石原良純

Amazon.co.jpで検索!!
美しくてカッコイイ、男性タレント/俳優/ミュージシャン/スポーツ選手のDVD、写真集の最新情報をお届けしています。
おすすめ 1 おすすめ 2 おすすめ 3 おすすめ 4 おすすめ 5 おすすめ 6 おすすめ 7 おすすめ 8 おすすめ 9 おすすめ 10 おすすめ 11 おすすめ 12 おすすめ 13 おすすめ 14 おすすめ 15 おすすめ 16 おすすめ 17 おすすめ 18 おすすめ 19 おすすめ 20 おすすめ 21 おすすめ 22 おすすめ 23 おすすめ 24 
石原良純 おすすめDVD 石原良純 おすすめ写真集、その他 タレント別おすすめカタログ
転々 プレミアム・エディション

(購入者の評価)
三木監督の中では一番心にぐっとくる作品です。
もちろん今までみたいに小ネタも満載ですが、小ネタがメインになりつつある
前回の作品とは違い、今回は東京を転々としてる男二人を邪魔しないように、
適度にちりばめられています。
だからやっぱり心に残るのはオダギリジョーと三浦友和ふたりのやり取りであり、ふたりの言葉。
切ないけど、あったかくなりました。

何も考えず笑いたいときは『時効警察』、ほっこり浸りたい時は『転々』がオススメです。


あしたの私のつくり方

(購入者の評価)
小学生→中学生→高校生までの主人公・寿里を成海璃子が一人で演じている。子供から大人へと体も顔もめちゃくちゃ変わっていく成長期の少女を、なんの違和感もなく演じた成海は、瞳が印象的な<不思議なメルモちゃん>のような女優さんである。

で、肝心の映画の中味は???。親や学校の友達に嫌われないよう、それぞれの役を演じている子供たち。ハブにされていた友達のために、匿名メールで友達作りや恋のハウツーを指南するおせっかい少女がこの物語の主人公だ。順回転してたかに見えた<コトリとヒナ>の物語も、結局は本当の自分ではない他の誰かを演じていたことに二人が気づくと・・・。

<電車男>を応援する毒男たちのごとく、人付き合いの苦手な人間を匿名メールでコントロールするというのは、ある意味とても残酷な行為だ。リスクのない立場で(まるでビデオゲームのように)意思をもたない人間を思い通りに操るのだから。少女たちが途中で感づいたその違和感をつきつめることもなく、<自然な自分が一番>という安直なラストでまとめた時点で、本作品は観客の共感を呼べない凡作にとどまってしまった。

「お前はウソがうまいから、行いだけでもよくなさい」太宰治の「葉」から繰り返し引用したこの一文を、<現代人が抱える閉塞感の原因>にまで普遍化させるような演出が、もしかしたらできたかもしれない1本だ。


鞍馬天狗

(購入者の評価)
NHKの木曜時代劇、最後にして最高の作品です。

○実力派揃いのキャスト
○野村萬斎さんのよく通る美しい声
○飽きさせない展開
○迫力の殺陣シーン
○バットマンを彷彿させる高揚感溢れるテーマ曲

さまざまな魅力に溢れた、とても質の高い時代劇だと思います。
全8回しかありませんが、大河のように長編では全部観るのも大変なので、逆に大きな
ストーリーはありつつ一話完結な作りとなっており、観やすいと思います。

シリーズもののマンネリ時代劇とは一線を画した、しっかりとしたストーリーのある、
本格派の時代劇です。ユーモアも、涙も、感動も全てちりばめられています。

陰陽師でもそうでしたが、野村萬斎さんの美しい姿勢、発声、しなやかな動きは素晴らしい
の一言です。鞍馬天狗というキャラクターは、昔からあるものですが、この鞍馬天狗は
全然古臭さを感じさせません、和製バットマン的な、新たなヒーローだと思います。

また、緒形直人さん演ずる近藤勇が圧倒的な迫力を持っていて、野村萬斎さんの鞍馬天狗との
ライバルとしてのバランスが最高です。甲乙付け難い、ダブル主人公といった感じです。
石原良純さんならではのネタも毎回あり、それも小さな楽しみの一つです。

服部隆之氏作曲のテーマソングは、バットマンを彷彿させるとても高揚感のある作品で、
物語をさらに盛り上げてくれます。とても良い曲だと思います。

民放含め、質の高い時代劇を見ることができる唯一の時間枠がこの「木曜時代劇」シリーズ
でしたが、番組改編で、曜日も変わり時間も短縮されてしまうのが残念でなりません。


