石田純一

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 
石田純一 おすすめDVD 石田純一 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
松本清張スペシャル 指

(購入者の評価)
注目なのはやはり、後藤真希のベットシーン。
萬田久子と高岡早紀と絡み合う姿は興奮ものです。
萬田に胸を無理やり揉まされさたり、キスで攻められたり、されるがままだったごっちんが、
女を覚え、今度は高岡早紀を攻めていくほどエロく成長していきます。
番宣で流れた胸を攻められるシーンですが、テレビ放送時カットされてたのでDVD収録には期待してたのにこちらもカット。
良いシーンだけに残念だ。
色んな見方が出来るのでファンなら持っておくべき。


帝都物語

(購入者の評価)
「映像化は不可能」とまで云われた、日本エンタテイメント史上に金字塔を打ち立てた大河小説の映画化作品。
高校生くらいの時にTV(だったと思う)で観て、そのサイキックな戦いにしびれ、後に歴史的背景や、呪術的なるものの知識を若干(ホントに若干)仕入れ、そして原作を読んで、更に惚れ直してしまった傑作です。
但し。
一本の映画としてはこれ、どうにもよく解らない部分が多い点は、正直否めないところで。
何しろ大河小説なわけで、その内容を、ま、前半部分とは云え、ひとつの映画作品にブチ込んだ結果、矢鱈と急ぎ足な展開になってしまった感はちょっと拭い難いのでして。
いきなり何年も飛んでたりしますし。
でも、映画作品として多少不首尾な点を差っ引いても、この作品の果たした功績は広大この上ないのです(勿論原作も)。
陰陽師やら安倍清明やらのブームも、元を辿ればここに行き着くような気がします。
で。
真に愉しみたい方は、原作を先に読んどくのも、この作品に関してはアリかな、と云うのが感想でした。
あ、こんな人出てたんだ!なんて云う発見も。


ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の船

(購入者の評価)
 ほぼ同時期にNHKが制作した「私を愛したウルトラセブン」に比べると役名を実名にしないなど、やや見劣りするが(TBSの方が本家なのになぜ?脚本担当の佐々木守と市川森一の考え方の違いか)、内容はこちらの方が一般向けにもわかりやすい。
 本編もいいが、ディスク2に収録されているメイキングは圧巻。特撮マニア必見、実相寺マニア必携の1本である。


極道追踪

(購入者の評価)
 もともとは監督のアン・ホイが、「中国人女子学生が留学先の日本で自殺」という記事を見たことが発端で作られた映画。明るい話になる筈もないが、それにしてもこの映画は悲惨で救いがない。

 大家に言い寄られて下宿先を出て、ヤクザの石田純一と暮らし始める女子学生チェリー・チェン。そのチェリーがバイトでホステスを勤める店を訪れた半分学生・半分チンピラのアンディ・ラウ。アンディの友人1は組に入りボスの娘を籠絡してのし上がるが結局は殺される。友人2は消えた恋人を探し続けているが、その恋人はポルノビデオ(決して「AV」ではない)に。どこかで聞いたような見たようなお決まりの悲惨話が綴られて、挙句チェリーは走る列車に・・・・。

 アン・ホイにとっては母親の故郷である日本で全編ロケ、ひと昔前の新宿、渋谷、上野、横浜(MM)の風景が見られるのは年配の人間にとっては懐かしい(アンディ・ラウの車はシティ・ターボ!!!)が、日本ってこんなに暗くて寒くて寂しくて侘しい国だったっけ??と思わせる。結局アン・ホイは何が言いたかったのだろう??

抱きしめたい!’90

石田純一 PRESENTS 人生をポジティブに生きる25の方法

不信のとき~ウーマン・ウォーズ~ DVDBOX

(購入者の評価)
主役二人の役どころが反対のような気がしたけど、最後まで見ればあれで納得。
「不信」って解決が難しいだろうと思ったけど、最後のせりふ、
「彼を愛している自分を愛している」で決まった。
主題歌ものりのり、挿入歌の女の子もうまい。
今度は「信頼のとき」で、不倫の続きをやってほしいと思った。
信頼の基盤の上に立った不倫を見てみたい。
爽快だろうと思う。


