石田太郎

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 おすすめ 25 おすすめ 26 おすすめ 27 おすすめ 28 おすすめ 29 おすすめ 30 おすすめ 31 おすすめ 32 おすすめ 33 
石田太郎 おすすめDVD 石田太郎 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
仮面ライダー電王 VOL.2

(購入者の評価)
 お前、僕に、釣られてみる?
 やあ、僕はウラタロス。vol.1の先輩に変わって、今回は僕がカスタマーレビューを書くよ。
今回は僕が良太郎に憑いた5話から、僕が大活躍だった8話までを収録しているよ。まあ、8話での最後は先輩に譲ってあげたけどさ。
 今回も特典映像がいっぱいだよ。
 データファイルや予告PR集などのレギュラー企画はもちろん、僕と先輩の「モモタロスとウラタロスの15分1本勝負」も入ってるよ。勝負って言っても、相手が先輩だから勝負にならなかったけどね。
 
 まあ、そんなこんなで、DVDに釣られてみる?


劇場版アニメーション作品「三国志」

(購入者の評価)
残虐なシーンも多く、リアルに描かれている。
ただ、少し感傷的なシーンが多い。
作られたのが90年代にしては、古めかしく感じる。

大人向けにもっとリアルである方が楽しめるかもしれない。
実際には、もっと利害関係が複雑に絡み合って行動していたはずである。


寝ずの番

(購入者の評価)
ちょっと待ってこのレビューの少なさ。現時点で十数件って。
知名度の低さは21時からテレビ放映できないあたりがネックですか。

生き死にを笑える名作、踊る屍に笑った泣いた、ってとこですか。
生きることは恥ずかしいことだ。直視するかどうか、そんだけ。


くまのプーさん 完全保存版

(購入者の評価)
近年のディズニー独特の、アメリカ的ドリーム路線になじめない人にも、自信を持ってお勧めです。

DVDの冒頭では、たいへん夢のある映像を楽しめます。
お話3篇も、幼い少年の空想世界をやわらかい映像で描き、見ると癒される気がします。
私は、たいへん仕事がきつい時期に、このDVDを子どもと見ました。
胃が痛んでキリキリしていましたが、それがすっと消えました。

何よりもこのDVDが出色なのは、男の子が学校に行くことになって、空想世界に別れを告げる場面まで、きちんと描かれていることです。
大人にとってはせつない、でも甘い思い出を鮮やかによみがえらせる、名場面だと思います。

寝ずの番 特別番

(購入者の評価)
10年後に見ても全く古さがない映画でしょう。また、きっと観る年齢で面白さが違うでしょ
う。そういう意味でも大人の映画といえます。商品としてDVDで保有するのに向いていると思い
ます。津川雅彦の初監督作品ですが、さすが超ベテラン俳優、余裕の演出だと思います。もう
少しスピーディーでも良かったのではないかと思わないでもないですが、そこは大きな傷には
なっていません。劇場でもし観ていたら、泣いたのではないかと思ってしまいました。そうい
う良い空気感が出ていると思います。
私は、このDVDを観て自分の死について実に色々考えました。こんな寝ずの番をしてくれる人
がいてくれる幸福な人たちにあやかりたくなりますね。


ディズニーホリデーギフトDVD くまのプーさん

恋する日曜日 文學の唄 ラブストーリーコレクション

ティガー・ムービー/プーさんの贈り物

(購入者の評価)
これは、子供はもちろんだけど、
得に大人に見てもらいたいです。
最近は子供が生意気だとか、危うい精神をもってるとか
いわれてますが、それは親が悪いのです。
離婚を繰り返したり、自分の人生だからと、無駄に命を流産して
しまったり・・・。
よく考えてください。これを見てください。
貴方にとって一番大切な事はなんですか・・・?
わからない人、それはこれが答えをだしてくれます。
【一番大切なものって すぐ近くにあるものなんじゃないかな】

今、私にとって一番大切なのは家族です。それは
ティガーと一緒でした。だからこそ。私はこれで
大粒の涙を流しました。

皆さんにとっての大切なものはなんでしょう?

ティガー達と一緒に探してみてはいかがですか?


くまのプーさん ザ・ムービー / はじめまして、ランピー!