ナースのお仕事3 (1)~(4)BOX

(購入者の評価)
相変わらずの病院を舞台にしたコメディーだが、"観月ありさ"無しでは考えられない程の適役である。もちろん松下由樹を筆頭に脇役がしっかり支えているからでもあるが、やはり観月ありさを抜きにしてこのドラマは考えられない。

ルーキー! DVD-BOX

(購入者の評価)
現実にはいないだろうと思わせる今までにいないルーキー刑事さん。きっと、誰もが一人くらいこの愛田刑事みたいな刑事さん、人間性を持った人がいてほしいと思うはず。決してエリートじゃなく、大体刑事になったのにも特別夢があるわけじゃなく、最初は危ない捜査から極力避けようとしていましたが、持ち前の正義感と優しさで、『刑事』という仕事上の地位や欲望に浸らずに、ひたすら真っ直ぐに刑事としてというより人間として動き、成長していく愛田刑事。社会に出ると地位や出世など、本来貫くべきではないものもたくさんあるけれど、そんな中でただ純粋に正しいと信じた事を貫いてゆく姿、きっと感じるものがあるはず。また、熱いだけじゃなく、時には笑える場面もあったり、一緒に考えてしまうような場面や切なくなる場面もあったり。いろんな面で楽しめます。主人公・愛田誠刑事を演じる堂本光一さん、とってもカッコイイです☆ファンであっても、ファンでなくても楽しめる作品です!!

おんな犯科帳〜江戸拷問刑罰抄〜

(購入者の評価)
この作品には3編の話が収められています。内容はタイトル通り拷問の話です。血がふき出すシーンが多く痛々しいです。各女優の裸のサービスシーン!?と拷問シーンがかぶっている為興奮しようにもできませんでした。柚木さん(角松かのり)の裸が見たくて購入しようとしてる人は一考を!そんなにマジマジと裸が見れるシーンはありませんし。

失われた約束

(購入者の評価)
当時、偶然観たドラマでしたが、夫とともに号泣してしまいました。
最後のシーン、コウジさん(豊川さん)の表情が忘れられません。人間の記憶…8年の月日の重み…人生のいたずら?運命?宿命?…いろんなことを考えて、終わってもしばらく動けませんでした。
放映から5年、夫と二人で久々にこの作品を観ましたが、あの当時より更にずっしり感じるものがありました。自分の人生を重ねれば重ねるほど、感じるものが複雑になってくるような気がします。機会があれば是非観ていただきたい作品です。


ナースのお仕事3 (5)~(8)BOX

(購入者の評価)
相変わらずの病院を舞台にしたコメディーだが、"観月ありさ"無しでは考えられない程の適役である。もちろん松下由樹を筆頭に脇役がしっかり支えているからでもあるが、やはり観月ありさを抜きにしてこのドラマは考えられない。

ナースのお仕事 ザ・ムービー

(購入者の評価)
ナースのお仕事シリーズは楽しくて大好きです。

・ありさちゃんと藤木くんの水着姿
・ウドちゃんの人質事件
・藤木くんのナース姿♪(めっちゃウケた)
・うるさい医師役の石原良純(そのまんまやん)
・ラストの出演者のダンス(これ、好き!)


高杉先生(藤木)が、愛する
いずみ(ありさ)を手術するシーンは感動ものです。



おんな犯科帳2〜江戸拷問刑罰抄〜

(購入者の評価)
牢屋見廻り同心役の石原良純は前作と変わりないが、今回の舞台は遊郭である。遊女役の石橋有紀、葉山レイコ、小松裕奈の三人が乳房を露出した状態で様々な私刑を受ける。準主役とも言える藤村ちかが脱がないこともあり、露出度が落ちた気がしないでもない。しかし、演出や演技はしっかりとなされており、夫殺しの事件に絡むサスペンスとしての出来は良い。

秘祭

走れ! イチロー

(購入者の評価)
オリックスのイチローは、震災後の神戸の人々の希望だったんだなぁ?と思いました。そのイチローがメジャーへ旅立つ時の、その他のイチローさん達のストーリー。今は、メジャーで結果を出しているイチローですが、当時はメジャーに旅立つ時だたので、イチローは未知数。そしてその他のイチローさん達も未知数でした。それぞれの人たちの物語を描きながら、どこかで繋がっているという筋立てはよくありますが、自然に表現するのが難しいとおもます。でもよかったです。星は3.8です。

