井上順

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 おすすめ 34 おすすめ 35 
井上順 おすすめDVD 井上順 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
正義は勝つ DVD-BOX

(購入者の評価)
名作の誉れ高い作品ながら確か担当プロデューサーの不祥事でお蔵入りになり、再放送さえなかった。僕はわざわざ中国産のVCDをヤフオクで買いましたよ。それが正規DVD化とは! 買わない手はありません。

役者はみな素晴らしいです。特に法律事務所の所長の井上順の悪役ぶりがすごい! ほかに津嘉山正種、谷啓、団時朗、佐々木勝彦、室井滋、段田安則と脇役が充実してます! 織田裕二の演技も「踊る…」ほど暑苦しくない。「振り返れば…」の司馬医師のような初期の瑞々しい演技です!

井上順がハマりすぎてるんだよなぁ! 法廷ものながら、父を自殺に追い込んだ巨悪と闘うという優れたサスペンスドラマ! ぜひ御覧ください。


アテンションプリーズ スペシャル~オーストラリア・シドニー編~

(購入者の評価)
爽やかな印象が残るドラマです。
元気一杯の上戸彩さんの美咲洋子楽しく微笑ましいです。
真矢みき、相武紗季、小泉孝太郎、大塚ちひろ等々の
キャスト陣が演じるキャラも良い。
BGMも良いです。
前作のリメイクから既に独り立ちした感があるので、
パート2も観てみたいものです。


ラヂオの時間 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
まず三谷作品が好きか嫌いかは別としても、喜劇映画と認識していれば、見て損をしたと思う方は少ないのではないでしょうか。

言い方が正しいかはわかりませんが、ネタ振りの部分がかなりあります。
起承転結…と持って行くためには非常に重要な部分ですが、ここを綿密に計算しているので、オチの面白さが倍増していると思います。

そして三谷作品に多く見られる特徴、というか素晴らしい点はただ笑わせるだけでは無く、泣き笑いのような感情を覚える事です。

思い切り笑えるんだけど、少し感動もあって観てよかったなぁ、と感じます。

役者さんの演技の上手さは当然ありますが、恐らく演者がかわっても、それこそ無名の役者さんが全て演じても、この作品は面白いと思います。

それだけこの脚本は素晴らしいです。


「それは、突然、嵐のように…」 DVD-BOX

(購入者の評価)
ストーリーはとても良かったです。
ありえない・・・と想う反面、本当にこんな男の子と出会えたら自分はどうなるのだろう?とドキドキさせてくれます。
山Pはとっても素敵です。今とは少し違う、若さと強引さが魅力。ダンスも上手だし、病気の部分も上手に演じています。
ただ、この作品で最大の間違いは、江角マキコさんを起用したことだと思います。江角さんが嫌いなわけではありません。でも、この役は江角さんじゃない!と思いました。
じゃ、だれが適役なのか。例えば天海祐希さんだったらもっと素敵な作品になったかなーなんて思っています。


みんなのうた 映像集

(購入者の評価)
私の記憶が正しければ、
「みんなのうた」の中には、
クラシックもあったはず・・・。

販売元がエイベックス系であるだけに、
他のレコード会社契約のアーティスト作品はどうなるのでしょうか?

個人的には、
佐田玲子さん(さだまさしさんの妹)の歌も欲しいと思います。


ドント・トラスト・オーバー30

(購入者の評価)
とにかく長い。でも内容はなかなかだと思います。
実際舞台も観に行きましたが、DVDとしてみても、違う角度でみられておもしろいです。1回目、さらっとみて。2回目、腰を据えてしっかりみると、いいかもしれません。


ザ・スパイダース にっぽん親不孝時代

(購入者の評価)
 手広く娯楽業種を増やす興業社の社長や寺の住職の息子らを中心とした5人組の悪童グループは、リーダー格の父親である社長の部屋から30万円をネコババし楽器を調達して即席のバンドを組んだ。

