石橋凌

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
石橋凌 おすすめDVD 石橋凌 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
お金がない! DVD-BOX

(購入者の評価)
素晴らしいドラマです!コメディ仕立てになってますが、テーマは深い。
コメディは真面目に作ってないとおふざけで終わってしまうんですよね。
これ真面目に作ってます。
このドラマは仕事ってあなたにとって何?という身近で深いテーマを見るものに毎回問いかけてきます。
「食べ物を粗末にするな」、「そんなの仕事じゃない」、「仕事って楽しいものなんじゃないですか?」続きはドラマでどうぞ。織田裕二さんが熱くあなたに問いかけてくれます。


ローグ アサシン DTSスペシャル・エディション

(購入者の評価)
ジェットvsケイン、石橋とのバトルシーンは、正直、寒かった。あまりにもあっけないし、特にケインは別に要らなかったんじゃないかと思った…。
アクションも過去の作品に比べると微妙。
格闘アクションは物足りなすぎる。


軍鶏 Shamo

(購入者の評価)
最初はなんてsickoなストーリーと思ったが、惨劇の本当の犯人は主人公じゃないかもしれないと分かった時は、なんて悲しいストーリーだろうと思ってしまった。 今の世の中にありそうな話で、考えさせられたけどヴァイオレンス過ぎて見る人を選ぶ映画かな...

MOON CHILD 初回生産限定版

(購入者の評価)
私はどちらも嫌いではないし、特別ファンでもなく。。。

ラルクの歌は好きだし、
Gacktの色んな事への徹底振り(新庄の様だ)と、化粧の上手さはいつも感動しています。。。

が、演技は別。

特別 演技力があるとは 思いませんでしたが、案外楽しめました。


それにしても、山本太郎はこう言う役やらせたら ピカイチですねー!!
「たけしの元気が出るテレビ」出身とは思えない!すっかり役者さんです。^^


キッズ・リターン

(購入者の評価)
すでにレビューで様々評価されているので、一つ気付いた点を伝えておきたいと思います。予告をみると、ラストシーンのシンジのあの有名な一言、終わっちまったのかなぁ…の後、いろいろな栄光、そして挫折や苦悩のシーンを流した後、マサルの馬鹿やろう、のシーンにつながる。
マサルの最後の一言は、はかなく絶望的なほどむなしいのだが、妙な力強さを感じるんだよなぁ…


BROTHER

BROTHER

(購入者の評価)
 話の舞台の中心がLAに変わったというだけで、どこか今までの北野映画で見たような既視感が漂いました。「3?4x10月」「ソナチネ」「HANA-BI」を足してやや金をかけましたという感じがしました。それでも、このまま終わってたまるかという主人公の考え方とそして頂上まで上った後の寂しさ、そして「全員殺されるな」と半分嬉しそうに言う主人公。そういう人間の生き方を描かせるるのは相変わらず冴えてました。最後のカフェのシーンで日系人のマスターが「あなたたち日本人は分からないですよ。」というセリフが外国人のためのエクスキューズのようにも思いました。北野映画は好きなほうですが、それでもこれは甘く評価しても星3つまでです。


g@me. プレミアム・エディション (初回生産限定版)

(購入者の評価)
原作者の東野圭吾は職業作家的でいま一つ細部まで愛情がこもってないというか、着想はいいのだから、作品ひとつひとつにもう少し魂込めれば超一級の作家になれるのにと常々残念に感じていたが、ここでは監督がその不足感をよく補っている。日本映画はハリウッド的超大作よりも、ストーリー展開で見せるこういう方向を狙うのもいいかもしれない。見終わった後でもう一度見たくなる、後味のある作品。

頭脳明晰、眉目秀麗がゆえにちょっと傲慢というのは藤木の得意とするキャラ。いい人役よりもこういう役が一番似合うし一番魅力的な気がする。トボケた役が多かった仲間由紀恵は、わがままで何するかわからないお金持ちのお嬢さん役をかわいく、あるシーンでは妖艶に演じており、めずらしく膝上スカートを着用して、すんなりした脚を見せているのも新鮮だった。

オーディオコメンタリーで監督、藤木、石橋凌、プロデューサーが画面を見ながら解説や感想を述べていたのも興味深かった。こういうシーンを撮ったけどカットしたとか、ここは長まわししたとか、オープニングのサングラスはいけてなかった(藤木談)とか。どうせなら、佐久間が最後に浮かべる表情についてのコメントも聞いてみたかった。

