石橋蓮司

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
石橋蓮司 おすすめDVD 石橋蓮司 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻

(購入者の評価)
映像化不可能といわしめたコミックの実写化ですが、本当に見事な作品でした。
現在、未来と70年当時の世界を表現した原作があまりにもリアルであり、素晴しいので製作サイドは随分頭を痛めたことと思いますが、セットの細部にわたるディテールへのこだわりやコミックのキャラに似た演技人のキャスティングに成功したことで虚構の世界をリアルなまでに、観客を大事件の目撃者として惹きこんでくれます。
また、長編コミックなので1部でどこまで描けるのか不安でしたが、中途半端に終わらず、見事に締めくくられていて納得のいくものでした。これで安心して2部を観る事ができます。
もちろんとにかく次が観たくてがまんできすにこのナビゲートDVDで欲求不満を緩和するわけですが、主演の唐沢さんの持ち前のキャラで癒しながらなんとか来年まで待とうと思います。


花と蛇

(購入者の評価)
美しい倒錯で難解な世界を期待して観ましたが、見事裏切られました。
苦しい、痛い、辛い、可哀相、・・でも強い、そして本当に綺麗。
杉本彩の完全勝利!!
絡み・・というより試合(それもかなり激しい一流格闘家同士の死闘)
・・一言で言えばそんな感想ですが、
作品としての見ごたえは充分、期待して良い映画です!
(但しかなり疲れるので、簡単に映画を観たい時には不向き)

杉本彩さんは、TVでも、この映画の中でも、とても美しく好きですが、いつも全く色気が感じられない不思議な女優さんです。
この映画の中でも、身体も、顔も、表情も、ダンスも、縛られてよだれをたらしているシーンでさえ、最高に美しいのに、
全裸になっても全くいやらしさを感じさせないのは、さすがと言うべきか、残念と言うべきか・・
やはり、色気、いやらしさと言うのは、「ちょっと性格が悪そう」「ちょっと身持ちの悪い女性」
そして「媚び」あるいは「無垢」「計算してない隙」がないと成立しないのだろうか?
完璧な女性は性的にはそそられないのだろうか。
と考えさせられました。

撮影はかなり大変だったそうですし、本当に美しい全裸、見せきる潔さ、根性は素晴らしいですが、
どこかミスマッチのような残念感が残るので星四つ。

野村宏伸さんの演技はいつも同じで、今回も「虚勢をはっているが内心ビクビクしている青年」
しかし、そんな野村さんが出てくると、とてもホッとする不思議な存在感が印象的でした。
ものすごい状況の中で愛する家族(夫)に会えた時の安心感が出ていた気がします。

ストーリーについては「夢の話」として流してシーンづつを観た方が分かりやすいかもしれません。


COWBOY BEBOP 天国の扉

(購入者の評価)
初めに断っておきますが、私はビバップが大好きです。
ですから、決してビバップに文句があるわけではないです。
どれくらいかと言えば、VHS化された時から予約購入し、DVDもBOXではなく各巻予約で買い直すくらい、この作品に価値を感じています。(これくらい普通かも?) なので、あくまで個人的な感想ですのであしからず。
この劇場版はいただけません。 セリフ、音楽、演出、シーン。シリアスもコミカルもすべてに「カッコよさ」があるのがビバップの魅力だと思っていた私には、この映画のどこにもカッコよさを見付けられませんでした。 テンポも悪く、30分でもまとまるんじゃないか? と思わせる薄いシナリオ。
結局なにがしたかったのかわからない登場人物たち。 にも関わらず、そんな悪役やご都合主義な女性キャラより存在感が薄い主人公メンバー。
シャレた軽口やスジのある生きざまを見せてくれることもなく、ただ見知ったキャラの出てくる他人事を見ている感じ。それでも星が2つなのは、好きだから否定しきれない自分なりの妥協。
好きな作品だけに、期待が大きすぎたんでしょうね。