想い出にかわるまで DVD-BOX

(購入者の評価)
今井美樹さんと言うとこのドラマを思い出します。だいたいの感想は他の方のレビューと同じ事を書いてしまうので、あえて書きませんが、少し前に共演者の石田純一さんがこのドラマの事をいろいろTV番組でおっしゃっていましたが、続編のお話やスペシャルドラマの企画も当然にあったのですが、美樹さんが役に入り込みすぎて、このドラマの撮影中は毎日が辛く精神がおかしくなるくらいに役になりきっていた為、美樹さんが「もうやりたくない」とお話を断ったそうです。ストーリー的にあの後のお話は「どうかな?」って言うのはありますが、続編も見てみたい気がしました。また当時の美樹さんのヘアスタイルやファッションなどに憧れ、真似する女性が多かったのも覚えています。美樹さん自身も思い入れがある作品だったのかと思いました。

Janica&Junichi Ishida ミュージカル ピノキオ

透明人間Vol.4

透明人間Vol.2

透明人間Vol.1

(購入者の評価)
結構面白かったです!!土曜ドラマの中でもお気に入りです!!
香取さんも演技上手ですし、黒木瞳さんも出演しております!!
EDの「愛の言霊」も良かった!!


透明人間Vol.3

帝都物語

(購入者の評価)
本作は先ずロードショーで見ました、ビデオでも見ました、BSでも見ました、と、何度も繰り返して見ている私はそうとう気に入ってます、あら捜しをすればたくさんありますが、この水準でとりあえず仕上がったわけで、不足の部分は原作を読んで自身の想像力で補うことになると思います、

ロードショーはたしか日比谷スカラ座で見たように思います、平日昼間なのに満員でした、客層が妙にバラエティだったことが思い出されます、テレビで頻繁に放映した予告編の内容が陸軍軍服姿の怪人と勝新太郎に「帝都」の文字ですから、戦争映画と勘違いして来てしまったおじさん達が多かったことはもちろんです、都内の映画館は外回りの休憩中の会社員がいつも多いのが不思議、

鏡花役で3シーンだけ登場する玉三郎目当てのおばさん達もたくさんいました、終了後、そのおばさんの一人が「こんな映画、ただじゃなければ絶対こないわよ」と大きな声でしゃべっていたのが忘れられません、きっと、株主優待券で入場したのでしょう、

日本橋・将門塚・神田川・神田明神など都内の微妙な場所になじみのあるオカルト・ファンにとっては絶対はずせない名作です、

実際の将門塚はとても控えめなものですが、都内中心部の多くの祠がビルの屋上に移築されてしまったことを考えれば、いまも路面に面して建つ小さな塚の佇まいはやはり侵しがたい雰囲気を湛えています、

愛と平成の色男

(購入者の評価)
平成元年を舞台にした石田純一演じるプレイボーイの恋愛模様を軽いタッチで描いた森田監督による作品。公開当時は評判はよくなかったが、今から見るとリアルバブルへGO!でその時代性が楽しめる。どうも往年の日活映画スタイルを平成バブルで再現してみたようなノリで妙に演劇っぽいクサい台詞の応酬もそのようなところから来ているようだ。意外と見かけとは裏腹に気楽に楽しめる作品となっている。共演する女優陣も豪華。一番の見所はディスコのシーンでの石田純一のあまりにもリズム感のないへたくそなダンス(笑)。この人スポーツ万能って絶対嘘だ。

大人のキス(2)

(購入者の評価)
 大ヒット番組「あぶない刑事」の後に出てきたドラマ。悪くはなかった。だが「あぶ刑事」よりはチョット…それほどではなかった。しかしごく最近のものに比べたら全然良いだろう。見逃した人、見ることの出来なかった若い人などは、見る機会が有ったら是非見てほしい。



マネーざんす

(購入者の評価)
a??a?"a??a??a?oa??a?£a?|a??a?"a?¨a? ̄a?§a??a??a?±a??a??a?|a??a?"a?¨a?aa?Ra?§a??a??a?≪a? ̄a??a??a?|e§|a??a?aa??a?-a?a??a?Rao?aR?a??c?1a?≪a??a??a??a?Ra?±e??a?'a??a??a?-a?|a??a??a?'a?§a? ̄a?aa??a?