 そんな時に彼らの住む街に、社長が強引に得た学校の用地を「計画を変更してデパートを建てる」と言い出した。それも、非合法手段で得た資金で・・・。
 
 それは、5人の悪童グループと2人のフーテンをも巻き込む血みどろの争奪戦へ発展していく・・・。

 日活でグループ主演シリーズを作ったザ・スパイダースが、唯一東宝(+東京映画)で作ったグループ主演作である。

 作風としては国産GS映画らしく『ヘルプ!』を意識しているが、全体的な色合いは東宝の『暗黒街』・『国際秘密警察』シリーズのようなダークな雰囲気になっている。それでも、骨子である「青春と親不孝」というテーマも明確にダークな部分に符合させ一体化させている。

 それは、「組織の裏切り合い」という面でも明確になっている。7人と組織を打ち負かし、勝ち誇った裏切り者のボスは最後の最後の最後で陰湿にして残酷な天罰を受ける。7人が爽やかに歌う後のラストシーンに、思わず「ざまぁ見ろ!いい気味だぁ?!!」と言いたくなってしまうだろう。

 日活で鍛えてきたザ・スパイダースの面々は、個性が明確となりいきいきと動いている。GS映画には珍しい星 由里子氏も『若大将』シリーズの澄ちゃんというより、『モスラ対ゴジラ』・『三大怪獣 地球最大の決戦』ばりの行動派のヒロインを好演している。その意外な正体には、誰もがド胆を抜くだろう。

 『海底軍艦』・『モスラ対ゴジラ』の悪人ばりの佐原健二氏や佐藤一郎プロデューサーの『駅前』シリーズ風の藤村有弘氏も味があったが、本作には堺 正章氏の父・堺 駿二氏が出演している。しかし駿二氏は、本作の公開前に逝去されている。当時は追悼映画という意味もあったろうが、ご子息の出世を見届けた「遺作」という置手紙なのかもしれない。

 松山善三監督の原作を山本邦彦監督が脚本も兼ねてデビュー作として製作したが、しりとり繋ぎのカット割りは見応えがある。シネマスコープを活かした合成カットも、大胆なものだった。

 音楽はかまやつひろし氏と連名で、『電送人間』・『陸軍中野学校』シリーズの池野 成氏が担当した。最後の天罰のシーンでは先の2作ばりの重厚でダークなサウンドを聴かせてくれるが、裏切り者の口笛のテーマには池野氏の『ザ・ガードマン 東京忍者部隊』でも使われた曲がモチーフが使われている。この辺が、大野克夫氏&井上孝之氏に影響を与えたのかもしれない。

 いろんな要素を入れた東宝版『ヘルプ!』だが、他社の波及作(『進め!ジャガーズ 敵前上陸』・『ザ・スパイダースの大進撃』)と比べてみるといいだろう。


それは、突然、嵐のように… 2

それは、突然、嵐のように… 4

それは、突然、嵐のように… 2

???主婦役の江角マキコと高校生役の山下智久が年の差を超えた秘めた恋を演じるラブストーリー。夫・日出男(柳葉敏郎)と幸せな結婚生活を送るこずえ(江角マキコ)は、かつて勤めていた雑誌の編集部でアルバイトをすることを一念発起するも、実際は簡単な仕事しか任せてもらえず、戦力としては期待されていなかったことを思い知る。そんなとき会社のお使いに出たこずえは、横断歩道の真ん中で傘もささずにたたずむ拓馬(山下智久)と出会う。拓馬を助けようとお節介をやいたためにこずえの荷物はびしょ濡れになり、拓馬が講師をつとめるダンス教室でその荷物を乾かすハメに。この出会いこそが、すべてのはじまりだった…。
???平凡な主婦と年下の美少年との恋愛模様という設定だが、実際はかなりのコミカル調。『きみはペット』や『魔女の条件』といった同型のドラマの例にもれることなく、主人公たちは体格的にも立場的にも逆凸凹の関係性にあり、美少年がダンサーである設定も丸っきり『きみはペット』と同じで、この手のドラマに欠かせない典型的な要素はいろいろと取りそろえられているようだ。行き当たりばったりの展開には困ったものだが、小田和正による主題歌がここぞというタイミングで流れてくるとそれらしくまとまっていく感じ。(麻生結一)