サラリーマンが普通に仕事をしながらネットや携帯で身代金を要求し、奪い取るというのが新鮮だった。誘拐という名の勝負、負けず嫌い同士の意地の張り合い、最後に笑うのは誰か、最後の最後まで楽しめた。


46億年の恋 豪華版

(購入者の評価)
割と好きなのでシビアに星四ツで。 第一印象は映像よりもまず音を感じました。 難解というよりは不明瞭。正直それが不快にも感じられる。けれども世界観の表現に必要なのだと捉えるのであればまったく逆転して、くせになる。 何か重要なメッセージ性があって、それを考えるような作品ではないことは確かです。 粗削りと言ってしまえば、全体がそうな感じはしますが、惜しく思うのは香月の過去の部分です。わざとらしくても良いから、もっと泥臭くして貰いたかった!な、、、背景の町並みがちょっと平和な感じ。香月というキャラクターがこの作品で官能を表すのに重要なのだろうと思ったので…。 80分ちょいで仕上げるなら丁寧に画きすぎると失敗しかねないので、ある意味とても良い仕上がり。なのでしょうが、3時間になっても良いからもう少し慎重に作り上げてほしかったかも。もっとコアでディープな感じに。なんせこういう世界(作品)は到底嫌いとは言えないので。 雰囲気ですが、舞踏の匂いがします。 金森穣の踊りが素晴らしかったです…。

46億年の恋

(購入者の評価)
とても静謐で美しい映画だった。男同士の異色ラブストーリーと銘打ってはいるが直接的なラブシーンはなく、抑えに抑えた表現が不思議と官能的だったりする。主演二人の美しさと存在感と演技は出色。凶暴だが脆さも持つ青年・香月役の安藤政信は意外なハマり役で、松田龍平演ずる有吉がつい目で追ってしまう気持がよくわかる。特に寝ている時うなされていた(?)シーンなんかの色気はヤバイ。松田龍平も「御法度」から何倍も進化していてとらえどころのない妖しい美少年役を好演。作り笑顔が哀しくも不気味な石橋凌とドラマのイメージとは一味違う自堕落な感じの窪塚俊介も印象的。女性の扱いに不満はあるけれど、男だけの空間でしかこの濃密な恋愛は成立しえないのでそれは仕方ないか。観た後私は頭の芯が毒されたかのようにボーッとなった。お腹いっぱいで当分は見返さないだろう。

CLIPS〜反逆のブルースを歌え〜

オーディション

(購入者の評価)
はっきり言ってカス。時間返せー。ぬるい変態♀の拷問(全然拷問じゃない)シーン映しちゃってさマジ、萎える。観とるこっちが拷問されてるっつーの。で、何最後のまとめ方、♀カワイソーってか。本当ただの変態!同情!?ありえない。豚小屋ぶち込み決定。

Aサインデイズ

ア・ホーマンス

(購入者の評価)
あの原作からどこをどういじればこんなターミネーターもどきのB級娯楽(ほめ言葉として使ってる)にもならない作品が産まれるのか。

また、松田優作の監督技術が極めて未熟で[絵]と[キャラクター]を作る事に汲々とし(また、それが独りよがりで完成されていない)肝心のストーリー、主題が置き去りにされている。
アートにも娯楽にもなりきらない中途半端なキメラ的作品。


あしたがあるから DVD-BOX

(購入者の評価)
わたしもそれなりにキャリアがありながら、家庭も大事にできている。よく考えてみれば、この作品、シナリオ仕立てのドラマだから笑える、けれど、仕事と人間関係の我慢料として給料貰って、それなりにやりがい感じたり、ワーキングガールなら当たり前のこと、にすぎない。

g@me.

(購入者の評価)
東野圭吾の小説は、結構いくつも読んでいるものの、この本はまだだったので、
藤木直人見たさに見てみました。
ストーリー的には、どんでん返しが何度もあり、「え???」と思わされる場面が
いろいろ出て来て、とっても興味深い。
おまけに、藤木直人も仲間由紀恵美しくて素敵。
でも。。。やっぱり、この2人のセリフ回しが、棒読みかなぁ。
ストーリー的に、クールな感じを出すためわざとそういう風にしたのかも知れないんだけど、
いまいち、感情が入り込んでない風に見えたのが、残念!


g@me.(通常版)

(購入者の評価)
原作を読み。映画版も観てみようと思い
早速レンタルしました。

藤木直人が主役、日本映画。ってことでちょっと敬遠してましたが
主演、藤木はちょーはまり役です!
原作を読んでいる途中も「確か映画版は藤木だったなぁー」
これはグッドキャストだろう。と思っていたが間違いなかった。

そしてオープニングムービーからしてかなりカッコよかったです。
(冒頭のシーン)日本語のコテコテラップは微妙だが。

映画全体もコンパクトにまとまっていており
原作と比べてみて全てにおいてミスキャストと感じることがなかった。
IZAMもある場面で出てくるのですがこれまたはまってた。
というより意外と気づきません!