(購入者の評価)
全体的にテンポがよく、子供にもわかりやすいジョークが随所に散りばめられていて、飽きっぽい我が家の3歳の息子も最後まで釘付けでした。

この物語を通して、こんなメッセージが伝わります。
・子供には大人のような先入観がなく、誰とでもすぐ仲良くなれる。誰かと仲良くなるということはとても楽しい。
・思い込みで物事を決めつけてしまうと、本当は楽しくて良い経験になるような事も逃してしまい、その上誰かを傷つけてしまうことにもなりかねない。
・大人になっても、子供から学ぶべきことは多い。
・母の愛と寛容さ。


AKIRA DVD SPECIAL EDITION

(購入者の評価)
初めてこの映画を見たのは丁度10年前。まだ中学生だった私は友人に、面白いから、と言われてみせられたのですが、映像も去ることながら、ストーリーも難解で「なんぞ?」と思ったまま楽しめずに見終わってしまいました。
まだ子供だったからか革新的な映像にもストーリにもま耐性を持っていなかったため、その後ふと思い出すことはあってもまた見ようとは思えませんでした。

あれから10年、社会人になって、それなりに人生経験も社会経験も積んで、少しだけ複雑にものを考えられるようになってから、久しぶりにこの映画をリベンジする、という意味を込めて見たのですが、圧倒されました。
20年前の作品であるのにも関わらず全く古くさくない、というよりも、今のアニメーションと比較してもまだ新しいと言える映像、複雑に絡み合ったストーリー、スケールの大きな舞台、子供騙しな部分が全くない音楽。
20年経った今でも、近未来的アニメ、と称されてしかるべき作品だと思いました。
私のように、昔見たけれどストーリーが分かりにくくて断念した方は是非もう一度見てください。凄まじい迫力をもつ映像に息をのみますよ。


くまのプーさん / ランピーとぶるぶるオバケ

(購入者の評価)
「はじめましてランピー」で初登場したランピーがまた主役になり、100エーカーの森で楽しいハロウィンを繰り広げます。「はじめまして・・・・」と思えば、物足りないかもしれません。途中以前発売された「おばけたいじ」の中の話が回想シーンとして出てきます。ちょっとずるいかな???「はじめまして・・・」よりは歌も少なく、寂しい気がしますが、3歳の息子は喜んでみていますよ!

ナースエンジェルりりかSOS Vol.1

リトル・ニモ

(購入者の評価)
値段は高いが実言うと探せばもっと安いのはたくさんある。
それはいいとして、個人的にこのNEMOはかなり好き。
作品の良し悪しを超越して気に入ってるのでちょっと大げさかもしれない。
小学生の時に見たもので一番印象に残った作品。
(今見ると確かにそこまでとは言えない)
でも不思議なんだけど周りの人も小学生に見たときは非常に面白かったみたい。
ニモという少年の夢の世界の話。
展開がよく練られていて引き込まれます。後半部より前半中盤部が非常に面白いのでそこが評価の分かれ目
クオリティーはジブリやディズニーに比べて良いとは言えない。
でも子供心を確実にくすぐる魅力があるんです。
おススメ!

(ちなみに製作費53億円の1989年劇場公開作品。)


バイオ・ハンター

ナースエンジェルりりかSOS Vol.6

(購入者の評価)
ギャグから戦闘シーンまで、その徹底したハイテンションぶりが人気だった前作『赤ずきんチャチャ』の反動からか、
シリアスな作風が放送当時は今ひとつ受け入れられなかった感のある本作ですが、『命』をテーマとした丁寧な作品になっています。

この第6巻には特に
サブキャラメインにも関わらず高い完成度で人気の高い31話、
ナースエンジェル『最後の運命』の内容があまりに強烈な34?35話(最終話)と、名エピソード満載。

特に34話ラストでのカノンの台詞、
それを聞かされたりりかが35話序盤でひとり呟いた言葉は、シンプルかつ壮絶。
そして、かの『セーラームーン(1年目&3年目)』にも負けない衝撃のラストシーンは必見です。

単巻リリースされるこの機会に、是非ご覧ください。


くまのプーさん / 完全保存版

(購入者の評価)
プーさんたちの楽しい世界が詰まっていてとても良いです。絵本を読んでいるように展開していくのも、流石です。これは、おすすめです。
少し気になるのは、プーさん達がピグレットを助けに行く部分です。
クリストファーロビンが、何故パーティーを開いてくれる程に感心して、プーさんを褒めてくれたのかが、原作のA.A.ミルンの本とは設定が異なっているために、わかりにくくなってしまっているのです。


くまのプーさん / ランピー DVD-BOX (初回限定生産)

(購入者の評価)
「くまのプーさん」のビデオが大好きだったけど、今はムシキングや
ポケモンにハマっている息子たち。「喜ぶかなー?」とちょっと
不安を抱えつつ買ってみましたが、大正解!
心底楽しそうに笑っています。

今回はいつもママにくっついているイメージのカンガルーの子供、
ルーがメイン・キャストです。冒頭で「小さいから探検に連れて行って
もらえない」としょげるルー。お話の終わりには、どんなルーに
なっているか見ものです。ランピーとルーが楽しく遊ぶシーンの
躍動感も素敵です。
ハロウィーンのおばけのお話は、初めてハロウィーンを体験する
ランピーのために「盛り上げよう!」と頑張る100エイカーの森の
仲間たちのお話。でも・・・プーさん、またやっちゃいました。
ハロウィーン間近のこのシーズンにぴったりです。