aa3¨c?Ra??a?1a??a? ̄a??a? ̄a??a??a??a??a??c?£c?£a?Ra?a§a?§a??a??a??a?a?aa??a?aa??a??a??a?¨a??a?aa??a?¨a??e¨a??a??a??a"?c??a?§a? ̄a?aa??a?a??e?'a?'a??a??a??a?≪a??a??a??a?|a??a??a?"a?¨a??a?'a??a" ̄a,a?Ra...±e?c?1a?§a??a??a?a??a?¨a? ̄a??a??a\?a??a"?e!?a?§a??a??a?a?"a?oa?≪a,?a??a??a?'a??a??a??a??a"?a??a??a??a?-a?c??e§£a,?e??a?aa??a"?a??a??a??a?-a?a?aooc??a?≪a\?a??a?aa"?a2¢a ̄?a??a??a??a?'a??a??a?£a?|a??a??a"?a??a??a??a?-a?a?aa?"a?¨a?aa??a??a??a??a?|a?ca??a??a?3a?°a?aa??a"?a??a??a??a?

aa?"a?Ra??a"?c??a?'a??a°-a?≪a...\a??a??a?¨a...¬e¨a??a??aooe-"a??a??a??a??a?ca??a??a? ̄c-'a??a??a??a?a??a??a?|a?Raooe-"a??c?-c・¨a?≪a??a??a??a??a?"a?¨a?'a??a??a?¨a?ca??a?aa??a?Ra??a?a??a??a?'e|?a??e3?a-?c??a?aa??a"?a??a?¨a?a??a?°a??a??a?Ra?§a? ̄a?aa??a??a??a??a??a?a??a?Re??c¨?a?§a?ca??a??a,a!??!!a?Ra??a"?a??a??a??a? ̄a??a°-a?≪a...\a??a?≪a?oa??a??a??a??a??a?-a??a?aa??a?

恋人たちの時刻

(購入者の評価)
ゴダールの「カルメンという名の女」をイメージさせる黒とブルーを
貴重にした映像
透明な哀しみの音楽。(大貫妙子さんだったかと。ちょっと坂本龍一さんのシェルタリングスカイのテーマ曲に似てる気がします。)
颯爽と歩く河合美智子さんがとにかく美しくて沁みます。
夜更かし映画館やワイドショーでのほがらかで楽しい河合美智子さんを見てファンになってから、この映画ビデオで見たのですが、シリアスな美智子さんの演技はとにかく沁みます。
楽しい映画ではないですが、甘さを排除したクールで苦い恋愛映画。
恋愛映画を全くといって見ない私が深く感銘を受けた傑作です。


仮面の女(1)

ジェラシー VOL.3

>> つづきをみる

石田純一 青田典子 デートの罪と罰

(購入者の評価)
どこにいつ行って何をすればいいのか、そんなことは既出の雑誌か書籍で学べ、大切なのはそれをどうスムーズに行うか、の実行方法と勇気の心の問題。それを補完するための有益な指南書だ。実際このオッサンとオバハンを好きな人はいないだろうが、ただの名前貸し、本人達の言葉ではない?と思って内容だけご覧アレ。結構細かく状況に応じて書かれているので参考になることは多いが、量が多すぎて自分の必要な項目のピックアップが必須。丸暗記できるならそれでいいがそのエネルギーがあるなら他に使ったほうがいいのだが(笑)まー無駄ではない。

落ちこぼれのススメ

マイライフ―The day in my life

(購入者の評価)
 石田氏はテレビではバカをやっていて、常にそういうキャラクターだと思われている。しかし、内面は実に純粋で潔く、良い意味での子供である。良い年のとり方をしていると感じた。
 本書では彼の日記形式で私生活を赤裸々に独白している。共感できる部分も多々あり、またそこまで告白してしまうのか?と彼の勇気に脱帽する場面もある。
 私の彼に対する主観が少し違っていたことを反省させられた。
 一個人の有意義な人生を垣間見た。


児童の心理学 (ベーシック現代心理学)

(購入者の評価)
学部生のときのゼミで、最初に読みました。発達心理学の中でも児童期に焦点を当てたもので、認知や社会性、性役割の発達などについて、児童期の発達の基礎的な問題を幅広くコンパクトにまとめてあります。データがかなり古くなっており、現在の実態とやや離れている感があるのが難ですが、それはそれとして、発達心理学、児童心理学の基礎を押さえるには格好のテキストだと思います。文化の問題にも触れられており、教師をはじめ大人たちが子どもたちをどう理解し、何をどのように伝えていくのかを考えさせられます。

MR.SWEATER 着る 石田純一

図解憲法 (1959年)

心不全と心臓交感神経機能―病態生理から予後評価までの画像診断

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4