それは、突然、嵐のように… 5

???主婦役の江角マキコと高校生役の山下智久が年の差を超えた秘めた恋を演じるラブストーリー。夫・日出男(柳葉敏郎)と幸せな結婚生活を送るこずえ(江角マキコ)は、かつて勤めていた雑誌の編集部でアルバイトをすることを一念発起するも、実際は簡単な仕事しか任せてもらえず、戦力としては期待されていなかったことを思い知る。そんなとき会社のお使いに出たこずえは、横断歩道の真ん中で傘もささずにたたずむ拓馬(山下智久)と出会う。拓馬を助けようとお節介をやいたためにこずえの荷物はびしょ濡れになり、拓馬が講師をつとめるダンス教室でその荷物を乾かすハメに。この出会いこそが、すべてのはじまりだった…。
???平凡な主婦と年下の美少年との恋愛模様という設定だが、実際はかなりのコミカル調。『きみはペット』や『魔女の条件』といった同型のドラマの例にもれることなく、主人公たちは体格的にも立場的にも逆凸凹の関係性にあり、美少年がダンサーである設定も丸っきり『きみはペット』と同じで、この手のドラマに欠かせない典型的な要素はいろいろと取りそろえられているようだ。行き当たりばったりの展開には困ったものだが、小田和正による主題歌がここぞというタイミングで流れてくるとそれらしくまとまっていく感じ。(麻生結一)


それは、突然、嵐のように… 2

???主婦役の江角マキコと高校生役の山下智久が年の差を超えた秘めた恋を演じるラブストーリー。夫・日出男(柳葉敏郎)と幸せな結婚生活を送るこずえ(江角マキコ)は、かつて勤めていた雑誌の編集部でアルバイトをすることを一念発起するも、実際は簡単な仕事しか任せてもらえず、戦力としては期待されていなかったことを思い知る。そんなとき会社のお使いに出たこずえは、横断歩道の真ん中で傘もささずにたたずむ拓馬(山下智久)と出会う。拓馬を助けようとお節介をやいたためにこずえの荷物はびしょ濡れになり、拓馬が講師をつとめるダンス教室でその荷物を乾かすハメに。この出会いこそが、すべてのはじまりだった…。
???平凡な主婦と年下の美少年との恋愛模様という設定だが、実際はかなりのコミカル調。『きみはペット』や『魔女の条件』といった同型のドラマの例にもれることなく、主人公たちは体格的にも立場的にも逆凸凹の関係性にあり、美少年がダンサーである設定も丸っきり『きみはペット』と同じで、この手のドラマに欠かせない典型的な要素はいろいろと取りそろえられているようだ。行き当たりばったりの展開には困ったものだが、小田和正による主題歌がここぞというタイミングで流れてくるとそれらしくまとまっていく感じ。(麻生結一)


それは、突然、嵐のように… 1

???主婦役の江角マキコと高校生役の山下智久が年の差を超えた秘めた恋を演じるラブストーリー。夫・日出男(柳葉敏郎)と幸せな結婚生活を送るこずえ(江角マキコ)は、かつて勤めていた雑誌の編集部でアルバイトをすることを一念発起するも、実際は簡単な仕事しか任せてもらえず、戦力としては期待されていなかったことを思い知る。そんなとき会社のお使いに出たこずえは、横断歩道の真ん中で傘もささずにたたずむ拓馬(山下智久)と出会う。拓馬を助けようとお節介をやいたためにこずえの荷物はびしょ濡れになり、拓馬が講師をつとめるダンス教室でその荷物を乾かすハメに。この出会いこそが、すべてのはじまりだった…。
???平凡な主婦と年下の美少年との恋愛模様という設定だが、実際はかなりのコミカル調。『きみはペット』や『魔女の条件』といった同型のドラマの例にもれることなく、主人公たちは体格的にも立場的にも逆凸凹の関係性にあり、美少年がダンサーである設定も丸っきり『きみはペット』と同じで、この手のドラマに欠かせない典型的な要素はいろいろと取りそろえられているようだ。行き当たりばったりの展開には困ったものだが、小田和正による主題歌がここぞというタイミングで流れてくるとそれらしくまとまっていく感じ。(麻生結一)


