが……。
おそらく、作り手の主眼は「V6の各メンバーの魅力を最大限に引き出す」といったところに置かれていたのであろうし、その意味では、一定のレベルに達しているとは思う。
メンバー各人の登場シーンが、できるだけ均等になるように。また、各人の個性が生かされる配役になるように。まずそれが大前提で、その条件を満たすには、どんな物語があり得るだろうか、という視点で作り上げられたのであろうことが、手に取るように分かりすぎてしまう。
正直、あまり楽しめなかった。
ただ、これは単なる好き嫌いの問題でもあるのかもしれない。
この監督のテイストを愛してやまない人にとっては、また別な感想もあるのだろう。
個人的には好きではないが、酷評するほどひどい作品というわけでもないので、星は三つとしたい。


一番大切なデート 東京の空・上海の夢

(購入者の評価)
Excellent. Good script and acting.

LIVE FOR THE PEOPLE

(購入者の評価)
昨年11月1日に10周年を迎えたV6の、ファーストコンサートのDVDです。
なにがすごいって、この曲目の中で彼ら自身の曲は4曲しかないってこと。
ジャニーズの人たちの最初のコンサートはどこもそういう傾向にありますが。
当時からレベルの高いダンスとアクロパットを見せていた彼らですが、やはり垢抜けなさというか、初々しさがありますね。
ところどころ挟まれるオフショットもカワイイ。
おススメは上二人のレベルの高いダンスが見ものの“Cool”、今もファンに人気のある“Theme of Coming Century”、
あとはジュニア経験なく突然スポットライトの下に連れ出された岡田氏の必死さ。
いまや抱かれたい男アンケートの上位に位置する彼の成長に思いを馳せるのもいいのでは?

またアンコール部分で映る、当時ジュニアだった滝沢君と今井君にも注目です(笑


ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY 限定版 [10000セット限定生産]

(購入者の評価)
ピカンチ限定版色いろ探して購入しましたが、すっごくいいですね。
映画でも見たのですが、何度見ても面白い作品です。
演技だけど、やっぱり嵐はなかいいなぁ〜。なんて感じさせられます。


NO KISS

(購入者の評価)
7000枚の静止画で繰り広げられる一風変わったDVDでした。始めはちょっとなれない感じで変でしたがだんだん不思議ワールドに引き込まれる感じがしてとってもよかったです。ストーリーもほのぼのしていてすごくキュンとしました。
伊野原さんの小学生回想シーンの二階堂くんもかわいかったです。


>> つづきをみる

長野博withウルトラマンティガ

(購入者の評価)
書店に平積みになっているのを見て「おっ!」と思い、迷わず買った。版元が特撮モノとはあんまり縁のなさそうなところだったので、どんな中身か興味津々だったのだが、いや実によく行き届いた編集だ。新作映画のロケ風景から、ストーリー・ダイジェストから、制作発表記者会見から、ついでにオリジナルTVシリーズのレビューもコンパクトにまとめて正に完璧。
何といってもよかったのが長野博ロング・インタビュー。インタビュアーもよくポイントを押えた質問振りで心地よく、また長野博が語るダイゴ役への愛着、ティガならびにウルトラシリーズへのリスペクトの姿勢は読み応えたっぷりだ。ボリュームを考えたら随分とお手頃な価格だし、是非買って再読・三読していただきたい。『超ウルトラ8兄弟』関連の出版物としては、現時点でベストの出来だと思う。


アイドル武者修行2

クル日もグルメ

(購入者の評価)
ジャニ麿と称される程のグルメだとは知っていましたが、ここまでとは!!文章のはしばしに食べ物への愛情や、料理を作る人やサービスする人への温かくも厳しい視線が感じられ、『あぁ、この人は本当に食べることが好きなんだなぁ』と読んでいて幸せな気分になれます。
他の方も書いておられましたが、お店の名前が載っていないのが唯一残念な点。それでも、おいしいお店や高級な料理だけでなく、家で食べるごはんや家族での外食の"美味しさ"にも触れられているところに長野さんご自身の温かさを感じました。
一週間分の朝ごはんレシピも、よくある現実感のない材料や献立ではなく、これならできそう!と思えるものばかりだったので、順番に試してみようかなと思っています。


