石橋貴明

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 
石橋貴明 おすすめDVD 石橋貴明 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スペシャル・コレクターズ・エディション

(購入者の評価)

■個人的にコレクターズエディションを買いなポイント

 ・全編絵コンテ本
 ・プロによる各キャラクター所有ガン解説
 ・オープンセット解説
 ・箱カッコイイ
 ・DVDケースカッコイイ

 なにより絵コンテが最高!
 メイキングは、役者ファンより現場好きな人のほうが楽しめるかも。山口祥行さんのアツいナレーションがまた暑苦しくてたまらない!北村道子さんによる衣装解説が無かったのが寂しいけど、そのへんは書籍を見ればいいので・・・と思えどやっぱり残念。個人的な残念だけど。何より絵コンテが最高なので、作品が好きな人はあと数千円出してこっちを買って損は無し。得もしないかもしれないけど。でも、個人的な印象だと、メイキングもコメンタリも何となく薄味。それは多分、濃い味を期待しすぎてたから(笑)
 本編はもちろん面白い。本人による日本語吹き替えは、あれこの人いつもこんな芝居だったっけ?とニヤニヤします。
 個人的にはビル横山さんの銃解説が胸を熱くしました。マニアならば是非。


イシバシ・レシピ 前編

(購入者の評価)
夜中帰ってきて、さあ寝るかと思いつつもふとテレビをつけるとすっげーうまそうな料理を作ってる!寝る前に食欲をそそるとは・・・、と思いつつ最後まで見てしまったのがこの「イシバシレシピ」。見逃した分も合わせて見たくなり購入しました。まず、次の日に試したくなるように、料理が一般的なものが多いと思う。やろうと思えばできる、というもの。ポークソテー、とんかつなんて一人暮らしでも十分に手を出せそうでしょ?逆に言えば、それぐらいできるよ!っていう人も多いと思う。でも!ちょっと違う。「家庭では絶対できないプロの技」。まー、材料も違うけどね。でもちょっとしたコツなんかを言われるとついつい試したくなるのです。料理がちょっと好きな一人暮らしの人なんかにお勧めと思います。

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
少しふざけすぎちゃったと思う。
デスペラードぐらいの感じだったら、最後にカタルシスを感じたと思う。
木村佳乃が大嫌いなので、その分星1つ減らしました。


イシバシ・レシピ 後編

(購入者の評価)
 芸能人が料理に取り組むテレビ番組は数あれど、おちゃらけトーク中心で肝心の料理が疎かになり、フラストレーションを感じることが多い。この「イシバシ・レシピ」は、お笑いは抑えめでうるさいスーパーとか余計な演出はなし、石橋貴明も自分は前に出ず毎回教えていただくシェフに対するリスペクトを感じます。今時珍しい良質な番組でした。
 家ではとてもマネできないレシピばかりですが、どこかヒントに出来る部分を見つけるのも一つの楽しみ方。有名シェフの手際はなかなか事細かに見れるものではありません。特典映像は特にないようですが、「ボブ☆レシピ」はちゃんと入ってました(笑)。
 本放送は恐らく関東地区でしかオンエアされなかったと思うので、この機会にぜひ!


ウルトラマンゼアス 1&2

(購入者の評価)
人間もそうであるように、弱っちいウルトラマンがいてもおかしくない。このウルトラマンはそういった自分の欠点や弱さを克服し、努力する素晴らしさを笑いを交えながら教えてくれるスーパーヒーローである。子供の道徳心を養うにはすばらしい映画であり、大人でも十分楽しめる映画である。また主題歌の歌詞も素晴らしく、勇気付けられる。しかしCDは市販されておらず、版権のせいか、ウルトラマン主題歌集CDにもないのが残念である。

イシバシ・レシピ 2

(購入者の評価)
セカンドシーズンもやはり面白いと思いました。料理人により、一つ一つの作業がなぜ必要なのか説明する際、理論的な人、感覚的な人そして感情的な人がいることにとても興味深いものを感じました。自分は料理人ではありませんが、すべての職業に通ずることだろうと思います。
「家庭では絶対まねできないプロの技」では料理指南書としては不適かもしれませんが、見ててわくわくするのは「美味しんぼ」と一緒ですね。面白いです。細かいコツみたいのは参考になるし。レシピがキッチリ出ないものもある分、星4つ。