原作同様に面白さアリ!そして原作を観た人でも楽しめる要素アリ!
予備知識なしの人でも楽しめる要素アリ!ってことでこの映画は
個人的にはオススメです!

劇中で出てきた佐久間の「あのプラン」は実現されれば面白いと思いました。


松田優作レクイエム

MOON CHILD

(購入者の評価)
話の展開や流れなど結構面白かった。Gacktとhydeのカミカミな棒読み台詞をどうにかしていれば大ヒットしていたかと思う。
例えばGacktは聾唖で台詞無しとかhydeは外人だから吹き替えとか……
ミュージシャンとはいえ素人がいきなり主役をやったことに無理があったかと思う。
それだけ悔やまれるほどシナリオにはオリジナリティあって良かった。
インタビューウィズバンパイアに酷似していた気もしないでもないが


ドリーム・クルーズ 劇場公開版 DTSスペシャル・エディション

(購入者の評価)
突然、びっくりする場面はあったが、
あまり怖くないホラー映画だった。

怖い雰囲気づくりに失敗している感じ。
逃げ場のない閉塞感も感じなかった。

貞子や伽椰子、白塗りの俊雄に比べ、
ナオミのキャラにインパクトがない。

英治の腹に何か入ってると思ったら、
そこに○○が刺さる参段になっていた。

ジャックに◇◇が飛びかかる場面は、
クスクスと場内で笑いがもれた。

ナオミの、どこかで見たような動きは、
××の真似かしらと有らぬことを考えた。

デボラ・カーの「回転」のようにチラリ
見せた方が怖かったのでは・・と思う。


>> つづきをみる

刑事マガジン V (タツミムック)

(購入者の評価)
 今号で5号目となるが、今回も『相棒』映画化記念や現在放映中の『season6』を基に水谷豊&寺脇康文両氏を筆頭に各レギュラー陣やスタッフのインタビューや撮影秘話が満載である。
 本書自身『相棒』に関しては創刊号から毎号特集を組んでおり、毎回愛読している私も本書から『相棒』を知るきっかけとなり、今シーズンから毎週見続け始めた次第である。1話1話の物語が丁寧で緻密に作られており、『踊る大捜査線』のようなテンポや派手さはないが、ボディブローのようにじわじわと効いてくるのが『相棒』の面白さであり、だからこそ人気が徐々に拡大し、誕生から7年目にして見事映画化に至ったのだと思う。その意味でも本書が『相棒』人気の火付け役を果たした役割は大きいと思う。
 他にも『相棒』と同じく、毎号特集を組まれている『ケータイ刑事』や仲間由紀恵&泉ピン子主演のTBSドラマ『ジョシデカ!』(10?12月放映)も紹介されている。

 個人的には毎回楽しみにしている『THE刑事ACTORS FILE』のコーナーで今回は加納竜氏が取り上げられており、映画『愛と誠・完結編』 の主人公・太賀誠役に大抜擢された撮影秘話や『刑事犬カール』での共演カールの裏話、『鉄道公安官』での亡き名優(6/1逝去)石立鉄男氏との思い出、『西部警察』で桐生一馬=“リュウ”刑事を演じ、撮影での数々の危険なアクションの苦労話に興味を惹かれました。

 今秋からCS日テレプラスで放映される伝説の刑事ドラマ『大都会』が紹介されていましたが、できれば次号では『大都会』の総特集を組み、黒岩刑事(クロ)役の渡哲也氏、大内刑事(坊主)役の小野武彦氏、牧野刑事(ジロー)役の寺尾聰氏、上条刑事(サル)役の峰竜太氏、虎田刑事(トラ)役の星正人氏、宮本刑事(弁慶)役の刈谷俊介氏、神刑事(ジン)役の神田正輝氏のインタビューもぜひお願いします。“バカ長”を熱演した加川課長役の高城淳一氏のインタビューも…。


文庫:「渾身」石橋 凌

表現者石橋凌 (キネ旬ムック)

渾身・石橋凌

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4