完全なる飼育 赤い殺意

(購入者の評価)
佐野史郎さんの迫真の演技・伊東美華さんの体当たり演技が最高でした!
伊東さんが陰毛を剃られて、股間にシッカロールを付けられるシーンといい
全裸で歩き回るシーンといい、よく局部が見えなかったと思いました。
当然、見せないようにしているのですが、興奮しましたよ。


トリック -劇場版- 超完全版

(購入者の評価)
 この劇場版で初めてTRICKを見た人は、かなりおもしろいと思ったみたいですが、テレビシリーズの方がおもしろかった。

 劇場版なので、さすがに配役に山下真司、竹中直人に伊武雅武とおごったけれど、ロケや舞台装置はTVの時とさしてかわらない。最後の山火事のシーンがまあ、お金がかかってそうといえばそうだけれど、これを劇場で高いお金を払ってみた人はちょっと不満が残ったかもしれない。

 監督が堤 幸彦なので、コミカルな会話はお得意なのだけれど、シリーズ特有の、ちょっとキモい雰囲気が出し切れていなかったと思う。


ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版【2枚組】

(購入者の評価)
原作エッセイの方が何倍も面白かったと思う。
ストーリーのつながり方がちぐはぐに感じた。
しかし、生のインドの映像はとても迫力があり良かったし、エッセイには無いドラマで追加されたドラマ的なエピソードも面白かった。


いつかギラギラする日

(購入者の評価)
この映画はマジで面白いっす。
中学生のときにテレビでやってるをの見たんですが、
子供でも楽しめる映画っす。当時は無知なもんで、
赤いアメ車をフェラーリだと思ってたっす。映画の中で、
赤いアメ車って言ってるのに。

スピード感のある映画です。日本の映画にありがちな
安っぽくてなんかじめじめした暗い感じはまったくないです。

映画でも小説でもいい作品ってのはいかに楽しい作品かってことが
大事だと思うんですが、この作品はまさに王道です。バカに限って
こねくりまわして奇を衒ったような作品を評価したがるけど。


不法滞在

黒い家

あかね空 特別版 (初回限定生産)

(購入者の評価)
素晴らしい映画でした。一組の家族の人情が次の家族に受け継がれてゆきます。人が生きているのは自分だけではなくいろんな人の思いやりが支えになっています。そんなことを思わせられました。江戸深川の長屋町。落語の世界でしか味わえないような人情話が見事なばかりの絵になっています。家族同様に生きる長屋の人たちの姿。受けた恩を一生大事に慎ましく生きる夫婦の姿。これが日本なんだな、と思います。江戸時代の人たちはこんな風に暮らしていたんだな、とセットなども興味心身でした。企画、製作、脚本に篠田正浩さんのクレジットがありましたが、CGの大胆な使い方など篠田氏のアイデアなのかな、と思います。キャスティングも本当に良いです。内野さんの二役。そして中谷美紀さんはここでも凄いです。勝村さんも良い味でした。中村梅雀さんは、貫禄ですね。

半落ち

(購入者の評価)
アルツハイマーの妻を殺した警察官の、殺害後自首までの空白の2日間の謎、としかストーリーは書けないが、「人は誰のために生きるのか(人は、誰かのために生きているのか)」とか、「魂がなくなったら、生きる資格は無いのか」とか、とても深いテーマを考えさる邦画。

妻殺し、アルツハイマー、骨髄移植等、見るのをためらうような重いテーマだけど、話がどんどん展開していくので、真面目な映画にありがちの「スロー」さは無い。複雑で思いテーマを2時間に凝縮した脚本の勝利であり、ゆっくりとしていても遅すぎない「間」を保った監督の勝利であり、何よりも登場する俳優・女優の素晴らしさだと思う。