野猿のビデオクリップと歴史 ザ・グレイテスト・ヒッツ

(購入者の評価)
野猿が生まれてから撤収するまでのPVとともに大まかな出来事を
編集してあるので、野猿がどのような歴史を歩んできたかがよくわかり、
野猿らしく笑える内容となっている。


YAEN 2000GTR Budokan Inter Cooler Daihappyokai

(購入者の評価)
2000年に武道館で行われたコンサートの様子が入っています。
この中の曲は、2ndアルバムの「evolution」にほぼ収録されているので、
あわせて買うこともお勧めします。


完全撤収 四時間伝説

(購入者の評価)
野猿ファンには、とても貴重な1本です。これが野猿の集大成であり、最後の野猿だから。そして、貴さんの涙は、一生忘れられないでしょう・・・・

メジャーリーグ 2

メジャーリーグ 3

(購入者の評価)
1はよかったけど、どんどんクソになって来ました

これほどつまらない映画も稀です

シーンとべレンジャー不在でほとんど見る価値ないし

アナシつまらないし、石橋はへたくそだし

見る価値ゼロヴァ


メジャーリーグ2

(購入者の評価)
 お荷物球団が奇跡の優勝を遂げて、次のシーズンには天狗になって最下位に逆戻りというストーリーは続編としては誰でも予想できるパターンで新鮮味がなく映画の出来は前作に較べると50点ぐらいの内容です。しかし石橋貴明は頑張っていた。この映画に出てくる新しいキャラクターとして一番目立っていたし、芸風も日本でテレビに出ている時のままを通しているのも良い。彼がチームに可笑しな活気を与えてくれるのですが、当時、日本以外ではまったく無名の存在だった彼によくこんな大役を与えたと思います。それから監督のデビッド・S・ウォードは「スティング」の脚本を書いた人だと思うんですけど、彼が脚本を書いていればもう少し面白くなっていたかもしれないですけど。(ただの同姓同名なのか?)

星野仙一物語 ~亡き妻へ贈る言葉

(購入者の評価)
題材としてはすごく良かったと思います。問題はキャスティングですね。名将・星野仙一役は最低でも、長嶋一茂さんで良かったと思います。石橋さんは俳優と呼ぶにはあまりにも実力が足りないし、演技が下手すぎました。残念でした。

今夜、宇宙の片隅で(1)

(購入者の評価)
たしか、三谷幸喜が「三谷は恋愛ものは書けないだろう」といわれて、ムキになって書いた作品だったような。
三谷が敬愛してやまないビリー・ワイルダー監督の、「アパートの鍵貸します」に設定や内容が酷似している。
ドラマは3人中心に進んでいくんだけど、主人公にまったく役に立たないアドバイスをし続ける、「橘」のおやじが良かった.横丁のご隠居みたいで。
古き良き時代の全盛時のハリウッド作品を濃縮した雰囲気が作品に華を添える。
ただ、石橋貴明と飯島直子という主要キャストにフレッシュさがなくて、残念。どうしてもB級イメージが抜けきらない。
せめて、唐沢寿明や鈴木京香に演じてほしかったと思うのは、私だけか。


21世紀への伝説史『長嶋茂雄』DVD3巻セット&愛蔵本3冊

(購入者の評価)
ものすごい濃密なDVD&愛蔵本です。


浮ついたものの一切ない、一分一ページの無駄のない作品です。



第一巻 少年時代?佐倉一高、立教大時代?プロデビューからON砲結成、V9時代: (V9年毎の詳細は未収録。あくまでも長島さんのみ。巨人入団経緯、恩師級友証言、ライバル対決等。個人的には長島さんがご両親を語るシーンが印象的)本編115分特典58分


第二巻 選手時代晩年、引退試合&セレモニー?第一次政権?地獄の伊東キャンプ?涙の退任:(引退試合は長島さんの打席のみ。臨場感は抜群です。引退挨拶全景。張本獲得、伊東Cエピソード&参加選手証言等)本編105分特典60分



第三巻 第二次政権 10.8決戦?奇跡の大逆転優勝?2000年セ・リーグ制覇:(10.8裏話、サイン色紙「洗心」由来等。この巻を見て私は長島さんの巨人に対する本当の想いを、初めて知った気がしました)本編115分特典59分