傷だらけのラブソング vol.2

傷だらけのラブソング vol.5

傷だらけのラブソング vol.4

傷だらけのラブソング vol.1

(購入者の評価)
最初にTVドラマを見た時、かなりはまってしまった。音楽業界を追放されたプロデューサーが不良少女の歌声に心動かされ二人夢を取り戻して行く話。物語に描がかれた未来という人物と、中島美嘉(本人)の圧倒的な魅力がぴったり重なって生まれた新鮮さと夢を諦めない純粋さを描いたストーリーにぐいぐい引き込まれていったのだ。決して上手ではない演技、でもそれが逆に将来性というか新人の魅力というか圧倒され続けた。
誰でも持っていたかもしれない、いつか忘れてしまったあの時の思い、夢といえば大袈裟かな、そんなのもを持ち続けることの大切さを感じたドラマだった。泣けた。これはおすすめ!


傷だらけのラブソング vol.6

傷だらけのラブソング vol.3

失われた約束

(購入者の評価)
この作品は、私が豊川悦司氏のファンになった記念すべき作品です。ストーリー的にはドラマにしてもかなり強引で納得できない部分があるのは確かですが、このドラマでの豊川氏の演技には参りました。何気なく見始めたとドラマでしたが、途中からはもう彼の演技に釘付けでした。黒木さんの演技も凄く良かったです。豊川氏はとても女優さんの魅力を上手に引き出される俳優さんだと思いました。私にとっては悲しすぎるストーリーでもう一度見るのに勇気がいる作品なのですが、そのように私が感じたのはやはり豊川氏と黒木さんの素晴らしい演技があってこそだと思っています。ですので、評価が星3つなのは総合的に見て、ストーリの強引さが足を引っ張っています。。豊川氏と黒木さんの演技に関しては星5つです。共演者の広末さんの演技に関しては、役柄にどうしても共感できなかったため、評価できません。是非機会があれば見ていただきたい作品です。

新・愛の嵐 DVD-BOX 第3部 戦後編

(購入者の評価)
ストーリーは本当に素晴らしく毎回ドキドキせずにはいられませんでした。そして迎えた最終回。どうなるの〜?とワクワクしつつ見て気づけば事態は最悪の局面に。しかもそのまま終わってしまうラストには「へ?」としか言えない・・。なんとも後味最悪の結末。見終わった後これほど納得のいかない作品は無いと思いました。今までの出来が最高だったために、とにかく残念。くさすぎる作品に終わったて感じ。でも主題歌がとにかく本当に美しくこの曲ほどドラマにマッチした曲ないかも。あと、曲と共に映る画像の意味は最終回見ればよく分かります。・・にしてもツクヅクひかるはどうでもいいけど、猛は哀れな男だったなあ・・、とちと可哀想になりました。彼は日下部家とひかるのためだけに生きてあの結末。まあ彼としては最高の最後だったのかもしんないけど・・。幸せになって欲しかっただけにあまりにひどすぎるラストには嫌気が差しました。あと配役は猛の幼少期はぴったし合ってたけど成長するにつれなんか違うでしょ・・と言いたくなりました。まあストーリーが泣けるので許しますが・・。個人的にひかるの気持ちより猛の気持ちの方がよく分かりました。

>> つづきをみる

石原良純のこんなに楽しい気象予報士 (小学館文庫)

(購入者の評価)
この本は、実際に気象予報士になる方のための本と言うよりも、当たり前のことに感動しない人がどれだけ多いかと言うことを良純さんが言っています。
雲が浮かんでいるのにも、台風がなんで日本にばかり来るかというのも、ちゃんと理由があってのことです。
この本を読んだら「雲なんてどこでもある。バッカじゃないの」とは言えなくなるかも知れません。
物質は、そこに存在するのには理由があります。
当たり前のことを不思議に思う心が大切だと思います。


