石立鉄男

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 
石立鉄男 おすすめDVD 石立鉄男 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
水もれ甲介 DVD-BOX2

(購入者の評価)
廉価版ですが、本編再生についてまったく問題ありません。
内容については他の方のレビューにも様々に触れられていますが、本作品は石立ドラマ・シリーズ最高峰であり、テレビサイズながら「裕次郎さんと寅さん」の距離を一気になくしてしまうような離れ業を演じてみせた石立鉄男アニキの独特な世界が完成したともいえる重要な作品です。もちろん、松木ひろしさんをはじめとする秀逸な作家陣、ユニオン作品特有のキメ細やかな仕上り、ほとんど欠点の見当たらない絶妙なキャスティング、大野雄二さんの素敵な音楽等々(水もれはinaxですけどネ)見どころを上げたらキリがありません。
70年代前半の気楽な精神を擬似体験したいという方、なんか腹持ちの良いドラマはないか?と探しておられる方、それから国の行く末を考えておられるような方(これは冗談)には、まさにうってつけの逸品といえるでしょう。


水もれ甲介 DVD-BOX1

(購入者の評価)
雑司ヶ谷の下町にある水道屋さんを舞台にした、母ひとり子三人の家族のものがたりです。
兄二人それぞれの青年期のこころの葛藤、思春期ただ中にある末娘の兄達への思い、
亡くなってもなお存在感を保ち続ける父、近所のひとたちとのあたたかい人間関係
が織り成すあざやかな人間喜劇です。

第一話で亡くなる父(森繁さん)は戦争に行った経験があり、主人公の甲介(石立
鉄男)弟の輝夫(原田大二郎)の実の父は、戦地で自分の代わりに亡くなった軍隊
の上官であることが明かされるという設定です。当時まだ、市井に生きる人々の身
近に戦争の影が色濃く残っていたことが想起されます。

家族の間でのちょっとした出来事や微妙な感情をめぐって、互いに衝突したり激し
いことばの応酬がありますが、皆こころの中で家族を思う気持ちを大切にしている
ことが伝わってきて、しんみりとさせられます。

石立鉄男さんや名古屋章さんらの演技も見事ですが、赤木春恵さんの母親役が
ひときわ際立っていてすばらしいと思います。かっぽう着姿でけっして労を惜し
まずに家事に精を出す母親、父の居なくなった家をまるくおさめようと気を揉み
ながらも、兄弟皆を公平に愛するおおらかな母親を見事に演じ切っています。

昭和40年代の町並みや商店街の様子がところどころに撮影されてるのも魅力です。
末娘のチャミーこと朝美は、都電荒川線の鬼子母神駅から毎朝高校へ通ってい
ます。また家の中でのシーンが多く、高度成長期の一般家庭の家具や電気製品、台
所の様子がよく分かります。お風呂屋さんに毎日通う下町の生活も粋に感じられます。

これだけ安価にDVDで見られるのはありがたいことだと思います。
個人的には、退色やノイズはそれほど気にならず鑑賞に問題ないと思いました。
昔のドラマものは、出演した俳優が当時を振り返るインタビューや特典が附録する
高価なパッケージが主流を占めているのが現状で、またそのようなパッケージにも
魅力はあると思いますが、このDVD版のような製品も昔のドラマの良さがより広い
層に伝わるために、価値があると思います。


玉ねぎむいたら DVD-BOX 2

おれは男だ!DVD-BOXI

(購入者の評価)
やはり森田健作がかっこいいです。私はこのシリーズをDVDで初めて見たのですが全然古臭さを感じさせません。まさに青春そのものと言った感じの森田健作に共感します。

気になる嫁さん DVD-BOX1

(購入者の評価)
「気になる嫁さん」は意図したのかそうでないのかわからないが、昭和の大家族時代から核家族時代へと移行する課程を見事に描き切ったコメディーの傑作だ。ぎすぎすした家族の中に他人である「嫁さん」が飛び込むことによって、家族それぞれの優しさが引き出されていくというモチーフは小津安二郎の映画に通じるものがあり、心温まるホームドラマになっている。秀逸なのは松木ひろし氏や山本邦彦氏その他の軽妙な脚本であり、早いテンポで立て続けに吐き出されるセリフはさながらハリウッド映画を彷彿とさせ、時代の古さを全く感じさせない。