まず、主役の寺尾聡。この映画での彼の演技(というか、目チカラ)は、凄い。ほとんど目だけで、悲しみ、嬉しさ、(なんでも分かっているよ、という)哀れみ、怒り、覚悟を決めた表情、人を気遣う表情などを演じ分けている。これだけ台詞がない主役、というのも珍しいけど、それをこなしてしまう俳優・寺尾聡に感嘆した。正直、私の中の彼の印象はこの一作で大きく変わった。

しかも脇を固めた「主役級」のメンバーが、それぞれ影や悩みを持ちながら、真摯な気持ちで事件を追う姿を演じているのも、この映画をグッと緊張感のあるものにしている。新聞記者を演じた鶴田真由はどうでもいいんだけど、(笑顔が一度も出てこない)柴田恭平、(堅気の主婦を演じてる)高島礼子、(真面目すぎて悩む)吉岡秀隆、(キャリアに傷を持つ)伊原剛志、(罪の意識にさいなまれる)樹木希林、等々、枚挙に暇がない。主役級のメンバーだけではなく、例えば伊原剛志演じる検察官のアシスタントとか、吉岡秀隆演じる裁判官の妻や父親とか、ほんの少ししか出演してないメンバーも、それぞれ役割があり、強い印象を残している。

見るのは3回目なのに、また感動した。全ての方にお勧めできる良作です。


服部半蔵 影の軍団 BOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
服部半蔵といえば千葉真一、千葉真一といえば服部半蔵と、
小さい頃に忍者=千葉真一という固定観念を植え付けられたといっても過言ではないほど、
この作品が私に与えた影響は大きかったです。

今からもう28年も前の作品になりますが、その面白さは変わりません。
私にとっては、この時代劇の上を行くものはないと思っています。
軍団というだけあって、主人公1人だけが敵を斬っていくということはなく、
部下が数人ついているのも一味違う部分です。

この後も、2、3、4、幕末編とシリーズが続いていくので、
DVD?BOX登場が待ち遠しいです。


遠くの空に消えた

(購入者の評価)
ファンタジーなのだ。物語がどう着地するかは自由だし、着地しないでフィニッシュしても全然OK。空港建設に反対している村民がいて、新しい空港公団の団長・楠木(三浦友和)が息子・亮介(神木隆之介)を連れてやって来る。亮介が地元の悪ガキ・公平(ささの友間)たちと仲良くなっても、観てて気持ちよければ、それでいいのだ。

UFOに父親を連れ去られた少女ヒハル(大後寿々花)や、弟を失って頭がちょっとおかしくなった鳩飼いの青年・赤星(長塚圭史)、7年ぶりに村に帰って来た生物学者で公平の父・土田(小日向文世)など、突飛な設定があったとしても、配役にわくわくできて、その演技を楽しめれば、それでいいのだ。 2時間24分の長尺がまったく気にならない。もっと観ていたかったほど。観終わって、幸福感が胸にジワ?ッと広がったのだ。

この映画の主役は、舞台となる架空の村「馬酔村(まよいむら)」でしょう。この村の自然といったら素晴らしいとしか言いようがない。俳優では、「リアリズムの宿」で主演の長塚圭史が気になった。今後が楽しみ。それから、鈴木砂羽が伸び伸びとやってて、うれしかった。行定勲監督は、「セカチュー」はつまんなかったし、「GO」のイメージしかなかったけど、このファンタジーは新しい代表作になるね。「ボードビル・ファンタジー」っていう映画の新しい路線を作ったのかもしれない。

村を去る亮介を公平が追いかける。車の後部座席で後ろを振り返る亮介と追走する公平。ここで「少年時代」が流れたらどうしようってヒヤヒヤした。大後寿々花めあてで観たんだけど、最近観た日本映画では出色の出来だった。


さらば箱舟 【低価格再発売】

人形劇 三国志 全集 二巻

(購入者の評価)
45分ものが4本と、値段の割におトクな感じです。人形達がいきいきと動き、しかし人形劇というのに子供っぽさもなく、普通のドラマや映画と変わらないできばえです。戦記物なので戦争のシーン等でてきますが、人形劇である点がそこをうまくカバーしていて良い感じに仕上がっています。見た事無い方でも、是非一度見て頂きたいです!!

