石田卓也

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
石田卓也 おすすめDVD 石田卓也 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉

(購入者の評価)
さすがに花火ドロボウはやった時ないですが、他はほとんど自分らもやってた事なんでスゴく懐かしかったです。 万引きと誤認させるのはホント馬鹿みたいに研究してました。 中学生の時のツレに久々会いに行きたくなりました。 何十億円とかスゴいVFXとか使わなくてもこんな映画作れる事を頭の硬い人達に認識してほしい。 興業的にはあまり振るわなかったのはプロモーション不足が全て! 続編が観たい映画です。 怖いのは恋空みたいにドラマ化される事…

東京少年 (デラックス版)

(購入者の評価)
 結局、製作者や監督がこの堀北真希という並外れた才能を持った女優に、どれだけちゃんと演技をさせようとしているかということだと思う。正直言って、これまで彼女が出演した映画やドラマの中には「野ブタ」や「三丁目」を除けば、その点に疑問を持たざるをえなかったものも少なくなかった。しかし、この作品は違う。
 この作品は彼女の演技力を最大限に発揮させることを前提に成立しているように思う。彼女に少女と少年の二重人格の役を演じさせるというのもいいアイディアだ。少年を演じているときの彼女は、声を変え、身体の姿勢を変え、歩き方も変え、本当に別人格に見える。それに何より魅力的だ。凛としていて、鋭く、つよく、それでいてどこかはかなげだ。
 こういう役をこれだけリアリティをもって演じきれるのは、彼女以外にはちょっと思いつかない。良質のSFやファンタジーがそうであるように、人の心の深奥を覗いたような気さえさせる出来映えだ。彼女のことを単なるアイドル女優だと思っていた人は、この演技を見て自らの認識をただすべきだ。もちろん彼女のファンなら、間違いなく買いである。


Sweet Rain 死神の精度 コレクターズ・エディション

(購入者の評価)
死神が仕事をする時は雨がふる‥

過去・現在・未来を経て一人の人間の一生の美しさに、いろいろなコトを考えさせられます☆


Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション

(購入者の評価)
金城武が好きで劇場版で見たかったのですが忙しくて見れなかった映画。
DVDで発売されたので購入してみました。
主人公は金城武と小西真奈美かな?
死神役の金城武は対象者(1話目では小西真奈美)に対して「実行」「見送り」を判定する
役です。
1話目の小西真奈美は日々会社のクレーム対応に追われるOL役、彼女の愛した人は何故か
自分を置いて死んでいくという。
そんな小西に接触を試み、「実行」と「対応」の判定どちらにするかを選ぶ立場の金城。
彼が死神として現れる時は何故か必ず雨....
※注意:恋愛物ではありません。

うまく言えないけど生きてるって素晴らしい。
そんな感じを覚えさせる映画でした。
小説版を読んでいないので何も言えませんがこの映画をみた人がそれぞれ何かを感じてもらう映画なんだと思いました。


東京少女 (デラックス版)

(購入者の評価)
とても素晴らしい作品です
いま流行っている恋人が病気になって死ぬという定番から
抜け出した新型です
設定に無理はあるものの最後はハンカチ必須です
ただジャケは通常版のもののほうがいいかな?


リアル鬼ごっこ スタンダード・エディション

(購入者の評価)
全体的に上手く纏まっておりそう悪くは無いと思います
私も原作は読んでいませんがそれなりに楽しめた方
少々大胆な設定ではありましたが見終わった後なるほどね・・と思える作品

あくまで重点は「鬼ごっこ」で鬼の視点から見れば飛び道具を使ったりせず
必ず捕まえてから拉致 死刑執行。鬼への恐怖や世界観独自のダーク感も出ており
アイデア性では星二つです


リアル鬼ごっこ プレミアム・エディション

(購入者の評価)
パラレルワールドっていう設定はおもしろかったと思う。
けど、いちいち展開がベタで正直最後まで見るのは退屈だった。
それに演技もいまいち・・・どこかわざとらしい感じがしたしCGもすごく安っぽかった。
最後に関しては無理矢理すぎて思わず笑いすら出てきた。

これならまだ原作の方が面白かった。


時をかける少女 (Blu-ray Disc)

