井上芳雄

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 
井上芳雄 おすすめDVD 井上芳雄 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
夢のまにまに メイキング

父と暮せば プレミアム・エディション

(購入者の評価)
キチンと襟を正してみたくなる作品。
井上ひさし原作。黒木和雄監督。役者は宮沢りえと原田芳雄。スタッフは最高なのだ。宮沢も原田も最高の演技。

生き残った、死にぞこないとして悩み続ける娘を描いた作品はない。

広島からのメッセージだ。

生き残った娘は二十三歳。市の図書館司書をしている。
岩手出身で東北大学を出て、原爆の資料を集め、研究しようとしている浅野忠信が登場。
宮沢と浅野は一目惚れ。

父の幽霊が出てくる。
「生き残っているのが不自然なんです」
「私は幸せになってはいけないのです」
「私はお父さんをほっといて逃げた娘です」
そうではないと言い切るために父は幽霊として出てきたのだ。
さあ、どうなるのか。
自分もガンバロウと思うよ。


父と暮せば 通常版

(購入者の評価)
広島の悲劇に関しては、「夕凪の街 桜の街」という傑作が昨年劇場で公開され、今年DVDとして発売された。その「夕凪の街」編の主人公皆実がしきりに死んだ人に申し訳ない、自分はこの世にいてはいけない、と痛切な告白をしていたが、本作は原爆の被害者がどうしてそう思い込まなければいけないのかがよくわかる映画だ。なぜ主人公(宮沢りえ)は自分は幸せになってはいけないと考えるのか、1945年8月6日広島で何があったかを、1948年夏というまだ広島が復興からはほど遠い時点で回想シーンを交えながらじっくり描いている。ピカの被害者が自分を責めざるを得ない悲劇が何万とあったことを日本人は忘れてはいけない、というメッセージが強烈に伝わる。原作は井上ひさしの戯曲で、映画もほとんど娘(宮沢りえ)と娘の男性(浅野忠信)を思う気持ちがきっかけで実体化した死んだ父(原田芳雄)の室内での2人芝居に終始するが、長まわしの多用、狭い室内でも絶妙な動きを示すカメラ、そのカメラの枠に人が入ったり出たりする計算された動き等、室内劇の映画化として一級の出来だ。2人の演技の集中力にも驚嘆する。印象的なのは室内のシーンだけではない。中でも、8月6日の広島の空にゆるゆると原爆が落下して、爆発し、強烈な熱線を発射する場面に息をのむ。そして少しだけ顔を出す浅野忠信の存在感。彼の愛を主人公が受け入れようとする(と思わせる)ラストが救いだが、仮に彼らが結ばれたとしても、幸せになれただろうかと思うと、映し出される部屋の天井が原爆ドームになっているラストにやり切れなさを感じる。先週観た「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」と原爆の扱い・重みの何と異なることか。日米の原爆観の違いを改めて痛感したことを付言する。

井上芳雄コンサート2005 星に願いを

(購入者の評価)
 昨年9月に、実際にコンサートに行きました。このDVDには、その時に印象に残った幻想的な空間、あの時の感動が詰まっていて、見る度によみがえって来ます。
 井上君の歌声に癒され、玲奈ちゃんとのMc(と、もちろんデュオもです)で楽しませてもらい…とても貴重な一枚だと思います。ミュージカルナンバーのカバーはなかなか聞けませんし。
 残念ながらコンサートに行くことのできなかった方にもあの雰囲気が伝わると思います。


ハミングライフ 特典ディスク付プレミアム版(初回限定生産)

???2007年1月に公開された、西山茉希・井上芳雄主演の青春ラブストーリー。原作は、みずみずしい筆致に定評のある作家・中村航が描いた同名の人気小説。雑誌「CanCam」の専属モデルで、同世代の女性から絶大な支持を受ける西山が、純粋な女性・藍役を好演している。また、その華麗さから“ミュージカル界のプリンス”の異名をとる井上も、舞台をスクリーンに移して卓越した演技を披露、物語に安定感を与えている。本当は丁寧に臨むべき恋さえも、メールやケータイで気軽にさばく人の増えた昨今、木のウロに忍ばせた手紙を通じて藍(西山)と智宏(井上)が心を通わせる様子は、ほのぼのと温かい気持ちになる。2人が暮らす、対照的な時間帯――大都会の昼と夜の表情もおもしろい対比になっていて、作品の味わい深さを盛り上げている。(みき〜る)