2枚セットでとてもお買い得なこのDVD・BOX。星5つに
ならなかったのは、ランピーとルーの吹替えの声が似ていて
ちょっとわかりにくい、と感じたから。可愛いんですけどね。
欲を言えば、箱ももう少し丈夫な素材が良かったです。

ナースエンジェルりりかSOS Vol.5

くまのプーさん 完全保存版 バリューパック

(購入者の評価)
大人気のプーさんの映画「くまのプーさん完全保存版」と、その友達ピグレットを主人公にした長編「くまのプーさん完全保存版2ピグレットムービー」のセット。
収録内容に変更はありませんが、別々に買うよりも安く2タイトル手に入るので、出来る事ならこちらを買う事をお勧めします。


ナースエンジェルりりかSOS Vol.2

>> つづきをみる

トーキョーN◎VA The Detonation サプリメント マーダーインク (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

(購入者の評価)
本書はN◎VA-Dのサプリメントで、追加ルールやデータ、設定などを掲載しています。

追加ルールはリビルド、切り札、PSの3つ。
リビルドは、ルールの変更、追加に対応してキャストのデータを変更してもいい、というもの。
(でもキャストの設定を考慮したものでなければならない)
そんなの今までも勝手にやってたよ、というところは多いでしょうが、ルール化によって共通の指針が示されたのは便利でしょう。
切り札は、タロットから各キャストのキーであるカードをあらかじめ排除しておき、それを各PLに持たせておく。PLはいつでも(1度だけ)シーンカードをそのカードに変更できる、というもの。
(結果、キー効果を任意のタイミングで使用できるようになる)
PSはルーラーから与えられる「キャストがそのアクトで達成すべき要素」で、これを達成したり他人の達成を助けると経験点がもらえます。

追加データとしてはブランチが各スタイルごとに2つづつ追加。
装備品はあれこれあって全部で200以上(推定)追加されています。
追加データはGFやSSSからの再録が多いですが、新規もあるようです。

設定関連では犯罪組織の設定や、それに関わりのあるパーソナリティが掲載。
また、キャストの敵として向いている特別なゲストも掲載。
これにはそれぞれ標準データと新規キャスト向きのメイクアップ用データの2種類が書かれており、親切設計となっております。

この他シナリオ3本収録。

マフィアや暗殺者の焦点を当てた1冊、となっておりますが、一方で新規/再録のデータ集、といった印象も。
そのためマフィアや暗殺者に特に興味が無くてもそれなりに役に立つでしょう。


偶然力

(購入者の評価)
偶然と必然が対立することなく存在し、それが宇宙を形成するのには必要であったこと
などを中心に、「セレンディピティー」や「運命」などの話題性のあるキーワードを
非常に広い分野に渡って科学的に考察しています。
著者の立場が明らかにされままに、専ら参考文献を頼りに推測を重ねて結論が導かれて
いることが多く、著者の理解が進んでいないと思われる分野(例えば複雑系など)に
ついてはその分野の科学的背景や専門分野が目指していることも、分かりやすい説明が
なされていないと感じます。
また、8章の「意味のある偶然’シンクロニシティ’」の項では、グリセリンの
結晶化について、「ある日、ある瞬間から突然結晶化するようになった。それまでは、
グリセリンは温めても冷やしても結晶化することは無かった」との記載があります。
これについては、グリセリンの結晶化の発見の日を前後しても、相変わらずグリセリン
で、結晶化させる方法が確立されていなかっただけであり、その日を境にグリセリンが
同時発生的に結晶化を始めたかのような記載は不適切です。
「グリセリンを?193℃に冷却後、一日以上の時間をかけてゆっくりと温度を上げ、
17.8℃にすることで結晶化する。」ことが科学的事実であるので、間違いなのです。
このような都市伝説的な情報を吟味せずに取り上げられていることが本書の内容を
疑わしくしていると考えられます。着眼点は興味深いのですが、やはり書籍だけから
導かれた結論には危うさを感じずに入られません。
昨今、話題(問題)となっている擬似科学との差異を明確にするためにも、より充実した
考察が望まれます。


太郎,北へかえる (1976年)

太郎とクロ (幼年文学名作選 (9))

史跡・東海道線―旅窓全書 (1966年)

旅窓全書〈第3〉四国各線―産業・史跡・観光 (1961年)

旅窓全書〈第2〉九州各線―産業・史跡・観光 (1961年)

知は力か

新波蘭 (昭和7年)

新第二法則は存在するか (ルネッサンスBOOKS) (ルネッサンスBOOKS)

旅窓全書〈第1〉東海道線―産業・史跡・観光 (1960年)

複雑系の窓

壮大なる実験―読書探求の楽しみ

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4