(購入者の評価)
時をかける少女のアニメ映画版ですvブルーレイディスクですが普通のDVDでも元々とても完成度が高いのではっきり言ってプレステ3持ってればこれで決まりですv

さんざん悩んだ挙句自分が初めに買ったブルーレイディスクの映画はこの作品です。

宣伝に使ってもいい位な作品ですがどんな世代に受ける本当に見るのが遅いと損をするような作品ですのでレンタルショップにあったら何度借りてもいい位ですv

ですがさすがにDVDを買うとなるとこれは結構高いです・・・家族で永久に保存するのにもいい作品ですのでとくに新しい世帯の方は購入してみてはいかかでしょうか?

大人が見ても学生に戻りたくなる・・・学生が見ても自分が学生でよかったと思う本当にすがすがしい作品ですvアニメ史に残る映画をブルーレイで・・・初めてのブルーレイ作品はこれで決まりですv


時をかける少女 通常版

(購入者の評価)
泣いた


もちろん、感動で。


見たのは六本木の映画館。

エンドロールになったから、もう大丈夫だろうと思っていたら、

そのエンドロールで、また泣いてしまった。


ありがとう。この作品。そして関わったすべての人たちへ。


東京少女 (通常版)

(購入者の評価)
 おおまかな設定で言うと「きみしか聞こえない」にそっくりなのですが、かなり良かったです。「きみにしか聞こえない」と同列においてもいい作品だと思います。

 面白いところと、ハラハラするところ、感動するところのメリハリがあってよかったと思います。
 まず、明治と平成で物事の感覚がまるで違うところが面白かったです。金銭感覚や、学校、風習の違いがわかる所は少し笑ってしまいそうでした。「100年違うとこんなにもちがうんだ」という驚きもありました。逆に100年を経て渡った手鏡のシーンは感動させられました。そして、そこからクライマックス、ラストはハラハラ、そして感動させられました。

 「きみにしか聞こえない」が好きな人ならきっと気に入る作品だと思います。「きみにしか聞こえない」が好きな人はぜひ見てみてください。


東京少年 (通常版)

(購入者の評価)
多重(二重)人格モノといえば、サイコスリラー・サスペンス等でよくあるパターンですが、
恋愛モノに仕立ててしまった点において大成功だと思います。
それにしても同一人物に内在する別人格が恋愛感情を持つということがあるのでしょうか...。
この成就出来ない愛のカタチは今までにない刹那さが味わえます。

掘北真季さんが男女二役で頑張ってます。どちらもとても魅力的でした。
あと彼氏役の石田卓也さんに嫉妬しそうになりました(笑)いい演技をしています。
(最初彼だとは分からなかった。個人的に最近観る映画にいつも出てる 笑)

謎明かしの演出で同じ場面が結構長いので、もうちょっと曖昧にしてもよかったのではないでしょうか。
堀北真季さんの可愛さに☆5つ(ぉぃ) もちろんストーリーもGOOD!



夜のピクニック ピクニックパック

(購入者の評価)
さすがわ夜ピクニック☆台本まで入れてくれるとは…将来俳優を目指してる自分には何とも言えない素晴らしさ('凵j☆

んで、本編はまた、すごく楽しめました。
俺ももうすぐ高校生になります。この映画を見て、こんな青春した生活が送りたいと心から思いました★
どこか切なくて、どこか微笑ましい。
まだ高校生活おくってない自分なのに、「懐かしい」と思ってしまった。何故かわわからないが…
また貴子の周りのクラスメートの中に、ぃるぃるこんな奴、みたいな人が沢山いました。そのためより親近感がわき、安心してみられました。自分的には古川さんの正義の塊が受けましたね(笑
貴子たち一人一人の些細な言葉、些細な行動が胸に響きます。とくに忍の「時間がこんなに目に見えることってなかなかなぃよな」がなんだか、自分を寂しくしてきました。現在と云えるのは、今一瞬一瞬だけなんですょね。そぅ考えると時間が過ぎるのが速く感じてきました。
受験までの時間が…
夜ピクニックは友情と時間、この2つが中心として描かれています。
融役の石田卓也くんはまぢ最高です☆
多部さんもすごくょいと思います。
それぞれの個性がとてもよく作品を引き立たせてます!
作品はゆっくり始まりゆっくり終わる。もしかしたら退屈と思う方がいると思います…塚、これ見て何も感じとれなぃとは、はっきり言って寂しい人ですょ…
今一瞬一瞬の青春を楽しく過ごしたぃ…時間を有効に使いたい…俺はそう感じました。
本当に夜ピクニックから学んだことは沢山ありました。キャスト、監督を始めとした関係者全員、本当に素晴らしい映画ぁりがとうございます。そして恩田さんも☆
なんだか歩行祭がしたい気分(笑
ではこれからピクニックの準備を見るとしますか☆☆
…あ、そぅそぅ…亮子役の高部さんは俺のアネキの友達らしぃ…まぢびっくり檐ヘ