石原家の人びと

(購入者の評価)
慎太郎がいかにしてスーパー家族を生み出したか、なんて本ではない。良純だけがなぜ路を外れたのかという本である。いうなれば良純による石原家の暴露本といっても過言ではない。いかに慎太郎の「理想的」教育法(彼は実際には自著の教育法に沿わなかった)というものが圧迫的で独善的で唯物的なものであるかを知らしめてくれる。あの三兄弟を見る限り、良純だけがかろうじて自力で道を切り開いたように見える。あとの二人はパペット。慎太郎の意図するまま動く操り人形だ。兄は暖簾のように頼りないし、弟は親父の言いなりの結果、応援演説してもらってご丁寧に落選までしている。兄と弟はいうなれば常に慎太郎の影であり、父の愛玩動物の域を出ない。お尻を拭くにも父の許可がいるという類の人だ。良純はその宗教がかった枠からは、かろうじて脱出に成功できたというわけだ。慎太郎の教育法には明らかに欠陥がある。そしてこの手に負えない独裁者の下で育つ子供は、良純のような子供以外、父親の自己愛性パーソナリティ障害の餌食になるという警鐘なのである。
アルカトラズのような石原家、しかも「一族」という先天的致命傷(脱出不可能)な束縛からの脱出に成功した良純のルポタージュに等しい。
これはその意味で非常に意義深い良書だと思う。


石原家の人びと (新潮文庫)

(購入者の評価)
石原家の人々のことが書かれています。日本のエスタブリッシュメントの生活というものを感じました。それぞれ、豪快な生き方をしていて、うらやましいなと思う反面、世界が違うんだなと感じましたが、生き方として、参考になると思います。嫌みなく、書かれているのは、とても好感が持てます。家族や子ども時代の写真が掲載されており、微笑ましさもあります。4人兄弟で、仲良さそうなのも、好感を持って読めます。普通の人とは違う生活だけれども、こんな生活は、それでも良いと思いました。幸福感のある本だと思います。読むと世界観が広がると思います。

だれがはみがきをするの? (質問が大好きなこどもとよむ本)

あそびに行こうよコール

だれがトイレでうんちをするの? (質問が大好きなこどもとよむ本)