特典映像:インタビュー集

第一巻 金田正一、稲尾和久、江夏豊、砂押邦信、杉浦忠、広岡達朗、古葉竹識各氏


第二巻 王貞治、張本勲、関根潤三、江川卓、西本聖、北野武、徳光和夫各氏


第三巻 落合博満、藤田元司、星野仙一、大久保博元、石橋貴明、深澤弘各氏



エピソードの一つ一つが、外れなくかなり良いのですが、個人的には江夏、落合、たけし、大久保各氏の証言が面白いです。



愛蔵本1 高校大学?巨人軍に於ける貴重な写真&エピソード集 175p


愛蔵本2 現役時代記録集(得点圏打率、守備成績etc.)、ライバル列伝&エピソード、監督時代記録集、長島語録 160p

愛蔵本3 長島さん本人&野球、著名人関係者56人の証言集 200p


愛蔵本は質量共にかなりのハイクオリティです。普通に本屋で単品で売れます。



個人的に気に入った点:

この商品の「。」に至るまで全て。
ちなみにDVDパッケージは、それぞれ3、90、33の背番号ユニフォームデザイン。これは並のセンスではありません。




私はいわゆる「長島世代」ではありませんが、このDVDを見ていると、何故かグっと涙が出てきそうになるんですよね…。
往年のファンの方々ならば、なおのことでしょう。




これはアンチ巨人の方々も含め、プロ野球ファンを自認する全ての人達が、一度は見なければいけない作品だと思うのです。



銃声 Last Drop of Blood

(購入者の評価)
石橋貴明さん、あなたは俳優業に向いてない。もう色んな意味でこれ以上恥を晒すな (笑)

メジャーリーグ2

(購入者の評価)
前作を見て面白かったので
今作も見てみましたが、面白かったです。
ストーリーは、完全に前作の続編なので
前作、見といたほうが良いかもしれません。

以外に驚いたのが、石橋氏の演じるキャラの重要性。
前作の人気キャラだった「ワイルドシング」も
売れっ子になってすっかり牙がおれてしまい
妙に大人びてしまうなど

前作でダメ球団を見事に立て直した面々が
結局、ノラリクラリの集団に戻ってしまう中
石橋氏演じる「日本男児」が、やる気満々で
一石を投じてくれます。これ爽快でした。

ラストは、前作の勢いを取り戻してくれます。
シナリオも良く出来ていますし
相変わらず楽しい作品でした。

今夜、宇宙の片隅で(4)

メジャーリーグ3

メジャーリーグ2

(購入者の評価)
 おきまりの逆転のドラマ、とわかっていても楽しい。野球好きの人間には、「こうなってほしい」という願いを叶えてくれる楽しい映画。野球場の観客の一人になって楽しめばいい。基本的にスポーツコメディ。
 ただシリーズ二作目ということもあってか、ストーリーにいまひとつ必然性を感じられない。なぜ、こんなに不調から立ち直れるの?という疑問は残ったままだ。それがマイナス☆一つ。でもそれに目をつぶって楽しみましょう。楽しめます。
 それにしても野球の映画は「フィールドオブドリーム」「ラブオブザゲーム」「オールドルーキー」などいい映画が多いですね。野球(ベースボール)は素晴らしい。


>> つづきをみる

とんねるず 大志 (扶桑社文庫)

(購入者の評価)
 この本を読むことによって、とんねるず誕生から今までのサクセスストーリーが、わかります。  なぜ、この二人組みなのか、なぜ、とんねるずなのか、などが、理解できます。最近とんねるずFANになった方には特にお勧めします。

第4学区

(購入者の評価)
深夜テレビ番組における古舘 伊知郎と石橋 貴明の会話を書籍化したもの。2人がみずからの恋愛や仕事、私生活を話の核にしながら、結局のところどうでもいい話をしていくのですが、物凄い情報量、スピード感でとにかく笑えます。やはり活字にすると古舘 伊知郎の圧倒的なボキャブラリーと話芸が輝きますね。プロレス時代のレスラーとの交流についての裏話なんて、大笑いしてしまいました。そうしたネタもそうですが、基本的に男性的な感性の本かもしれません。

とんねるず 大志―だれだって成功者(KANE‐MOCHI)になれるんだ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4