そして特筆すべきはもちろん、俳優陣である。石立鉄男という天才的な俳優はもちろんのこと、主演の榊原るみを囲む俳優の山田吾一、富士真奈美、水野久美、山本紀彦、浦辺粂子、佐野周二のいずれもが芸達者であり、劇団で鍛えられた俳優は今のアイドルやモデルからポッと出た俳優とは違い、さすがと唸るばかりである。この脚本と、この俳優で、時には荒唐無稽に思われるストーリーも無理なくコメディとして受け入れることができる。佐野周二氏、浦辺粂子氏、そして石立鉄男氏は既に故人となってしまったが、大した財産を残してくれたものだと感謝の念に堪えない。このシリーズはなかなか手に入らないものが多いが、「気になる嫁さん」は是非購入し、手元に置いておきたい昭和の名作である。


大映テレビ ドラマシリーズ スチュワーデス物語 DVD-BOX 前編

(購入者の評価)
80年代のかなり古ーいドラマです。今では考えられない2クールも
ある放送回数の多いドラマ。

いやあ、DVD化が決まった時は喜びましたよ。
残念ながらリアル世代ではないので、再再放送を子供の頃に見た程度なのですが
面白かったのでDVD化にならないかな?と思い署名運動などにも協力した程です☆

さて、感想は。。
風間杜夫が若い!!若い頃の風間さんを見るだけでも価値のあるドラマです。
純愛ドラマなんだけど、限りなくストイックな感じがいいんですよね。
時代が古いゆえに笑える箇所も見所満載です。
古いドラマなんだけど構成は今のドラマよりしっかりしてると思います。
特に、女性の方なら必ず気に入るドラマだと思いますよ☆






大映テレビ ドラマシリーズ 少女に何が起ったか

(購入者の評価)
数ある大映ドラマの中でも、これでもかといわんばかりに様々な要素が取り入れられた作品。
はっきりいって、このオーバーリアクションには、当時みんなが洗脳されたかのように魅せられていたはず。
大映ドラマには必ず毎回出てくる決め台詞のようなものがあるが、
この作品では、石立鉄夫さんの「薄汚ねえシンデレラ!」。

小泉今日子さんが猛特訓する課題曲の、ショパンの練習曲第12番ハ短調Op.10-12「革命」。
この曲を聴くと、ショパンではなく、ピアノを演奏する小泉さんの映像が出てくるほど、強烈な印象を残している。
エンディングテーマは東京JAPの摩天楼ブルースだった。



気まぐれ本格派 BOX1

(購入者の評価)
70年代に一世を風靡したユニオン映画の石立鉄男シリーズの最後の作品となる「気まぐれ本格派」であるが、残念ながらその他の作品に比べて見劣りがする。映像や編集も丁寧で、ホームドラマとしては決してレベルの低いものではないが、石立鉄男のキャラクターが一人歩きし、空回りしている感がぬぐえない。いつもながらのテンションの高いパフォーマンスであるが、それを受ける脇役陣が弱く、魅力がない。不必要な登場人物が多く、フォーカスが定まらないのも問題だろう。それまでほとんどの作品で監督を務めていた千野皓司氏が抜けたのも大きな要素かもしれない。それまでの作品があまりにも優れていたために相対的という意味で星三つとしたが、それはあくまで石立作品の中でという意味で、普通のホームドラマとして見れば、十分楽しめる作品だろう。

気になる嫁さん DVD-BOX2

燃えよ剣 第一部 後篇

燃えよ剣 第二部 後篇

燃えよ剣 第一部 前篇

燃えよ剣 第二部 前篇

噂の刑事 トミーとマツ トミーBOX

(購入者の評価)
愛の静けさでのパート2方が、2,3倍面白くて、作品センスがいいと思うのは。結構いるような。

愛の渇き(新潮文庫連動DVD)

???夫を亡くし、義父と関係を持つようになった悦子(浅丘ルリ子)は、ある日使用人の三郎(石立鉄男)の粗野で若々しい肉体に惹かれるようになる。しかし、彼は女中の美代に自分の子を孕ませており、それに悦子は激しい嫉妬を覚え、ついには…。
???三島由紀夫の同名小説を原作に、蔵原惟繕監督が愛にさすらう女性の絶望的なまでの顛末を、モノクロームの斬新な映像センスで描きあげた文芸映画の秀作。蔵原監督の代表作『執炎』で演技派スターとして開眼した浅丘ルリ子が、それ以上に激しくももろい複雑な女性心理とそのエゴを、凛とした佇まいの中、壮絶なまでに体現している。蔵原監督最後の日活映画でもあり、この後彼はフリーとなり、大自然を舞台にした超大作を多く手がけるようになった。(増當竜也)