ハミングライフ 通常版

(購入者の評価)
演技・脚本・映像・音楽と、どれを取っても見るべきものがなにもない映画ではあるが、だからこそ主演・西山茉希の存在感が際立っている。
彼女が演じるのは、上京したての夢を追うだけでまだ何者にもなりきれない、等身大の若者の姿。
当然、ふだんファッション誌やCMで見せる華やかなメイク姿の彼女はそこにはおらず、素顔に近い自然体の姿で演技に当たっている。
だけど、飾らないことで、メイクも衣装も抑え目にすることで、それがますます彼女の美貌を際立たせており、そのポテンシャルの高さに驚かされた。
まさに未来への可能性を力強く示唆する、図らずもこの映画のストーリー、ヒロインのキャラクターを、過不足なく表現する逸材だといえるだろう。
むろん、演技に関してはお世辞にも巧いとは言えない。
だけどモデルという存在は、たとえなんの才能もなく人格も知性も優れていないとしても、ただそこにいるだけでどんな偉人よりも価値がある存在だということを、この映画はなによりも雄弁に教えてくれる。
彼女の存在感を邪魔しない程度に流れるBGMみたいなドーデモいい脚本も功を奏し、西山茉希のイメージ映像として、過不足ない仕上がりの一本だ。


>> つづきをみる

acteur(アクチュール) No.12 (2008 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

レプリークbis (HANKYU MOOK)

acteur(アクチュール) No.11 (2008 JUNE) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

(購入者の評価)
アクチュールはもう数冊手に入れましたが、
その数冊に共通するのは、それぞれの俳優の魅
力を引き出した写真と、インタビューの内容の
質の高さです。

今回は、「アフタースクール」が公開されている、
大泉洋さんが表紙です。
そして、大泉さんの写真とインタビュー、記事で
14P、「アフタースクール」の3人の出演者による
座談会という形で、映画に関することが語られてい
ます。
その他にも、松本潤さん、三上博史さん、大沢たか
おさん、上川隆也さん等、実力派の俳優さんたちの
インタビューや写真が載っています。
インタビューだけではなく、対談の形もあります。
いろいろな形で、質を高めていこうとする、そんな
編集の姿勢がいいなあと思います。


acteur(アクチュール) No.9 (2007 DECEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

(購入者の評価)
アクチュールのメイン特集はいまや映画界で引く手あまたの人気俳優松山ケンイチ特集です。彼はすごく独特の雰囲気、オーラを持った本格派映画俳優だと思います。特に松山くんファンの方はこの本をお薦めします。他にも内村光良、大沢たかお、小栗旬、長塚圭史、遠藤憲一などが載っています。ディラン・マッケイことプラン9のなだぎ武も載っています。

竜也 いまの俺

(購入者の評価)
むちゃくちゃ藤原竜也ファンというわけではありませんが、
悩んだ末に買ってしまいました。
買って良かったと思います。
藤原竜也がちょっと好きというような私にとっては、
新たな魅力発見でした。
やはり篠山紀信が凄いのでしょうか。
二人、内蔵をこすりつけ合うようにして撮影されたという表現も凄いです。
藤原竜也、10年後、どうなっているか興味津々です。
一皮むけて欲しい!でも最初から天才ってそれが出来ないかもという不安が・・・。
がんばれ、竜也!


井上芳雄 開演です!

acteur(アクチュール) No.7 (2007 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.1 (2006 JULY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

acteur(アクチュール) No.8 (2007 SEPTEMBER) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

レプリークBis (Vol.1(2005.July)) (Hankyu mook) (Hankyu mook)

(購入者の評価)
今、輝いている舞台俳優の写真とインタビュー記事が満載です。
舞台俳優はあまりテレビでは見られないので、こういう雑誌は
ファンにとってはとてもありがたいです。
とくに、山口祐一郎さんのファンの方、必見だと思いますよ。


「うたかたの恋」の真実―ハプスブルク皇太子心中事件

ロマンス

acteur(アクチュール) No.10 (2008 MARCH) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

華麗なるミュージカル・ガイド―作品ガイド30選/俳優インタビュー (キネ旬ムック)

教えて!ミュージカル (日経BPムック)

acteur(アクチュール) No.4 (2007 JANUARY) (キネ旬ムック) (キネ旬ムック)

井上芳雄写真集

(購入者の評価)
写真は、すごくかっこよくて、自然な表情で。
文章は井上さんらしい、ちょっとおもしろい要素もあり、
舞台に対する真剣な気持ちも伝わってきて、なんど見ても、
読んでもいい写真集だと思います。


夢のまにまに

原子物理学の父 仁科芳雄 (岡山文庫)

御嶽―井上芳雄集 (日本全国歌人叢書)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4