ちーちゃんは悠久の向こう〈特別版〉

(購入者の評価)
伏線の張り方にかなりの甘さが見られますが、
主役ふたりのピュアな演技がすべてをカバーするぐらい
気持ちのいい仕上がりになっています。

原作とは全く違う話になっているので、
このキャストのままで、原作通りに作れば
どんな演技を見せてくれるのか、少し興味があります。


時をかける少女

(購入者の評価)
この映画については多くを語りません。
これまでレビューを寄せられた皆さんが、語るべき部分についてしっかり語っていらっしゃるので、私はこのことだけを言います。
見終わったらもう一度、冒頭のタイトルバックを観て下さい。
障子に映るヒロインのシルエットが、そこで一体何を見つめているか、そこにヒロインのどんな想いが込められているのか、イマジネーションをはたらかせて、それぞれの答えを探してみて下さい。
私は初めてビデオでこの映画を観た後、何気なく巻き戻してもう一度タイトルバックを観たとき、全身に鳥肌が立ち、涙がぽろぽろこぼれました。
そこには、恋の想いの哀しい行き違いが凝縮されています。
見失ってしまった愛への想いや、気づかずに見過ごしてしまった愛への哀惜です。その記憶は永遠に消えないまま、孤独なヒロインの中で生き続けるのでしょう。私たちの心の中にも・・・。
この映画は、そんな切なさを観る者の心に植え付ける“悲劇”です。


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ コンプリートエディション

(購入者の評価)
映画としてもよくできていますし、なにより原作者のコメントなどが聞けるのがいいです。
監督vs原作者のインタビューは27分にもわたるのですが、非常に楽しく見れました。
「渡辺の場合」というショートムービー(?)もよかったです。
滝本作品ファンの方にはぜひ一度見ていただきたい内容ですね


グミ・チョコレート・パイン限定版

(購入者の評価)
恥ずかしさを感じてしまうくらい、まっとうな青春映画です。
完璧に、男のこのための青春映画。

この映画の舞台となるのは現代、高校生だった頃の過去。
正直、時代設定は二十代のボクにはあまりよくわかりませんでした。
でもALWAYSのように、その頃の空気感が非常によく出ていて、
ボクよりも一回り・二回り上の世代の人が見たら、ノスタルジーを感じるんだろうな、と思いました。

ボクは、大槻ケンヂの大ファンで、映像化された作品や関わった作品はすべて見ていますが
その中では一番好きな映像作品・映画かな、って気がします


ピクニックの準備

(購入者の評価)
夜のピクニックの姉妹編。

夜のピクニックの淡々とした重厚さの対極。
それぞれの短編が切れ味抜群。
歩行祭に賭ける熱い思いが伝わる。

多部未華子の初初しい魅力は絶品。
様々な謎解きを楽しみましょう。



夜のピクニック 通常版

(購入者の評価)
原作を読んでからDVDで見ました。まあ私は原作の評価も低いのでストーリー他に期待は全くしてなかったのですが、案の定2時間が長く感じられました。まず演出家の影響なのか、気持ち悪い登場人物が多くて辟易しました。加藤ローサの弟役の少年や主人公の母親は画面から違和感出しまくりです。友達に異母兄妹がいることをこっそり話すくだりの気持ち悪さは現実にはありえないレベルです。まあ原作が陳腐なので仕方ない面もありますが・・・。ロック好きな同級生男子も描き方が単純すぎます。私もHR/HM好きですが回りにあんな奴いません。監督のロック好きのイメージの底の浅さが露呈しました。ただ出演者の男女がそこそこフレッシュだったのでそれだけは良かったです。でも1度見ればいいやって映画です。DVD買う前にレンタルするのをお勧めします。