アイドル武者修行

(購入者の評価)
本書は、月刊「日経エンタテインメント!」に連載された同名の人気コラム(現在も連載中であるらしい)を一冊にまとめ、書き下ろしエッセイや秘蔵写真なども加えたもの。
読む前、私がこの著者について知っていたことは、V6というアイドルグループの一人であること、そして、テレビ画面から感じ取る限り、非常に誠実そうな人柄の持ち主である、ということだけだった。
読んでみて、まず感じたのは、ある程度、予想通りではあったが、彼の、仕事に対する真摯な姿勢。
プロのタレントとして、自分が求められているもの、果たすべき責務とは何であるのか、それをきちんと自覚しつつ、「表現をする。作品をつくる」という自らの仕事に打ち込んでいる姿。
アイドルとして、若手ではなく中堅と呼ぶべき立場にある彼が、どんな思いを抱え、何を目指してここまで生きてきたのか。
単なるタレント本としてというより、一人の真摯な若者の生きざまが正直な言葉で綴られた、優れたエッセイとして読むことができる。
もちろん、まじめ一方の内容ではなく、時にユーモラスで、また、芸能界の裏話のようなものも楽しめる。
著者にはもともと好感を持っていたが、この一冊を読んで、それがますます強くなった。
タレントとして、また、一人の人間として、今後も注目し続けたい一人だ。


イノなき

(購入者の評価)
V6の井ノ原快彦が携帯サイトで日々綴っている日記(現在も連載中)の、初回から1000回までの分を一冊にまとめたもの。
多少の追記のみで、ほとんど手を加えず、掲載時の文章が再現されているそうである。
とても分厚く、読むのに、多少、時間がかかったが、その時間は、充実した楽しいひとときとなった。
「文は人なり」と言う言葉の通り、この一冊の中には、著者の温かく真っ直ぐな人柄がそのままに表れている。
日々の中で関わりを持つ人、友達や仕事仲間からタクシーの運転手さんまで、その一人ひとりと真摯に向き合いながら、また、起こる出来事の一つひとつを大切にしながら、常に前向きに生きようとしている著者の姿は、読む者に感動と励ましを与えずにおかない。
――といっても、そんな堅苦しい本ではもちろんなく、通勤電車の中で読破した私は、しばしば激しい笑いをこらえるのに苦労させられた。
また時には、ほろりとさせられる、いい話などもあり、著者は、人柄の素晴らしさのみならず、文学的才能をも兼ね備えていることが感じられる。
単なるタレント本にとどまらず、優れたエッセイとして読むことが可能である。
1001回以降の分をまとめた続刊も期待したい。


ピカ・ンチ―LIFE IS HARD だけど HAPPY (竹書房文庫) (竹書房文庫)

(購入者の評価)
ピカ☆ンチの5人の表情が文だけなのにいきいきと出ていて、映画に行ってないのに、行った様なそんな気分がしますo(^_^)oそれと、最後の
河原さんのあとがきがサイコーです!謙遜しているけれどどこか自慢しているような、そんな文庫版ピカ☆ンチのメイキングが笑えます。
つまりまとめると、河原さんは天才!と言うことです☆
でも、映画の内容と少し合っていなかったのが残念です↓


タヒチ―タイッチのリゾート気分で

(購入者の評価)
国分太一くんの記念すべき初著書!
ジャニーズの公式携帯サイトで連載されている「タヒチ」をまとめ書籍化したものなんですが、とてもおもしろいです。太一くんがブログを読み返しての感想や、出版に当たってのいろんな人との対談など、TOKIOデビュー14年目にして生まれた彼の新たな魅力の集まり、といった感じでしょうか。
私としては、「水羊羹って水じゃないよね?」発言が一番好きです。


acteur(アクチュール) No.4 (2007 JANUARY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.5 (2007 MARCH) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

ピカンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY シナリオブック

(購入者の評価)
嵐5人が主演した映画ピカ☆ンチのシナリオ本!映画を見なかった人も楽しめるし、見た人は2倍3倍・・・いやもっと楽しめる!!
映画ではカットされちゃったシーンとかもちゃんと入ってるから、より一層ピカ☆ンチの世界が面白くなるよ!
嵐ファンじゃなくてもピカ☆ンチが見たくなるはず!電車とかで読むと笑いをこらえるのが大変かも!?


ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY シナリオブック

(購入者の評価)
これは大人っぽさを全体的に出していて、だけど子供っぽさも残していてどっちも楽しめる本です。
まだ高校生の頃は誰でも一度は悩むことがあり、子供としても不器用さもよく出ていました。
今回はあれから3年後の大人な5人で、これもやっぱり誰でも一度は悩むことが書いてありました。
それぞれが進む道があり、もう子供のようにはいかない現実。

それに苦悩しながらも、仲間の一大事にはちゃんと集まり壊れかけてた友情を作り直せる彼らに涙を誘われます。
‘LIFE IS HARD だから HAPPY’子供の頃とは違い、大人になれば「厳しいことがあって、辛いことがある。だけどそれは幸せと思える道」という考えが生まれる、という意味だと私は思っています。

‘だけど’と‘だから’の違いは大きなものですね。

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4