>> つづきをみる

愛川欽也
哀川翔
相島一之
相葉雅紀
あおい輝彦
青木崇高
青島幸男
青山草太
赤井英和
赤木圭一郎
赤坂晃
明石家さんま
赤西仁
秋野太作
秋山純
浅野忠信
ASIAN KUNG-FU GENERATION
芦田伸介
芦屋雁之助
東千代之介
東幹久
渥美清
阿部サダヲ
安部徹
阿部寛
天知茂
天津敏
天野浩成
天野ひろゆき
天本英世
新井浩文
荒井注
荒川良々
荒木一郎
嵐寛寿郎
アルフィー
安藤政信
ザ・イエロー・モンキー
いかりや長介
井川比佐志
池内博之
池内万作
池谷幸雄
伊崎右典
石井竜也
石垣佑磨
石倉三郎
石黒賢
石坂浩二
いしだ壱成
石田純一
石田卓也
石田太郎
石立鉄男
石塚英彦
石橋貴明
石橋凌
石橋蓮司
石原裕次郎
石原良純
石丸謙二郎
石山輝夫
泉政行
和泉元弥
泉谷しげる
板尾創路
井田州彦
市川新之助
市川染五郎
市川雷蔵
市瀬秀和
市原隼人
市村正親
一世風靡SEPIA
イッセー尾形
伊藤淳史
ジェリー伊藤
伊東四朗
伊藤俊人
伊藤紀博
伊藤英明
伊藤裕正
伊藤友樹
伊藤雄之助
稲垣吾郎
稲葉浩志
稲葉義男
稲本潤一
井上順
井上芳雄
井ノ原快彦
伊原剛志
井原正巳
イ・ビョンホン
伊武雅刀
今井翼
今井雅之
今田耕司
イライジャ・ウッド
入江雅人
入沢宏彰
岩城滉一
w-inds
植木等
上原謙
ウエンツ瑛士
ウォンビン
宇梶剛士
宇崎慧
うじきつよし
内田朝雄
内田朝陽
内田裕也
内野謙太
内野聖陽
内村光良
内山信二
宇津井健
内海光司
宇野重吉
梅垣義明
梅沢富美男
梅宮辰夫
浦井健治
瑛太
江口洋介
江藤潤
エド山口
えなりかずき
榎木孝明
蛯沢康仁
F4
柄本明
柄本佑
江守徹
エレファントカシマシ
遠藤憲一
遠藤雄弥
及川光博
大泉洋
大倉孝二
大坂志郎
大沢たかお
大沢樹生
大杉漣
大澄賢也
大滝秀治
大浦龍宇一
大竹まこと
大鶴義丹
大野智
大森南朋
オーランド・ブルーム
大和田伸也
大和田獏
岡沢高宏
岡田幸樹
岡田准一
岡田達也
岡田眞澄
岡田義徳
緒形拳
緒方直人
岡村隆史
岡村靖幸
小川敦史
小木茂光
沖田浩之
沖雅也
奥田瑛二
奥田民生
小倉久寛
小栗旬
尾崎豊
小沢和義
小沢仁志
小澤征悦
押尾学
忍成修吾
オダギリジョー
織田裕二
小野伸二
小野武彦
小野寺昭
ORANGE RANGE
海東健
甲斐よしひろ
鹿賀丈史
香川照之
Gackt
筧利夫
影丸茂樹
笠原紳司
風間俊介
風間トオル
風間杜夫
風見しんご
我修院達也
賀集利樹
柏原収史
柏原崇
加勢大周
加瀬亮
片岡鶴太郎
KAT-TUN
勝地涼
勝新太郎
勝野洋
勝村政信
葛山信吾
加藤和樹
加藤剛
加東大介
加藤茶
角野卓造
加藤晴彦
加藤雅也
加藤嘉
香取慎吾
要潤
蟹江敬三
金子賢
金子貴俊
金子昇
金城武
金田明夫
鎌刈健太
上川隆也
神木隆之介
亀梨和也
加山雄三
唐沢寿明
唐橋充
唐渡亮
河相我聞
川岡大次郎
川口浩
川口能活
川久保拓司
川崎麻世
川谷拓三
川津祐介
川村陽介
河村隆一
菅田俊
神田正輝
キアヌ・リーブス
黄川田将也
岸田森
岸谷五朗
岸部一徳
岸部シロー
岸祐二
北大路欣也
北野武
北村一輝
北村総一朗
吉川晃司
城戸裕次
木梨憲武
木下ほうか
木村拓哉
木村剛
木村了
姜暢雄
京本政樹
清春
KinKi Kids
草刈正雄
草g剛
宮藤官九郎
工藤俊作
国広富之
窪塚俊介
窪塚洋介
窪寺昭
熊川哲也
倉石功
倉田てつを
倉田保昭
黒沢年男
黒田アーサー
黒部進
ケイン・コスギ
劇団ひとり
CHEMISTRY
小池朝雄
小池徹平
小泉孝太郎
小出恵介
郷ひろみ
合田雅吏
河本準一
甲本雅裕
神山繁
国分太一
児玉清
小西大樹
小西博之
小橋賢児
小林旭
小林薫
小林桂樹
小林昭二
小林稔侍
小日向文世
コブクロ
小松政夫
小山力也
近藤芳正
近藤正臣
近藤真彦
近藤洋介
斉木しげる
西郷輝彦
西城秀樹
財津一郎
財津和夫
斉藤慶太
斉藤祥太
斎藤工
齋藤ヤスカ
載寧龍二
酒井一圭
酒井敏也
堺正章
堺雅人
坂上忍
坂口憲二
坂口拓
坂本昌行
瑳川哲朗
櫻井翔
桜金造
篠井英介
ささきいさお
佐々木蔵之介
佐々木剛
笹野高史
佐田啓二
サッカー日本代表
佐藤アツヒロ
佐藤蛾次郎
佐藤慶
佐藤浩市
佐藤重幸
佐藤B作
佐藤寛之
佐藤允
さとう宗幸
佐藤隆太
里見浩太朗
真田広之
佐野浅夫
佐野周二
佐野史郎
佐分利信
沢田研二
沢村一樹
椎名桔平
塩田貞治
塩見三省
塩谷瞬
志垣太郎
志賀廣太郎
志賀勝
宍戸開
宍戸錠
ジダン
篠田拓馬
篠田三郎
柴田恭兵
渋江譲二
嶋大輔
嶋田久作
島田順司
島田正吾
島田紳助
清水國明
清水圭
清水宏次朗
清水章吾
志村喬
志村けん
下川辰平
ジャッキー・チェン
ジャニーズJr
ジャン・レノ
照英
城島茂
少年隊
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョニー大倉
白木みのる
白鳥哲
白川裕二郎
城田優
陣内孝則
シンファ
須賀貴匡
菅原文太
杉浦太陽
杉浦直樹
杉良太郎
鈴木ヒロミツ
鈴木瑞穂
Studio Life
スピッツ
SMAP
セイン・カミュ
瀬川亮
関口知宏
関根勤
世良公則
反町隆史

Top | 目次2 | カレンダー特集1 | カレンダー特集2
イケメン タレント ピックアップ1 | イケメン タレント ピックアップ2

サイトマップ1 | サイトマップ2 | サイトマップ3 | サイトマップ4