雨の翼

(購入者の評価)
「ニライカナイからの手紙」「虹の女神?Rainbow Song?」の熊澤尚人監督による作品。空の描写や、登場人物など高い完成度でなかなか好印象だった。ただ30分と短編だったのが残念。もう少し作り込んだ作品でも良かったと思う。

時をかける少女 限定版

(購入者の評価)
本当に最高のアニメでした。原作は知りませんが、本当に良かったです。感動しますし、笑えたりもします。「時をかける」この言葉が気になるもしくは、最近感動して無いな?って人達におすすめです。声優が下手って言ってますが、私は逆にリアルな感じて、とてもいいと思います。いわゆる「声優」声だと、この作品の素晴らしさが半減すると思います。とにかく是非ともみてください。

>> つづきをみる

カドカワムック ザテレビジョンHOMME vol.3 (カドカワムック 272 月刊ザテレビジョン別冊)

(購入者の評価)
相変わらずDVDが豪華です。
収録されているのは

・加藤和樹
・中村優一
・五十嵐隼士
・斎藤工
・南圭介
・馬場徹
・鈴木裕樹
・相葉弘樹
・中河内雅貴
・柳浩太郎
・FTIsland
・姜暢雄×加藤慶祐
・桜田通
・上地雄輔
80分のボリュームです。



記事も三浦春馬、松山ケンイチ、佐藤健などなど…、いろいろな方が載ってます。
これで980円は安い!と思います。


時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

(購入者の評価)
巨匠 筒井康隆の、古典と呼んでもいいくらい超有名なタイムトラベルもののSF小説。何度も映像化、アニメ化されているので、見たこと読んだことはないけれども、そのタイトルだけは知っているという人も多いことでしょう。

発表が1965年、学生向けの科学雑誌ということもあり、古臭く子供っぽく感じてしまうところも多々ありますが、それでもとてもおもしろい。何度も読み返していて、意外とあっけなく感じる結末もわかってはいるのですが、読み返すたびに、初めて読んだときの感動とちょっぴりの切なさ、こんなにおもしろい小説があったんだという新鮮な驚きが蘇ってきます。
映像作品も見てはいますが、小説にはかなわない。映画・アニメ版の『時をかける少女』しか知らないという人は、ぜひ一度読んでみてください。

いっしょに収録されている二編『悪夢の真相』と『果てしなき多元宇宙』も、なかなかおもしろい作品です。


時をかける少女―TOKIKAKE (角川コミックス・エース (KCA162-1))

(購入者の評価)
映画の出来にはさすがに適いませんが、中々良い感じに漫画化されていると思います。
ただページが足りないのか少々説明不足、というか置いてけぼり感があり、映画を観ていない人は少し
混乱してしまうかもれません。
映画に感動したのでもう一回見たい、けれどもお金がない。という方にはお勧めです。
観ていない方は先に映画を観てからの方がいいかも・・・。


グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)

(購入者の評価)
マンガで例えるなら古谷実テイストばりな青臭いハイスクール性春白書。
思春期の男子学生の独特の心理が余すところなく描かれていて実に面白く最後まで駆け抜けるように読んだ。


もんぴーねんどえほん おみせやさんごっこのまき―NHKおかあさんといっしょ 4色のねんど付

半分の月がのぼる空 DVD-BOX

(購入者の評価)
 原作とは違う雰囲気ですが、主演の石田未来さんがなかなか好演です。
ドラマ初主演と聞きましたが、目に力を感じます。
台詞も立っていて引き込まれます。
演技はまだまだの処も沢山あると思いましたが、不覚にもドキドキしてしまうシーンもあって、なかなか良かったです。
石田未来さんは以前グラビアで見たことはありましたが、改めてファンになりました。
 違ったドラマとしてなら、見て損はないと思います。


もんぴーねんどえほん かいじゅうたいじのまき―NHKおかあさんといっしょ 4色のねんど付

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4