それは、突然、嵐のように… 4

???主婦役の江角マキコと高校生役の山下智久が年の差を超えた秘めた恋を演じるラブストーリー。夫・日出男(柳葉敏郎)と幸せな結婚生活を送るこずえ(江角マキコ)は、かつて勤めていた雑誌の編集部でアルバイトをすることを一念発起するも、実際は簡単な仕事しか任せてもらえず、戦力としては期待されていなかったことを思い知る。そんなとき会社のお使いに出たこずえは、横断歩道の真ん中で傘もささずにたたずむ拓馬(山下智久)と出会う。拓馬を助けようとお節介をやいたためにこずえの荷物はびしょ濡れになり、拓馬が講師をつとめるダンス教室でその荷物を乾かすハメに。この出会いこそが、すべてのはじまりだった…。
???平凡な主婦と年下の美少年との恋愛模様という設定だが、実際はかなりのコミカル調。『きみはペット』や『魔女の条件』といった同型のドラマの例にもれることなく、主人公たちは体格的にも立場的にも逆凸凹の関係性にあり、美少年がダンサーである設定も丸っきり『きみはペット』と同じで、この手のドラマに欠かせない典型的な要素はいろいろと取りそろえられているようだ。行き当たりばったりの展開には困ったものだが、小田和正による主題歌がここぞというタイミングで流れてくるとそれらしくまとまっていく感じ。(麻生結一)


それは、突然、嵐のように… 3

それは、突然、嵐のように… 3

???主婦役の江角マキコと高校生役の山下智久が年の差を超えた秘めた恋を演じるラブストーリー。夫・日出男(柳葉敏郎)と幸せな結婚生活を送るこずえ(江角マキコ)は、かつて勤めていた雑誌の編集部でアルバイトをすることを一念発起するも、実際は簡単な仕事しか任せてもらえず、戦力としては期待されていなかったことを思い知る。そんなとき会社のお使いに出たこずえは、横断歩道の真ん中で傘もささずにたたずむ拓馬(山下智久)と出会う。拓馬を助けようとお節介をやいたためにこずえの荷物はびしょ濡れになり、拓馬が講師をつとめるダンス教室でその荷物を乾かすハメに。この出会いこそが、すべてのはじまりだった…。
???平凡な主婦と年下の美少年との恋愛模様という設定だが、実際はかなりのコミカル調。『きみはペット』や『魔女の条件』といった同型のドラマの例にもれることなく、主人公たちは体格的にも立場的にも逆凸凹の関係性にあり、美少年がダンサーである設定も丸っきり『きみはペット』と同じで、この手のドラマに欠かせない典型的な要素はいろいろと取りそろえられているようだ。行き当たりばったりの展開には困ったものだが、小田和正による主題歌がここぞというタイミングで流れてくるとそれらしくまとまっていく感じ。(麻生結一)


ムツゴロウの結婚記

>> つづきをみる

未成年J minority 【コミックセット】

よく出る問題順 二級建築士学科試験〈平成10年版〉

未成年J 2 (2) (ヤングジャンプコミックス)

よく出る問題順 二級建築士学科試験〈平成9年版〉

よく出る問題順 一級建築士 学科試験〈平成9年版〉

よく出る問題順 一級建築士学科試験〈平成10年版〉

よく出る問題順 一級建築士学科試験〈平成11年版〉

よく出る問題順 二級建築士学科試験〈平成15年版〉

よく出る問題順 一級建築士学科試験〈平成13年版〉

よく出る問題順 二級建築士学科試験〈平成13年版〉

よく出る問題順 一級建築士学科試験〈平成15年版〉

よく出る問題順 二級建築士学科試験〈平成14年版〉

未成年J (キングシリーズ 漫画スーパーワイド)

よく出る問題順 一級建築士学科試験〈平成14年版〉

日本の詩〈第21巻〉中野重治・伊藤整・高見順・井上靖集 (1979年)

よく出る問題順 一級建築士学科試験〈平成8年版〉

よく出る問題順 一級建築士学科試験〈平成12年版〉

現代日本経済の批判 (1974年)

よく出る問題順 二級建築士学科試験〈平成12年版〉

御製と隨順 (1945年)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4