大映テレビ ドラマシリーズ スチュワーデス物語 DVD-BOX 後編

(購入者の評価)
赤いシリーズ以降、低迷していた大映ドラマがこのドラマで息を吹き返し、再びブームとなった記念すべき作品ですが、数ある大映ドラマの中でも、やはりこの作品が最高傑作といえるでしょう。実はなんと当初、小泉今日子主演で企画していたが、スケジュールが合わずに降板したため、代役に堀ちえみを起用したという経緯があったらしい。そのため堀ちえみのキャラクターに合わせて、原作にはない「ドジでのろまな亀」という役柄を設定し、彼女の最高の当たり役になったのはあまりにも皮肉。(それで小泉今日子が負けじと翌年「少女に何が起ったか」に主演したのも頷ける)あと、風間杜夫の奇妙な挿入歌(「100℃でハートビード」という歌らしい)も笑えたが、片平なぎさの登場シーンに必ず使われたショパンの名曲をギャグにするくだりは大映ドラマならではである。

君が若者なら

???集団就職で上京して出会った5人の若者たち(石立鉄男、前田吟、河原崎長一郎、林秀樹、峰岸隆之介)。しかし、彼らが働く町工場は倒産。やがて彼らは、ダンプカーを買って独立すべく、それぞれ額に汗しながら働き始めるのだが……。
???深作欣二監督が初めて手掛けた独立映画で、また初の本格的青春映画。いわば深作版『若者たち』といったテイストで、(そもそも製作母体が『若者たち』の新星映画社である)、若き労働者たちの夢や友情、挫折、そして自立などが熱く描かれているが、高度経済成長時代のひずみといった社会派的な要素よりも、個人個人の内面の葛藤のほうに興味が向いているのが、深作映画らしいところではあろう。また、70年代深作映画に不可欠ともいえる手持ちぶんまわしキャメラが本作で早くも見られるのも興味深いところ。彼のフィルモグラフィの中では一見地味な作品に映るが、実は重要な位置を占めているように思えてならない佳作である。(的田也寸志)


噂の刑事 トミーとマツ マツBOX

(購入者の評価)
エンディング画像は最後まで一緒だったトミマツ。後期の愛の静けさでの曲と画のフィット感は、逆にビックリする。オープニング曲のバージョン変化、トミ子の連呼変身パターンの確立、ドタバタ三人組の誕生(マツとトミーの関係も変化)、片桐の名脇役化等、林隆三、志穂美悦子部分のストーリー上の変化だけでなく、進化してどんどん面白くなっいいつたトミマツの姿が、本質的にある。DVDシリーズとして続かなかった理由がそこにも有るかも。良識有るファンは、石井めぐみとのトミマツを待ってるのでは。また売れるかも?

雑居時代 DVD-BOX2

(購入者の評価)
 生まれて初めて好きになった俳優は石立鉄男だった。70年代、ユニオン映画社が製作し、東宝クレージー・キャッツシリーズ等の才気あるコメディを手掛けていた松木ひろしを中心とした脚本家たちが構築した、作品は異なれど“口は悪いが思いやりが深い陽気な二枚目半”的なキャラクターをコミカルに演じたNTV系の「水曜8時石立劇場」での人情悲喜劇は、10代前半だった私にとって、本当に思い入れが多いプログラムであった。中でも、今作と「気になる嫁さん」は、再放送も含め、何度も繰り返し見ていた生涯忘れえぬ傑作だ。男手ひとつで5人の娘を育ててきたある一家に、男のかっての親友の一人息子が同居してくることから巻き起こる壮絶なホーム・コメディだが、可笑しさの中に“家族”とは何かを考えさせられるシリアスで心の琴線に触れる部分があった。このドラマ、元々石立シリーズ第1弾の「おひかえあそばせ」のシチュエーションをそのまま頂いており、いかに作り手が気に入っていたものなのかが分かる。石立の役柄はフーテン・ジャックと呼ばれる饒舌な皮肉屋だが、その実、義理と人情に厚い自身の得意なキャラで、大いに笑わされながらも、グッと熱い思いにさせられる名演だ。そして、今作は、石立のみならず、各出演者のアンサンブルが絶妙なドラマでもある。大原麗子は芯の強さと美貌を兼ね備えて素敵だし、川口晶は勇ましいし、大坂志郎や川崎敬三ら男性陣はその気の弱さと情けなさが絶品だ。そして、杉田かおるはお茶目で大人びた五女役(その名も阿万理!)で、有名なチー坊よりも遥かに強烈で魅力的と思えるキャラを演じて、今日の彼女を連想させる(笑)。石立自身はマスコミ嫌いで知られ、実際はドラマのキャラとはかなり違ったようだが、ブラウン管でのその姿は、ファンにとっては、いつまでも残り続けるだろう。合掌!

玉ねぎむいたら DVD-BOX 1

>> つづきをみる

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4