人形劇 三国志 全集 一巻

(購入者の評価)
1982年から1984年にかけて放送された作品ですが、まったく古くない。それどころか、大人になった今、改めて見直すと、ドラマとしての完成度に驚かされ、新たな発見さえあります。先に録音したセリフに人形を合わせること自体は難しくなくとも、人形の立ち居振る舞いに個性を出すのは至難の業。人形操演と声との見事な調和に、感心致しました。なお、諸葛亮孔明役が当たり役となった森本レオ氏。実は、第4回「英雄 動乱の都へ」の何進(かしん)役からの途中参加で、『孔明を演じる前の森本さんってどうだったっけ?』という私の長年のモヤモヤが解決しました。他の声優の皆さんも、固定キャラを持ちつつ、その他大勢の端役から、頻繁に登場する有名キャラまで何役も演じ分けておられ、驚異的なお仕事ぶりです。長い年月とたくさんの登場人物を、10人ほどの声優で乗り切るという大胆な作品。川本先生のコワイぐらいに生き生きとした人形に触発されたからこそ、なし得たのでしょう。小説、漫画、アニメーション、ゲームなど色々ありますが、日本の三国志作品の金字塔は、やはり、この「NHK人形劇」ではないでしょうか。

海は見ていた

(購入者の評価)
原作山本周五郎→脚本黒沢明→監督熊井啓ときけば絶対に観たくなる。黒沢明は自分で監督するつもりで脚本を書き、絵コンテも描き準備万端。作品をつくる前に亡くなった。さあ。この重たい脚本を映画にする。金は日活が出した。監督は熊井啓であった。役者は僕は全く初めてお目にかかる人たち。
気分いい作品にできあがっている。久しぶりに金をかけた時代劇。今頃の若い奴が時代劇を演じる力があるのかしらと心配していたが、結構やるじゃない。軽薄さはそのままに。ラストシーンの姉さんがすべてを決めるのだが、この女優は残るとおもった。
その女優は清水美砂 。
「雨あがる」につづく黒沢明脚本の映画化。老人監督が実現させている。これでいいのかと感謝とともに心配。


46億年の恋 豪華版

(購入者の評価)
割と好きなのでシビアに星四ツで。 第一印象は映像よりもまず音を感じました。 難解というよりは不明瞭。正直それが不快にも感じられる。けれども世界観の表現に必要なのだと捉えるのであればまったく逆転して、くせになる。 何か重要なメッセージ性があって、それを考えるような作品ではないことは確かです。 粗削りと言ってしまえば、全体がそうな感じはしますが、惜しく思うのは香月の過去の部分です。わざとらしくても良いから、もっと泥臭くして貰いたかった!な、、、背景の町並みがちょっと平和な感じ。香月というキャラクターがこの作品で官能を表すのに重要なのだろうと思ったので…。 80分ちょいで仕上げるなら丁寧に画きすぎると失敗しかねないので、ある意味とても良い仕上がり。なのでしょうが、3時間になっても良いからもう少し慎重に作り上げてほしかったかも。もっとコアでディープな感じに。なんせこういう世界(作品)は到底嫌いとは言えないので。 雰囲気ですが、舞踏の匂いがします。 金森穣の踊りが素晴らしかったです…。

哀愁のヒットマン

トリック -劇場版-

(購入者の評価)
トリックはやはり面白い。
だましのテクニックも、バラエティーに富んでいて楽しい。
村人の前で、神001?004番が対決させられるシーンが最高。
山田と上田の絡みも相変わらずグッド。
終盤の展開がしょぼいのと矢部刑事の出番が少ないのは残念でした。
廉価版なので、十分お買い得だと思います。


>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4